ダイエット=食事制限は間違い!食べて痩せるDS式栄養指導プラ…|ダイエット外来渋谷の全身・部分痩せ医療ダイエット・肥満外来なら渋谷DSクリニック

MENU

銀座院 0120-877-850

渋谷院 0120-951-135

WEB予約

資料請求

メール相談

ダイエット=食事制限は間違い!食べて痩せるDS式栄養指導プラン【前編】

2017/06/28
  • 後でこの記事を読むなら、
    はてなブックマークが便利です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ダイエットと聞くと、一般的にイメージされがちなのが食べる量を減らす食事制限方法。今、この記事を読んでいるあなたも一度は試したことがあるのでは? 食べる量を減らす簡単さと、結果がすぐに出る手軽さで、食事制限ダイエットの人気は衰えることがありません。でも、思い出してみてください。食事量を制限して少し痩せたとしても、食べる量を元に戻した途端、すぐにリバウンドしてしまいませんか?  実はただ単に食事制限するだけでは、ダイエットにはなりません! この食事制限方法、糖質制限などが代表的ですが「何を食べないか」よりも「何をどれだけ食べるか」ということがリバウンドを起こさずに、健康的に痩せる上で大切だったのです。とは言え、何をどれだけ食べたら痩せるのか……専門的な知識がない上では難しいもの。そこで美容家である筆者が、ダイエットに効果的な栄養指導プラン渋谷DSクリニックにて受けてきました。

渋谷DSクリニック栄養指導プラン

これまでダイエットをしようとしても、食事制限をメインに少しの運動で痩せようとしていた筆者。そのせいか、痩せてはリバウンド、また痩せてはリバウンド……の繰り返しでした。筆者がそうだったのですが、ダイエット中の食事に対する感覚は「これを食べたら太る」「あれを我慢すれば痩せる」といった二者択一のようなもの。しかもその判断は「脂っぽいから」「炭水化物だから」という素人目線でした。また、こういった食事の我慢がストレスとなり、ダイエットを挫折してしまうのも日常茶飯事。 そんな偏食によるダイエットから脱却して、食生活で痩せ体質を身につけるため一念発起! 正しい知識を身に着けて、ダイエットを習慣化させる栄養指導プランを受診することに。今回ご担当いただくのは、銀座院の管理栄養士、安藤有子先生です。 安藤先生は、その的確なカウンセリングと指導に定評があり、これまで数多くの患者様を痩せさせてきたダイエットのスペシャリスト。生活習慣病の方を数値改善へ導いたり、お酒をやめることができなかった方でも安藤先生の指導によってやめることができたりと、多くの方がダイエットのみならず、生活面でのお悩みも改善に導く渋谷DSクリニックの人気管理栄養士です。 渋谷DSクリニック栄養指導プランは、食事記録ノートを使用して日々の食生活を記録するレコーディング方式。食べたものの情報を元に、ライフスタイルや食生活・食の好みに合ったアドバイスを受けることができる食事指導です。1ヶ月の栄養指導プランの場合、約3回の対面アドバイスを受けることができるほか、外食や旅先など食生活のあらゆる場面で起こる疑問や「これは食べてもOK?」などの質問をLINEやメールにて、遠隔的な指導も受けられるのが嬉しいポイント! 外食や中食が多く、なかなか食生活をコントロールできない方にも人気のメニューです。

栄養指導の1ヶ月の流れ

今回筆者が体験したのは1ヶ月の栄養指導プラン。元々外食や中食が多く、自炊習慣もない筆者にとって、食生活の管理は苦手分野。ダイエットを考えたら、迷わず欠食を考える筆者のダイエットライフがどう変わるのでしょうか……!?

事前準備

管理栄養士による指導を受ける前に、まず約3日間の自身の食生活を記録することからスタートします。 自身の感覚では「今日はあまり食べすぎていないかな」と思っていても、いざ記録してみると炭水化物が多かったり、間食をよくしていたりとダイエットには不向きな食生活の実態が判明しました。 この情報を元に栄養指導がスタート。 1ヶ月という期間の中でどのような指導が行われ、どれだけ体質に変化があったのか……後半へ続く! 後編へ続く>>

美しさをキープする方法の関連記事

  • 毛抜きはレーザー脱毛の天敵!?短期間で完了するクリニック脱毛の実態

    美しさをキープする方法
    2016/07/21

    女性の永遠の悩みテーマであるムダ毛問題。その日の朝にカミソリで剃ったとしても、夕方には脇のブツブツ毛穴が気になってしまう。脱毛器で処理したところが、赤く目立ってしまう。そんな自己処理派の人につきまとう脱毛問題に、 あなたも悩まされていませんか? そんな処理後の肌悩みに加え、露出が増えるサマーシーズンは脱毛ケアにかかる時間が増えるはず。 脇毛剃って、腕毛剃って、すね毛剃って…と毎日5分の処理でも、夏中で考えると450分。つまり、3ヶ月だけで7.5時間をも自己処理に費やしている計算になります。 ムダ毛悩みと自己処理時間から開放されたいのなら、永久脱毛という選択肢を考えてみませんか? 渋谷DSクリニックの医療レーザー脱毛なら、短期間で効果的に脱毛できます。医療レーザー脱毛をすれば、あなたの脱毛ライフも断然楽になるはず! ただし、永久脱毛前に絶対にやってはいけないNG行動があるので、あなたはやっていないかチェックしてみてくださいね。 改めて知りたい!クリニック脱毛って一体? 特定の色のみに反応するレーザーの特性を活かしたレーザー脱毛。体毛には「生える、伸びる、抜ける」の毛周期があり、1ヶ月半から2ヶ月位のサイクルで生え変わっています。この生えている状態の毛に反応するレーザー脱毛は、残念ながら抜けている毛には反応しません。 そのため、約1ヶ月半から2ヶ月に1度のサイクルで照射が必要になりますが、半年ほどでほぼ目立つ毛がない状態にまで変わることができます。 エステサロンの脱毛と異なり、短期間で脱毛が完了できる理由は、出力が高いレーザーで脱毛ができる点にあります。レーザー脱毛の照射には医師免許が必要なので、このレーザー脱毛は医療機関でしか受けることができません。 万が一、レーザー照射によって肌トラブルが起きたとしても、フォロー体制が整っているDSクリニックだからこそ、強力なレーザー出力で施術することができるのです。 これやっちゃダメ!脱毛ができなくなるNG行動 レーザー脱毛は、毛が生えている状態で照射することが効果を出す前提条件です。つまり、毛が抜かれた状態ではその効果は発揮できません。 普段の自己処理で毛抜きや家庭用脱毛器、脱毛クリームなどを使っていませんか? それらを使って毛を抜いてしまうと、レーザー脱毛ができなくなってしまいます。 もし、これらのNG処理法を行っているとしたら、残念ながら新しい毛が生えてくるまで1ヶ月半から2ヶ月間の間、レーザー脱毛はお休みしていただくことになってしまいます。 永久脱毛を考えているのなら、自己処理をする場合、カミソリを使うようにしてください。 エステなら長年かかる脱毛ライフも、DSクリニックのレーザー脱毛なら約1年で完了します。 毎日のセルフケアに飽き飽きしているのなら、今年こそDSクリニックで永久脱毛にトライしてみませんか?

  • ダイエットに効果のあるおすすめの運動!

    美しさをキープする方法
    2017/06/23

    ダイエットしたいと思っているけれど何をしたらいいか分からない、そう思っている方はいませんか。ひと口でダイエットといっても食事や運動などその選択肢はたくさんあります。日頃から運動不足だと感じている場合は、ダイエットのために運動をしようと考える人もいるでしょう。そこで、ダイエットに効果があるおすすめの運動に焦点をあててお伝えします。 効果的に痩せるダイエット運動は? ダイエットの目的はさまざまですが、ほとんどの場合、やせてスリムな体型になることが目的であることが多いでしょう。そのため、効果的に痩せるダイエット運動を知っていれば、ダイエットがスムーズに進みます。 脂肪燃焼に効果の高いエアロバイクや水泳などと合わせて、毎日ウォーキングや散歩をするなど、自分にとって続けやすい運動を選び継続して行うことが大切です。ただし、これらの運動は有酸素運動ですので、継続している間はカロリーが消費されますが、辞めてしまうとリバウンドにつながりますので注意が必要です。 自宅でもでき効果的に痩せられるダイエット運動としては、スポーツ医学に基づいた筋肉増進運動があげられます。DVDなどで色々な種類のものが出ており、映像に合わせて運動を行いますのでどんな動きをするかは簡単に理解できます。天候に左右されませんから、自宅で長期間取り組むことも難しくないでしょう。また、長期的に通うと効果が期待できるダイエット運動としては、ホットヨガもおすすめです。 ほかにもフィットネスクラブで個人専用のメニューを組んでもらって行う運動も効果が高いでしょう。 体の部位別ダイエットに効果のある運動 ダイエット運動にはさまざまなものがありますが、体の部位別にダイエット効果がある運動を知っておくと、自分に最適な運動を短時間で効率よく行うことができます。 まず、バスルームで簡単にできる二の腕に効く運動をご紹介しましょう。 浴槽の淵から40cm程度離れて背を向けて立ち、その状態で後ろに手を伸ばして浴槽の端を持って腰を落とします。腰を落として15秒程度静止。これを3セット繰り返してください。 次に、脚に効く運動です。美脚には適度なスクワットが効果的です。つま先を90度に開いて腰を下ろした時にかかとをできるだけあげて5秒程度静止するスクワットを5セット程度行うと脚がきれいになるでしょう。 さらに、ウエストに効く運動です。引き締まったくびれには腹筋が効きます。膝を肩幅程度に広げた状態で仰向けになり、左右の腹筋と中央の腹筋を交互に行うとよいでしょう。おしりが気になる場合は、電車などで立っている時に簡単にできる運動がおすすめです。かかとは合わせてつま先を90度開き、ふとももをできるだけ密着させる姿勢を保つとお尻に効きます。 自分のスタイルにあわせて最適な運動を! ダイエットの直接的な目的が痩せることだとしても、痩せるためのアプローチや効果的な方法は人それぞれ違います。遺伝的要素や生活環境などによって体質などが違っているからです。また、運動して痩せようと思っても、ダイエットに効く運動は数多くの種類が存在します。そのため、自分にはどの運動が効果的かを見極めるために何種類かの運動方法をある程度の期間は試す必要があるでしょう。 しかし、一旦自分に合っている運動を見つけても、安心するのはまだ早いです。運動は強度も重要です。せっかく自分に合った運動をしているにもかかわらず、強度が強すぎれば逆効果ですし、弱すぎれば効果は出にくくなってしまいます。自身に見合った強度で行うことが重要です。適度な強度で運動を行うことで、痩せる効果も早めに実感できますし、つらすぎる状態にはならないため長期間続けることができるようになります。自分に合った運動の種類と強度を見つけ出すことができれば、ダイエットで痩せるというゴールも遠くはありません。

  • 鼻水・くしゃみ・目のかゆみにサヨナラ!プラセンタ注射で花粉症ケア

    美しさをキープする方法
    2017/04/03

    寝ても覚めても鼻がムズムズ、食事中もくしゃみが止まらない花粉症。薬で少しは症状を抑えられたとしても、なかなか不快感は消えません。ちょっとでも和らげようと、花粉症に良いと言われているヨーグルトを食べたり、アレルギー対策にハーブティーを飲んだりしている人も多いのではないでしょうか?  「薬を飲むと眠くなるから……」 「ヨーグルトやハーブティーの効果ってあんまり感じなくて」 そんな花粉症対策に困っているあなたにオススメしたいのが『プラセンタ注射』。眠くなることもなく、花粉症の嫌な症状を緩和することができる救世主的治療です。朝から晩までティッシュとマスク、ゴーグルが手放せない人は、プラセンタ注射で花粉症ケアを行ってみては?  花粉症の悩みをブロック!プラセンタ注射って? そもそもプラセンタとは、妊娠時に母体と胎児を繋いでいる胎盤から抽出されたエキスのことであり、胎児をアレルギー反応や様々な弊害から守っているもの。アンチエイジングや美白・保湿・コラーゲンの生成促進などの美肌効果をはじめとし、抗アレルギー作用や抗炎症作用もあり、万能薬と呼ばれることも。そんなプラセンタエキスを体内に取り入れるプラセンタ注射は花粉症対策には打ってつけ!  花粉症のアレルギー反応を緩和するだけでなく、肌質の改善を促し、老化予防にもなる渋谷DSクリニックの『プラセンタ注射』は、わずか5分ほどの所要時間で終わる時短治療。ランチタイムの空き時間や、仕事終わりの帰り道に立ち寄ってサッと打てるので、忙しい人の花粉症ケアとしても人気です。2週間に1回のペースで施術を受けると、プラセンタ注射の効果が持続するので、花粉症に悩んでいる人も、スッキリとした快適な毎日が送れます。 蛇口をひねったかのように鼻水がノンストップでたれてくる人、コンタクトも入れられないほど目のかゆみがヒドイ人などから高い信頼を得ているこの注射で、今年の春を快適に過ごしてみませんか?

あなたにおすすめの記事

  • 最高のパフォーマンスを求めるならばダイエット外来へ!

    美しくなる方法
    2019/03/13

    ビジネスの最前線で活躍している方や、公私を問わず忙しく過ごしている方にとって、健康なカラダを維持し、高いパフォーマンスを維持することは最優先課題といえます。 疲れが残りやすくなったり、動きが鈍くなっているという場合に、案外関係が大きいのがカラダの状態です。心とカラダは深く繋がっていて、カラダの重たさは脳の活動にも多少なりとも影響します。 「もっとアグレッシブに活動したい」「最高のパフォーマンスを発揮したい」「若い頃のような体型に戻りたい」など、ご自身のカラダについて考えるきっかけは人それぞれでしょう。 でも、実際にダイエットに取り組もうとしても、「忙しい」「付き合いが多い」などの理由で挫折してしまう男性は非常に多いのです。そんな悩める忙しい男性に、ダイエットの方法を適格にアドバイスして、さまざまな目的と悩みにフィットするのが渋谷DSクリニックの「ダイエット外来」です。 40代以降の男性はダイエットしづらい? 「昔は少し運動すれば体型が元に戻ったのに…」「食べてないのに太りやすくなった」などの悩みは40代以降になると増えてきます。それは中年以降になると代謝が低下して、太りやすくなってしまうためです。 正しい食事療法で食べる量を減らすダイエットは、30歳くらいまでならば効果が出やすいでしょう。また、やみくもな筋トレや有酸素運動で痩せられるのは30代までです。 残念なことに、40代以降では若い頃のような単純なダイエット方法では通用しなくなってきます。 若い頃であれば食べないだけで短期に痩せることもできますが、40代以降では生活習慣の根本的な見直しが必要です。ただ、食事量を減らすだけ、気が向いたときだけ運動…という方法では正直やせられません。 40代以降では生活習慣病のリスクも高くなってくるため、乱れた食生活や極端な食事制限は健康面を考えるとリスクが高くなります。リバウンドを何度も繰り返す…という状態がつづくと、カラダはますます太りやすくなってしまうので要注意です。 男性よりも女性の方がダイエット成功率が高いって本当? 40代以降の男性でも「食べないだけでは痩せないのか」と肩を落とす必要はありません。なぜなら、男性の方が女性と比べてダイエットに成功しやすい性質があるからです。 その理由は2つ。まずは、男性はストレスが加わったとき食欲が低下する人が多い傾向があるためです。 女性はホルモンの影響でストレスがかかると過食に走ってしまう傾向があります。でも、男性の場合は、ストレスがある状態でも割と食事のバランスを崩さずいられる人が多いのです。むしろ食欲が落ちる男性も多いようです。 また2つ目に女性ホルモンの影響を受けないので、食欲のコントロールがしやすいことも理由です。女性はどうしても女性ホルモンのバランスの乱れにより食欲にムラができやすい性質があります。男性はホルモンバランスの影響が少なく食欲が安定している傾向があります。 以上の理由から、男性は割と簡単に食事制限ができてしまう人が多く、「1日1食しか食べない」「夜は食べない」「断食にトライする」などの方法でダイエットに取り組む男性もいます。しかし、自己流の極端な食事制限は当院ではおすすめしていません。 あなたはダイエットが必要?簡単チェック! 自分のことを客観的に見ることができないと、なかなかダイエットしようと奮起することは難しいかもしれません。次のチェックリストに当てはまる項目がある人は、ダイエットを検討した方が良いでしょう。 健康診断で肥満判定を受けた 面白い周囲に「最近太ったじゃない?」と言われる 面白いベルトの上にお腹の肉が乗る 面白い痩せたい気持ちはあるが行動していない 面白い昔と比べて食べてないのに太ってきた 面白いカラダが重たくて階段がしんどい 40代以降の男性の場合には、生活の中で一日一日、積み重ねるようなダイエットを継続していくしか方法はありません。自己流の食べないダイエットではなく、根本的な生活習慣の改善が必要です。 DSクリニックは食べてよいダイエット 私たち渋谷DSクリニックが提案しているのは「食べてよいダイエット」です。ダイエット外来では皆さんに栄養指導を行なっています。普段の食生活を振り返ってもらい、問題点を一緒に洗い出していきます。そして、仕事のリズムや生活に見合った食事内容を細かく指導していきます。 渋谷DSクリニックのダイエットは食べないダイエットではないので、食事ができないストレスが少ないことがメリットです。ダイエットだけではなく、脂質や糖質のコントロールも可能になり生活習慣病の予防にもつながります。 ダイエット外来というと女性向きのイメージがあるかもしれませんが、実は男性も多く通われています。自分だけでは難しい生活習慣の改善を私たちが全力でサポートします! まずは痩身治療体験で実感! クリニックに行くのは敷居が高いと感じるかもしれませんが、まずは気軽に相談のつもりでトライアルにご来院ください。体型測定を受けて自分の状態を把握できるとダイエットへの意欲もわいてくるはずです。 「自分らしい最高のパフォーマンスを発揮したい!」「あの頃の体型に戻りたい」といった希望を渋谷DSクリニックで叶えてみませんか?まずは自分の状態を把握することがスタートラインです。一人で思い悩まずに私たち渋谷DSクリニックのダイエット外来に気軽に相談してください。

  • 我慢するどころか、チョコを食べて痩せる?!「チョコレートダイエット」の真相を聞いてみた

    美しくなる方法
    2019/02/09

    数年前から続く、ハイカカオチョコレートブーム。今年もバレンタイン商品にはカカオ含有率70%以上のハイカカオ商品が目白押し! そんなバレンタインシーズンの最中、「チョコレートダイエット」なる夢のようなダイエット方法があると耳にしたのですが…。そんな甘いダイエット法が本当あるのでしょうか?その方法と効果について調べてみました。 チョコレートダイエットとは チョコレートダイエットの方法は、ハイカカオチョコレートと呼ばれるカカオの含有量が70%以上のものを少量、朝昼夜の食前に食べるだけ。たったこれだけ!? 一日三回も食べていいの?と疑ってしまうようなダイエット方法。 チョコレートダイエットの仕組み カカオ含有量が70%以上のものは他のチョコレートに比べてカロリーが低く、なおかつゆっくりと血糖値を上げる効果があるので、食前に食べることで血糖値をゆっくりと上げ、満腹中枢を刺激して食べ過ぎるということを抑えてくれる、という説のようです。 でも、ビターなハイカカオとはいえ、チョコレートを食べるだけで痩せることはないのでは? そこで、どのような効果があるのか、そしてどんな注意点があるのか、ダイエット専門クリニックのドクターに聞いてみました。 ここが肝心!チョコレートダイエットの注意点 朝昼夜の食事内容は「栄養バランスが取れている」が大前提 血糖値の上昇を緩やかにする食前のハイカカオチョコレートダイエットも、食事内容次第ではダイエットになりません。栄養バランスの取れた適切なカロリーの食事を、欠食することなくきちんと三食とることが大切です。 「ハイカカオ」でこそ意味がある カカオ含有率が70%のハイカカオチョコレートだからこそ糖質が少なく、チョコレートダイエットに向いています。一般的にミルクチョコレート・ブラックチョコレートと呼ばれるチョコレートのカカオは20〜60%で、それ以外は砂糖や乳成分ということになります。 間食として、ダイエット中は一日100〜150kcalが目安 とはいえ、チョコレートは間食の扱い。ダイエット中の間食は100〜150kcal程度までにとどめておくべきだそう。やっぱり食べ過ぎはNGなのですね…! となると、チョコレートダイエットでは1回あたり1〜2かけらのハイカカオチョコレートを食前に食べるのがちょうどいいくらいの量になります。 チョコレートを食べる理由になるダイエット?! チョコレートが好きな女性はとても多いはず。好きなものを食べて、ダイエットができるのであれば、こんな良い方法はないですよね! チョコレートがストレス解消になっている、という方もいるかもしれませんが、渋谷DSクリニックでも、ダイエットのために間食を一切絶つようなアドバイスはしていないんだそう。食べ方や食べる量に注意は必要ですが、今年のバレンタインの自分用チョコは「ハイカカオチョコレート」を選んでみてはいかがでしょうか? 今回お話を伺ったドクターは、渋谷DSクリニック 渋谷院・院長の林博之先生。同クリニックでは医師による診断のもと、バランスよく一日三食食べて痩せるための管理栄養士による『栄養指導』をはじめ、健康的かつ効率的なダイエットの指導・治療提案を行っています。

  • 食べ方に気を付けるだけ!?同じ食事でも痩せる食事法をご紹介!

    美しさをキープする方法
    2018/10/22

    同じ食事を摂っているにも関わらず、太りにくい人と太りやすい人がいますが、その違いの一つに食べ方があります。ダイエットにおいて何を食べるかということも大事ですが、食事の食べ方もダイエットを行う上でとても大切です。。毎日の食事に痩せやすい食べ方を取り入れ、効率的にダイエットをしましょう。 太りやすさに影響する血糖値 ダイエットを行う上で鍵となる「血糖値」。血糖値とは血液中のブドウ糖の濃度のことで、食事の摂取によって上がります。この血液中のブドウ糖の元となるのが、主に食事で摂取している炭水化物です。ごはんやパンをはじめ、イモ類、果物などに含まれている炭水化物は、十二指腸でブドウ糖に分解・吸収されて血液中へと流れ込むため、食事後は血糖値が一時的に高くなります。この血糖値の上昇に伴い、膵臓から分泌されるホルモン「インスリン」がエネルギー源としてブドウ糖を全身の細胞に送り込む働きをするため、食後の血糖値は食事前と同じ濃度に低下します。 しかし炭水化物を食事の一番始めに食べたり、早食いしたりするなどして血糖値が急上昇すると、エネルギーとして消費されずに残った余剰なブドウ糖は、脂肪に変えられて蓄積します。また1日1〜2食の場合は空腹の状態が続き、次の食事の吸収率が高まるだけでなく、血糖値を急激に上げることにもつながります。このような食事をしていると太りやすくなるため、いかに血糖値を上げない食事をするかが、ダイエットにおいては大切です。 脂肪は内臓脂肪と皮下脂肪の2種類に分類されており、内臓脂肪の場合、腸を固定する膜「腸間膜」に蓄積します。そんな内臓脂肪型の肥満になると、ビール腹のようにお腹がぽっこりと出っ張った体型になるだけでなく、脂肪細胞からインスリンの働きを低下させる物質「TNFα(ティエヌエフアルファ)」が分泌されるため、皮下脂肪型と比べて血糖値が上がりやすくなります。血糖値の上がりやすさ以外にも内臓脂肪の蓄積によって、動脈硬化の促進、糖尿病・高血圧・脂質異常症を発症・悪化させる原因となるアディポサイトカインの分泌異常が起こり、健康にも悪影響が出ます。 食べ方次第で血糖値の上がり方は変わる! 太りにくくするために血糖値をコントロールするには、食品のGI値に着目することがポイント。GI値とは炭水化物が分解され、糖に変わるまでのスピードを現した数値をさします。GI値が高い食品は一気に血糖値を上昇させて脂肪を蓄積するだけでなく、血液中の糖を処理するために多量のインスリンが分泌されたり、分泌が追いつかなくなったりすることもあります。そんな高GI食品の例として、食パンや精白米、もち、うどん、じゃがいも、人参、上白糖、チョコレートなどが挙げられます。 一方、玄米やキャベツ、ほうれん草、魚介類、おから、枝豆などのGI値が低い食品は糖が穏やかに取り込まれるため、血糖値の上昇も緩やかになり、過剰なインスリン分泌もなく、糖は速やかに体に吸収されます。さらにGI値の低い食品を先に食べると、その食事自体の血糖値の上昇も緩やかになります。つまり、同じ食事であっても、食べ方次第で血糖値の上がり方をコントロールすることができるのです。 GI値を工夫する以外にも血糖値を抑える食べ方を実践すれば、いつもと同じ食事を摂っていても太りにくくなります。例えば、1口30回ほど噛むことで満腹中枢が刺激されるため、食べ過ぎを防ぐことができます。また、血糖値の上がり具合は食べる順番を工夫するだけでコントロールできるのです。最初に食べるのは、野菜や海藻、きのこ、こんにゃくなどの食物繊維が多い食品からにしましょう。食物繊維は主食に含まれているブドウ糖の吸収スピードを緩やかにし、血糖値の上昇を抑える効果があります。肉や魚などの主菜を次に、最後にご飯やパンなどの主食を食べるのがおすすめです。 痩せるために総カロリー数を制限することはおすすめできません。1日3食きちんと食べることで血糖値の変動リズムが保たれやすく、血糖値をコントロールしやすくします。朝食、昼食、夕食の食事量の配分は3:4:3が理想ですが、やむを得ず夜9〜10時の遅い時間に食事をするときはカロリーの高い炭水化物は控えて、野菜やタンパク質が摂れる副菜や主菜を摂るようにしましょう。 痩せる食べ方を学べるDS式栄養指導プラン 効率的にダイエットを行いたいのなら、痩せやすい体をつくる食べ方を学ぶのが大切です。そんなダイエットに最適な食べ方を管理栄養士から学べるのが、医療痩身専門院 渋谷DSクリニックの「DS式栄養指導」です。 生活習慣や体質に合わせた食生活の指導を行うDS式栄養指導では、毎日食べたものを記録しながら、管理栄養士によるアドバイスを受けることができます。痩せやすい体質を作る痩せ体質を作る食事の摂り方から、調理法、食べ順などを学べるため、1日3食しっかり食べながら減量が可能です。外食やコンビニ食が多いという方でも、無理に自炊することなく、食べ方や食事の選び方を工夫するだけで、生活習慣を変えることなくダイエットすることができます。 同じ食事を摂るにしても一工夫したりするだけでも痩せやすい体をつくることができます。DS式栄養指導プランで、血糖値をコントロールしながら効率的にダイエットをしてみませんか。