渋谷の医療ダイエット外来で全身・部分痩せダイエット・肥満治療
渋谷の全身・部分痩せ医療ダイエット・肥満外来なら渋谷クリニック

MENU

MENU

銀座院 0120-877-850

渋谷院 0120-951-135

WEB予約

資料請求

メール相談

ダイエット効率大幅UP!完全オーダーメイドの『DS式漢方治療』体験記

2017/05/12
takagi_catch
  • 後でこの記事を読むなら、
    はてなブックマークが便利です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運動や食事制限ではなかなか痩せにくかったり、体脂肪率が高かったりとダイエットの悩みは人それぞれ。
「ダイエットを頑張っているのになかなか結果が出ない」
と、不思議に思うことはありませんか? もしかしたらそれ、体の不調が原因で痩せにくい体質になってしまっているかもしれません。さらにダイエット中の大敵である過食などの行動は、自律神経の不調が起因していることも。そんな不定愁訴を、不調の根本にアプローチすることで改善するのがDS式漢方治療です。ダイエットサポートの枠を超えて、心身ともに健康になると話題の漢方治療を美容ライターである筆者が体験してきました。

渋谷DSクリニックの『DS式漢方治療』体験レポート

今回訪れたのは銀座の大通りに面したビルの4階にある渋谷DSクリニック銀座院。東京メトロ新橋駅からは徒歩3分、東京メトロ銀座駅からは徒歩5分ほどでアクセスも便利な立地にあります。

DS式漢方治療って?

カウンセリングシートを書き終わると、正統派美人がご登場! こちらの美女こそ、今回カウンセリングを担当いただく漢方薬剤師の髙城千絵子先生。

CIMG4482

筆者「本日は宜しくお願いします!」

眉目秀麗な上に、白衣の上からでも分かる抜群のスタイル。さらにはお肌がマネキンのように一点の曇りもなく、ツルンとした美肌の持ち主です。そんな髙城先生も以前は体型や肌にお悩みを持っていたとのことですが、漢方で体質・肌質を改善されたそう。これは漢方への期待感も高まります!

まずカウンセリングに入る前に、漢方について基本的なことから詳しく教えて頂きました。

CIMG4219

「そもそもなぜ過食に走ってしまうのか、DS式漢方治療はそういった根本原因に着目しています」と髙城先生。交感神経と副交感神経からなる自律神経のバランスが崩れると過食に走りやすく、この自律神経を整える漢方を取り入れることで過食を抑えられるそう。また、何をやっても痩せにくい方には貧血が原因になっているケースも。貧血と聞くと、病弱で痩せているイメージを思い浮かべやすいですが、体に血が足りていないことで「栄養を溜め込まなきゃ!」という体質になり、痩せにくくなるというメカニズム。そして胃腸が弱い方は、体内のエネルギー生産機能が弱りやすく、代謝が落ちてしまうことがダイエットを邪魔していることもあるのだとか。少食だからと言って太りにくいというのは誤解で、少食にするからこそ太りやすくなるというから驚き! 

CIMG4175

髙城先生「大体の場合、感じている不定愁訴は根本の不調に起因しており、それを改善しないことにはダイエットも食事制限で我慢をしなければならなくなります。結果、『食べたいのに食べれない』とストレスが生まれてしまうため、漢方でしっかりと痩せやすい体土台を作ってあげることがダイエットにおいてもオススメです。」

だからと言って、漢方なら何でもOKというわけではないのでご注意を。と言うのも、自分自身に何が合うのか分からずに市販の漢方を飲んでしまうと、万が一体質に合わなかった場合に不調が悪化してしまうことも考えられるからです。さらに漢方と聞くと「体に良い」というイメージが先行しがちですが、市販の漢方薬には飲みやすくするために添加物が入っていることがほとんどで、その濃度は処方されるものよりもかなり低くなってしまうとのこと。体のことを第一に考えるのであれば添加物が入っておらず濃度の高い漢方を選びたいところですが、一般的な漢方薬局で総合的な悩みを改善する漢方を出してもらおうとすると1ヶ月に3万円〜4万円かかってしまいます。

CIMG4318

DS式漢方治療は、何種類もの生薬の中からその人の症状・体質・お悩みに合わせて調合し、10万通りの配合から完全オーダーメイドする漢方処方。医療処方なので濃度は高く、添加物も入っていない上、フルオーダーなのに1ヶ月あたり2万円という価格帯。効果効能・処方・お値段、どの点においても◎のDS式漢方治療はダイエットだけでなく、不眠やイライラ、肌荒れ、アレルギー症状、ホルモンの乱れなどもカバーして、複合的な悩みの改善を行えるような漢方調合が特長です。徹底した丁寧なカウンセリングのみならず、チェックシートや舌診も取り入れているため、本人が自覚していない不調を見つけ出せる利点も!

「一見全く異なる悩みに見えても、突き詰めると一つの不調が起因していることが多い」という髙城先生。複合的な悩みの根本的な部分を改善するために活用できるのが、漢方なのです。

カウンセリングスタート

とにかく体重増加がとまらない筆者、ここ一年半で10キロも増えていることが悩みの種です。しかも体型に比べ体脂肪率が異常に高く、慢性的に疲れが抜けないのも悩みどころ……。全て「寝不足のせいかな」と思っていたのですが、生活習慣を変えてもどうにも改善されないため、今回漢方の力に頼ることに!

CIMG4257

チェックシートや舌診などのカンセリングの結果、筆者は「血が足りない」「血の巡りが悪い」ため、色々な不定愁訴が起こっているのだそう。そもそも女性は貧血気味になりやすいそうで、生理や出産などで一生のうちに失う血液量は50リットルと言われるほど。産後に髪が抜けやすくなるのは血が不足してしまっていることも要因の一つだそうで、これらも漢方で予防することが可能なのだとか。

また、血が足りない・血の巡りが悪いと、寝起きが悪くなってしまったり、昼間だるさを感じたり、理由もなくイライラしてしまうなどメンタル面にも影響しやすいとのこと。筆者のデブ化原因の過食は、自律神経のバランスの崩れと血問題が根本にあるため、これらを改善することで自然と過食衝動も抑えられるというから、漢方効果に期待は膨らむばかり。さらに漢方を飲んでから運動すると、代謝も高まるため、運動効果もUPが見込めます。この春から本格的にスポーツを始めようと目論んでいたので、これはベストタイミング!

CIMG4436

筆者の場合は悩みがはっきりしていましたが、「ずっとダイエットを続けているが効果が出にくい」「何故だか分からないけれどイライラしてしまって……」といった悩みが分からない方もカウンセリングすれば、氣の巡りが良くなかったり血行が悪かったりと根本的な要因が分かる、と髙木さん。他にも、婦人科系に特に有効な漢方は更年期症状の改善や、産後のダイエットなどにもオススメです。

完全オーダーメイドの漢方を試飲

カウンセリングの結果、血を増やして巡りを改善し、自律神経を整えるなどの漢方を処方してていただくことに。花粉症もひどかったので、免疫力もアップさせる効果もプラスしていただきました。

早速、筆者用のオリジナル漢方を試飲。
※処方によってはその場で試飲できない場合もあります。

CIMG4467

筆者「なんだかクミンのようなスパイスっぽい香りがしますね」
調合によって味も異なりますが、筆者の漢方はお茶感覚で頂けるほどスッキリとした味わいでした。飲み方は吸収率を高めるために白湯に溶かして飲むのがオススメだそうですが、コーヒー以外なら何と一緒に飲んでも良いとのこと。続けやすさにおいても◎なDS式漢方治療。

CIMG4499

筆者「高城さん、本日はありがとうございました!」
※調合によっては後日漢方を配送する場合もあります。

実際漢方を飲んでみて…

DS式漢方治療で出される漢方は、一日3包を飲むスタイル。朝昼晩、空腹時に飲むのが理想ですが、タイミングがズレてもOKとのこと。例えば昼に飲み忘れてしまったら夜に2包分飲む、など最終的にその日に3包飲んで帳尻を合わせれば大丈夫というお手軽さ。飲む時間を気にすることなく続けられるので、継続しやすいのも魅力的!

CIMG4576

そして漢方生活を始めて数日で寝付きの良さを実感! それこそ、寝付きの良し悪しも自律神経に関係しており、睡眠の質次第で痩せにくい体になってしまうそう。寝付きが改善されたせいか、体が軽く感じるなど早々に体の変化を実感している筆者の漢方生活。今後1ヶ月続けてみて体質や悩みの症状がどう変化したのか、経過は後日談記事にて。

体の不調を内側から解決したい、ダイエットの効率を上げたい。そんな方はDS式漢方治療で総合的に悩みを体の中から改善していくのがオススメです!

DS式漢方治療