渋谷の肥満外来(医療ダイエット外来)で全身・部分痩せダイエット・肥満治療
渋谷の全身・部分痩せ医療ダイエット・肥満外来なら渋谷クリニック

MENU

銀座院 0120-877-850

渋谷院 0120-951-135

WEB予約

資料請求

メール相談

タレントもやるすごいダイエット方法

2017/06/25
775639eda150ec8854821515082a5c0a_s
  • 後でこの記事を読むなら、
    はてなブックマークが便利です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビなどでタレントを見ていると、どうやってあのスタイルを維持しているんだろうと不思議になることもあります。タレントのような憧れのスタイルは何もせずに生まれたわけではなく、それぞれに努力を重ねてたどり着いた結果なのです。こちらではタレントが実践して成功したダイエットついて、期間やメリット・デメリットを含めて紹介します。

ダイエットに成功した方法をご紹介!

(1)ベリーダンスダイエット

ある有名なタレントは、妊娠してからかなり太ってしまいました。しかしベリーダンスをすることによってどんどん体重を落とし、元の体重まで戻したといわれています。ベリーダンスはお腹を回す動きが特徴的なダンスです。女性らしい動きをするダンスですから、ただ痩せるだけではなく女性らしいシルエットを作ることができると話題です。

7f971044e69a989d91d78faa33c41117_s

(2)5:2ダイエット

海外の有名なタレントが実践したといわれているのが5:2ダイエット。これは何かというと、7日間のうち5日は普通に食事を摂って、あとの2日間は1日につき500kcalしか摂らないというものです。毎日食事制限をする必要がなく、2日間だけ少しの我慢をすればいいということで挑戦しやすいと評判になっています。

44c5b4444f6ddfc16061f53c4899d78e_s

(2)夕食の炭水化物を抜くダイエット

今はスリムなスタイルで憧れの的となっているタレントが行ったのが、夕食に炭水化物を摂らないというもの。炭水化物はお米やパン、パスタなどの主食に多く含まれているものであり、夕食に主食を食べないことで糖質の吸収を最小限にするのです。おかずは普通に食べてもOKですから、つらい我慢をあまりする必要がありません。

60220eff53f7e97757be54bd593d34ec_s

ダイエットにどれくらいの期間がかかるの?

ベリーダンスダイエットで見事に痩せたタレントは、妊娠中に太ってしまった体型から半年間でもとの体型に戻したといわれています。運動をメインにした方法ですから無理なくゆっくりと痩せることができ、今では健康的でスリムなスタイルを維持しています。妊娠太りはもとに戻しにくいというイメージがありますが、ウエストのくびれもしっかりと作っていて見事な変身ぶりです。

5:2ダイエットを行ったタレントは、この方法のほかに適度な運動やビタミン、食物繊維などをたっぷり摂るバランスのよい食事を心がけて、たった2カ月で元の体型になったとされています。5日間の食事の間にも無駄に食べすぎることなく、ヘルシーな食事を心がけるのもポイントでしょう。

夕食に炭水化物を抜くダイエットに成功したタレントもウォーキングや水泳などを合わせて行って3カ月でダイエットに成功したとのこと。こちらも食事に無理な制限をかけているわけではないものの、夕食以外の食事を和食中心にして油っこいものを避けたこと、そして適度な運動を取り入れて毎日体を動かしていたことが成功のポイントといえます。

8483b76e6bccf1e0142c85ca06c5105c_s

この方法のメリット・デメリット

ベリーダンスダイエットのメリットは、お腹を回す動きによって下半身の運動量が増え、脂肪を効率的に燃焼できることが挙げられます。また基礎代謝を上げて老廃物を出しやすくなるのもうれしいところ。またダンスが好きなら楽しんで続けられるというメリットもあるでしょう。デメリットとしては動きがハードなため運動が苦手な人には続けにくいという点があります。

5:2ダイエットでは、なんといっても5日間は特に食事の制限を設けずに普通に食事ができるのがメリット。毎日我慢しなくても1週間のほぼ大半は好きなものを食べられるのです。カロリー摂取を制限する2日間も500kcalまでなら食べてもOKですから断食するよりも体の負担が少なくて済みます。デメリットは2日間の500kcalの制限がキツいと感じたら続けにくいことです。

夜に炭水化物を抜くダイエットは基本的に炭水化物を摂らなければOKですから毎日の我慢が少なくて済むことがメリットとなります。ただし、お米やパンなどの炭水化物が大好きな人にはつらいデメリットになるでしょう。これらのメリットとデメリットを理解した上で、自分でも続けられそうな方法を見つけてください。

栄養指導