メニュー

DSクリニック

11:00~20:00(年中無休・年末年始除く)

0120-951-135

脂肪溶解注射 プロストロレーン インナーB 脂肪細胞を溶解し抑制する、ボディ用の脂肪溶解注射

脂肪溶解注射とは

蓄積された脂肪の分解を促進し、新たな脂肪の合成を抑制する脂肪溶解注射。

手術をしなくても注射だけで脂肪を分解し、新しい脂肪細胞の生成を抑制。部分痩せをサポートします。従来の脂肪溶解注射にはないハイブリッドペプチドを配合!ドラッグデリバリー型のボディ専用脂肪溶解注射となります。特殊処方により、注入後約2週間にわたって有効成分が体内に徐放されます。

一度ついたら落ちにくい部位を狙ってサイズダウンします。

一度ついたら落ちにくい部位を狙ってサイズダウンします。

自己流ダイエットでは取ることが難しい皮下脂肪も脂肪溶解注射でサイズダウンに導きます。

脂肪溶解×脂肪合成抑制

蓄積された脂肪の分解を促進すると同時に、新たな脂肪の合成を抑制する
3種類のペプチドを配合した脂肪溶解剤となります。

脂肪溶解×脂肪合成抑制

注入後、2週間に亘り、徐々に脂肪溶解ペプチドを放出する(徐放型)のドラッグデリバリー機能を有し、より安全に配慮した脂肪溶解効果を実現しました。

脂肪溶解注射の魅力

負担少ない注射のみ

蓄積された脂肪の分解を促進し、新たな脂肪の合成を抑制する3種類のペプチドを配合。注射のみで治療を行います。

負担少ない注射のみ

ダウンタイムが少ない

ヒアルロン酸配合のため脂肪分解の炎症反応を防ぐことができます。ダウンタイムが少なく施術当日から通常生活が送れます!

ダウンタイムが少ない

お腹痩せをサポート

痩せる成分が放出し続けるため、持続的な効果が期待できます。

お腹痩せをサポート

よくある質問

効果はどれぐらいありますか?
個人差もありますが、施術後2週間かけて痩せる成分が放出し続けるため、腹部の場合は4回程度治療をすると、より効果がしっかり出やすいと言われています。

施術の副作用、リスク:施術後稀に、皮下出血・腫脹・シコリ・痒み・色素沈着・炎症・疼痛(筋肉の痛み)などの症状が生じる場合があります。注射をした部分の腫れや痛みもほとんどの方が施注1週間前後で目立たなくなります。