GTM1 GTM2

ダイエット外来の記事&ニュース|肥満外来のコンテンツ渋谷の全身・部分痩せ医療ダイエット・肥満外来なら渋谷DSクリニック

MENU

銀座院 0120-877-850

渋谷院 0120-951-135

WEB予約

資料請求

メール相談

美しくなるための美学

美しくなるための美学についてご紹介いたします。

  • 一体何が違うの?痩身エステと医療痩身の違い

    一体何が違うの?痩身エステと医療痩身の違い

    美しくなる方法
    2017/12/05

    「痩身エステに通ったけれどなかなか痩せられなかった」と、ダイエットが上手く行かずに悩んでいるあなたへ。太っている原因や痩せられない理由を分析して医学的にダイエットを行う医療痩身を実践してみてはいかが。痩身エステとは全く異なる医療痩身の治療であなたのダイエット人生が一変する可能性大です。 痩身エステでは根本的に痩せられない理由 ダイエットをしている人の関心の的として、度々雑誌やTVなどのメディアに取り上げられている「痩身エステ」。ハンドトリートメントからマシンなど、様々な痩身トリートメントがあり、一度は経験したことがあるという方も少なくないはず。 そんな痩身エステに通いつめているけれども痩せられない、という悩みも意外と多いもの。実はこれには理由があります。痩身エステを行うことで代謝が向上しやすい体質に近づけることは可能ですが、一度で改善されるわけではなく、何度か通う必要があります。時間をかけて定期的に通うことで、痩せやすい体質へと近づけていくため、定期的に通えない場合に「なかなか痩せられない」という悩みへ繋がるケースが多いのです。 また、痩身トリートメントで脂肪を吸引して体外へ排出できることはなく、体の水分を体外へ排出させるのが痩身エステの効果であるのも、根本的には痩せられない理由の一つです。オイルなどを使ったマッサージでリンパの流れをスムーズにすることや、老廃物と汗を出しやすくすることが痩身エステの目的であるため、痩せやすくすることはできても根本的に痩せることにはならないのです。 さらに、日本ではエステティシャンが働くための専用の資格などはなく、店舗によってはある程度経験さえ積むことができれば、エステティシャンとして働けるのが現状です。そのため、専門的な知識がないエステティシャンが施術にあたる可能性もあり、どんなにカウンセリングをしても的確な判断ができないリスクもあるのです。 痩身エステと医療痩身の違い 痩身エステと医療痩身は何が違うのかと、疑問に思っている方も多いはず。ですが、実はこの2つは別物であり、カウンセリング方式から使用するマシン、アプローチの仕方、薬剤など痩身方法が全く異なります。 痩身エステはあくまでも痩せやすくするための施術なので、根本的なケアができず、通い詰めなければ代謝UPなどの効果も手に入れることができません。ただし、何度も痩身エステに通おうと、正しい食事制限や運動を取り入れない限り、根本的に痩せることはできず、「痩身エステに通っているのに痩せられない!」という結果になってしまうのも事実です。もしサプリメントなどで痩身効果を狙ったとしても、脂肪燃焼効果のあるサプリメントでさえあくまでも補助的なものであり、医療品扱いではないため、効果をすぐさま実感するのは難しいのです。 その点、医療痩身は、国家資格を有した医師による指導のもと、痩身マシンや注射などの医療行為を行うことで脂肪を減らしたり、痩せやすい体質へと導きます。そのため、エステのトリートメント後のように数日で体重やサイズが元に戻ってしまうということはなく、治療によっては一回の施術でも大幅なサイズダウンが見込めるものあるのです。さらに、医療痩身で扱うダイエット薬は処方箋が必要な医薬品を扱うことがほとんどです。一般のドラッグストアやネット通販では購入できないため、これも医療痩身ならではの強みと言えるでしょう。日々の食事に関しても、管理栄養士や医師のもと、栄養バランスの整った食事法を実践することができるので、健康的にダイエットができる点もポイントです。 渋谷DSクリニックの痩身治療 ダイエット専門外来として、ダイエットに悩む多くの方を痩せさせることに成功してきた渋谷DSクリニックの痩身治療は、「患者様をよく知ること」からスタートします。 まず、体質や食生活、生活習慣などの情報をもとに、3D測定器や超音波による体内の脂肪を細かくチェックし、医学的な観点から太っている理由や痩せられない原因を専門の医師の診断のもと分析します。この情報をもとに、その人の体質に合った治療方針で行っていくからこそ、健康的に痩せることができるのです。痩身治療には医師の他に、管理栄養士、整体師、漢方薬剤師、そして総合的なサポートを行う看護師などと多くの専門家が携わります。 理想の体型を目指すために医療診断のもと、体調を管理し治療法の提案を行う医師。痩せやすい体作りを栄養学から学び、習慣にするための栄養指導を行う管理栄養士。東洋医学の観点から不調を整え、体質改善を促し、健康的に痩せやすくするための漢方を処方する漢方薬剤師。筋肉や骨格を整えて歪みなどを正すことで痩せやすく導く整体師。運動を取り入れていきたい方には、運動の専門家であるパーソナルトレーナーの指導も受けることができます。痩身治療は外側からだけではなく、内側からのアプローチを行っていくのが医療痩身の強みの一つ。こうしたプロの集団が一丸となって痩せるための治療に取り組むため、自己流ダイエットや痩身エステとは比べものにならないほど、きちんと結果が出てくるのです。 痩身エステを続けていても、食生活を的確に改善したり、自分に合った運動習慣を取り入れたりしない限り、根本的に痩せることは難しいもの。今の体質と状況をきちんと知り、それに合った正しいダイエット法を行うことがリバウンドを起こさずに痩せる唯一の方法です。今のダイエットを人生で最後にしたいと思うのなら、医療痩身に挑戦してみませんか。

  • 肥満は死亡率を高める!?病気を回避するための「痩身・肥満治療」

    肥満は死亡率を高める!?病気を回避するための「痩身・肥満治療」

    美しさをキープする方法
    2017/11/16

    肥満であることを「ただ太っているだけ」と安易に考えているとしたら、それは大きな間違い。肥満は万病の元と言われるように、死亡率の高い病気を引き起こすため、短命につながります。そんな肥満を予防し、改善するためには健康に痩せることが大切。その選択肢の一つとして、医療ダイエットである痩身治療があります。 肥満は万病の元 飽食と言われる現代。食べ過ぎや運動不足によって、肥満になりがちです。肥満になると、血液中の糖を分解・吸収・貯蓄する働きが弱まる「耐糖能障害(たいとうのうしょうがい)」が起こりやすくなるなどして、血糖値が正常より高い状態になる方が多くいます。ただし肥満を放置し続けていると、肥満の程度が高くなり、糖尿病や動脈硬化症などの生活習慣病にかかりやすくなり、さらに程度が高くなると脳血管障害や心臓血管障害などの死亡率の高い病気を引き起こすと言われています。 肥満になればなるほど、健康から遠ざかり、死亡率を高くするのはこのためです。つまり、肥満が短命を招いていると言っても過言ではありません。 肥満はどこからが肥満? では、肥満とはどんな状態をさすのでしょうか。「太っていること=肥満」と思っている方がいるかもしれませんが、実は間違い。肥満はただ単に体重が増えることではなく、体内に占める脂肪の割合で決まります。一般的に肥満度の判定には、国際的な標準指標であるBMI(Body Mass Index: 体重(kg)/身長(m)2)が用いられており、BMI25以上が肥満とされています。さらに、日本肥満学会によって、肥満度は以下の4つの段階に分けられます。 ※参考資料:「肥満度分類 WHO基準」 2016年7月13日『THE LANCET』オンライン版に掲載された、英ケンブリッジ大学と米ハーバード大学が中心となり研究された大規模国際共同研究「Global BMI Mortality Collaboration」によると、BMI値が20である人と比べて、BMI値が25以上~27.5未満で7%、27.5以上~30未満で20%、30以上~35未満で45%、35以上になると94%と、数値を見て明らかな通り、BMI値の上昇に比例して死亡率も高くなっており、肥満と死亡率の関係性は明らかなのです。 ただし、身長と体重から計算するBMI値だけでは、筋肉質なのか脂肪過多なのかは分かりません。そこで、正確に肥満かどうか判定するために、体脂肪を測定できる体重計などを利用するのが良いでしょう。体脂肪率が、男性の場合で25%以上、女性の場合で30%以上であると「肥満である」と判定されます。 内臓脂肪過多であるリンゴ型肥満には要注意 しかし、一言に肥満と言っても、どこに脂肪がついているかでその健康への危険性や、死亡率の高さは異なります。肥満のタイプには「内臓脂肪型肥満(リンゴ型肥満)」と「皮下脂肪型肥満(洋ナシ型肥満)」の2種類あり、内臓脂肪が多いリンゴ型肥満は洋ナシ型に比べ、糖尿病や高血圧、脂質異常症(高脂血症)など、多くの生活習慣病が起きやすくなり、健康への危険性が高くなります。 さらに、脳血管障害、心臓血管障害、肝硬変などの死亡率が高くなる病気にかかりやすく、心臓疾患のリスクも高めるのがリンゴ型肥満の特徴です。また女性の場合、子宮がんや乳がんにかかる比率が高いとも指摘されているのです。 健康のための肥満治療 健康であるためだけでなく、糖尿病や高血症などの生活習慣を予防し、死亡率の高い病気のリスクを回避するためには、肥満を予防し、改善することが何よりも大切です。ですが、自己流のダイエットで体脂肪を落とそうと食事制限をしたり、運動を行うと、栄養バランスが崩れてしまったり、体に負担をかけてしまう危険性があります。 そこで医師や管理栄養士などの専門家のサポートによって、医学的に肥満を改善する痩身治療がおすすめです。渋谷DSクリニックの痩身治療は、医師による治療法の提案と体調の管理がされるほか、「栄養指導プラン」によって管理栄養士が日々の食事についての指導や、不調を解消しながら体質改善を促す漢方治療など、一人ひとりに合った最適な痩身治療を受けることができます。各分野の専門家が痩身治療をトータルでサポートするため、肥満を解消して健康を手に入れながら、理想の体型へと整えていくことも叶います。 さらに、BMIの計算や体脂肪率だけでは分からない、内臓脂肪や各体脂肪部の測定、体質分析、肥満の原因など本格的な測定と診察、カウンセリングによって体の状態を科学的に検証するため、効率よく肥満を解消することができます。そして「痩身治療って痛みを伴うのでは…」という心配は無用。渋谷DSクリニックでは、切らない脂肪溶解注射のDS式スーパーメソセラピーや、脂肪燃焼温熱療法である高周波治療などを始めとし、痛みを伴わない痩身治療ばかりなのも魅力の一つです。 肥満は健康を遠ざけて、死亡率を高める恐ろしい症状です。「もしかして自分も肥満かな」と思ったら、早め早めの予防と改善が必要です。とは言え、自己流の対処法では体に負担をかけるという新たなリスクを負うことになりかねません。だからこそ、将来の健康を手に入れるために痩身治療を選んでみませんか?

  • 手遅れになるその前に!Ⅱ型糖尿病を予防する肥満治療

    手遅れになるその前に!Ⅱ型糖尿病を予防する肥満治療

    内側から美しくする方法
    2017/11/16

    近頃ニュースを騒がせた、 “糖尿病患者数が1000万人突破”という厚生労働省の発表。ピンとこない方もいるかもしれませんが、実は糖尿病予備軍の方の4人に1人は治療を受けておらず、自覚症状がないため、もしかしたらあなたもその一人かもしれません。だからこそ今日からできる生活改善で糖尿病の予防対策を行いましょう。 あなたも予備軍かも!自覚症状がない糖尿病 あなたは糖尿病患者やその予備軍がどれだけの人数がいるか知っていますか。平成29年9月21日、厚生労働省発表の「平成28年『国民健康・栄養調査』の結果」※によると、糖尿病が強く疑われる患者が2016年、推計1000万人にのぼり、予備軍を含めると糖尿病患者は2000万人を超えるのだとか。同調査では、推計患者数の増加の原因には糖尿病有病率の高い高齢者の人口の増加と、運動不足や食生活の乱れなどで肥満が増えていることが原因とされています。 ※参考元:平成28年「国民健康・栄養調査」の結果 ※参照元:「糖尿病が強く疑われる者」、「糖尿病の可能性を否定できない者」の推計人数 しかし、原因はそれらだけではありません。実は糖尿病には自覚症状がないため、健康診断で引っかかったとしてもすぐに治療をしない人が多くいるのも要因の一つだと考えられます。また、生活習慣病の予防の一環として2008年から行われているメタボリックシンドローム検診が十分に効力を発揮していないという事実も、糖尿病患者が増えている一因として挙げられます。 つまり、糖尿病患者の推計1000万人以上という数字は、国民における糖尿病への理解の不十分さが露呈した結果だと言えるのです。 知っているようで知らない糖尿病の実態 あなたは糖尿病についてどれだけ知っているでしょうか。生活習慣病の一つとされ、これだけ患者数が多い糖尿病ですが、その実態を詳しく知っている人は一握りかもしれません。 糖尿病は高血糖が続き、血管や神経が侵されてしまう病気です。通常、食事をすると、糖質を分解・吸収・貯蓄する働きをする「インスリン」と言うホルモンが膵臓から分泌されるのですが、糖尿病の場合、このインスリンの不足により、血液中の血糖濃度が高くなってしまい、これが慢性化し、高血糖の状態が長く続いてしまうのです。初期においては、これといった自覚症状がなく、健康診断で「糖尿病の疑い」と言われても治療をすぐに始めない方がいるのはこのためでしょう。しかし、進行すると尿が甘いニオイになったり、目のかすみ、手足のしびれ、倦怠感などを引き起こす怖い病気なのです。 そんな糖尿病は主に、Ⅰ型糖尿病とⅡ型糖尿病に分類されます。Ⅰ型糖尿病は、自己免疫障害やウイルス感染などにより、膵臓のβ細胞というインスリンを作る細胞が破壊されてしまい、体内のインスリン量が絶対的に不足している状態の糖尿病です。そしてⅡ型糖尿病は、インスリンの分泌の低下やインスリン作用が不十分になった状態の糖尿病であり、その原因はもともと糖尿病になりやすい人が、過食や運動不足、飲酒、喫煙、ストレスなどの生活習慣を積み重ねた結果と言われています。実は日本人の約95%がこのⅡ型糖尿病と診断されているのです。 今日からできるⅡ型糖尿病の予防方法 食べ過ぎや運動不足などが発症の原因とされているⅡ型糖尿病。決して、肥満だからⅡ型糖尿病の恐れがあるとは言えませんが、肥満によるⅡ型糖尿病の発症は考えられます。言いかえれば、Ⅱ型糖尿病を予防するためには食事や運動、生活習慣を見直して肥満を解消することが大切なのです。 ではどうすればいいのかと言うと、1日3食栄養バランスの取れた食生活と、適度な運動がⅡ型糖尿病を予防するうえで非常に重要です。一人ひとり体質や体重、生活スタイルが異なるため、自分の1日に摂取すべきエネルギーを知ることが先決。そこから、塩分や糖質、脂質を抑えてカロリーコントロールをし、規則正しい時間に食事を取るよう心がけましょう。 また、運動も必ず取り入れることが大切です。食事によって摂取したエネルギーを燃焼するだけでなく、筋力をつけて、エネルギーを消費しやすい体を作りましょう。筋肉量が増えれば、自ずと基礎代謝も上がるため、痩せやすい体へと整えていくことができます。 栄養指導とパーソナルトレーニングで糖尿病対策 Ⅱ型糖尿病を予防するために行いたい生活改善ですが、一人で全てを行うのはなかなか難しいもの。栄養管理を行うにしても、運動を取り入れるにしても、自己流の方法では体に負担をかけてしまうリスクがあり、とても危険です。渋谷DSクリニックでは、糖尿病対策や肥満解消に栄養指導プランとパーソナルトレーニングのメニューをおすすめしています。 専任の管理栄養士が「正しく食べて痩せる」食事療法でサポートする栄養指導プラン。食事記録ノートを使って対面カウンセリングを行い、痩せやすい体質になる食べ方や、栄養バランスの整った食事について細かくアドバイスをするため、極端に食事の量を減らすなどの無理な食事制限は一切行いません。むしろ、3食しっかりと食べてストレスなく食生活を送れるよう、体重と体調を綿密に管理してくれるため、楽しく食事療法を行うことができます。 また、パーソナルトレーニングでは一人ひとりの生活習慣や運動経験などに合った運動プログラムを、専任のトレーナーが提案してくれるため、無理をすることなく楽しみながら運動をすることができます。日々の生活に取り入れやすいストレッチやエクササイズを教えてくれるため、運動を習慣化しやすくするレッスンであることも渋谷DSクリニックのパーソナルトレーニングの魅力の一つです。 Ⅱ型糖尿病と深い関係にある肥満。知らず知らずのうちに糖尿病予備軍になっていたり、糖尿病が進行しているかもしれません。肥満は万病の元とも言われているため、生活改善や肥満治療は早め早めに取り組んでおくことが将来の自分の健康を支えるためには必要なのです。

  • 本気で痩せたいなら遺伝子検査で肥満遺伝子をチェック

    本気で痩せたいなら遺伝子検査で肥満遺伝子をチェック

    内側から美しくする方法
    2017/10/16

    「食事制限も運動もしているのに、なかなか痩せない」そんな悩めるダイエッターの皆さん。ダイエットが上手くいかないその原因、もしかしたら体質遺伝子に合っていない方法を選んでいるからかも。 そこで“太り方の傾向”や“どうしたら痩せやすいのか”などが分かる遺伝子検査を利用して、効率よくダイエットをしてみませんか。 遺伝子検査で自分に合ったダイエット ただ闇雲にダイエットをしていても、自分に合っていない方法では痩せにくいのは当たり前。自分はどんな遺伝子を持っているのか、どんな食べ物が太りやすいのか、どんな運動が痩せやすいのかなどを知ることで効率的に痩せることができます。そんな自分データを知る上で役立つのが遺伝子検査です。 ダイエットに関連性の高い80種類以上もの体質遺伝子情報を検査する、この遺伝子検査。代表的なもので「リンゴ体型」「洋ナシ体型」などの肥満遺伝子がありますが、自分は一体何タイプなのか、詳しく知ることができます。さらに、遺伝子情報から、生活習慣においてのより具体的なアドバイスが実現するため、限りなく自分の持っている遺伝子に合ったダイエットができ、効率よく痩せることができるのです。 しかも、遺伝子情報は一生変わらないので、一回遺伝子検査をするだけで、それ以降検査の必要はなく、遺伝的なリスクを把握でき、生涯の健康保持にも役立ちます。渋谷DSクリニックの遺伝子検査では、肥満、高血圧、心筋梗塞といった生活習慣病に関わる複数の遺伝子を調べるため、より詳しく体質遺伝子の情報からかかりやすい病気のリスクも知ることができ、病気にならないための予防を行う上で指針になる測定結果を知ることができます。 さらに、大阪大学医学部の研究結果を元に開発した検査であり、多くの日本人のデータに基づいて評価されているため、より日本人に合った遺伝子検査だと言えます。 遺伝子検査で分かる体質遺伝子 「どのような太り方をしやすいのか」「どのようにしたら痩せやすいのか」これらは体質遺伝子を調べることで分かります。体質遺伝子とは、肥満、高血圧、メタボリックシンドローム、糖尿病、コレステロール、骨粗鬆症、酸化ストレスなどの遺伝子であり、これらを調べればその病気になるリスクも分かるため、健康サポートにも活用度大。さらにこれらの体質遺伝子を詳しく見ることで、不足しがちな栄養素から、その人に合った適切な運動方法、食事の摂り方などを知ることができます。 例えば、コレステロール遺伝子の場合、遺伝的な影響により脂質バランスが崩れやすいかどうかが分かります。 さらに、コレステロール関連遺伝子を測定した結果、コレステロールに関わるそれぞれの働きについて自分の傾向も詳しく知ることができます。 これらの遺伝子情報から、積極的に摂取したい栄養成分が分かるため、食生活やサプリメント選びに活用できるのです。また、ライフスタイルのアドバイスとして「アルコールに注意」「糖質に注意」「動物性脂肪に注意」などの食に関するものから、ダイエットにおすすめの運動は「有酸素運動」と最適な運動習慣も教えてくれるので、ダイエットプランが立てやすくなるはず。 遺伝子情報から読み取ったアドバイスはこれだけではありません。コレステロールで言えば、ダイエットや健康保持の上で知っておきたい“善玉コレステロールと悪玉コレステロールについて”の説明や、悪玉コレステロールの増加を防ぐためのおすすめ栄養成分、運動習慣の目安、注意したい成分などについてより詳しい分析を知ることができます。 これらの情報があれば、 「メタボになりやすい遺伝子を持っているため◯◯を控え、◯◯を積極的に摂取すると良い」 「活性酸素が増えやすいので、激しい運動はNG」 「体が冷えやすい遺伝子を持っているため、積極的にストレッチを」 など、効率よくダイエットをする指針になり、「何をやってもなかなか痩せない……」といった悩みが解消されるのです。 血液検査で医学的に知る!クリニックの遺伝子検査 ネットや市販の簡易キットとは異なり、医療機関である渋谷DSクリニックで行うものは、血液検査による遺伝子検査です。その所要時間は採血のみなので10分程度で完了します。その後、3週間から1ヵ月で判定結果が出て、ドクターからの説明で知ることができるのです。これらの結果を元に、渋谷DSクリニックにてダイエットプランを実践すれば、今までどんなに頑張っても手に入らなかった理想の体型へ短期間で変身できるかもしれません。 ダイエットの近道は自分のカラダを知ることにあります。ただ闇雲にダイエットを繰り返していても、体質に合わないと痩せられないどころか、太りやすくなってしまうことも。自分に合った正しい方法で効率よく痩せるためにも、遺伝子検査を利用して、パーソナルデータをダイエットに活用してみませんか。

  • 糖質制限は糖尿病リスク増!?実践したい食事療法とは

    糖質制限は糖尿病リスク増!?実践したい食事療法とは

    内側から美しくする方法
    2017/10/16

    あなたはどんな食事療法をしていますか? 糖尿病患者やその予備軍の方が行っている自己流の食事療法は、知らず知らずのうちに病気のリスクを増やしてしまう可能性が大。中でも糖質制限には要注意。糖質の摂取を減らすことがカラダのためになると思っていても、危険性が潜んでいるのです。では正しい食事療法とは一体? 糖尿病・糖尿病予備軍に多い危険なダイエット 高血糖が続き、血管や神経がおかされる病「糖尿病」。生活習慣病の一つとされ、平成24年度の調査によると、男性の約3割、女性の約2割の方が患者、またはその予備軍だと言われています。 そんな国民病とも言える糖尿病。患者やその予備軍の方が自己流でダイエットを行うケースもしばしば。ただし、数あるダイエット法の中で、実は糖尿病のリスクを上げてしまう恐れがある方法があるのです。その一つとして糖質制限が挙げられます。と、言うのも、実は糖尿病患者とその予備軍にとって新たな病気のリスクを抱える危険性があり、それに気付かずに自己流で糖質制限ダイエットを続けていると、気付いたときには「病気を患っていた……」なんてことになりかねないのです。 糖質制限ダイエットの危険性とは一体? 毎日の食事から糖質を抜く、または制限することで、ダイエット効果を狙う糖質制限食。そのダイエット効果は短期間で目に見える結果が出やすいこともあり、ダイエット法の中でも人気を博しています。 ですが、日本糖尿病学会が出した『日本人の糖尿病食事療法の在り方』に関する提言の中において、1日の摂取カロリーを「男性1500kcal、女性1200kcal」に抑えるカロリー制限が基本となっており、その食事内容として糖質57%、脂質25%、タンパク質18%の摂取が目安となっています。さらに、この提言の中には「総カロリー摂取量の制限を最優先とする」と明記されており、糖質制限ダイエットに対しては「安全性などを担保するエビデンスが不足しており、現時点では勧められない」との見解を示しています。 つまり、糖尿病患者またその予備軍にとって糖質制限ダイエットは推奨されていないものであり、食事療法指針からも外れてしまうことに。さらに、国立国際医療研究センター病院からは「5年以上続けると死亡率が高くなるかもしれない」と指摘する解析結果が発表されているのです。 どんな調査かというと、27万人を対象に、摂取した総カロリーに占める糖質の割合をグループ化したもの。摂取量30~40%と、糖質が最も少ないグループの死亡率は、60~70%と最も高いグループの1.31倍という結果に。 出典元:渋谷DSクリニック 林博之氏ブログ 調査データ:(独)国立国際医療研究センター病院 糖尿病研究連携部 Low-Carbohydrate Diets and All-Cause Mortality: A Systematic Review and Meta-Analysis of Observational Studies また、オーストラリアのメルボルン大学ラモント教授が発表した論文によると、「低炭水化物食(糖質制限食)を与えたマウスは、インスリンを生成する『β細胞』の機能が減少していた」とあります。これは糖質制限食の継続によってインスリンの分泌が減るため、このインスリンを生成する元のβ細胞の活動が低下することを意味しています。インスリンが使われないことで、β細胞が休みすぎて、その機能が弱くなってしまうのです。つまり、インスリンを分泌しにくい体質になってしまったところへ糖質を摂取すると高血糖状態になってしまいます。 リスクはこれらだけではありません。糖尿病患者の場合、1日の食事の中でのたんぱく質量が増えることで、腎機能が低下する恐れや、骨密度の低下を招いて骨折しやすくなったり、悪玉コレステロールが増えて動脈硬化を招き、心筋梗塞や脳卒中の危険性が高まってしまう可能性もあるのです。 糖質制限ダイエットはリバウンドのリスクもありますが、それだけでなく、高血糖になり、糖尿病が悪化する可能性など人体における様々な危険性が伴うため、日本糖尿病学会のガイドラインに沿ってダイエット治療をすることが、ダイエットの面においても、健康の面においても大切です。 糖尿病・糖尿病予備軍が実践したい食事法 糖尿病の患者や予備軍にとって、1日に摂取すべきエネルギーを知り、それを元にカロリーコントロールをすることが大切です。人それぞれ基礎代謝や毎日の活動量が異なるため、このエネルギー量を分析するのは必要不可欠。その上で、塩分や糖質、脂質を抑えた食事を一日3回とり、規則正しい時間に食べることがマストです。とは言え、「どうやって塩分を抑えたらいいの?」「糖質や脂質はどれだけ食べてOKなの?」と疑問点が沢山出てくるはず。 そこでおすすめしたいのが、DS式栄養指導。3D 測定器や皮脂厚計を用いて、現在の身体の状態を把握し、専任の管理栄養士がその人の生活スタイルに合った食生活指針を教えてくれる食事療法です。その人の体質や生活スタイルに合った食事法でダイエットをサポートするため、糖尿病などのカラダの状態を考慮した栄養指導プランを知ることができます。ただ闇雲に食事で自己流ダイエットを行うより、カラダにとって健康的なことはもちろんのこと、リバウンドしない体質に変えるため、今後の生活においても嬉しい魅力が満載です。 健康のために、ダイエットのために、と糖質制限ダイエットを行っていても、気付かないうちに病気のリスクを高めているケースもあります。自己流でダイエットをしようとすると、その方法や結果ばかりに気を取られて、潜んでいる危険性に気付かないものです。もしも糖尿病を患っていたり、その予備軍だとされているのであれば、管理栄養士の指導の元、正しい食事法を実践して痩せることが、カラダにとって最善の道なのです。

  • 疲労感、だるさ…放置は危険!漢方でケアする秋バテ解消法

    疲労感、だるさ…放置は危険!漢方でケアする秋バテ解消法

    内側から美しくする方法
    2017/10/15

    10月に入り、すっかり秋空になった今。過ごしやすい秋到来と思いきや、疲労感や倦怠感といった夏バテに似た症状で悩んでいるそこのあなた。実はそれ、夏の間にカラダのダメージが回復しきれておらず、『秋バテ』になっている可能性大。体調を崩しやすい季節の変わり目だからこそ、秋バテをケアして調子を整えてみませんか。 これって秋バテ?チェックリスト 季節の変わり目は体調を崩しやすい時期ですが、疲労感や倦怠感がずっと続いているようなら、それは夏の間に弱ったカラダが回復しきれていないために起こる秋バテかもしれません。あなたはこのどれかに当てはまりますか? ✓ なんとなくカラダがだるい、疲れやすい ✓ 風邪をひきやすくなった ✓ 胃腸の調子が悪い ✓ 頭痛・めまいがする ✓ 寝付きが悪い ✓ 無気力 ✓ 食欲がない これら全てが秋バテの症状であるため、このどれか一項目にでも当てはまれば、秋バテに要注意です。 なぜ起きるの?秋バテの原因 秋バテになってしまう原因は人それぞれですが、主な原因としては、「長引く猛暑の影響」、「夏の間の食生活」、「夏の間の生活習慣」、そして「気温の寒暖差」の4つです。 1.長引く猛暑の影響 9月に入っても続く猛暑日。そんな残暑によってカラダに負担がかかり、暑さで睡眠の質が低下してしまうと、疲れが解消されにくい日々が続いてしまい、秋バテを引き起こします。 2.夏の間の食生活 暑い日が続くと、ジュースやアイスなどのカラダを冷やすものを摂りすぎてしまいがち。冷たい食べ物や飲み物は血流を低下させるだけでなく、胃腸の働きを悪くさせる一因に。胃腸が弱り気味になっている方は、夏の食生活が原因かもしれません。また、暑さで食欲不振が続いた場合、栄養不足からスタミナも不足してしまい、体力が続かなくなってしまいます。 3.夏の間の生活習慣 冷房のよくきいた部屋に長時間居続けていませんでしたか? カラダが冷えてしまうことで血流が滞ってしまい、肩こりや腰痛、むくみ、倦怠感を引き起こす原因に。 4.気温の寒暖差 秋になると朝晩は涼しいのに昼間は猛暑、なんて日があるものです。こうした寒暖差は自律神経を乱す要因となり、その結果血液循環が悪くなってしまい、体調不良を引き起こしてしまうことも。冷房のきいた室内と外との温度差も同様で、自律神経を乱す一因になってしまいます。 今年の夏を思い返してみて思い当たる原因があったとしたら、今すぐ秋バテ対策を講じましょう。 食事と生活習慣で秋バテを解消! 秋バテの多くは乱れた生活習慣や偏った栄養バランスの食事によって引き起こされているものが多いため、日頃から規則正しい生活とバランスの良い食生活を送ることで秋バテを解消することができます。 生活習慣なら、血流を良くするために温かいお風呂に入るようにしましょう。質の良い十分な睡眠は疲労回復効果だけでなく、痩せやすいカラダづくりに欠かせず、ダイエットにも大切です。一日に最低5〜6時間の睡眠をとるように生活習慣を整えるのも解消法の一つとしておすすめです。また、クーラーの温度設定を上げてみるのも一つの手。外気との温度差が自律神経の乱れを引き起こすため、温度設定には気を付けたいところです。 そして食生活では、一日三食、バランスの良い食事を摂ることがマスト。冷たい食べ物や飲み物は控えて、カラダを温める食べ物を積極的にとり、血行を悪くさせないよう心がけます。疲労回復効果のあるビタミンB1を摂ることも忘れずに。豚肉やうなぎ、レバー、豆腐、納豆などに含まれていますが、食事からの摂取が難しい場合はサプリメントを使って効率よく秋バテケアを行うのも賢い方法です。疲労感がある方は、疲労物質「乳酸」を取り除くクエン酸を摂るようにし、柑橘系やお酢、梅干しなどの酸味のある食べ物から取り入れましょう。 秋バテをカラダの中からケア!DS式漢方治療 生活習慣や食生活で改善できる秋バテですが、ストレスや睡眠不足、栄養バランスの乱れ、自律神経の乱れなど複合的な悩みがある場合、解消するのは難題です。そこでおすすめしたいのが、患者様の悩みと体質、状態に合わせてオーダーメイドできるDS式漢方治療。専任の漢方薬剤師がカウンセリングを行い、症状に合った漢方を調合してくれるため、様々なカラダの不調を体質から根本的に治療することができます。 しかも、DS式漢方治療は10万通り以上の組み合わせの中から処方するため、市販の漢方と違い、効果の実感が早いのが特長です。秋バテはもちろんのこと、美容やダイエットにも嬉しい効果がたくさん。添加物も入っていないため、カラダに優しく秋バテを解消することができます。 「なんだか不調が続くな……」そう感じたら、秋バテチェックをしてみましょう。夏の疲れをそのままにして秋バテを放置していると、体調を崩す原因に。スポーツの秋、読書の秋、そんな過ごしやすい季節を満喫するために、DS式漢方治療で体調を整えてみませんか。

  • 強制モチベーションでダイエットに挑もう!

    強制モチベーションでダイエットに挑もう!

    美しくなる方法
    2017/09/26

    ダイエットに挑戦するとき、女子はみんな『痩せたい』と思っているはずです。しかし、結局心がくじけてしまうのはどうしてでしょうか?それは『痩せたい』ではなくて『絶対に痩せてやる』というモチベーションが足りないからなのです。 自分の誘惑、欲望ぜったい負けない!モチベーション上げダイエット ダイエットをしていて一番辛いのは、食事制限や運動よりも結果が伴わないことです。どんなにがんばっていても体重が変動しないのであれば心が折れてしまいそうになるでしょう。そして、つい間食をしたり運動をサボったりして、ズルズルとダイエットがうやむやになってしまうのです。 こんな傾向から分かるのは、ダイエットとは『何をするか』と同じくらい『どんな気持ちでするか』が大切だということです。 そこで、ダイエットを始めるときには具体的な目標やイメージ像を持ってモチベーションを引き上げることをおすすめします。目標は具体的であればあるほどモチベーションは高まります。そして、もしもサボりたい誘惑に襲われたときにはダイエットの目標を思い出しましょう。 ここでサボったら目標から遠ざかってしまう、そんなプレッシャーがあなたをストイックに奮い立たせてくれるはずです。 まるで強迫観念のように何度もモチベーションを確認することで、『ダイエットをサボる』状態のほうが違和感を抱くようになる、それがモチベーション上げダイエットの真髄です。 強い乙女心をもって、今度こそ変わろうとモチベーションを上げる どんな目標をモチベーションにすればいいのかというと、少々高望みなくらいが丁度いいでしょう。 手近な目標ほど余裕を感じてしまって気が緩みがちです。 たとえば、『憧れの雑誌モデルのようになりたい』だとか『夏までに5キロ痩せたい』など、ハードにダイエットと向き合わなければ達成できないような目標を立てることをおすすめします。そんなモチベーションを支えてくれるのはずばり『乙女心』です。女性にとって何よりもモチベーションになるのは『可愛く見られたい』という気持ちではないでしょうか。 健康のためや就職活動の印象を上げるためなどの理由も立派ではありますが、いざというときに女性をがんばらせるのは乙女心です。 理論的にダイエットがいかに健康のためになるかを意識するよりも、ダイエットできれいになるというモチベーションには理屈を越えた力があります。 健康のために間食を我慢するのは無理でも、『これを食べればウエストが太くなる』と思えば我慢できるのではないでしょうか。モチベーション上げダイエットとは女子力を取り戻すプロセスでもあるのです。 なりたい自分をイメージし、ダイエットにまっしぐら! 具体的な目標が決まったら、そこから逆算して自分のやるべきことを明確にしていきます。たとえば憧れのモデルのような体型を目指すとして、そのモデルの魅力は何なのかと考えましょう。 引き締まったウエストであれば、贅肉を落とすための筋トレや有酸素運動が効果的です。 細い美脚が好きならばスクワットで足を引き締め、歩くフォームなどの生活習慣を見直す必要があるでしょう。モデルが実際に取り入れているトレーニングや食事制限などを真似してみるのも効果的です。 ダイエット中、避けたいのはネガティブな思考を抱いてしまうことです。 『どうせ私なんかができっこない』と後ろ向きになってしまえば、成功するものもしなくなってしまいます。 それよりも周囲を見返してやろうという勢いで、一心不乱にダイエットに取り組むほうが結果につながります。 モチベーション上げダイエットの大きなメリットは、自分自身の心や周囲からもれる雑音に惑わされず、ダイエットへとまっしぐらになれる点です。 モチベーションを高めるだけ高めて、ダイエットを成功させましょう。

  • ぽっこりお腹がすっきりと!下腹に悩む女性のためのダイエット

    ぽっこりお腹がすっきりと!下腹に悩む女性のためのダイエット

    美しさをキープする方法
    2017/09/22

    下腹部だけが太って見えたり、ぽっこりお腹に悩んでいたりする女性はたくさんいます。夏場になると水着を着たり、露出が多くなったりする季節ですので、ボディラインには特に気を使いますよね。そんなぽっこりお腹を解消しようとダイエットに励む人が多いのですが、いくら食事制限や運動をしてもなかなかお腹がすっきりしないという悩みを抱えたことはありませんか。もしかしたら、そのぽっこりお腹はただ運動をしているだけではへこまないかもしれません。ここでは、運動をしてもなかなか痩せないという女性のための下腹ダイエット法をご紹介します。 下腹部が太る原因…内臓が下がってきたことにあった!? 全身を見ると痩せているし、腕も足もそれなりに細いのに下腹部だけがぽっこりと出てしまっているという人に多いのが内臓下垂です。内臓下垂とはその名の通り、内臓が本来の位置よりも下側に下がってきてしまう症状をいいます。内臓下垂にはいくつかの種類があり、胃が下がっている場合には胃下垂、腸が下がってきてしまっている場合には腸下垂と呼ばれます。女性の場合は骨盤が発達しているため、内臓下垂が起こると小腸や大腸、子宮などを圧迫しながら骨盤まで下がってきてしまいます。これによって、内臓が下腹部に溜まり、下腹部がぽっこりと出て見えるわけです。 内臓下垂を放っておくと体にさまざまなトラブルを引き起こします。悪寒や便秘はその代表的な症状です。さらに、生理痛の悪化や生理周期の乱れといった症状も起こることがあり、婦人科系の疾患を併発するリスクも高まります。内臓下垂になる原因はさまざまですが、もっとも大きく影響しているのが腹筋やインナーマッスルの衰えです。本来あるべき位置に固定しておくための筋肉が衰えてしまえば、当然重力に逆らえず内臓は下がってきてしまいます。このほか、骨盤の歪みによっても内臓下垂は起こりますので、体の歪みが気になっている人は要注意です。 お腹を引き締めるには?腹筋すれば効果ありとは限らない!? 内臓下垂が起こるのは内臓を支えている筋肉が衰えてしまっていることが大きな原因ですので、腹筋を鍛えることは内臓下垂を改善する方法としては正解です。しかし、ただ闇雲に腹筋運動をしていても、内臓下垂の改善には効果がないということもあるため注意が必要です。腹筋運動で多くの人がイメージするのは、仰向けになり、膝を立てて上体起こしをするといった筋トレ方法でしょう。たしかに、この筋トレで腹筋は鍛えられますが、この運動で主に刺激されるのは腹直筋と呼ばれる表面上の筋肉です。 内臓下垂を改善するためには、表面上の筋肉ではなく、インナーマッスルと呼ばれる内側の筋肉をメインに鍛えていかなければなりません。インナーマッスルを鍛えると聞くと難しいというイメージを持つ人も多いですが、ちょっとしたコツや方法を知るだけで一般的な筋トレよりもやりやすくなります。インナーマッスルは表面上には見えてこない筋肉ですので、鍛えてもその部分が太くなることもありません。そのため女性でも安心して筋トレをすることができます。 内臓を本来の位置へ戻す!呼吸の運動とは? インナーマッスルを鍛え、内臓下垂を改善させる方法としてもっともオススメなのが呼吸法による運動です。一時期に有名になったので知っている人も多いかと思いますが、ドローインという方法を使います。ドローインとは、深呼吸をすることによってお腹に意識を集中させ、お腹周りのインナーマッスルを鍛えるトレーニング方法のことです。 まず、背筋を伸ばして直立し、お腹を膨らませながら鼻から息を吸い込みます。このとき、10秒程度かけて長く息を吸い込み、たくさんの空気を吸い込んでください。息を吸い込んだら、一度お尻とお腹に力を入れ、息を止めてください。その後、お腹をへこませながらゆっくりと口から息を吐き出します。このときもできるだけ強く息を吐き出し、しっかりと息を吐ききりましょう。吐ききったあとは30秒ほど息を止め、お腹がへこんでいる状態をキープすることが大切です。 エクササイズが効果的!お腹を引き締める方法は? それでは実際に内臓下垂を改善する効果的なトレーニング法をご紹介します。もっとも簡単にできるのが仰向けになって腰を振るストレッチ方法です。まず、膝を立てて仰向けになります。 この状態から膝を開いていき(ちょうど開脚をしているような状態)、両足の裏を合わせてください。この姿勢のままお尻を少し浮かせ、左右に10秒程度腰を振ります。これを毎日1、2回、寝る前やお風呂上りなどのリラックスしている状態のときに行ってください。毎日継続して行うことによって徐々に下腹部のふくらみが軽減され、ぽっこりお腹が解消されていくでしょう。

  • ダイエットの天敵!停滞期の期間と過ごし方は!?

    ダイエットの天敵!停滞期の期間と過ごし方は!?

    美しくなる方法
    2017/09/21

    多くのダイエッターにとって、大敵である停滞期。食事制限や運動など今までがんばってきても、停滞期に入ると、焦りやイライラが先走ってダイエットが失敗してしまうおそれがあります。しかし、ただがむしゃらにハードな運動を続けたり、食事制限をより厳しくしたりしては、かえって体に悪影響を及ぼしてしまいます。それでは、停滞期にまつわる原因や対策について詳しく見ていきましょう。 そもそも停滞期って?一体どうして訪れるの? 「今まで順調に減っていた体重が、急に全く減らなくなる…それどころか食事制限を厳しくしたのに、日によっては体重が増えることもある」。こうしたことが起きてしまう停滞期は、ダイエットに励む人たちにとってとてもおそろしいことです。この停滞期は、そもそもどうして訪れるのでしょうか。 その理由は、体が生命と健康を維持しようとする「ホメオスタシス機能」が起きているためです。普段一日に三食食べて、必要なエネルギーをしっかり補給しているときには、このホメオスタシス機能は起きませんが、たとえば災害が発生したときなど、栄養が十分に取れない状態が続くと、体が栄養不足だと危機を察知します。そして、体重減少を食い止めるために、普段より食事からエネルギーを吸収しようとします。これは災害時に限ったことではなく、食事制限をしているダイエット中にも起こりえます。そのため、停滞期に悩むダイエッターが多いのです。 停滞期の期間はどれくらい?抜け出す方法は? 一般的に停滞期が起きるのは、「ダイエットをスタートして約1ヶ月後」、もしくは「自分の体重が5%減少したころ」だと言われています。例えば体重が50キロの人の場合だと、2.5キロ痩せたころに停滞期が起きると言われています。 気になる停滞期がどれくらい続くのかについては、個人差があるものの、2週間から1ヶ月は続くとされていて、なかには2ヶ月近く続く人もいます。さらに停滞期は一度だけでなく何度も起きます。今まで減ってきた体重が停滞期に入って全く減らなくなってしまうと、焦りばかり先行してしまい、時にイライラしてしまうこともあります。停滞期を乗り越えるためには過度な食事制限はせず、バランスの取れた食生活と新しい運動メニューを取り入れて気分転換を図るのがおすすめです。 なかなか抜けられない…停滞期中の適切な過ごし方は? 停滞期中の過ごし方で気をつけたいのは、まずは食生活です。停滞期中は、体が体重減少を食い止めるために基礎代謝が落ちて“省エネ”モードになってしまうため、筋肉をつけて基礎代謝を上げることが大切です。筋肉をつけるというのは、単純に体を鍛えればいいというわけではなく、肉や魚といった良質なタンパク質を摂ることが大切です。タンパク質は脂肪分が多いものもありますが、停滞期中は普段と比べて食事から栄養を吸収しやすい時期なので、豆腐や鶏肉といった低脂肪高タンパクの食材を選ぶといいでしょう。 次は運動です。停滞期中は無理に運動してカロリーを消費しようとしても、体が省エネモードになっているため、エネルギー代謝が効率よく行われません。そのため体をリラックスさせるストレッチを取り入れたり、浮腫み取りマッサージをしたりするのがおすすめです。ストレッチやマッサージは、体が温まり、脂肪がほぐれやすくなるお風呂上りに行うのがベストです。 そのほかには、体重が落ちにくくなっているため、頻繁に体重を測らないようにして気にしすぎないことや、体重が減らないイライラの反動で暴飲暴食に走らないよう注意することも大切です。 停滞期はダイエット成功のサイン!当クリニックの専門医と乗り切りましょう 停滞期はダイエッターにとってとても辛く、ストレスが溜まりやすい時期ですが、実は「ダイエットが成功しているというサイン」でもあります。それは、停滞期は体が省エネ状態に切り替わり、次に体重が減るまでの準備期間でもあるからです。停滞期に入ると、無理な食事制限やハードな運動を行ってしまう人も少なくありませんが、そうするとダイエットどころか体を壊してしまいかねません。これまでダイエットをがんばってきた分だけ、体重が減らないと焦ってしまいがちですが、気持ちを追い込みすぎないようにしましょう。 当クリニックでは、ダイエット・停滞期対策として専門医のサポートが整っています。健康的にスリムな体をゲットするためにも、是非、当院の専門医にご相談ください。

  • 40代女性のためのダイエット!成功させるためのコツとは?

    40代女性のためのダイエット!成功させるためのコツとは?

    美しさをキープする方法
    2017/09/15

    40代女性の体は、女性ホルモンや新陳代謝機能の低下を受け、ダイエットが成功しにくい状態にあります。そのため、ダイエットを効果的に行うためには、コツが必要となるのです。当クリニックは、専門の医師が女性の美容に関するご相談を受け付けています。ここでは、40代の女性に必要なダイエットの知識と、成功の秘訣をご紹介しましょう。 40代が痩せにくいのは本当?なぜ痩せられなくなるのかを知ろう これまでダイエットが必要なかった方でも、40代になると太りやすくなると言われています。原因は、女性ホルモンと基礎代謝の減少です。 エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンは、悪玉コレステロールと善玉コレステロールのバランスを保ち、内臓脂肪の働きを抑える作用があります。しかし、40代に入る頃から徐々にエストロゲンの分泌量が減少し、太りやすくなるのです。また、エストロゲンは食欲をコントロールしたり、お肌を健康に保つコラーゲンを作り出したりする働きもあります。そのため、エストロゲンはダイエットだけでなく、美肌を保つためにも必要な成分なのです。 基礎代謝の低下も、40代の女性が太りやすくなる原因の1つです。人間が生きていくために自動的にエネルギーを消費していくことを基礎代謝と言います。ダイエットには欠かせない機能ですが、基礎代謝は年齢を重ねるにつれ、徐々に衰えていくのです。そのため、これまでダイエットをする必要のなかった方でも運動や食事に気を付けないと体重が増加してしまいます。 運動するならウォーキングや水泳を短時間だけ! ウォーキングや水泳などの有酸素運動はダイエットに効果的です。体に過度な負担がかからないよう適度に行うのがコツです。 最も手軽な運動として、多くの人がダイエットに取り入れているのが、ウォーキングです。運動やスポーツが苦手な方でも気軽にできるので、あまり運動が得意でない方は、まずはウォーキングから始めてみましょう。できれば1日30分以上行うのが望ましいと言われています。脂肪が燃焼してくるまで、少なくとも20分以上は運動を続ける必要があるからです。なかなか時間が取れないという方でも、通勤やお買い物ついでに行えば、ダイエットになります。 また、普段からよく歩いているという方なら、水泳に挑戦してみると良いでしょう。泳ぎが得意でない方も、水中ウォーキングなど気軽に始められるところからスタートしてみてはいかがでしょうか。ただ歩くだけよりもカロリーの消費量が大きいですし、筋力アップにも効果があります。骨や筋肉にも負担がかからないので、膝痛や腰痛になりやすい方にもおすすめです。ただし、水中とはいっても足腰に負担がかかるので注意が必要です 食事はたんぱく質を意識して!多めに摂取して筋力低下を防ぐ ダイエット中の食事はできるだけ脂肪分が少なく、高たんぱく質の食材を取り入れましょう。ただし、極端に偏った食事は避け、バランスのとれたメニューが推奨されます。いつもより栄養バランスに気を付け、体調を整えていくことも、ダイエット成功のカギとなります。 たんぱく質は、女性ホルモンのバランスを整える働きがあると言われています。細胞のもととなるたんぱく質は、卵巣の働きを正常に保つために必要な栄養です。女性ホルモンを分泌する卵巣の働きが正常になると、ダイエットにも良い効果をもたらします。また、たんぱく質を摂取することで、筋力の増加にもつながります。筋力アップは、新陳代謝の機能を高める上で重要です。そのため、ダイエットには欠かせない栄養素と言えます。代謝機能を高め、脂肪が燃焼しやすい体づくりをしましょう。 40代のダイエットを成功させるには知識とコツが必要です。当クリニックでは、女性のダイエットや美容について専門的な知識を持った医師が在籍しています。ダイエットがうまくいかなくても悩まずに、専門の医師にお気軽にご相談ください。

  • 実はあなたも糖尿病予備軍?実践したい栄養指導ケア

    実はあなたも糖尿病予備軍?実践したい栄養指導ケア

    内側から美しくする方法
    2017/09/08

    「しょっちゅうのどが渇く」「食生活が不規則」「週4日以上お酒を飲む」こんな症状に心当たりがあるのなら、糖尿病の可能性があるかもしれません。過食や運動不足によって引き起こされてしまう糖尿病は、男性の約3割、女性の約2割が患者または予備軍だと言われており、その予防策は生活習慣の改善と栄養管理にあるのです。 糖尿病とは一体? そもそも糖尿病とは、高血糖な状態が長く続く病気のこと。膵臓から分泌されるインスリンは血中のブドウ糖を分解・吸収・貯蔵する働きをし、エネルギー源として変換するサポートをしています。つまり、血中の糖量を調整しているホルモンなのですが、膵臓の働きが悪くなったり、インスリンの分泌量が少なくなったりすると、血中のブドウ糖が増えて高血糖状態になってしまうのです。この高血糖状態が長く続いてしまうと、糖尿病になってしまいます。 そんな糖尿病、「私には関係ない」と思っているとしたら、それは大間違い。糖尿病にはⅠ型糖尿病、Ⅱ型糖尿病があり、免疫機能障害が原因となる自己免疫障害やウイルス感染などによって膵臓がダメージを受け、インスリンが不足して起こるⅠ型比べ、日本人の糖尿病患者のほとんどがⅡ型糖尿病です。その数、約9割と言われており、このⅡ型糖尿病の原因となるのが、食べ過ぎや運動不足、飲酒、喫煙、ストレスなどの悪しき生活習慣。つまり、食生活や生活習慣が起因しているⅡ型糖尿病は、生活習慣が乱れている方にとって、誰にでも起こり得る生活習慣病なのです。あなたはBMI値(※)が25より高い数値ではないですか? 肥満は糖尿病の要因です。過食や偏食の傾向はありませんか? これらも糖尿病を引き起こす要因の一つ。血糖値が高くなりつつある糖尿病予備群のうちに生活を改善して、食事や運動などで糖尿病を予防することが大切なのです。 ※BMI値:Body Mass Indexの値 計算式は体重kg ÷ (身長m)2 実践したい3つの糖尿病予防 身近な生活習慣や食生活が環境要因である糖尿病。つまり、予防するためには生活習慣を改善し、運動習慣を身につけ、栄養バランスのとれた食生活を送ることが何よりも大切です。そして、それらを継続させることで糖尿病や糖尿病予備群への対策を講じることができます。 まずは生活習慣の見直しを。夜型のライフスタイルや、不規則な生活習慣は体内時計を狂わせてしまい、良質な睡眠を阻害する要因に。睡眠不足になるとストレスを抱えやすくなるだけでなく、代謝が落ちて太りやすくなることも。一日の生活リズムを整えることが、糖尿病予防には大事なのです。 またストレスの上手な解消方法を見つけることもポイントの一つ。喫煙する方は、ストレスがたまらない程度に本数を減らしたり、禁煙したりと習慣の改善をしましょう。 つぎに、運動習慣をつけること。運動不足が糖尿病を引き起こす要因になるため、適度な運動を取り入れたライフスタイルへ変えましょう。食事で摂取したカロリーを消費するだけでなく、代謝を高めて痩せやすい体を作る上で欠かせない運動は継続させることが大切。激しいトレーニングをたまに行うのではなく、毎日続けやすい運動習慣を選ぶのも重要です。 例えば、毎日一万歩を目標にウォーキングをするのもおすすめです。これで大体160kcal〜240kcalのカロリー消費になります。「一万歩って大変なのでは?」と思うかもしれませんが、1回15分から30分のウォーキングを1日2セット行えば、クリアできる程度の運動量です。これをできれば毎日、少なくとも週3回は続けるようにしましょう。 そして、一番大切な食生活の改善。1日に摂取すべきエネルギーを知ることが先決です。その上で今の食事量が適切であるかどうかをチェックします。塩分や糖質、脂質の過剰摂取を控えて、カロリーコントロールを行いましょう。 また、3食きちんと食べることも忘れずに。糖尿病の要因である肥満を改善しようとして、食べる量を減らして痩せようとするのは栄養が不足してしまったり、ドカ食いに繋がったりする危険性があるためNG。実はドカ食いは血糖値の急激な上昇によって肥満のリスクを高めてしまうのです。1日3食なるべく毎日同じ時間帯に摂り、血糖値の上昇を抑えるために食物繊維の豊富な食材である野菜や海草類から食べ始めるのもポイントです。 栄養指導を取り入れた糖尿病予防 生活習慣、運動習慣、食生活の3つを整えることが、糖尿病予防・改善には大切ですが、自分だけではなかなか難しいのが食生活です。生活習慣や運動習慣と違い、栄養素の知識やバランスの取れる食事法など、専門的な知識を要する食生活は、一人でケアしていくのは至難の業。そこで取り入れたいのが、食生活の改善指針を教えてくれる「DS式栄養指導プラン」です。 自分の食生活の癖や、足りない栄養素の傾向など、専任の管理栄養士の先生によるカウンセリングで、一人ひとりに合った栄養指導を受けることができます。さらに肥満外来クリニックである渋谷DSクリニックの栄養指導なら、3食しっかりと食べながら、痩せやすい体が手に入ります。その秘密は食事記録ノートを使った、定期的な対面カウンセリングと、LINEやメールでいつでも相談できるバックアップ体制にあります。出かけ先で「これ、食べてもいいのかな?」という疑問や、「会食の約束があって食べすぎてしまいそう……」といった相談にも、的確なアドバイスをもらうことができるのです。さらに、痩せやすい体質になる食べ方や、体質別のおすすめ食材など、一生使えるダイエット知識を学べるのも魅力的。 DS式栄養指導なら糖尿病の要因である肥満を解消するための食生活を学べるだけでなく、過食や偏食などの食生活も改善できます。理想の体型を目指しながら、糖尿病予防も叶う、一石二鳥のダイエット治療なのです。 糖尿病は長年の生活習慣の乱れが引き起こす生活習慣病。糖尿病になる前に、生活習慣や食生活を改善して、病気を予防しましょう。

  • 1回でクビレが作れる!駆け込み痩せダイエット治療

    1回でクビレが作れる!駆け込み痩せダイエット治療

    美しくなる方法
    2017/09/04

    お盆を過ぎても暑い日々は続き、水着になる機会はまだまだたくさん。となると、気になるのはお腹周りのタポタポお肉。ウエストにクビレがあるのとないのとでは、水着姿の印象も激変です。そこで1回の施術でも効果を実感できるお腹痩せ治療をご紹介。即効性があるので「今週末プールに行く」という方でも大丈夫! 水着姿が痩せて見える秘訣はお腹のクビレ セパレートタイプでも、ワンピースタイプでも、水着を着るときに一番目立つのはウエスト周り。脚や腕はパレオなどで誤魔化すことができますが、お腹周りはある程度引き締めて、クビレのラインが分かるようにしておかなければ、悪目立ちしてしまいやすいパーツ。 さらにピタッと密着性のある水着の素材が、ボディラインを際立たせてしまうため、クビレがない体型だと“寸胴”に見えてしまい、余計にスタイルを悪く見せてしまう悪効果も。だからこそ、ウエストのお肉を引き締めて、少しでもクビレを作っておくことが重要です。 とは言え、運動や食生活でお腹周りを凹ませるとなると、数ヶ月以上の期間が必要に。暑い日々も残りわずかな今、プールや海で体型を気にせずに遊びたいのなら、お腹痩せを速攻で叶えるダイエット治療という選択肢も。たった1回でも効果を実感でき、ウエストにクビレを実現させる治療法を2つ、ご紹介します。 たった1回、しかも速攻で効果を実感できるクビレ治療 医療ダイエット・肥満外来クリニックの渋谷DSクリニックの「DS式高周波治療」と「メディセルム」は即効性があるだけでなく、運動や食事ではなかなか落とすのが難しいウエスト周りのお肉を、驚くほど落とすことができます。 体の芯から温めて痩せる人気No1治療「DS式高周波治療」 お腹がタポタポして太っている理由は、脂肪がついているからであり、痩せるためにはこの脂肪の量を減らすことが必須条件です。脂肪にはボディラインが崩れる原因となる皮下脂肪と、臓器と臓器の間にできる内臓脂肪があり、どちらもできる原因やつき方が異なるため、運動や食生活によって同時に落とすのは長い年月を要す羽目に。 とは言え、クビレを手に入れるためには、皮下脂肪も内臓脂肪も落とさなければなりません。そこで活躍するのが、脂肪細胞にアプローチするDS式高周波治療。脂肪温熱療法であり、ウエスト周りの深部の温度を高周波エネルギーによって上げることで、脂肪細胞中の血液循環を増やします。すると脂肪細胞の代謝が高まり、皮下脂肪や内臓脂肪はもちろんのこと、セルライトまで燃焼を促すのです。 「肌は熱くならないの?」と不安に思う方もいるかもしれませんが、そこは心配いりません。DS式高周波治療は、特殊な高周波エネルギーを体の深部を加熱することで痩せ効果を実現しており、肌表面が極端に熱くなる危険性はないのです。それこそ、メスを使った脂肪吸引手術や、脂肪溶解注射とは違い、普段の生活に影響することなく、自然とスリムなクビレを手に入れることができる治療です。 DS式高周波治療なら、ハードな運動をせずにお腹周りにたまっている脂肪を落とし、即効性のある部分痩せを実現できるのです。 固い脂肪から凸凹セルライトまで分解!「メディセルム」 通常なかなか改善するのが難しい、固くなってしまった脂肪や凸凹したセルライト。しかし、メディセルムなら強力な吸引力で、どんな凝り固まった脂肪も、手ではつかむことができない深部の脂肪も分解し、ローラー技術で排出します。凸凹と目立つセルライトまでケアできる、このメディセルムは、“自力では落とせない脂肪とセルライト”に働きかけ、サイズダウンを実現するのです。 脂肪とセルライトが分解、排出されることでサイズダウンし、メリハリのあるボディラインを作るだけでなく、代謝を高めてリンパや血行の流れを促進する効果もあり、ウエスト痩せを叶えながら、より痩せやすい体質へと改善できるのも魅力の一つ。 短時間の施術で脂肪とセルライトの吸引治療ができるだけでなく、即効性があるため、「今すぐ痩せたい」という方の希望も叶えてくれる優秀な治療、メディセルム。たった1回でもお腹周りをスッキリさせることができますが、よりウエストにクビレを求める方は継続しての治療がおすすめです。 例えば、たった3ヶ月でもこれだけボディラインに変化が! 部分痩せに特化したメディセルムで、細いウエストは作りことができるのです。 ウエストのクビレを速攻で手に入れたいあなたには、渋谷DSクリニックのDS式高周波治療とメディセルムがおすすめです。お腹周りのお肉を直ぐ様落としたいのなら、今すぐ試してみては?

  • ダイエット効果を底上げ!成長ホルモンを増やす治療法

    ダイエット効果を底上げ!成長ホルモンを増やす治療法

    内側から美しくする方法
    2017/08/21

    「食べる量は若い頃と変わらないのに太りやすくなった……」そんな風に感じているダイエッターの皆さん。もしかしたらその太りやすい原因には、成長ホルモンが関係しているかもしれません。 成長ホルモンと聞くと、子供の成長に関わるホルモンと一般的に思われがちですが、年齢とともに分泌量が低下する成長ホルモンは、実は痩せやすい体質作りや新陳代謝の活性化に欠かせず、ダイエットや美肌に深く関係があるのです。 体重増加や肌荒れに関係する成長ホルモン 成長ホルモンとは、主に脳の下垂体から分泌されるホルモンの一つ。成長に関わる働きがよく知られていますが、代謝調節や免疫機能などにも関わっており、様々な働きを持つ万能なホルモンです。そんな成長ホルモンの分泌は、思春期をピークに20代から低下し、40歳を超えると20歳前の1/3〜1/8程度になってしまうと言われています。分泌量の低下によって、スタミナや筋力が衰えて基礎代謝が落ちてしまったり、肌のハリが低下してしまったりするのです。 「昔は運動しなくても太らなかったのに、年々痩せにくくなった」 「肌がごわついて、昔は出来なかった吹き出物が出るようになった……」 こんなボヤキをあなたも一回はしたことがあるはず。成長ホルモンの分泌が少なくなることで体重増加や肌荒れをしやすくなるだけでなく、体脂肪量が増えたり、内臓脂肪がつきやすくなったり、疲れやすくなったりとダイエットをする上でデメリットがたくさん。成長ホルモンの分泌が少なくなればなるほど、太りやすい体が出来上がっていってしまうのです。 成長ホルモンを増やす生活習慣 ダイエットにおいても美容においても、成長ホルモンの分泌量を多くすることがポイントになります。では、成長ホルモンを多く分泌させるためにはどうすればいいのでしょうか。 成長ホルモンが分泌されるタイミングは睡眠中。つまり、分泌量を増やすためには睡眠を見直すのが先決です。 睡眠の質の低下や寝不足は成長ホルモンの分泌を抑制するため、夜はしっかり7時間程度の睡眠を取り、就寝前はリラックスして過ごすように心がけましょう。また、空腹になってから食事をすると成長ホルモンが増加しやすく、筋肉量を増やすことも分泌量アップにつながります。ただし、生活習慣や食事、運動の見直しによって成長ホルモンがググっと増えるかというと、そうも行かないのが現実です。手っ取り早く成長ホルモンを増やしたい場合は、成長ホルモン分泌促進剤を使うのが効率的でしょう。 成長ホルモン分泌促進剤で効率的にダイエット 成長ホルモンの分泌量が増えれば、内臓脂肪がつきにくく、基礎代謝量が上がり、自ずと痩せやすい体質になります。また、肌細胞を修復したり、肌のハリが回復したりと美肌作りにも嬉しい効果が満載です。 そんな成長ホルモンは分泌促進剤を活用することで、効率的に分泌を促すことができます。基礎代謝を高めるだけでなく、体脂肪を減少させ、体質を改善しダイエット効率をアップするだけでなく、スタミナや持久力も高まり、運動をしている方は「疲れにくさ」を実感できるはず。また、シワやたるみの改善などにも効果的で「肌がキレイになった」との声も多い成長ホルモン分泌促進剤は、ダイエットをする方なら誰しも取り入れると良い治療メニューの一つです。 渋谷DSクリニックでも成長ホルモン分泌促進剤の取り扱いがあり、 「ダイエット効率を上げたい」 「手っ取り早く痩せたい」 「ダイエットだけでなく肌もキレイにしたい」 そんな方に大人気の治療法です。 太りやすくなった体質を改善し、痩せやすい体質へ導く成長ホルモン治療をあなたも試してみませんか。

  • 約5人に1人が糖尿病!?肥満が招く生活習慣病の実態

    約5人に1人が糖尿病!?肥満が招く生活習慣病の実態

    美しくなる方法
    2017/07/26

    定期検診で「このままでは糖尿病になりますよ」と言われた経験、ありませんか。実は今、日本人の約5人に1人が糖尿病または糖尿病予備群と診断されており、生活習慣病がかなり身近な存在になりつつあるのです。 「私は大丈夫」 そう思っていても、発症前の自覚症状がほとんどないため、知らず知らずのうちに糖尿病予備群になってしまっている方が多く、気付かないうちに進行していて、「症状が出てから糖尿病が発覚した!」なんてケースも。本当は恐ろしい肥満ボディ、あなたは大丈夫ですか? 肥満ボディは生活習慣病の元 生活習慣病と聞くと、偏食や喫煙、アルコールの過剰摂取などといった生活習慣を送っている人がなるものだと思っている方が多いのですが、肥満ボディも発症のリスクを高める要因の一つ。中でも糖尿病の発症は肥満と密接な関わりがあるのです。 肥満が糖尿病を引き起こすメカニズム 「血糖値」という言葉は聞いたことがあるはず。血糖値とは、その名の通り血液中の糖分の濃度を数値化したものですが、これが高ければ高いほど血液がドロドロになってしまったり、高血糖になったりして糖尿病を発症する原因になってしまいます。 普段はこの血糖値を正常に保つために、膵臓から分泌されるホルモン「インスリン」が糖分をエネルギーに変えて消費し、血糖バランスを一定に保っているのですが、糖分の摂取量が過剰になるとインスリンの分泌が追いつかなくなったり、インスリンの効きが悪くなり、糖分が消費されず、どんどん血糖値が高くなってしまうのです。 つまり、糖尿病の一因である高血糖な状態を回避するためには、糖分の摂取量を調整し、肥満にならないようにダイエットすることが大切です。 栄養バランスを考え肥満を予防しよう 肥満にならないために、また肥満から抜け出すためには、栄養バランスを見直すことが先決。1日の食事量を思い出してみて、糖分や炭水化物の摂取量が多くなっていないかチェックをしてみましょう。 「栄養ってどれだけ摂ればいいの?」 そんな疑問を持つ方も多いはず。体質や生活スタイルによって摂るべき栄養素の量は人それぞれ。だからこそ渋谷DSクリニックの栄養指導プランを受けて、効率的に減量していくのも選択肢の一つです。ダイエットクリニックだからこそ、肥満を予防・改善しながら減量しやすいボディになる栄養指導を受けることができます。 痩せるだけでなく、糖尿病になるのを防ぐためにもダイエットに励んで、健康的な体を手に入れてみませんか。

  • モチベーションを維持して仲間と楽しく痩せる!渋谷DSクリニックのダイエットレース

    モチベーションを維持して仲間と楽しく痩せる!渋谷DSクリニックのダイエットレース

    美しさをキープする方法
    2017/07/25

    梅雨時期を過ぎれば、本格的な夏はあっという間にやってきます。プールや海に出かける予定が現実味を増してくる今の季節、「そろそろ頑張らなきゃ」と重い腰を上げてダイエットに挑もうと決心する人も多いはず。でもなかなかやる気が出なかったり、三日坊主で終わってしまったりするあなたに、ダイエットのモチベーションを上げるとっておきの方法があります! それが最近人気の「ダイエットレース」。ダイエット仲間とともに、体重や体脂肪などの減量度合いを競い合ってダイエットを行う方法です。昨今ダイエットレースをテーマにしたテレビ番組も人気を博しており、人と競い合うことでのダイエット効果は高いと評判です。InstagramやTwitterなどのSNSでダイエット友達を探す人も増えているとか。 そんな他のダイエッターと競い合うダイエットレースの魅力を、一挙ご紹介します。 実は難しい?独りダイエットのデメリット ダイエット中、誰しもが悩む課題。それは「モチベーションが落ちてしまい、ダイエットが続かない」「リバウンドをしてしまう」ということではないでしょうか。 ダイエットを成功させるためには、ダイエットする上での正しい知識とモチベーションの維持が必要条件です。栄養バランスを考えずにむやみやたらに食事を控えてしまったり、体に負荷のかかる運動習慣などを続けてしまったりすると痩せにくい体質になってしまうなど逆効果です。インターネットなどに様々なダイエット情報は溢れていますが、その中から正しいものを選んで、さらに自分に合ったものを実践するのはなかなか難しいもの。また、自身に合っていないダイエットを続けていたら、もちろん結果は伴いません。そんな中でモチベーションを維持するのは簡単なことではありません。 モチベーションの低下にSTOP!ダイエットレース そこで今ダイエッターの中で話題沸騰中なのが集団でダイエットを行い、その結果を競うダイエットレースです。「ダイエットレースに効果なんてあるの?」と思われるかもしれませんが、他者との交流によって他者の意見を参考にすることができたり、感情を分かち合ったりすることで、意識を高め合えるというメリットがあります。それはダイエットも同様で、体重減量が目的という同志がいることで暴飲暴食の歯止めや、辛い時の励みになります。仲間に負けないぞ!と存在が力になりますよね。 そんな集団で行うダイエットレースは渋谷DSクリニックでも定期的に開催されており、「モチベーションを高めたい」という方も気軽に参加していただけます。 上位入賞者総額25万円相当の豪華賞品!渋谷DSクリニックのダイエットレース 渋谷DSクリニックではご通院中の患者様向けに、約2ヶ月間をかけて体重の減量率を競うダイエットレースを行っています。 「他の参加者の減量具合はどうか」「どんな食事をしているのか」など、ダイエット情報を共有しながら行うので、多くの方がレース終了後に達成感を感じています。しかも、参加者全員にもれなく参加賞があり、ダイエット結果の順位が上位の方には総額25万円相当の施術の豪華賞品までプレゼント! ※2017年7月現在 賞品は変更になる場合もございます。 学生から社会人、主婦層まで多くの患者様に参加いただいている渋谷DSクリニックのダイエットレース。競い合うことでモチベーションが維持されて、ダイエット開始時と比べ体重が10%以上も減量達成した方もいらっしゃるほど。今までダイエットへのモチベーション維持やリバウンドに悩み続けてきた方も、渋谷DSクリニックのダイエットレースに参加して、今年こそはダイエットを成功させてみませんか?