肥満治療の専門的な外来|医療ダイエットなら渋谷DSクリニックへ渋谷の全身・部分痩せ医療ダイエット・肥満外来なら渋谷DSクリニック

MENU

銀座院 0120-877-850

渋谷院 0120-951-135

WEB予約

資料請求

メール相談

【美容家体験記】15分で小顔を望める痛みの少ない顔脂肪溶解BNLS注射とは

2016/07/21
16072106_11
  • 後でこの記事を読むなら、
    はてなブックマークが便利です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「小顔になりたい」「あご下たるみを消したい」「老け顔をどうにかしたい」そんなフェイスライン悩みを持つ人の中で、今ジワリジワリと話題になっているBNLS注射。皮膚を切ることなく、顔の脂肪を減らすことができるとして、その人気はグングン上昇中です。

「どのくらい顔が小さくなるの?」
「痛みはどの程度…?」
「ダウンタイムはあるの?」

一度行えば小顔効果がほぼ永久的に続くBNLS注射の実態について、美容ライターであり、美容家としても活動している筆者が徹底的にご紹介します。

これさえ読めばBNLS注射の全貌が明らかに…!

顔の脂肪は老け顔の最大要因!?

顔の脂肪溶解と聞くと小顔効果のイメージが強いかもしれませんが、実はこのBNLS注射、老け顔ケアにも大活躍するのです! と言うのも、顔の脂肪はシワを作る要因の一つ。肌のハリが低下してしまったり、顔筋が衰えてしまうと、必然的に脂肪が多い場所がたるんでしまうからです。

特に頬や口周りは脂肪がつきやすく、ほうれい線や二重あごなどのシワが出来やすいスポット。すでにシワが刻まれてしまった場合に限っては残念ながら有効ではありません。

しかし「最近ほうれい線が目立つ」「口周りにたるみを感じ始めた」という老け顔予備軍にとって、顔の脂肪を落とすことがアンチエイジングにつながるのです。

DSクリニックBNLS注射体験記

今回筆者がBNLS注射を希望するに至った経緯を軽くご紹介。体質が変化すると言われるアラサー年齢を迎え、この1年でベスト体重から約8キロも増量してしまった筆者。「これはマズイ!」と一念発起してダイエットを始め、10ヶ月かけてやっと元のスタイルを取り戻しつつあるのですが、顔周りについてしまったお肉は地道なダイエットでは落とせないことを知りました。

小顔マッサージとかフェイシャルヨガとか、顔ダイエットに関するものは片っ端から実践したものの、そういった地道な方法ではむくみケアはできても脂肪はなかなか取れません。しかも、頬についた脂肪がたるみ始め、口周りにほうれい線が現れ出し、エイジング現象を助長してしまう実態に気付いたのです。

「地道な方法を続けていては、ほうれい線のシワはどんどん刻まれていく…!」顔筋を鍛えて脂肪を燃焼させることも可能ですが、その間もエイジングトラブルは進行してしまいます。だからこそ、顔の脂肪を溶解するBNLS注射の力を借りることに決めたのです。

 

渋谷DSクリニック銀座院へ

今回BNLS注射を受けに訪れたのは、東京メトロ新橋駅から徒歩5分、東京メトロ銀座駅からも徒歩5分の渋谷DSクリニック銀座院。

16072106_01

高級ブランドが立ち並ぶ銀座中央通りに面したビル内にあります。ビル奥のエレベーターで4階へ上がると…

 

16072106_03

高級スパのようなリラックスムードが漂う木目調の空間が出迎えてくれます。この清潔感があるのに、クリニック特有の緊張感がない雰囲気はDSクリニック独特かもしれません。痛いのが大の苦手で、脱毛を行うときも麻酔クリームが欠かせない私は、クリニックに行き着くまで「顔に注射するのよね…」と内心ドキドキ冷や汗ジワリ状態だったのですが、この癒しの雰囲気で肩の力が抜けました。

 

問診票に記入

16072106_05

受付を済ませたら待合室へ移動し、問診票を記入します。全個室になっているので、他の患者様と顔を合わせることもありません。プライベートな悩みで訪れるからこそ、プライバシーが徹底して守られる空間は嬉しいポイントです。

 

16072106_06

問診票を記入後、診察内容や料金についてカウンセラーの方から説明を受けます。その場で疑問に思ったことから予算の相談まで、診察前に気になることをクリアできるのは親切だなと思いました。

 

カウンセリング

問診票を記入したら、いざ診察ルームへ。

16072106_07

気になる顔肉の箇所を相談すると、丁寧かつ分かりやすく、どこにBNLS注射を打つべきかを説明してくれます。

筆者は笑うとムニッと出る頬肉が気になっていたのですが「頬骨周りの脂肪を取ってしまうと平坦な顔になってしまい、のっぺら坊顔になってしまう」とアドバイスを頂き、ほうれい線より下にのみBNLS注射を打つことに。

コンプレックスを持っていると「顔を小さくしたい」「とにかく脂肪を落としたい」と目先の悩み解消に執着しがちですが、10年後20年後も美しくいるための施術内容を提案してくれる姿勢は信頼度100%。ダイエットに特化したDSクリニックだからこその「どこの脂肪を落とせば美しくなるのか」という美の偏差値の高さを実感しました。

 

施術準備

メイクを落とし、BNLS注射を行う部位を冷やしていきます。

16072106_08

まるで高級ホテルのようなパウダールームで、思わず優雅な気持ちに。クリニックにいることを忘れてしまいそうでした!

 

施術スタート

今回筆者は、左右でほうれい線に1本ずつ、口元に1本ずつ、フェイスラインに2本ずつ、あご下に1本ずつ、計10本のBNLS注射を打つことに。

 

16072106_09

看護師さんが施術箇所を冷やしつつ、先生が手際良くBNLS注射を打っていきます。そのスピード感と言ったら、施術開始から終了まで7分以下。お昼休みにクリニックに訪れて、ランチを食べて帰れるレベルの早さです。

 

16072106_10

そして肝心の痛みは、蚊に刺されたかのような痛みレベルと言うと言い過ぎかもしれませんが「あれ?顔には神経がないの?」と思うほど、痛みはありません。

むしろ、BNLS注射は「痛み」と表現するよりも「違和感」と言ったほうがしっくり来るほど。ピアスを開けるのが怖いと思うほど痛みに弱い筆者が、談笑しながら施術を受けているのが何よりも証拠です。

 

16072106_11

BNLS注射を打った後はパウダールームで軽く顔を洗顔し、会計を終えて終了です。

 

ダウンタイム

16072106_12
<施術10分後>

施術直後は注射した部位が若干腫れますが、それも2〜3時間で治まります。

施術当日はメイクをしない方が良いので、施術後ノーメイクで過ごせる日に予約をするのがオススメです。

翌日にはすっかり腫れも引き、メイクもできるので「ほぼダウンタイムがない」と言っても過言ではありません。

 

ビフォアアフター

16072106_02

気になっていた頬下の肉がスッキリとし、あご周りがシャープに。ほうれい線が出にくくなり、周りからは「痩せた!痩せた!」の嵐です。

その効果は施術後3日目くらいから現れ出し、1週間後には手で顔を包んだときの感触が変わります。

顔の肉付きが細くなったためか、目力もアップしたように感じます。

 

16072106_04

特に横顔の変化が分かりやすく、首と一体化しつつあったフェイスラインがハッキリと際立つようになりました。激太りしない限り、顔の脂肪がリバウンドすることはないので、一度行えば永久的にその効果が続くのは魅力的。

1回でも効果は実感できますが、より顔のラインを変えたい人は3回ほど施術を行うのが良いそう。私もすっかりBNLS注射の魅力に取りつかれ、最初の施術から10日後には2回目の施術の予約を取ったほどです。

1週間開ければ次回の施術が可能なので、短いスパンで印象を変えられるBNLS注射は大顔や老け顔で悩む人の救世主的存在でしょう。

今回BNLS注射を受けての感想として、何よりも驚いたのがその施術時間と痛みのなさです。

クリニックに来てから施術完了まで約15分という滞在時間と談笑できるほどの痛みは、もはや「顔の脂肪溶解をするぞ!」と意気込んで行くと肩透かしを感じるほど。

大顔や老け顔に悩んでいるのなら、BNLS注射を試してみてはいかが?

BNLS


美しくなる方法の関連記事

  • 75d81b971cf9951b53190d9337ef092a_s

    産後ダイエットどうすればいいの?痩せるためにするべきこと

    美しくなる方法
    2017/10/03

    妊娠中はどうしても脂肪がついてしまいます。ですから、産後はしっかりと体重落としてスリムな体型を手に入れたいと思う人は多いでしょう。しかし、産後にダイエットを行う場合は体に負担がかかる可能性があるため、正しい知識を持って行う必要があります。そこで今回は、産後にできるダイエットについて詳しく紹介していきます。 産後ダイエットのための運動はどうすればいい? 痩せるためには、運動が必要不可欠です。しかし、産後に運動をして良いのか不安に思うかもしれません。いつから運動を取り入れた産後ダイエットをして良いのかを見ていきましょう。 ポイント①:産後すぐは運動を控える 産後1~2ヶ月間は産褥期と呼ばれる時期であり、子宮が完全に回復していない状態です。ですから、急激な運動は体にダメージを与えることになります。運動ができる状態なのか医師と相談した後に始めましょう。 ポイント②:体力をつけることから始める 産後は体力が落ちている時期ですから、無理な運動は体を壊す原因になります。最初は、産褥体操やウォーキングで少しずつ体力の回復を図りましょう。 ポイント③:骨盤のゆがみを整える 産後の骨盤は、子宮を支えていたことが影響して開いた状態になっていますので、ゆがんだ状態になっています。そのままにしておくと太る原因になるため、ヨガやピラティスといった骨盤を整えることができる運動を継続的にすることが大切です。 ポイント④:回復したら筋力トレーニングも 産後についた脂肪は柔らかい状態です。したがって、産後6ヵ月の間は脂肪が燃えやすい時期でもありますから、この時期を有効に使うことがダイエット成功のカギになるのです。 体力が戻ってきたと感じたら、スクワットや体幹トレーニングなどの筋肉を使う運動を取り入れ、脂肪燃焼をしやすい状態をつくっていきます。産後の体はデリケートな状態ですので、無理せずゆっくりと進めていきましょう。 食事で痩せる!産後におすすめの食べ物と飲み物 痩せるためには、目安の摂取カロリーについて知る必要があります。 授乳期の女性の場合、母乳を与えるためにカロリーを多く消費することになるので、一般女性よりも摂取カロリーが多くなります。目安は、カロリー摂取量に350kcal上乗せした数値と言われています。 また、食事で注目したいのが栄養についてです。産後に摂取しておきたい栄養素として、「鉄分」「カルシウム」「葉酸」「亜鉛」の4つがあります。 鉄分 出産や産褥期に血液の成分である鉄分が不足することも考えられます。 鉄分の摂取推奨量は1日当たり10.5mg、妊婦期は初期で13mg、中・後期で23mgです。レバーやカツオ、納豆といった食材に含まれています。 カルシウム カルシウムは、母乳を与える際に赤ちゃんに送られるので不足しやすくなります。また、ビタミンDと一緒に摂取すると、吸収率が高まります。 カルシウムの摂取推奨量は1日当たり650mg、牛乳や小松菜といった食品の摂取がオススメです。 葉酸 子宮の回復を促進させるのが葉酸です。さらに、貧血を予防する役割もあります。 葉酸の摂取推奨量は1日当たり240mg、妊婦期は480mg、授乳期は340mgです。いちごやミカンを食べることで摂取できます。 亜鉛 タンパク質の代謝や細胞分裂に必須な栄養素で、産後の体を回復させる役割も持っています。 亜鉛の摂取推奨量は1日当たり8mg、妊婦期は10mg、授乳期は11mgとなります。牡蠣や牛肉などの食材に多く含まれています。 産後は、これらの食材を使った食事を摂取して体づくりをしましょう。しかし、すべての食材を食べるのは難しいかもしれません。そこでおすすめなのが、スムージーなど飲み物にして摂取するということです。 小松菜と豆乳のスムージー (材料) ・小松菜3分の1束 ・牛乳(豆乳)大さじ3 ・氷約5個 ・お好みの果物適量 材料をミキサーに入れて混ぜるだけなので非常に簡単ですから、試してみてはいかがでしょうか。 参考:日本人の食事摂取基準(2015 年版)の概要 育児のストレスが溜まったらどうすればいい? 育児は授乳や夜泣き、おしめの交換などやることが山積みです。その上、家事もやらなくてはいけないですから、ストレスは溜まる一方です。特にダイエットをしている時は「たくさん好きなものを食べてこのストレスを忘れてしまいたい」と思う方も多いでしょう。育児ストレスを抱えたままでいるのは本当に辛いです。発散できる方法を知っておくと良いでしょう。 自分の時間を思い切って作る ストレスを発散するためには、自分の時間をつくることが大切です。家族に相談し、自由にできる時間を確保できるようにしてみると良いでしょう。時間ができたのであれば、思う存分自分のためには使いましょう。 運動でストレス発散とダイエットをしよう 運動はストレスを発散するのに効果的です。また、運動はダイエットの効果を上げてくれるベストな方法です。好きな運動をして、心と体を癒してあげましょう。 産後ダイエットまとめ 産後は、体力や筋力が衰えた状態です。ダイエットをするのは大切ですが、大事なのは少しずつゆっくりやるということです。無理な運動は控え、自分の体と相談しながら行いましょう。また、適度な運動は育児ストレス解消にも良い効果をはっきしてくれるでしょうから、時間の許す限り、継続してもらいたいところです。 食事も体づくりに必要な要素です。お子様の成長にも関わってくることでもありますから、無理な食事制限だけは避けるようにしてください。もし、産後ダイエットで困ったことがあれば、専門医に相談してみるのも良いでしょう。

  • 1

    ダイエットの疑問を解決!医療痩身に関する雑学Q&A

    美しくなる方法
    2018/01/09

    「本気で痩せたい」そんな方に支持され続けている医療痩身。専門医師が現在の身体の状態、脂肪の付き方、体質などを診断し、最適なダイエット治療を提案するため、その効果は自己流ダイエットよりも確実かつ健康的なもの。そんなダイエット治療に関して「短期間痩せはできる?」「部分痩せは可能?」などの多くの方が抱えている様々な疑問を解決します。 疑問1「ダイエット治療なら短期間でも痩せられる?」 なるべく短期間で痩せたいと思うのは誰しも同じですが、渋谷DSクリニックが提唱しているのは「リバウンドしないダイエット」であり、「◯kg痩せたからダイエット成功」ではなく、徐々に無理なく落とした体重をそのまま維持できてこそダイエット成功だと考えています。だからこそ、目標は月に体重の5%以下に設定して痩身治療を行います。例えば、50kgの方なら月に2.5kg、60kgの方なら3kgが目標値になります。ただし、一度に減量するのは難しいので月に1~2kg減を目指して、リバウンドのない健康的なダイエットを推奨しています。その方法も医師、管理栄養士、整体師などのプロが完全にサポートするため、体に負担をかけずに減量することができるのです。「ブライダルまでにワンサイズ落としたい」「同窓会までにスッキリと痩せたい」そのようなダイエット目標がある方は早めに痩身治療を始めることをおすすめします。 疑問2「マシン施術だけで体重を落とすことはできる?」 渋谷DSクリニックでは痩身に特化した様々なマシン治療を取り扱っています。例えば、脂肪温熱を促して皮下脂肪や内臓脂肪、セルライトの除去に効果的な「高周波治療」や、超音波によって脂肪やセルライトを柔らかくし、乳化、排出させることでポッコリお腹やたるんだ二の腕、ヒップなどボディラインを整える「ウルトラメディカルスリム」、深部の硬い脂肪の分解を促し、むくみの原因となる老廃物を吸引しながら排出する「メディセルム」、など、ダイエット効果が期待できる痩身治療がたくさんあります。ただし、施術はあくまで体重を落とすための治療ではなく、ボディラインを整える治療なので、減量したいという場合は管理栄養士による「栄養指導プラン」やパーソナルトレーニングによる「運動プログラム」の併用をおすすめしています。 疑問3「医療痩身で脚痩せはできる?」 ダイエットをしていると「ふくらはぎのお肉が…」「なかなか脚が細くならない」など脚痩せに悩む方も多いはず。特に脚は体幹部と異なり、ラインが見えやすいからこそ、体型の印象を左右する重要なパーツです。脚の太さはむくみが原因になっている場合が多く、むくみのケアによってサイズダウンすることができます。渋谷DSクリニックでは、内臓脂肪、皮下脂肪の両方を除去する脂肪燃焼温熱療法の「高周波治療」や、針を使わずに脂肪溶解剤を導入する「DS式スーパーメソセラピー」、むくみの改善に効果的な「ウルトラメディカルスリム」が脚痩せ治療として人気です。 脚痩せ以外の二の腕部分や背中のお肉、あご下、脇肉など、気になるパーツも、皮下脂肪を凍らせて体外に排出させる「クールスカルプティング」の部分痩せに特化した治療で改善することが可能です。ダウンタイムのない治療であり、短期間での効果が期待できるため、部分痩せに悩んでいる方は一度カウンセリングを受けることをおすすめします。 疑問4「置き換えダイエットを行っているのですが、ダイエット治療と一緒に続けても大丈夫?」 カロリーを抑えるために「昼はこれ、夜はこれ」と置き換えダイエットを実践している方も少ないくないはず。しかし、置き換えダイエットは栄養バランスを崩してしまう危険性があり、やめた途端リバウンドの可能性もあります。そのため、長期の置き換えダイエットはおすすめしておらず、管理栄養士によるバランスのとれた規則正しい食生活を指導しています。 疑問5「ダイエット中にお酒を飲んでも大丈夫?」 ダイエットをしていると、気になるのがアルコールの存在。お仕事の付き合いなどで飲酒が必要な席があったりすると、「せっかくダイエットしているのに太らないかな?」と心配になることもあるはず。そんなときは、カロリーが少ないお酒を選んで飲むように注意しましょう。また、お酒の席では脂っこい食べ物やカロリーの高いおつまみなどが多く並んでいることがあります。アルコールを飲むと、ついそんなおつまみ類に手が伸びてしまいがちですが、ここはグッと我慢してカロリーの低いものを選ぶように心がけることが大切です。また、カロリーの低いものでもたくさん食べてしまうと元も子もないので、いただく際はお酒もおつまみも適量を意識するようにしましょう。 他にも医療痩身やダイエット中に関する疑問は人それぞれたくさんあるはず。痩身治療専門の渋谷DSクリニックは、あなたが抱えているダイエットの疑問にお答えします。「あれはどうなんだろう?」「旅行先でダイエットするにはどうしたらいいの?」などダイエットに関する質問はネットの情報ではなく、専門のプロに聞くのが一番です。

  • 4ae074dc9f2114760c8348ad92169797_s

    すぐダイエットに挫折しちゃう…そんな人でも続けられる運動方法

    美しくなる方法
    2017/07/03

    「今度こそダイエットを続けて、○キロ痩せる!」と意気込んで運動を取り入れても、辛い筋トレや長時間のエクササイズが大変で、挫折してしまう人は少なくありません。 それは急にハードな運動を取り入れて、ライフスタイルをガラリと変えてしまうことによるストレスも関係しています。 ダイエットを続けて成功する秘訣は、今までの生活習慣を無理に変えず、3つのポイントを意識するだけでOKなのです。それではどういったポイントを意識すればいいのか、詳しく見ていきましょう。 通勤中に意識するだけ!?早歩きや正しい姿勢で歩く 人は職業によって生活習慣が違いますが、1つだけ行動に共通点があります。それは「歩くこと」です。学生や社会人は通勤・通学時に、主婦でも家事の合間や買い物など、気づかないうちに結構な距離を歩いているのですが、スマートフォンをいじりながら背筋を丸めて歩いたり、足を引きずるようにして歩いたりしている人は意外と多く、せっかくの運動効果が半減してしまっているのです。 歩き方のポイントは3点あります。 まず、背筋を意識することです。基本の姿勢は、壁に背中と後頭部がつくように立ってみたときの姿勢で、髪の毛が上に引っ張られるようなイメージで首をしっかり伸ばすと、より背筋が伸びて脂肪燃焼効果が上がります。 2つ目は着地時のポイントです。着地するときは膝を伸ばして、かかとから先に地面につくように意識して、踏み出すときは膝を軽く曲げ、つま先で地面を蹴るようにします。 3つ目は歩くスピードについてです。姿勢を正せばゆっくり歩くだけでも脂肪は燃やせますが、早歩きで颯爽と歩くだけで、通常のウォーキングの倍近いカロリーを消費できます。 早朝や夕方の散歩を習慣に!マイペースに歩くだけでも効果あり! 時間に余裕のある方におすすめなのが、朝や夕方に散歩する習慣をつけることです。日中ではなく朝や夕方がおすすめなのは、この時間帯に運動するだけで代謝効率アップと食欲を抑える効果があるからです。 まず代謝についてですが、人は特に運動をしなくても、呼吸などの生命活動だけで一日に1000キロカロリー以上消費しています。これを基礎代謝というのですが、この基礎代謝は一日の中でも消費量が変動しており、睡眠中が最も低く、日中が一番高くなります。そのため代謝が低い朝や、代謝が下がり始める夕方に散歩することで代謝を上げ、その後も数時間代謝が高い状態をキープすることができるのです。早歩きが苦手な方は、無理をせずマイペースにゆっくり歩くだけでも十分効果がありますよ。 また早朝や夕方は食事前でお腹がすく時間帯ですが、散歩をするとアドレナリンが出て血糖値を上昇させます。そのため空腹感を減らすことができるので、散歩の時間にぴったりなのです。 お風呂でリラックスしている間に!リンパマッサージでむくみ解消 お風呂はシャワーで済ませるよりも、湯船に浸かったほうが消費カロリーは高いですが、さらにお風呂に入りながらリンパマッサージを行うと、血行がよくなってむくみを解消することができます。 脚のリンパマッサージの方法は、湯船に浸かって十分体を温めた後に、太ももの側面を両手で下から上にさすり上げます。これを10回5セット行います。 次は顔のリンパマッサージ方法についてです。あごから頬に向かって下から上に優しくさすり上げ、おでこ中央からこめかみに向かってさすり上げます。それぞれ5回5セット行います。石鹸を使ってマッサージするとやりやすくなります。 無理なダイエットはリバウンドの元!クリニック通院も合わせれば効果がよりアップ ダイエット挫折の大きな原因として挙げられるのが、厳しい運動や食事制限によって感じるストレスです。現代の日本では特に若い女性を中心に「痩せていることが美しい」という風潮が流れており、ダイエットは女性と切っても切れないキーワードとなっていますが、本来ダイエットは健康維持のために食事量を制限したり、適度な運動を取り入れたりすることです。無理に生活習慣を変えてしまうことでストレスを感じてしまっては本末転倒です。 とはいえ、もちろん暴飲暴食や運動不足は体によくないので見直す必要がありますが、一日の生活リズムの中で無理のない程度にいくつかのポイントを意識してみましょう。 さらに効果を確実なものにしたいという方には、当クリニックへの通院がおすすめです。 当クリニックでは専門医による、メスを使わず、痩せたい部分にだけ効果が現れる針を使わない「ダイエット脂肪溶解注射」という施術を実施しています。 この施術は、脂肪細胞の数を減らすことができるので、基本的にリバウンドは起きません。具体的な施術効果や通院期間などは、当クリニックでのカウンセリング時にご相談ください。

あなたにおすすめの記事

  • c69f88f759f4640fc2b42705a5c9d845_m

    我慢するどころか、チョコを食べて痩せる?!「チョコレートダイエット」の真相を聞いてみた

    美しくなる方法
    2019/02/09

    数年前から続く、ハイカカオチョコレートブーム。今年もバレンタイン商品にはカカオ含有率70%以上のハイカカオ商品が目白押し! そんなバレンタインシーズンの最中、「チョコレートダイエット」なる夢のようなダイエット方法があると耳にしたのですが…。そんな甘いダイエット法が本当あるのでしょうか?その方法と効果について調べてみました。 チョコレートダイエットとは チョコレートダイエットの方法は、ハイカカオチョコレートと呼ばれるカカオの含有量が70%以上のものを少量、朝昼夜の食前に食べるだけ。たったこれだけ!? 一日三回も食べていいの?と疑ってしまうようなダイエット方法。 チョコレートダイエットの仕組み カカオ含有量が70%以上のものは他のチョコレートに比べてカロリーが低く、なおかつゆっくりと血糖値を上げる効果があるので、食前に食べることで血糖値をゆっくりと上げ、満腹中枢を刺激して食べ過ぎるということを抑えてくれる、という説のようです。 でも、ビターなハイカカオとはいえ、チョコレートを食べるだけで痩せることはないのでは? そこで、どのような効果があるのか、そしてどんな注意点があるのか、ダイエット専門クリニックのドクターに聞いてみました。 ここが肝心!チョコレートダイエットの注意点 朝昼夜の食事内容は「栄養バランスが取れている」が大前提 血糖値の上昇を緩やかにする食前のハイカカオチョコレートダイエットも、食事内容次第ではダイエットになりません。栄養バランスの取れた適切なカロリーの食事を、欠食することなくきちんと三食とることが大切です。 「ハイカカオ」でこそ意味がある カカオ含有率が70%のハイカカオチョコレートだからこそ糖質が少なく、チョコレートダイエットに向いています。一般的にミルクチョコレート・ブラックチョコレートと呼ばれるチョコレートのカカオは20〜60%で、それ以外は砂糖や乳成分ということになります。 間食として、ダイエット中は一日100〜150kcalが目安 とはいえ、チョコレートは間食の扱い。ダイエット中の間食は100〜150kcal程度までにとどめておくべきだそう。やっぱり食べ過ぎはNGなのですね…! となると、チョコレートダイエットでは1回あたり1〜2かけらのハイカカオチョコレートを食前に食べるのがちょうどいいくらいの量になります。 チョコレートを食べる理由になるダイエット?! チョコレートが好きな女性はとても多いはず。好きなものを食べて、ダイエットができるのであれば、こんな良い方法はないですよね! チョコレートがストレス解消になっている、という方もいるかもしれませんが、渋谷DSクリニックでも、ダイエットのために間食を一切絶つようなアドバイスはしていないんだそう。食べ方や食べる量に注意は必要ですが、今年のバレンタインの自分用チョコは「ハイカカオチョコレート」を選んでみてはいかがでしょうか? 今回お話を伺ったドクターは、渋谷DSクリニック 渋谷院・院長の林博之先生。同クリニックでは医師による診断のもと、バランスよく一日三食食べて痩せるための管理栄養士による『栄養指導』をはじめ、健康的かつ効率的なダイエットの指導・治療提案を行っています。

  • 名称未設定-1

    痩せにくい体質は漢方で改善!自分にあった漢方薬で代謝を高めよう

    内側から美しくする方法
    2019/02/15

    若い頃は食べても太らなかったのに最近は太りやすくなってきた…という悩みを抱えている方はいませんか? 加齢によって代謝が低下して太りやすくなったり、季節の変化によって代謝が低下することもあります。代謝が低下した状態を放置していると、気がついたら「体重オーバー」なんてことにもなりかねません。 漢方薬を取り入れることで、低下しがちな代謝をコントロールできるだけではなく、同時に様々なからだの不調を改善することもできますよ。 痩せられないのは代謝の低下が原因? もっとスリムな体型になりたい、食べても太らない体を手に入れたい…などのダイエットの悩み。日本人の多くの女性が現在の体型に満足できていないという実態があります。 DSクリニックが独自で行なったアンケート調査によれば次のような結果が出ています。 Q.現在の体型に満足していますか? 現状で満足 6.3% 1~4㎏痩せたい 45.0% 5㎏以上痩せたい 46.8% なんと自分の体型に満足している人は全体のおよそ6%に過ぎず、残りのほとんどが痩せたいという願望を持っていることがわかります。 太る原因としては食べ過ぎや運動不足が根本にあることが多いですが、特に30代後半からは「代謝の低下」も見過ごすことはできません。 特に決して食べ過ぎている訳ではないのに太りやすい場合や、食事制限や運動を取り入れても痩せにくい人では代謝が低下している可能性があります。 ダイエットに漢方がおすすめの理由 「代謝」とはダイエット的な観点からいうと「外から取り入れたエネルギーを消費すること」ですが、「外から取り入れた栄養を分解し吸収するまでの一連の過程」のことでもあります。 健康な身体では適切な量とバランスの栄養素が全身をめぐり、各部位で正しく使われ、不要になったら排泄されていきます。 でも、どこかに渋滞が起きて、上手く巡らないと代謝が低下して脂肪となって蓄積して太ってしまうのです。 漢方薬には身体の構成要素である「気・血・水」のバランスを整える効果があり、ダイエットに利用すると痩せやすい体質を作るために役立てることができます。 漢方薬でなぜ痩せられるの? 漢方薬はいくつかの生薬が組み合わさったものです。 からだの構成要素である「気・血・水」のバランスを整える効果があり、脂肪を溜め込みやすい体質やストレス太りしやすい体質、便秘による代謝が低下している体質などを改善することができます。 「気血水」とダイエットの関係 「気」 気は身体の原動力となるエネルギーであり、気力や元気を与えるもの、血や水を巡らせる力を持っています。「気」が不足すると食べていないのに太りやすくなったり、巡りが滞るとイライラしやすくなって過食に走ったりすることもあります。 「血」 血は臓器など全身に栄養と酸素を巡らせるものです。「血」が不足すると消化力が弱まったり、冷え太りなどを起こすことも。「血」のめぐりが滞るとドロドロ血になって、コレステロールや内臓脂肪などが溜まりやすい身体となってしまいます。 「水」 「水」は「血」や「気」以外の物質のことであり、体液だけではなく「脂肪」も含まれます。むくみ太りや脂肪がつきやすいなどの悩みは「水はけ」が悪い状態が関わっていることが多いです。 加齢や季節の変化などを受けにくい体に 「気・血・水」のバランスは加齢によって変化するだけでなく、ストレスや周りの環境や季節の変化によっても影響を受けることも多いです。季節によって体重が変わりやすい人もいるのではないでしょうか? 特に代謝が低下しがちになる夏場や、気候変動の影響を受けやすい季節の変わり目、運動不足になりがちな冬場はバランスが乱れやすい時期なので要注意です。 体調管理の一つとして漢方を取り入れていくと、冷えや血行不良などによる代謝の低下を防ぐことができます。 また、気血水の巡りが良くなれば「溜めにくい身体」を手に入れることができ、気が付いたら痩せていたという嬉しい結果も期待できます。 漢方を使って代謝をコントロールしよう 漢方を使ったダイエットは一般的なダイエット法とは異なり単に体重を落とすことが目標ではなく、代謝の良いカラダを手に入れることです。 極端に食事制限を取り入れたダイエットとは違って、無理なく体質を改善しながら痩せることができます。 ただし、誤解してはいけないのは、「漢方薬を飲めば簡単に痩られる」、「何を食べても漢方さえ飲んでいれば太らない」などの魔法のような効果はないということです。 漢方薬を取り入れながらも、合わせて栄養をバランスよく摂り、適度な運動を取り入れていくことで緩やかに減量することを目指しましょう。 ダイエットに漢方を取り入れてみよう 「痩せやすいカラダ」とはすなわち「巡りの良いカラダ」「健康なカラダ」のことでもあります。 漢方を使って代謝をコントロールすることができれば、適正体重に戻すだけでなく合わせて身体の不調も改善できることも多いです。 漢方薬には非常に多くの種類があり、自分にあった漢方を見つけられるかどうかがダイエット成功のカギを握ると言っても過言ではありません。 渋谷DSクリニックではあなたの体質にあった漢方をカウンセリグにより処方しています。自分にあった漢方薬を取り入れた代謝コントロールをはじめてみませんか?

  • 1

    糖質制限ダイエットには大きな落とし穴が!1日3食食べて痩せる方法

    内側から美しくする方法
    2018/10/22

    お米やパンなどの炭水化物を抜いたり、糖質が含まれる食材の摂取を制限したりする糖質制限ダイエット。その人気は高まる一方で、昨年には英医学誌にて「炭水化物は寿命を縮める」という衝撃の論文まで発表されるなど糖質制限ダイエットの良い点のみが注目されていますが、実は健康や痩せる上でデメリットがあるのです。 「炭水化物は寿命を縮める」衝撃論文の実態 2017年、英医学誌ランセットに「炭水化物の摂取増加で死亡のリスクが上昇する」という内容の論文が掲載され話題を呼びました。この論文は、カナダのマクマスター大学のMahshid Dehghan博士らが報告したものであり、5大陸18カ国で全死亡と心血管疾患に対し食事がどのように影響するのかを検証した研究の結果です。低所得、中所得、高所得の18カ国を網羅しており、その点においても信頼性の高い研究だと言われています。 その内容は、炭水化物の摂取量の多さは全死亡リスクの上昇に関連していること、総脂質や各種脂質も摂取量の多さが全死亡リスクの低下と関連していること、脂質は心血管疾患・心筋梗塞・心血管疾患死と関連していないこと、飽和脂肪酸の摂取量と脳卒中の発症リスクが反比例しているということです。つまり、炭水化物の摂取量が多ければ多いほどあらゆる死亡のリスクが高まり、脂質の摂取量が多ければ多いほど死亡率は低下する、という衝撃の論文でした。 では糖質制限ダイエットは健康やダイエット面で適切なのでしょうか? 糖質制限ダイエットは簡単に取り入れやすく、面倒なカロリー計算をしなくても糖質を抜くだけでできたり、短期間で体重を落とすことができたりと、誰でも手軽に行えるのがメリットです。しかし、良いことばかりではありません。結果が出やすいからと安易に糖質制限ダイエットを始めるのは注意が必要であり、ダイエット専門院の渋谷DSクリニック林院長は論文を疑問視しています。糖質制限ダイエットは結果が出やすい一方で、やめた途端に体内が糖質をぐんぐん吸収し、リバウンドしやすくなります。また基礎代謝や筋力量も低下してしまいます。論文によれば炭水化物の摂取量の多さが全死亡リスクを高めますが、摂取量を制限することによるデメリットも大きいのが事実です。 また、白米を一切食べないなどの必要以上の糖質制限をしていると満腹感が得られにくく、その結果、我慢やストレスが伴い、その反動で暴飲暴食に走ってしまうケースも少なくありません。そして、糖質制限ダイエットは美容面にも悪影響を及ぼします。糖質は体に必要な栄養素であり、不足することによって全身に送り届けられる栄養も自ずと少なくなります。すると肌や髪への栄養が行き渡らなくなり、肌荒れを起こしたり、髪がダメージを受けたりしてしまうのです。 渋谷DSクリニックの考え方 ダイエット専門院の渋谷DSクリニックでは、糖質制限食によるダイエットはおすすめしていません。栄養バランスのとれた食事を1日3食しっかり食べながら痩せるダイエットを推奨しています。「1日に3食も食べて痩せられるの?」と疑問に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、「食べない=痩せる」は間違いであり、欠食は栄養不足を招くだけでなく、基礎代謝や筋肉量の低下を引き起こします。 渋谷DSクリニックの「DS式栄養指導」では、専任の管理栄養士による栄養指導を行っており、1日3食きちんと食べながら健康的に痩せることができます。日々の食事の記録をもとに行うため、ライフスタイルや体調、体質に合わせた食事のアドバイスを受けることができます。外食やコンビニ食が中心の食生活の方でも、痩せるための食べ方や食材の選び方を学ぶことで無理なくダイエットができるのです。 短期間で減量できる糖質制限ダイエットですが、リバウンド、基礎代謝・筋肉量の低下、栄養不足による体調不良など、デメリットがたくさんあります。健康的に痩せるためには1日3食、栄養バランスの良い食生活が欠かせません。食事の知識を学ぶことができるDS式栄養指導プランなら、痩せた後も体型をキープしながら太りにくい体質を作ることができます。一生使える食事法を学んで、健康的なダイエット を行いませんか。