ノースリーブから見える脇肉除去をお考えなら銀座の渋谷DSクリニック渋谷の全身・部分痩せ医療ダイエット・肥満外来なら渋谷DSクリニック

MENU

銀座院 0120-877-850

渋谷院 0120-951-135

WEB予約

資料請求

メール相談

ノースリーブから見えるプヨプヨ脇肉を解消!45分で変わるクールミニ

2017/06/15
  • 後でこの記事を読むなら、
    はてなブックマークが便利です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
桜が散るのも早ければ、GWを過ぎ、あっという間に夏日が到来。ノースリーブが活躍し始める季節もすぐそこですが、ちょっと鏡で確認してみてください。脇部分にプヨプヨ肉が目立っていませんか? ここにお肉があると、ノースリーブ姿がたくましく見えてしまうだけでなく、見た目体重がかなり激増してしまいますよ! 夏のファッションを楽しみたいのなら、脇毛同様、脇肉処理もマストです。 「でも、脇肉って落とすのが大変!」 そう、その通り。部分痩せしにくい部位だからこそ、ダイエット専門院の渋谷DSクリニックが誇る部分痩せ治療が活躍するのです。

脇のハミ肉、どうやって解消する!?

プヨプヨ目立つ脇のお肉。実はこの部位、運動や食事制限では落としにくいという難点が。しかも脇部分はリンパの流れにも深く関係しており、脇肉周りはむくみやすいパーツでもあります。 そんな脇をスッキリさせるためには、エクササイズやマッサージでは時間がかかりすぎてしまうだけでなく、むくみは解消できたとしても長年蓄積した頑固な脂肪は落とすのが難しいのです。

無駄な肉が一切ない!?脇のハミ肉解消術

「運動でも脇のお肉は落とすのが難しいのなら、解消法は……?」 そこで渋谷DSクリニックがおすすめするのが、部分痩せ効果が高いと人気の脂肪除去治療「クールスカルプティングクールミニ」。脂肪除去と言っても、一切メスは使わない“切らない脂肪除去”なので、痛みに敏感な方でも安心して受けられる本格治療なのです。 その脂肪を除去して脇のハミ肉を落とすメカニズムは、脂肪細胞のみを凍らせて破壊するというもの。破壊された脂肪細胞は1〜2ヶ月かけて体外へ排出されていくので、リバウンドしにくい体にもなる一石二鳥の施術です。それこそ、ただ横になっているだけで抜群のスリムアップを実現するという究極の「ながら美容」でもあります。 しかも驚くべきはその治療時間。約45分で完了するので、今の時期に行えば本格的な夏の季節にはスッキリした脇で、自信を持ってノースリーブも水着も着こなせる体型に! ダウンタイムもほとんどないので、スケジュールを調整する必要もなく、仕事帰りにでもパパっと受けることができるのです。

クールスカルプティングクールミニはヒザのお肉、ウエスト、小顔にも!

「気になるのは脇だけじゃない……」なんて思っているのはあなただけではありません。薄着の季節はヒザの上にのっかったタプタプお肉、ウエスト周りに溜め込んだプヨプヨお肉、そして二重あごも気になるところ。 そんな部分的なお肉も集中アプローチが可能なクールミニなら、45分で痩身治療が完了します。どこも自力ではなかなか痩せにくいパーツだからこそ、この夏を楽しむためにクールスカルプティングクールミニの力を借りて、お肉を落としてみてはいかが? 脇のお肉、あるのとないのとでは見た目スタイルが激変! あなたもスタイル美人になるために、渋谷DSクリニックの45分で施術が完了するクールスカルプティングクールミニで部分痩せを試してみませんか?

美しくなる方法の関連記事

  • ブヨブヨ二の腕が片腕約1時間で変わる!凍らせて痩せさせる最新医療ダイエット

    美しくなる方法
    2017/04/20

    春の訪れに喜ぶ一方で、気になるのが薄着になると目立つタポタポの二の腕のお肉。ちょっとでも二の腕に脂肪がついていると、上半身が太って見えてしまいやすいため、本格的な薄着の季節が到来する前に絞っておきたいパーツです。とは言え、ダイエットでサイズダウンしても、なかなか落ちない二の腕部分。「食事制限も痩身エステもやってみたけれどなかなか効果がなくて……」そんな二の腕で悩めるダイエッターのあなたに、渋谷DSクリニックがオススメする部分痩せ法をご紹介します。 実は難易度が高い二の腕のダイエット 一度お肉がついてしまうとなかなか落ちないパーツの代表、二の腕。全体をサイズダウンしても、ムチムチっとした脂肪が残ってしまいがち。と言うのも、二の腕にある上腕三頭筋は日常生活であまり使われない筋肉。そのため、筋力が低下しやすく、老廃物がたまってむくみやすかったり、セルライトができやすくなります。つまり、二の腕をほっそりと痩せさせるためには、まずは溜まった脂肪やセルライトをガッツリ燃焼しなければならないのです。 今からの準備が吉!脂肪凍結でサクッと二の腕痩せ 自力で痩せるためにかなり筋トレや、むくみを取ってリンパと血行を流すマッサージなどが必要不可欠な二の腕痩せ。ただし、運動習慣がない人にとっては毎日上腕三頭筋を鍛えたりするのは、なかなかハードなダイエット法のはず。 そこでオススメしたいのが、渋谷DSクリニックのクールスカルプティング。片腕たった45分〜1時間で、寝ながらにして簡単に二の腕痩せが叶う、最新の部分痩せ治療です。長年蓄積された脂肪細胞を凍らせて破壊し、体外へ排出させる画期的なこの治療なら、振り袖のように揺れるブヨブヨとたるんだ二の腕でもスッキリとサイズダウンできます。 「凍らせるって……皮膚が凍傷にならないの?」と心配する必要は一切なし。クールスカルプティングの何が凄いのかというと、脂肪細胞のみを凍らせるという点です。脂肪は他の組織よりも高い温度で凍る性質を持っているため、皮膚や他の組織に影響がなく、皮下脂肪以外の組織を傷つける心配もありません。 また、メスや注射を使わないので痛みに弱い方でも安心して受けられますし、ダウンタイムもほとんどないため、周りに気付かれずにあっという間に二の腕痩せが可能に!  クールスカルプティングは脂肪細胞自体を減らすので、当然リバウンドもしにくくなります。今までリバウンドを繰り返している人や、運動や食事制限の厳しいダイエットが苦手な人でも、二の腕痩せができるクールスカルプティング。この春は渋谷DSクリニックの二の腕痩せ治療で、あなた史上最高のほっそり美腕を目指してみては?

  • 最短で小顔になれると大人気!BNLSの効果をさらに高めるDS式顔痩せ治療

    美しくなる方法
    2017/07/24

    体重は変わっていないのに、周りから「太った?」と言われた経験はありませんか。そう言われてしまう要因は、身体のある部分が関係しているかもしれません。 そのある部分とは……ズバリ、人からの印象を大きく左右する「顔」。フェイスラインに余計なお肉がついてしまってぼやけていたり、顎下にお肉がたまって笑った拍子に二重あごになってしまったりすると、身体全体がふっくらした印象になってしまうのです。 とは言え、顔は身体の中でも痩せにくい場所。食事制限や運動ではなかなか顔痩せは実現できません。 「どうすれば短期間で小顔にすることができるの?」 そんなお悩みを解決するのがダイエット専門院の渋谷DSクリニック。短期間で驚くべき小顔を実現する治療をご紹介します。 顔のお肉は自力では落としにくい!? みんなが憧れる小顔。写真を撮るときに少しでも小さく見えるように、一歩下がって写真に写ろうとする方も多いはず。そんな印象を左右する顔は、全身の中でも一番脂肪が落ちにくく、効果を実感するには時間がかかる場所。また脂肪を落とすことに集中してハリを保つケアを怠ってしまうと、「痩せた」というより「やつれた・老けた」というマイナスのイメージになってしまう可能性も。つまり、自己流の顔痩せは難易度が高いのです。 渋谷DSクリニックの顔痩せ治療は、脂肪溶解注射BNLSと高周波治療があります。より短期間に顔痩せを実現したいのなら、特別な小顔メニューをお試しあれ! 植物由来成分だから安心!脂肪溶解注射「BNLS」 小顔治療として人気を集めている脂肪溶解注射BLNSは、植物由来成分を主成分とした顔痩せ注射治療です。脂肪分解作用をはじめとし、肌の引き締め作用、リンパ循環促進作用という3つの顔痩せ作用によって、気になる顔の部位の脂肪をたるませることなく溶解し、溜まった老廃物の排出も促してくれる治療です。治療中の痛みやダウンタイムもほとんどないため、「周りに気づかれずに顔痩せしたい」という方でも気軽に治療を受けることができます。 引き締めと美肌を手にいれる!DS式「高周波治療」 高周波エネルギーにより深部の温度を上げることによって、脂肪細胞内の血行がアップし、代謝が活性化する高周波治療。真皮層に働きかけ、コラーゲンに直接刺激を与えるため、リフトアップ効果が抜群です。また、コリをほぐしながらマッサージを行うため、むくみの解消効果も期待できる優れもの。脂肪溶解注射の約1週間後に受けることで、BNLSで注入した薬剤が皮下に行きわたり、さらに小顔効果が高まります。 高周波の熱により脂肪が収縮することで顔が引き締まるだけでなく、血液循環を良くすることで肌のターンオーバーも整えられます。グッと顔痩せするだけでなく、美肌効果もある治療法です。 ダイエット専門院の渋谷DSクリニックだからこそできる、小顔を作るDS式顔痩せ治療。スッキリとハリのあるフェイスラインを手に入れて、あなたの印象を変えてみませんか?

  • 秋こそ絶好のダイエット始動タイミング!気温が下がっても脂肪燃焼は加速させる、「オートバーニング・ダイエット」で、“燃えるカラダ”にシフト

    美しくなる方法
    2019/08/28

    秋口と言えど、まだ残暑もツライ今日この頃…今、あなたの「脂肪」はどんな状態でしょうか?イベント続きで体重が増えてしまった方も多いのではないでしょうか。実は秋以降は基礎代謝が高まる、ダイエットの好タイミング!ここに「脂肪燃焼の効率UP」をプラスすればいつもと同じように過ごしていても脂肪が燃えやすくなる?!クリニックでしかできない脂肪燃焼治療「オートバーニング・ダイエット」とは? ■実は多い「夏太り」…増えてしまった体重は、早めに戻しましょう! よく汗をかいて代謝が活発になるイメージの夏ですが、エアコンによる冷え、屋内/屋外との気温差による自律神経の乱れ、寝苦しさによる睡眠の質の低下、糖質の多い麺類や冷たいドリンクやアイス…などなど、実は代謝が落ちて自律神経も崩しやすい季節。既に「夏太り」を実感している方もいるのでは? それに対して、実は秋以降は基礎代謝が高まる季節。この時期からダイエットに取り組むのは◎!脂肪がどんどん増えてしまう前に、脂肪燃焼効率を高めて早く体重を戻しましょう。 ■食事、運動だけで痩せないなら…夏こそ「燃えやすい体質」づくりを ダイエット専門クリニックの先駆け的存在である“渋谷DSクリニック”の林院長は、ダイエットは食事・運動に加えて、痩せやすい「体質づくり」が大切だと提唱しています。 『この時期は夏の疲れが出てくる人も多くいらっしゃいます。不調がある時に無理なダイエットは禁物ですが、面倒だからと言ってファストフードなど手軽な食事ばかりですともちろん太ります。そしてよく「食欲の秋」と言われますが、実は秋以降は基礎代謝が高まり、運動もしやすく、ダイエットに良いシーズンと言えるんです』 では、この季節のダイエットはどうすれば上手くいくのでしょうか? 『バランスのとれた食事と適度な運動は大前提ですが、この季節こそ基礎代謝の高まりに相乗するような「脂肪燃焼されやすい体質づくり」をおすすめします。体質とは、自律神経や血流、内臓機能、ホルモンバランスなどのこと。これらが整うことで、ダイエット効率も底上げされます。言い換えれば、これらの機能が低下していると痩せにくい、とも言えます。当院でも、食事や運動を行っても痩せなかった、と来院される患者様が多いのですが、根底には体質に問題があることが多いのです』 ■自力では不可能?ダイエットに必要な体質改善要素とは? 体質改善と言っても自力では難しそうだし、時間がかかりそう…どんな方法がありますか? 『生活習慣の改善がベースになりますが、地道に習慣化するには時間がかかります。ダイエットの効率アップを考えて“痩せやすい体質”にシフトしたいならば、それと並行して脂肪燃焼に働きかけるL-カルニチンやα-リポ酸などの有効成分や、漢方薬などの力を借りるのも良いでしょう。L-カルニチンは体内でも造られていますが、その生成量は年齢とともに低下します。当院ではダイエットで通院されている方のほとんどに「脂肪燃焼点滴」を受けていただき脂肪燃焼効率を高め、「漢方薬」で根本的な体質の改善をはかっています。これにより、ダイエットの効率はグンと高まります。体質が整うことで、いわゆる秋になって疲れがやってくる“秋バテ”の予防にもなりますよ』 ■「脂肪燃焼点滴」とは?吸収率は100%! ダイエット専門クリニックに通院する患者や、タレントも受けているという「脂肪燃焼点滴」には、脂質をエネルギーに変えるために必要な「L-カルニチン」、糖質の代謝を高め、強い抗酸化作用(アンチエイジング作用)をもつ「α-リポ酸」が配合されています。年齢とともに基礎代謝(=何もしなくても消費するカロリー)は減少し、体内でのL-カルニチン生成量も減少します。「L-カルニチン」と「α-リポ酸」、代謝を補う両者はまさにダイエットを底上げする2大成分と言えるでしょう。 サプリメントなども市販されていますが、点滴での投与は血管から直接=100%吸収なので経口摂取とは効果が段違い。点滴投与中から体の温まりを感じる方もいるんだとか。また、運動との相性は抜群で、ジムに行った際によく汗をかくようになった、等の声も聞かれているそうです。 ■体質改善薬「ダイエットMIX」とは? 長年にわたってダイエット治療を行なって来た渋谷DSクリニックでは、「体質改善」を重要視。ダイエット専門の処方「ダイエットMIX」は、多くの患者様へのカウンセリング・処方の経験から生まれた、オーダーメイドの漢方薬。その方の体質に合わせて、カウンセリングの上調合します。複数の生薬の組み合わせは、その相乗効果も期待できるそう。ポイントは血流の改善・促進、代謝アップ、胃腸機能・ホルモンバランス・睡眠の質の改善など。体質改善からダイエット効率を高める効果が詰まっています!ダイエット効果だけでなく、体調も整うなら一石二鳥、それ以上ですよね。 ■アラサー&アラフォー(25〜44歳女性)の4人に3人は、リバウンドの経験あり。ダイエットに足りないものは何? 渋谷DSクリニックが行なった調査(※)によると、ダイエット経験のあるアラサー・アラフォー(25〜44歳)に「今までやったことのあるダイエット」(複数回答可)を尋ねたところ、最も多かった回答が60.1%で「摂取カロリー制限」、次いで「食べる順番ダイエット」33.2%、「糖質制限」32.1%、「筋トレ」32.1%と続きました。上位を見ると、食事・運動に関する取り組みが多くを占めています。 しかし一方で、リバウンド経験を尋ねると、4人に3人(75.6%)はリバウンドを経験しているという結果に。 渋谷DSクリニックの『オートバーニング・ダイエット』 ダイエット専門クリニックの渋谷DSクリニックでは、ダイエットに有効なL-カルニチン・α-リポ酸など代謝を高める成分を配合した「脂肪燃焼点滴」4回(週1回×4週)に「ダイエットMIX」の4週間分の処方、さらにドクターが脂肪のつき方を詳細に分析する「痩身ドック」がセットになった『オートバーニング・ダイエット』を期間限定で展開中です。その名の通り、痩せやすい・太りにくい=燃焼しやすい体質にシフトする、渋谷DSクリニックのダイエットノウハウが盛り込まれた1ヶ月プラン。燃える夏、脂肪も燃やしてしまいたい!そんな人はこの夏、『オートバーニング・ダイエット』で“燃えるカラダ”を体感してみては? オートバーニング・ダイエット ・脂肪燃焼点滴×4回(週に1回のペース) ・ダイエットMIX(4週間分) ・痩身ドック(肥満度測定・診察)  価格:47,000円(税別) オートバーニング・ダイエットの予約はこちら ※渋谷DSクリニックによるアンケート調査:概要 調査期間:2019年3月13日~3月16日 調査方法:インターネット調査 調査対象:全国・25~45歳のダイエット経験がある女性 回答件数:553名

あなたにおすすめの記事

  • 二の腕のたるみを撃退!脂肪溶解で気になる二の腕を部分痩せ!

    美しくなる方法
    2019/10/18

    「今年はノースリーブが恥ずかしくて着られなかった…」 「写真に写ったときのたくましい二の腕をなんとかしたい…」 体は細身なのに、なぜか二の腕だけ痩せない…と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。ピンポイントで二の腕だけ部分痩せすることは難しく、ダイエット自体を諦めてしまう、なんて人もいるはず。ほっそりした二の腕は誰もが憧れの理想的な体のパーツですよね。二の腕だけ部分痩せをしたいとお考えのあなたに、当院では「脂肪溶解(メソセラピー)」という治療法をご提案します。 二の腕が簡単に痩せない3つの原因 二の腕は体の中でも特に痩せるのが難しい部位であり、しかも簡単に脂肪が付きやすい場所でもあります。二の腕以外の体のパーツはすぐにダイエットで痩せられたのに、全く二の腕は痩せられなかった!という経験がある人も多いのではないのでしょうか。ここでは、二の腕がどうして痩せにくいのか原因を解説していきます。 猫背が原因で上腕三頭筋の筋肉が減っている! まず考えられるのが、猫背によって二の腕の筋肉が落ちてしまっているという可能性です。二の腕には主に「上腕二頭筋」と「上腕三頭筋」があります。力を入れた時に力こぶがでる部分を上腕二頭筋、だるっと脂肪が垂れてしまう部分を上腕三頭筋といいます。なぜ猫背と二の腕の筋肉が関係するのかというと、猫背姿勢だと肩が内側に丸まってしまい、日常生活で上腕三頭筋を動かすことが少ないためです。運動量が減って上腕三頭筋が衰退し筋肉量が低下すると、結果的に二の腕に脂肪がつきやすくになってしまうのです。 代謝の低下とリンパの流れの悪さ 特に年齢を重ねるごとに太くなりやすい二の腕。それは代謝の低下とリンパの流れの滞りが関係している可能性があります。代謝の低下や、血液、リンパの流れが悪くなることで、脂肪細胞が大きくなりセルライトができやすくなってしまうからです。代謝の低下、血液・リンパの流れが悪くなる原因はもともとの体質以外に日常生活にも多く潜んでいます。 〇冷え 〇運動不足 〇自律神経の乱れ 〇座りっぱなし ◯食生活の乱れ 以上のような要素が絡みあって、代謝が低下し、リンパの流れも滞りやすくなってしまいます。さらに、代謝の低下やリンパが滞ることで、体に老廃物が蓄積され、むくみの原因にもなります。むくみが生じることで、代謝がますます悪くなるという悪循環に陥り、ますます二の腕の脂肪がたるんでしまうのです。特に夏の間は体が冷えやすく、暑さによる運動不足や食生活の乱れなども重なって代謝が落ちやすなる時。そして、筋肉量が減るとますます代謝が落ちてしまうので、秋から冬にかけて太りやすいモードに入ってしまうことも。衣類で二の腕を隠せてしまう時期でも油断は大敵です。 セルライトが溜まっている 老廃物と皮下組織の内側にある脂肪細胞が結びつくことでセルライトができます。セルライトは皮下脂肪組織に蓄積した脂肪、水分、老廃物が、コラーゲン繊維と絡み合って肥大化したもので、皮膚表面に凸凹と現れる見た目にも嫌な存在です。セルライトのような皮下脂肪は、一度ついてしまうと内臓脂肪に比べて非常に落ちにくい性質があります。しかも、複雑に線維組織と絡み合って肥大化したセルライトを放置していると、どんどん腕が太くなってしまうのが怖いところ。「ダイエットしたのに、二の腕だけが痩せなかった」という方は、二の腕にぎっしりとセルライトがついてしまっているのかもしれません。 脂肪溶解治療とは? 当院では脂肪の量によって治療法が異なります。太ももや二の腕には、高分子の脂肪溶解剤をお肌の深部まで導入することによる脂肪溶解治療を行います。針を使わず無痛で高分子の脂肪溶解剤を導入する方法です。溶解した脂肪細胞は汗や尿と一緒に体外へ排出されます。運動や食事制限だけでは落としにくい皮下脂肪にも直接アプローチできるため効果が得られやすく、しかも針を刺す注射ではないため、痛みが苦手な方であっても安心してお受けいただけます。 脂肪細胞をダイレクトに減少させる 脂肪細胞が増えると、二の腕が太くなるばかりでなく皮膚がたるんでしまいます。また、脂肪細胞の数は変わらなくても、脂肪細胞が肥大することで太ってしまうことも。食事制限や運動によるダイエットで、脂肪細胞を小さくすることはできますが、実は脂肪細胞を減らすことはできません。でも、脂肪溶解(メソセラピー)は、脂肪細胞に直接アプローチして、脂肪細胞自体を減らすことができます。なかなか痩せにくいとされている二の腕の部分痩せにも効果が期待できる理想的な治療法といえます。 脂肪細胞を減らすからリバウンドしづらい 太ると脂肪細胞が増えると思われがちですが、それは思春期や妊娠期間中や乳児期などの一部の期間だけのこと。基本的に成人になると脂肪細胞の数は変動しません。そのため、一度脂肪細胞を除去してしまえば、再生しないのです。脂肪溶解注射は脂肪細胞そのものを減らすことができるので、通常のダイエットではなかなか落としにくい二の腕の脂肪も簡単に落とすことができ、しかもリバウンドしにくいという特徴があります。ただし、極度に体重が増えた場合には、また新たな脂肪細胞ができてしまうのである程度の体重管理は必要です。 ほぼ無痛で苦痛が少ない 当院で行なっている脂肪溶解治療は針を用いた注射ではありません。高分子の脂肪溶解剤を針を使わずに皮膚の奥深くへと導入するので、痛みが少ないことが特徴です。使用する脂肪溶解剤はDSクリニックオリジナルの処方となっています。基本的には痛みも少なく体への負担も最小限に留められていますが、施術後には稀に、腫脹・かゆみ・色素沈着・炎症などの症状が生じる場合があります。多くの場合は数時間で落ち着いてくるので、すぐに通常の生活を送っていただけます。 脂肪溶解治療の注意点 脂肪溶解治療はダイレクトに脂肪組織にアプローチする治療法ではありますが、効果に個人差があり1回で効果を感じない場合もあります。特に、1回あたりの注入量が少ない、または施術回数が少ない場合には、すぐに期待する効果が実感できないこともあります。ただし、一度に大量に注入すれば良いというわけではありません。脂肪溶解剤の注入量はドクターによる判断のもと、その方に合った適正量を算出した上でご案内いたします。おおよその目安としては治療回数は3回~5回が平均的な回数で、繰り返し施術することで効果が実感しやすくなります。 まとめ 二の腕のたるみは全身的に太った印象や老けた印象を与えてしまうものです。なかなか自分だけの努力では痩せにくい二の腕こそ、ピンポイントに脂肪にアプローチする脂肪溶解治療による部分痩せをご提案いたします。全身痩せよりも二の腕を集中的にサイズダウンさせたい!という方にこそおすすめの治療法です。

  • 40代から差が出る老化物質「AGE」

    内側から美しくする方法
    2019/04/24

    最近、老化のメカニズムの一つとして注目されている「AGE」をご存知ですか? AGEは普段の何気なく食べているものに含まれていたり、体の中の化学反応により生成されて体に蓄積していきます。ガンや脳血管疾患のような命に関わる病気やシワ・シミなどの老化現象の元凶とも言われる「AGE」について今回はお話していきます。「AGE」についての知識を深めて、根本的なエイジングケアを目指しましょう。 AGEってなに? AGEは「Advanced Glycation End Products(終末糖化産物)」の頭文字をとった言葉で、AGEsと表記することもあります。エイジ、エージーイーまたはエージス、エイジス、エイジズと呼ばれています。 AGEは簡単にいえば糖とタンパク質が熱により結びついてできる物質です。最近では、さまざまな病気や老化の元であることが分かってきました。 AGEが増えるとどうなる? ではAGEが増えると具体的にどんな問題があるのでしょうか。 糖がくっついたタンパク質は本来の機能を失い、劣化していきます。骨や肌、血管などの老化を起こしやすくなり、例えば骨粗しょう症や動脈硬化の原因になります。脳ならばアルツハイマー、皮膚にたまればシワやシミの元になり、髪の毛のツヤが損なわれたり薄毛の原因になることもあります。 タンパク質は体を構成する成分として水に次いで多い物質なので、タンパク質が糖化するということは体じゅうの至るところに悪影響を及ぼす可能性があるということなのです。 毎日の生活に潜むAGEの発生メカニズム AGEがたまる主な経路としては次の2つあります。 ・体内のタンパク質が糖化する ・食品から摂取したAGEが体内にたまる 血糖値が高い状態が続くと体内のタンパク質が糖化しやすくなります。糖尿病の人はAGEが溜まりやすく、診断基準の1つであるHbA1c(ヘモグロビンA1c)が高いということはAGEも多くなり全身の糖化が進んでいることを意味します。 また、日頃の食事で「糖とタンパク質+加熱」の組み合わせで作られた食べ物を多く食べているとAGEを多く摂取することになります。例えば、小麦や牛乳、卵などのタンパク質に砂糖をたっぷり加え、火をかけて焼いてつくるパンケーキはAGEの宝庫ともいえます。 体の中でAGEを作らないためには AGEは加齢と共に蓄積していきますが、日頃の食生活の工夫しだいでAGEの蓄積を防ぐことができます。同じ食べ物でも調理法によりAGE量ををコントロールできるので、正しい知識を身につけてAGE化を防ぎましょう。 AGEを増やさない調理法で作る AGEの発生には「熱」をかけているかどうかが鍵を握っています。一切の火をかけない「生食」が最もAGEが少なく、逆に「焼く、揚げる」という高温をかける調理法は最もタンパク質をAGE化させます。 揚げ物やグリル料理、オーブン料理よりも、蒸す、煮る、茹でるといった調理法を選ぶのがおすすめです。油を使うとAGEが多くなるので、同じ鶏肉でも「蒸し鶏<焼き鳥<唐揚げ」の順でAGE量が多くなります。 野菜や魚などの生でも食べられるものは、バランスよく生食も摂るように心がけることも大切です。いろいろな調理法を組み合わせて、高温での加熱調理に偏らないようにしましょう。 AGEを減らす食材を組み合わせる 調理法や食品にあまり制限をかけ過ぎると食べるものが無くなってストレスになってしまいます。そこで、揚げ物や甘いものを食べたいならば、合わせてAGEを抑える食材を組み合わせるのがおすすめです。 例えばお酢やレモンにはクエン酸が豊富に含まれ、食品中のAGEを減らしてくれます。揚げ物をどうしても食べたい時にはお酢やレモンを組み合わせるようにしましょう。 また、単にパンを食べるだけではなく、オリーブオイルを一緒につけて食べる方がAGE化を防ぐことができます。 食べる順番に気をつけて血糖値の上昇を抑える 食事をする時に最初から白いご飯を食べてしまったり、菓子パンだけのような食事は急激に血糖値を上げてしまいAGE化を進めやすくなります。 食事をするときは、先に野菜や海藻類→肉魚などのタンパク源→ご飯またはパンの順番で食べるようにしましょう。同じ食事の内容でも食べる順番を気をつけるだけでAGE化を防ぐことができます。血糖値を上げにくい「低GI」食品を取り入れるのもおすすめです。 唐揚げ、とんかつ、ポテトチップ。揚げ物はAGEの宝庫 AGEを気にしすぎてアレもコレも制限しているとストレスが溜まってしまい長続きしません。食べ物をかしこく選んでAGE化をなるべく抑えることが大切です。 でも、何から始めたら良いか分からない…という方は、特にAGEの多い食べ物は極力食べないようにすることが、最もシンプルであり簡単に取り組みやすい方法です。 例えば、唐揚げやとんかつ、ポテトチップ、ステーキ、グリル料理、パンケーキ、魚やお肉の照り焼き)はなるべく頻繁には食べないように心がけましょう。 糖質の多い食品も要注意です。特に液体で吸収の良いジュースや清涼飲料水には吸収されやすい果糖やAGE化しやすい人工甘味料が使われています。 美を保つ秘訣は日頃の食事がポイント 病気や老化の元凶ともいわれるAGEを防ぐには、日頃の食事を改善することが欠かせません。AGEのなるべく少ない食べ物、調理法を選んでAGEを溜めない生活を心がけましょう。 でも、長年染みついてしまった食生活を自分の努力だけで変えていくことは難しいものです。そこで本気で食生活の改善を目指したいならば栄養指導を受ける方法もあります。 DSクリニックの栄養指導では客観的に食生活を振り返ることができ、管理栄養士から何をどれだけ食べたら良いか具体的にアドバイスを受けられます。根本的なエイジングケアを実現するため、一緒に食生活の改善を目指していきませんか?

  • 約5人に1人が糖尿病!?肥満が招く生活習慣病の実態

    美しくなる方法
    2017/07/26

    定期検診で「このままでは糖尿病になりますよ」と言われた経験、ありませんか。実は今、日本人の約5人に1人が糖尿病または糖尿病予備群と診断されており、生活習慣病がかなり身近な存在になりつつあるのです。 「私は大丈夫」 そう思っていても、発症前の自覚症状がほとんどないため、知らず知らずのうちに糖尿病予備群になってしまっている方が多く、気付かないうちに進行していて、「症状が出てから糖尿病が発覚した!」なんてケースも。本当は恐ろしい肥満ボディ、あなたは大丈夫ですか? 肥満ボディは生活習慣病の元 生活習慣病と聞くと、偏食や喫煙、アルコールの過剰摂取などといった生活習慣を送っている人がなるものだと思っている方が多いのですが、肥満ボディも発症のリスクを高める要因の一つ。中でも糖尿病の発症は肥満と密接な関わりがあるのです。 肥満が糖尿病を引き起こすメカニズム 「血糖値」という言葉は聞いたことがあるはず。血糖値とは、その名の通り血液中の糖分の濃度を数値化したものですが、これが高ければ高いほど血液がドロドロになってしまったり、高血糖になったりして糖尿病を発症する原因になってしまいます。 普段はこの血糖値を正常に保つために、膵臓から分泌されるホルモン「インスリン」が糖分をエネルギーに変えて消費し、血糖バランスを一定に保っているのですが、糖分の摂取量が過剰になるとインスリンの分泌が追いつかなくなったり、インスリンの効きが悪くなり、糖分が消費されず、どんどん血糖値が高くなってしまうのです。 つまり、糖尿病の一因である高血糖な状態を回避するためには、糖分の摂取量を調整し、肥満にならないようにダイエットすることが大切です。 栄養バランスを考え肥満を予防しよう 肥満にならないために、また肥満から抜け出すためには、栄養バランスを見直すことが先決。1日の食事量を思い出してみて、糖分や炭水化物の摂取量が多くなっていないかチェックをしてみましょう。 「栄養ってどれだけ摂ればいいの?」 そんな疑問を持つ方も多いはず。体質や生活スタイルによって摂るべき栄養素の量は人それぞれ。だからこそ渋谷DSクリニックの栄養指導プランを受けて、効率的に減量していくのも選択肢の一つです。ダイエットクリニックだからこそ、肥満を予防・改善しながら減量しやすいボディになる栄養指導を受けることができます。 痩せるだけでなく、糖尿病になるのを防ぐためにもダイエットに励んで、健康的な体を手に入れてみませんか。