横顔美人の条件はWライン!3日後に二重あごの肉を落とすには?|ダイエット外来渋谷の全身・部分痩せ医療ダイエット・肥満外来なら渋谷DSクリニック

MENU

銀座院 0120-877-850

渋谷院 0120-951-135

WEB予約

資料請求

メール相談

横顔美人の条件はWライン!3日後に二重あごの肉を落とすには?

2016/07/21
  • 後でこの記事を読むなら、
    はてなブックマークが便利です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「前から見ると美人なのに、横顔が残念…」そんな方に共通するNOT横顔美人の要素は、あご下の贅肉です。 このプヨ肉がついてしまっているおかげで、笑うと二重あごになってしまったり、太って見えたりとデメリットがズラリ。太った経験がある人や、あごが小さめな人に多く見られるこのあご下肉、一度ついてしまうと自力で落とすには、なかなかの苦労を強いられる部位だったりするのです。 だからと言って「え、諦めるしかないの…?」と落胆することはありません。DSクリニックにはとっておきの解消方法があります!

横顔を美しく見せるWラインとは?

そもそも横顔美人とは鼻先とあご先が直線で結べる、通称Eラインを持つ人のことを指します。このEラインがあると、一般的に横顔のシルエットが美しいと言われているのです。 ただし、Eラインを持っていてもあご下肉がたるんでいたり、二重あごになっていたりしたらNOT横顔美人。Eラインももちろん大切な要素ですが、美しい横顔はスッキリしたフェイスラインもあってこそです。 つまり、EラインとフェイスラインのWラインが横顔美人の必須条件だとDSクリニックは考えます。あなたは横顔で損していませんか?

あご下たっぷり贅肉はなくせる!

フェイスラインの美しさを左右するあご下肉、悲しいことに運動や食事制限では落とすのがかなり難しいのが現実です。しかも、顔のようにメイクでごまかすこともできません。 「一生このまま横顔ブスのままなの…」そんな落胆するあなたにオススメしたいのが、あご下肉を短期間で簡単になくしてしまう方法。それが今DSクリニックでも人気のメニュー、顔の脂肪を溶解するBNLS注射です。 皮膚を切ることなく顔の脂肪を減らすBNLS注射は、植物由来の成分です。人によっては72時間後から効果を実感しはじめ、ダウンタイムも少なく、周りの人に気付かれずにプヨ肉を退治できます。 スラムダンクの安西先生のような貫禄のあるプヨプヨたるみ肉でもBNLS注射をすれば、早ければ3日もするとスッキリしたフェイスラインを望めるでしょう。小顔エステに通い続けるよりも確実に効果が出るBNLS注射は、あご下ポッチャリさんの救世主的治療法と言っても過言ではありません。 顔はあなたの広告塔です。首とあごの境目が見当たらないとしたら、BNLS注射で自慢のフェイスラインを手に入れてみませんか?

美しくなる方法の関連記事

  • 人生最後のダイエットにしたいのなら!成功の秘訣は痩身ドック

    美しくなる方法
    2017/03/22

    365日ダイエットを続けているとしたら、それは結果が伴っていない証拠。つまり今行っているダイエット法が、あなたに合っていない可能性大です。どんなに食事制限をしても、運動を頑張っても、体質や生活習慣に合ったダイエットをしなければ、効果的に痩せることはできません。 痩せ効果を出す上で食事方法や運動習慣よりも必要なのは、『体質に合った最適なダイエット法』かどうかということ。それを知らずして痩せることは、道順を知らずにゴールを目指しているようなものです。本気で「痩せたい!」と思うのなら自分に合った痩せ方を知り、それに則ったダイエットプランを立てるのがダイエットの成功法なのです。 痩せプランを徹底分析!ダイエット効果を引き上げるDS痩身ドック スキンケアと同じで、一人一人が体質も食事も生活習慣も異なるからこそ、その人に合ったダイエットでなければ効果が出にくいのも当たり前です。だからこそ「芸能人が実践して◯キロ痩せた」というダイエットを真似しても、自分の体質とダイエット法が合っていなければ、結果は伴わないばかりかリバウンドを起こしたり、体調を崩してしまったりする可能性も。 そんな危険性を回避しながら最短で痩せるために、体質や現在の体型を徹底的に解析するのが渋谷DSクリニックの痩身ドック。3D身体測定・超音波皮脂圧計などの最新機器を使用して、あなたが太ってしまう原因を医学的に解明し、どんなダイエットが一番効果的なのかを分析して痩身プランを立てるのです。 DS痩身ドックのメリット 【1】今の自分の状態を知ることができる 体質に合っていないダイエットを続けていても、効果が出にくいのは当然のこと。DS痩身ドックでは3Dや皮脂圧によって「皮下脂肪の多い」「内臓脂肪の多い」など、今の自分の体の状態を詳しく知れるため、より体型や体質に合った効果的なダイエットを実践することができます。 【2】リバウンド予防になる 自分に何が合っているかを知らずして食事制限や運動などを行うと、一時的に効果が出たとしても、リバウンドしてしまう危険性が高くなります。ストレスなくダイエットするためにも、痩身ドックで自分に合った効果的な痩せ方を心得るのが賢い方法です。 【3】体の中から健康的に リバウンドを起こさないためにも、健康的に痩せていくことがダイエットにおいて大切です。自分の体にはどんな方法が健康的かつ合っているのかを知ることで、無理のない正しいダイエットができ、結果として体の中から健康的になるのです。 リバウンドの心配なく、健康的に痩せるためには、体質や体型に合ったダイエット方法を行うことが重要です。あなたに最適なダイエットを知るために、渋谷DSクリニックのDS痩身ドックを受けてみませんか?

  • 二重あごもスッキリ!小顔になれる最新治療「BNLS neo」

    美しくなる方法
    2019/06/12

    鏡を見るたび、「もう少しフェイスラインがシュッとしていたら……」と、二重あごや丸顔へのコンプレックスを抱えているあなたに向けて、ダイエットの専門クリニックが本格的な小顔作りのアドバイス。美容医療の“顔の脂肪取り治療”なら、エステやホームケアでは実現できない顔痩せを、簡単かつ手軽に叶えられます。 脂肪の減少なくして、小顔作りは難しい 小顔マッサージにリフトアップトリートメント、小顔矯正、コルギ、美顔器。「これをすれば小顔になれるかも」と、試してみたけれど、思うような変化は感じなかったというあなた。それもそのはず、顔を痩せさせて小顔を作りたければ、ボディのダイエットと同様に、顔についている脂肪を減らすことが重要です。どんなに小顔マッサージを受けたとしても、毎日美顔器でセルフケアしたとしても、むくみは解消できますが、脂肪が減らないため、小顔は作れません。 では、どうやって脂肪を減らせばいいのかというと、それもまた難問です。と言うのも、適切な運動や食生活である程度コントロールできるボディのダイエットと異なり、セルフダイエットで自然に顔の脂肪を減らすのは至難の業。そこで活用したいのが、小顔に特化した脂肪溶解注射の『BNLS neo』です。 理想の小顔が簡単にバレずに手に入る『BNLS neo』 渋谷DSクリニックで以前から取り扱っていた、小顔作りや顔痩せを目的とした『BNLS(脂肪溶解注射)』に新成分が配合され、さらに小顔効果がパワーアップした『BNLS neo』。二重あごの悩みの改善はもちろんのこと、頬のたるみ脂肪の悩みも解消します。しかも、ダウンタイムがほとんどなく、徐々に顔の脂肪が減っていくので、まるで痩せたかのように自然と小顔が手に入ります。複数回BNLS neoを受けることで、より顔痩せ実感が高く、周りからも「痩せた?」と言われるほどフェイスラインがシュッとなるのも人気の理由です。 脂肪細胞の約30%が減少! これだけ手軽かつ自然に小顔が実現するその秘密は、従来のBNLSに「デオキシコール酸」を新たに配合しているから。聞きなれない成分名だと思いますが、実はこのデオキシコール酸がとてつもなく優秀な成分なのです。日本の厚生労働省にあたる米国機関FDAが、脂肪減少効果があるとして承認し、効果が約束されています。 そんな脂肪減少効果に優れたデオキシコール酸が加わったBNLS neoは、気になる部分に注入できるため、様々な顔の脂肪の悩みに対応できるのも魅力の一つ。「二重あごをスッキリさせたい」「フェイスラインを細くしたい」そんな方は複数回受けることでより顔痩せ効果を実感できるため、4回ほど継続するのがおすすめです。このBNLS neoは1週間程度の間隔で治療を行えるため、周りも「痩せた?」とその変化を感じるほど、自然と顔痩せができるのです。 驚くほど小顔効果倍増!組み合わせセットプラン BNLS neoの小顔効果をさらに倍増させて、「フェイスラインを引き締めたい」「なかなか落ちない二重あごを解消したい」という方には、他の治療と組み合わせるセット治療がおすすめです。 【プラン1】BNLS neo×高周波で小顔効果UP! あらゆる脂肪落としに有効なDS式高周波治療を組み合わせれば、BNLS neoの脂肪溶解作用と相まって、顔の脂肪を効率的に落とすことができます。そもそもDS式高周波治療とは、高周波エネルギーを使用した脂肪温熱療法のこと。 体内に高周波を流すことによって生じる温熱効果が血行を促進し、代謝を高めて脂肪を燃焼しやすい状態へと導きます。その効果は、深部にまで温熱が伝わるため、施術後の血流は通常の5倍とも言われるほど。コリをほぐすマッサージを併用するため、むくみの解消に即効性があります。血行が良くなることで酸素や栄養素が供給されて細胞が活性化するため、顔痩せ効果のみならず、シミ、しわ、たるみ、ほうれい線、ニキビなどの肌トラブルケアにもおすすめです。 そんなDS式高周波治療とBNLS neoを組み合わせれば、効率的に顔の脂肪を減少させることができ、スッキリとしたフェイスラインや頬たるみ脂肪のない若々しさが手に入ります。 【プラン2】BNLS neo×クールミニで二重あごを解消! 話題の顔痩せとしてテレビ、雑誌などのメディアで取り上げられるクールミニは、切らない脂肪吸引と言われるほど、その効果は絶大です。 皮下脂肪をシャーベット状に凍らせて排出することで、脂肪細胞を減少させるクールミニは、メスを一切使わないため、皮膚や筋肉、血管などの組織にダメージを与えることなく施術ができ、ダウンタウンもほとんどありません。 二重あごの存在感が大きい方の場合、二重あご周辺に脂肪がかなりついてしまっていることが多いため、クールミニの脂肪除去効果を組み合わせるのがおすすめです。この2つの相乗効果で、横顔も劇的に変化し、スッキリとしたあご周りを手に入れることができます。あごがシャープになるだけでも、見た目の印象は随分と変わり、体重が変わらなくても「痩せた?」と言われる回数が増えるはず。 注入部位の痛みや腫れ、熱感もほとんどないBNLS neo。丸顔、二重あご、たるみ脂肪で悩んでいるのなら、小顔治療でそのコンプレックスを解消してみませんか。

  • 量より質!最短で理想ボディを手に入れるDS式運動パーソナルレッスン

    美しくなる方法
    2017/04/13

    あなたは最近、思いっきり体を動かしていますか? 美容やダイエットにおいて、切っても切り離せない「運動」。子どもの頃は学校の体育などで必然的に体を動かしていたものですが、大人になるとなかなか運動する機会も少なくなるもの。ましてや、仕事や家事などで時間の融通が利かない人にとって、運動時間を確保するのは大変。 「ジムに入会したは良いけれど、ほとんど通えていない…」そんな人や、「ジムには長く通っているけれど、なかなか痩せられない」と悩むあなたに。痩身治療と組み合わせて、効率的に理想のボディを作ることができるDS式パーソナルレッスンの魅力をご紹介! 「ジムに通う=痩せる」ではない?意外なジムのデメリット 入会すればいつでも好きな時に運動ができるのがジムのメリットですが、運動習慣がない人や運動が苦手な人にとってはそれがデメリットになることも。 「今日は気分が乗らないから明日行こう」 「時間がないから今度にしよう」 そうやってジムから足が遠ざかってしまった経験、ありませんか? ジムではいつ運動するもどうやって体を動かすかも全ては自分次第。だからこそジムには運動習慣が続かない危険性があるのです。 また、運動に関する知識がない人にとって、ジムはダイエットに効果的とは言い切れないことも。長期間ジムに通っていても一向に体脂肪が減らない、そんなときは行っているトレーニングが体質に合っていない可能性大! 脂肪のつき方は人それぞれだからこそ、運動による燃焼方法も十人十色です。筋肉トレーニングを一生懸命行っても、有酸素運動を長時間しても、思うように痩せられないのは体質に合っていない運動方法であるケースが多く、痩せるのに時間がかかってしまいます。さらに運動が苦手な人や体が硬い人などが、いきなり運動するとケガをしてしまうというリスクもあるため、自己完結型のジムは運動知識があり、自己コントロールができる人向けのダイエット手段だと言えます。 効率的に痩せたいならプロの指導が一番! 運動習慣がない、運動が苦手、体が硬い、運動に関する知識が少ない、自分に甘い。一つでも当てはまるのなら、効率的にダイエットを成功させるためにもジムよりプロに指導してもらうマンツーマンレッスンがおすすめ。 専任のトレーナーが指導するDS式パーソナルレッスンなら一人ひとりの体質や状態、目標、生活習慣に合わせた完全オーダーメイドのトレーニングメニューを作成するので、運動習慣がない人・運動経験がない人・運動が苦手な人でも体に負担をかけずに楽しく運動をすることができます。代謝を高めて脂肪を燃焼させやすくするだけでなく、筋肉量を増やすので基礎代謝が上がり、痩せやすい体質作りもできるため、ダイエット成功後も体型をキープしやすくなる嬉しい効果も。 また、渋谷DSクリニックの痩身治療経過に合わせてプランを作っていくこともできる、このDS式パーソナルレッスン。治療と並行して運動を取り入れることでダイエット効率を高められるだけでなく、 「くびれは作りたいけれど、バストアップはしたい」 「脚をサイズダウンさせながら、真っ直ぐな美脚に整えたい」 そんな希望も叶えられるのがポイント。痩せながらにして、くびれやヒップアップ、バストアップも実現できるのはプロの指導の賜物です。 運動習慣がない、運動が苦手、忙しくてなかなか運動できない……そんな人こそ、プロの指導で効率的に痩せるDS式パーソナルレッスンがぴったり! この春から専門家の指導を受けて、理想の体型を手に入れてみませんか?

あなたにおすすめの記事

  • 本気で痩せたいなら遺伝子検査で肥満遺伝子をチェック

    内側から美しくする方法
    2017/10/16

    「食事制限も運動もしているのに、なかなか痩せない」そんな悩めるダイエッターの皆さん。ダイエットが上手くいかないその原因、もしかしたら体質遺伝子に合っていない方法を選んでいるからかも。 そこで“太り方の傾向”や“どうしたら痩せやすいのか”などが分かる遺伝子検査を利用して、効率よくダイエットをしてみませんか。 遺伝子検査で自分に合ったダイエット ただ闇雲にダイエットをしていても、自分に合っていない方法では痩せにくいのは当たり前。自分はどんな遺伝子を持っているのか、どんな食べ物が太りやすいのか、どんな運動が痩せやすいのかなどを知ることで効率的に痩せることができます。そんな自分データを知る上で役立つのが遺伝子検査です。 ダイエットに関連性の高い80種類以上もの体質遺伝子情報を検査する、この遺伝子検査。代表的なもので「リンゴ体型」「洋ナシ体型」などの肥満遺伝子がありますが、自分は一体何タイプなのか、詳しく知ることができます。さらに、遺伝子情報から、生活習慣においてのより具体的なアドバイスが実現するため、限りなく自分の持っている遺伝子に合ったダイエットができ、効率よく痩せることができるのです。 しかも、遺伝子情報は一生変わらないので、一回遺伝子検査をするだけで、それ以降検査の必要はなく、遺伝的なリスクを把握でき、生涯の健康保持にも役立ちます。渋谷DSクリニックの遺伝子検査では、肥満、高血圧、心筋梗塞といった生活習慣病に関わる複数の遺伝子を調べるため、より詳しく体質遺伝子の情報からかかりやすい病気のリスクも知ることができ、病気にならないための予防を行う上で指針になる測定結果を知ることができます。 さらに、大阪大学医学部の研究結果を元に開発した検査であり、多くの日本人のデータに基づいて評価されているため、より日本人に合った遺伝子検査だと言えます。 遺伝子検査で分かる体質遺伝子 「どのような太り方をしやすいのか」「どのようにしたら痩せやすいのか」これらは体質遺伝子を調べることで分かります。体質遺伝子とは、肥満、高血圧、メタボリックシンドローム、糖尿病、コレステロール、骨粗鬆症、酸化ストレスなどの遺伝子であり、これらを調べればその病気になるリスクも分かるため、健康サポートにも活用度大。さらにこれらの体質遺伝子を詳しく見ることで、不足しがちな栄養素から、その人に合った適切な運動方法、食事の摂り方などを知ることができます。 例えば、コレステロール遺伝子の場合、遺伝的な影響により脂質バランスが崩れやすいかどうかが分かります。 さらに、コレステロール関連遺伝子を測定した結果、コレステロールに関わるそれぞれの働きについて自分の傾向も詳しく知ることができます。 これらの遺伝子情報から、積極的に摂取したい栄養成分が分かるため、食生活やサプリメント選びに活用できるのです。また、ライフスタイルのアドバイスとして「アルコールに注意」「糖質に注意」「動物性脂肪に注意」などの食に関するものから、ダイエットにおすすめの運動は「有酸素運動」と最適な運動習慣も教えてくれるので、ダイエットプランが立てやすくなるはず。 遺伝子情報から読み取ったアドバイスはこれだけではありません。コレステロールで言えば、ダイエットや健康保持の上で知っておきたい“善玉コレステロールと悪玉コレステロールについて”の説明や、悪玉コレステロールの増加を防ぐためのおすすめ栄養成分、運動習慣の目安、注意したい成分などについてより詳しい分析を知ることができます。 これらの情報があれば、 「メタボになりやすい遺伝子を持っているため◯◯を控え、◯◯を積極的に摂取すると良い」 「活性酸素が増えやすいので、激しい運動はNG」 「体が冷えやすい遺伝子を持っているため、積極的にストレッチを」 など、効率よくダイエットをする指針になり、「何をやってもなかなか痩せない……」といった悩みが解消されるのです。 血液検査で医学的に知る!クリニックの遺伝子検査 ネットや市販の簡易キットとは異なり、医療機関である渋谷DSクリニックで行うものは、血液検査による遺伝子検査です。その所要時間は採血のみなので10分程度で完了します。その後、3週間から1ヵ月で判定結果が出て、ドクターからの説明で知ることができるのです。これらの結果を元に、渋谷DSクリニックにてダイエットプランを実践すれば、今までどんなに頑張っても手に入らなかった理想の体型へ短期間で変身できるかもしれません。 ダイエットの近道は自分のカラダを知ることにあります。ただ闇雲にダイエットを繰り返していても、体質に合わないと痩せられないどころか、太りやすくなってしまうことも。自分に合った正しい方法で効率よく痩せるためにも、遺伝子検査を利用して、パーソナルデータをダイエットに活用してみませんか。

  • ちょい太りは糖尿病の予備軍?!若くても油断できない糖尿病対策

    内側から美しくする方法
    2019/04/23

    糖尿病というと中高年で発症する病気であり、若い自分とは無関係だと思っていませんか?実は糖尿病は若くても発症することがあり、また将来に糖尿病にかかるかどうかは若い頃からの生活習慣と体重管理と深い関係があるのです。 今は少しぽっちゃりしている位のほうが健康的なんて思っているかもしれませんが、実は将来の糖尿病予備軍なんてことも…。そして痩せていても糖尿病を若くして発症することもあるので油断はできません。そこで今回は糖尿病と肥満との関係や食生活の影響など若い頃からの糖尿病予防についてお話していきます。 若くても糖尿病を発症することがあるって本当? 糖尿病は若いうちは関係ないというのは間違いで、若い年齢でもかかることがある病気です。糖尿病には大きく分けて2つのタイプがあり、それぞれに発症年齢や要因などに違いがみられます。 糖尿病の種類と発症年齢の関係 医学的に糖尿病は次の2つのタイプに分けられます。 ■Ⅰ型糖尿病 25歳以下の若年齢で発症することが多い。主な要因はウイルス感染などによる免疫異常 ■Ⅱ型糖尿病 日本人の約95%が発症している。 主な要因は「ストレス」、「肥満」、「運動不足」、「暴飲暴食」などのライフスタイルの乱れが主な原因となって起こります。 若い世代の糖尿病というとかつては膵臓のインスリン分泌が不足または欠乏しているⅠ型糖尿病であることが多いと考えられてきました。 しかし、最近では若い世代でもⅡ型糖尿病にかかる人が増えて、なんと子供でも発症することがあります。肥満でなくても20~30代の若い痩せ型の女性にも増えているので、誰もが他人ごとではない病気です。 実は日本人は糖尿病にかかりやすい 世界的に見て日本人は痩せ型が多いので太った人がかかりやすいイメージの強い糖尿病とはあまり関係がないように思われるかもしれません。でも実は逆で、日本人は糖尿病にかかりやすい人種であることがわかっています。日本人はもともと欧米人のような食生活をしてこなかったため、膵臓のインスリン分泌能が欧米人ほど備わっていません。そのため現代の欧米化した食生活に膵臓のインスリン分泌が追いつかず、糖尿病を発症しやすい傾向にあります。軽度の肥満でも糖尿病にかかる可能性が日本人では高いと言われています。 肥満や食べ過ぎは糖尿病の発生リスクを上げる! 糖尿病には遺伝つまり家系も関係していますが、後天的な生活習慣による要因も大きいことがわかっています。特に糖尿病を引き起こす原因となるのが、食べ過ぎと肥満です。 糖質の摂りすぎは糖尿病のもと! 糖尿病の原因として「糖質の過剰摂取」が挙げられます。糖質は決して甘いものにだけ含まれるのではなく、毎日食べているお米、パン、パスタなどにも含まれています。 糖質を摂取すると血液中に糖質が増えて血糖値が上がります。血糖値を適正な値にコントロールされるように膵臓からインスリンが分泌されて、体の各組織でエネルギーとして利用されます。 しかし糖質を過剰に摂り続けていると血液中のインスリン濃度が常に高い状態に。そして、次第にインスリンの効き目が悪くなったり、膵臓が疲弊してインスリン分泌が悪くなり糖尿病となってしまいます。 若いうちに太っていると糖尿病にかかりやすい 青年期のBMIが22以上あると、将来の糖尿病リスクが高くなるというデータがあります。つまり、若いうちから体重を適正に管理していくことが、将来の糖尿病予防につながるということです。 特に日本人の場合は欧米人と同じBMIであっても、インスリン分泌能力が低いことから糖尿病にかかるリスクが高いと言われています。まだ若いから大丈夫なんて高をくくっていると、知らず知らずのうちに糖尿病を発症してしまうことにもなりかねません。 痩せ型の人は甘い飲み物の飲み過ぎに要注意 特に若い痩せ型の人が糖尿病に陥りやすいのがジュースや清涼飲料水の飲み過ぎによる「ペットボトル症候群」と呼ばれる糖尿病です。 ペットボトルの清涼飲料水には、なんと1本あたり20-30gものブドウ糖が含まれています。液体なので吸収も良く急激に血糖値を上げてしまうため糖尿病を発症することがあるのです。 流行りの甘い飲み物、ジュースなどについつい手を伸ばしてしまう女性は多いのでは?習慣のように飲み続けていると、糖尿病を引き起こす可能性があるので気をつけましょう。 こんな方は若くして糖尿病を発症しやすいので要注意 糖尿病は初めの頃は自覚症状が少なく、健康診断などで血糖値が高いことがわかって初めて気がつくことも多い病気です。特に次に当てはまる項目が多い人は糖尿病の予備軍とも言える危険因子を持っている状態です。 ・家族に糖尿病の人がいる ・成人してから急激に太った ・不規則な生活 ・野菜嫌い ・甘い飲み物を好んで飲む ・食後のスイーツや間食が欠かせない ・ストレスが多い ・ウエスト周りが太め ・運動不足 ・早食いである 気になったら今すぐ糖尿病対策を始めよう! 最近ちょっと太ってきた、食生活の乱れが気になる、甘いものがやめられない…など将来の糖尿病が心配になったら、今すぐに対策を始めましょう。まだ大丈夫と思って油断していると、ある日突然に糖尿病を発症してしまうこともあります。 糖質を含む食べ物を一切食べない糖質制限が流行っていますが、長期的に見ると続けられずに挫折したり、反動で食べすぎたりすることが問題視されています。無理な糖質制限ではなく、1日の糖質摂取量を半分程度に減らす「ゆる糖質制限」でも効果はあります。ストレスを貯めてリバウンドしないように、少しずつ糖質を減らしていきましょう。 食べる順番とバランスに気をつけよう 同じ食事を食べていても食べる順番を変えるだけで血糖値上昇を抑えられたり、ダイエットにも良いことがわかっています。先に食物繊維を多く含み血糖値の上昇を緩やかにする作用のある野菜や海藻類、タンパク質類を食べるようにします。日本人が大好きな主食である白いご飯やパンは最後に食べることで、無駄な食べ過ぎを防ぐことができます。 自分だけで食事を変えよう、痩せようと思っても実際はそう簡単ではないものです。方法を間違えればリバウンドや失敗を重ねることにもなりかねません。 そんな方は渋谷DSクリニックで実施している無料カウンセリングで相談してみてはいかがでしょうか?自分の食事の問題点を洗い出して、改善のための具体的なプランを提案しております。 一人で悩まずにお気軽にご相談ください。

  • 肥満は死亡率を高める!?病気を回避するための「痩身・肥満治療」

    美しさをキープする方法
    2017/11/16

    肥満であることを「ただ太っているだけ」と安易に考えているとしたら、それは大きな間違い。肥満は万病の元と言われるように、死亡率の高い病気を引き起こすため、短命につながります。そんな肥満を予防し、改善するためには健康に痩せることが大切。その選択肢の一つとして、医療ダイエットである痩身治療があります。 肥満は万病の元 飽食と言われる現代。食べ過ぎや運動不足によって、肥満になりがちです。肥満になると、血液中の糖を分解・吸収・貯蓄する働きが弱まる「耐糖能障害(たいとうのうしょうがい)」が起こりやすくなるなどして、血糖値が正常より高い状態になる方が多くいます。ただし肥満を放置し続けていると、肥満の程度が高くなり、糖尿病や動脈硬化症などの生活習慣病にかかりやすくなり、さらに程度が高くなると脳血管障害や心臓血管障害などの死亡率の高い病気を引き起こすと言われています。 肥満になればなるほど、健康から遠ざかり、死亡率を高くするのはこのためです。つまり、肥満が短命を招いていると言っても過言ではありません。 肥満はどこからが肥満? では、肥満とはどんな状態をさすのでしょうか。「太っていること=肥満」と思っている方がいるかもしれませんが、実は間違い。肥満はただ単に体重が増えることではなく、体内に占める脂肪の割合で決まります。一般的に肥満度の判定には、国際的な標準指標であるBMI(Body Mass Index: 体重(kg)/身長(m)2)が用いられており、BMI25以上が肥満とされています。さらに、日本肥満学会によって、肥満度は以下の4つの段階に分けられます。 ※参考資料:「肥満度分類 WHO基準」 2016年7月13日『THE LANCET』オンライン版に掲載された、英ケンブリッジ大学と米ハーバード大学が中心となり研究された大規模国際共同研究「Global BMI Mortality Collaboration」によると、BMI値が20である人と比べて、BMI値が25以上~27.5未満で7%、27.5以上~30未満で20%、30以上~35未満で45%、35以上になると94%と、数値を見て明らかな通り、BMI値の上昇に比例して死亡率も高くなっており、肥満と死亡率の関係性は明らかなのです。 ただし、身長と体重から計算するBMI値だけでは、筋肉質なのか脂肪過多なのかは分かりません。そこで、正確に肥満かどうか判定するために、体脂肪を測定できる体重計などを利用するのが良いでしょう。体脂肪率が、男性の場合で25%以上、女性の場合で30%以上であると「肥満である」と判定されます。 内臓脂肪過多であるリンゴ型肥満には要注意 しかし、一言に肥満と言っても、どこに脂肪がついているかでその健康への危険性や、死亡率の高さは異なります。肥満のタイプには「内臓脂肪型肥満(リンゴ型肥満)」と「皮下脂肪型肥満(洋ナシ型肥満)」の2種類あり、内臓脂肪が多いリンゴ型肥満は洋ナシ型に比べ、糖尿病や高血圧、脂質異常症(高脂血症)など、多くの生活習慣病が起きやすくなり、健康への危険性が高くなります。 さらに、脳血管障害、心臓血管障害、肝硬変などの死亡率が高くなる病気にかかりやすく、心臓疾患のリスクも高めるのがリンゴ型肥満の特徴です。また女性の場合、子宮がんや乳がんにかかる比率が高いとも指摘されているのです。 健康のための肥満治療 健康であるためだけでなく、糖尿病や高血症などの生活習慣を予防し、死亡率の高い病気のリスクを回避するためには、肥満を予防し、改善することが何よりも大切です。ですが、自己流のダイエットで体脂肪を落とそうと食事制限をしたり、運動を行うと、栄養バランスが崩れてしまったり、体に負担をかけてしまう危険性があります。 そこで医師や管理栄養士などの専門家のサポートによって、医学的に肥満を改善する痩身治療がおすすめです。渋谷DSクリニックの痩身治療は、医師による治療法の提案と体調の管理がされるほか、「栄養指導プラン」によって管理栄養士が日々の食事についての指導や、不調を解消しながら体質改善を促す漢方治療など、一人ひとりに合った最適な痩身治療を受けることができます。各分野の専門家が痩身治療をトータルでサポートするため、肥満を解消して健康を手に入れながら、理想の体型へと整えていくことも叶います。 さらに、BMIの計算や体脂肪率だけでは分からない、内臓脂肪や各体脂肪部の測定、体質分析、肥満の原因など本格的な測定と診察、カウンセリングによって体の状態を科学的に検証するため、効率よく肥満を解消することができます。そして「痩身治療って痛みを伴うのでは…」という心配は無用。渋谷DSクリニックでは、切らない脂肪溶解注射のDS式スーパーメソセラピーや、脂肪燃焼温熱療法である高周波治療などを始めとし、痛みを伴わない痩身治療ばかりなのも魅力の一つです。 肥満は健康を遠ざけて、死亡率を高める恐ろしい症状です。「もしかして自分も肥満かな」と思ったら、早め早めの予防と改善が必要です。とは言え、自己流の対処法では体に負担をかけるという新たなリスクを負うことになりかねません。だからこそ、将来の健康を手に入れるために痩身治療を選んでみませんか?