GTM2

40代のダイエットで「食事制限」は危険な方法?渋谷の全身・部分痩せ医療ダイエット・肥満外来なら渋谷DSクリニック

MENU

銀座院 0120-877-850

渋谷院 0120-951-135

WEB予約

資料請求

メール相談

40代のダイエットで「食事制限」は危険な方法?

2019/10/29
  • 後でこの記事を読むなら、
    はてなブックマークが便利です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
40代になると「昔に比べて太りやすくなった…」「食べてないのに痩せない」という方は多いようです。それは、年齢を重ねることで起きる体内に理由があることをご存じでしたか?40代に合った方法でダイエットを成功するために押さえておきたいコツをご紹介します。

40代になると体型が崩れてしまう3つの原因

痩せづらくなるのは年齢のせい、と思ってしまいたくなる気持ちになりますよね。でも、その原因に対して適切にアプローチすれば、40代でもダイエットは可能です。40代のうちに痩せやすい体を作ると、50代、60代になってからも若々しい体型を維持できるようになります。そのためにも痩せない理由を知っておくことが大切です。

女性ホルモンの減少

女性ホルモンには「エストロゲン」「プロゲステロン」と呼ばれる2種類があります。女性ホルモンは30代をピークに緩やかに減少し40代になると急速に減少する傾向があります。「エストロゲン 」が減少するとさまざまな不調が現れるようになり、代謝が衰えて体内に脂肪をためやすくなります。 特に背中や、二の腕、脇、お腹などのお肉が気になるようになることが多いですが、これにはエストロゲン減少による脂質代謝の低下が関わっています。エストロゲン には血液中のLDLコレステロール(いわゆる悪玉コレステロール)の量を調整する作用や中性脂肪の蓄積を防ぐ働きもあるため、脂質代謝に深く関係があるためです。ホルモン分泌の減少を食い止めることは難しいですが、運動や食事に気を付けることで代謝の低下を防ぐことは可能です。

基礎代謝の低下

基礎代謝とは特に何も活動をしなくても生きているだけで、自然に消費されるエネルギーのことです。例えば、体温調節や内臓機能の維持など、体の基礎的な機能を正常に働かせるために使われています。この基礎代謝には個人差がありますが、加齢に伴い低下することが分かっています。食べる量が変わっていないのに太ってきた方や痩せにくくなった方は、この基礎代謝が関係しているかもしれません。基礎代謝は筋肉を動かすことで高まるため、筋肉量が少ない方は基礎代謝も低い傾向にあります。

仕事のストレス過多

40代といえば働き盛りの時期であり、中間管理職など責任ある仕事を任される世代でもあります。仕事にかかるストレスが増えてくる一方で、体力が落ちてくる時期でもあるので疲労が溜まりやすい危険な時期ともいえます。ダイエットとストレスには深い関係があり、ストレスが増えるほど太るリスクが高くなります。それはストレスによってコルチゾールいうホルモン分泌が盛んになるためです。コルチゾールは副腎皮質から放出されるステロイドホルモンであり、ストレスに対抗するために分泌されます。体を守ろうとするため、例えばセロトニンの分泌が減少して食欲が増したり、脂肪を体に蓄積させたりする働きがあります。さらには成長ホルモンの分泌を抑えて、筋肉の増強を抑制して脂肪燃焼を減少させることも。40代以降は家庭、仕事、介護などさまざまなストレスがかかりやすい時期なので、こまめに発散させてストレスを溜めない心がけが大事です。

40代の方に適したダイエット方法は?

40代では「食べない」「とにかく運動する」というダイエットより、体のことを考えた賢いダイエットに取り組むことが重要になってきます。また、短期的なダイエットはリバウンドを起こしやすく、40代以降のリバウンドは取り返しがつきにくいので危険です。短期決戦のダイエットではなく、習慣化できる長期的な生活改善を目指しましょう!

40代は長期的にゆっくりダイエット!

短期的に「1ヶ月で5キロ以上痩せる!」「1週間で2キロ痩せる!」なんて目標を立てると、達成できずに挫折してしまうばかりか、かえってリバウンドしやすくなります。特に40代以降は痩せにくいので短期なダイエットは必ず無理が生じるもの。長期的にダイエットに取り組むようにしましょう。 目安としては、 ◆短期間で痩せる→1ヶ月に3キロ以上減量する ◆ゆっくり長期間かけて痩せる→1ヶ月に3キロ未満までの減量を目指す この程度を目安としましょう。この数字はもともとの体重にもよるので更に言えば、1ヶ月に体重の5%以内が目安とすると、体重50kgならば2.5kgまで、体重70kgならば3.5kgまでが適正な範囲です。 40代以降になると筋肉は落ちやすくなる傾向があり、早く痩せようとすると筋肉が落ちてしまいます。筋トレや食事内容に気を使っていても、早く痩せようとすると筋肉が落ちてしまうので要注意。ゆっくりと痩せれば、筋肉は落ちにくく脂肪を集中的に落とせるようになるので結果的に引き締まったボディが手に入りやすくなります。

40代のダイエットに欠かせない栄養素

40代のダイエットを成功させるためにはきちんと栄養を摂取することポイントとなります。必要な栄養素を摂りながらダイエットすると、健康的に美しく痩せることができます。バランスの良い食事を心がけることが原則ですが、食事だけで補ない場合にはサプリメントを活用するのも手です。

アミノ酸

私たちの体は約60%が水分、約20%がたんぱく質でできています。そのタンパク質を構成しているのが「アミノ酸」で、脳、内臓、神経伝達物質、ホルモンなどの材料として体を作るために欠かせない栄養素です。ダイエットにおいては、リパーゼという脂肪分解酵素を活発にする作用のあるアミノ酸として「リジン」「アルギニン」「プロリン」「フェニルアラニン」があります。また、筋肉を構成するためにも欠かせない栄養素であることからも、40代のダイエットにはアミノ酸を積極的に取り入れましょう。

タンパク質

近頃は「プロテイン」が女性のダイエットにおいても有名になったため、タンパク質摂取を心がけているという方も多いのではないでしょうか。しかし、タンパク質をせっかく摂っていても量が十分でないと、その機能が発揮されません。40代女性であれば1日あたり50gは摂取したいところです。目安としては毎食で手のひら1枚に乗る程度の肉・魚・大豆製品などを食べるようにすると良いでしょう。

ビタミンB群

ダイエットのポイントはいかに代謝を上げるかということです。その代謝に必要なのがビタミンB群です。体内でエネルギーを生成するために必要な栄養素で、代謝ビタミンと呼ばれることもあります。例えばビタミンB1は糖質の代謝に、ビタミンB2は脂質の代謝、ビタミンB6はタンパク質の代謝に欠かせません。これらのビタミンが足りていないと、他にも体の不調や肌荒れなど美容面のトラブルが出てくることも。 ビタミンB群はそれぞれ単独で摂るのではなく、相互に助け合って効果を発揮するのでバランスよく取り入れることが大事です。また、ビタミンB群は水溶性のため尿として排泄されてしまうので、毎日3食の食事から摂り入れるようにしましょう。

まとめ

食べないダイエット、辛いダイエットは40代以降には適さないどころか、健康を害することも考えられます。40代からのダイエットは長期的に取り組み、バランスの良い食事を習慣化することを目指しましょう。DSクリニックでは栄養の専門家である管理栄養士が楽しく食べて痩せられる「食べるダイエット」をサポートしています。一人一人の体重や体調などを考慮しながら食事指導を行うので、無理なく食事を管理できるようになることが特長です。今度こそ本気でダイエットしたい!と思っているならば、ぜひDSクリニックの栄養指導にご相談ください。あなたのためだけのダイエットプランをご提案します。詳しくは「DS式栄養指導」にてご紹介しています。
Pocket

内側から美しくする方法の関連記事

  • 痩せたいなら知っておくべき! 内臓脂肪と皮下脂肪の違い

    内側から美しくする方法
    2019/02/10

    お腹周りについた脂肪には、体の内側についた「内臓脂肪」と外側につく「皮下脂肪」の2種類があります。効率よくダイエットしたいなら、この2つの違いは絶対に知っておくべき! それぞれの脂肪の特徴と落とし方をご紹介します。 まずはセルフチェック! 体の内側、内臓の周りに蓄積する内臓脂肪。それに対して皮下脂肪は体の外側につくため、手でぎゅっとつまめます。お腹周りのサイズが気になるという方は、まずお腹の脂肪をぎゅっと掴めるかどうかチェックを。あまり掴めないけれどお腹が出ている、胸下あたりから張り出しているという方は内臓脂肪が多い可能性が。掴んでもまだお腹も出ているという方は皮下脂肪も内臓脂肪もついているということになります。 内臓脂肪の特徴と落とし方 内臓脂肪の特徴 特定健康診査、いわゆる「メタボ健診」でも“腹囲”を計測しますが、これは内臓脂肪量の蓄積の目安を計測しようとしているもの。必要以上に内臓脂肪が蓄積した内臓脂肪型の肥満は高血圧・高脂血症・高血糖など生活習慣病の要因となり、これがひいては動脈硬化・心筋梗塞・脳卒中など、死亡に繋がる重大な病気の引き金になるとされています。ダイエットを意識していない方であっても、内臓脂肪の蓄積は放っておいてはいけないということですね。 内臓脂肪は「つきやすく、落としやすい」 ちょっと怖いイメージの内臓脂肪ですが、代謝が活発な内臓周りについている内臓脂肪は、「つきやすい」ながらも「落としやすい」という特徴が! 食事制限をするとお腹からサイズダウンしていくといった経験はないでしょうか? それほどに内臓脂肪は生活習慣によって日々増減します。 内臓脂肪の落とし方 内臓脂肪を減らしたいなら、まずは食生活の見直しを。バランスのとれた食事に適度な運動など、規則正しい生活で内臓脂肪は減っていきます。また、内臓が冷えてしまうと代謝が落ちて脂肪蓄積の原因にもなるため、冷たいものばかりを飲食するのも注意が必要。油っこい料理を控える、夜遅い食事の見直し、お酒の量を少しずつ減らす、温かい飲み物を選ぶようにする、血糖値の上昇を抑えるためベジファーストで食べる順番に気をつけてみる、歩く距離を増やしてみるなど、生活の中の日々の積み重ねで減らせるのも内臓脂肪の特徴です。 皮下脂肪の特徴と落とし方 皮下脂肪の特徴 体の外側についており、体を守る働きもある皮下脂肪。極端に多くなるとホルモンバランスを崩すなどの不調が起こり得ますが、そうでなければ、多くなってもさほど体調を左右しないのが皮下脂肪の特徴です。しかしやはり、見た目を大きく左右するのが皮下脂肪。体が冷えないよう体を守っている皮下脂肪ですが、分厚く蓄積してしまうと、脂肪が硬くなって血行が悪くなり、逆に体を冷やしてしまい、さらに脂肪がついてしまう…という悪循環も。老廃物が滞って硬くなるとセルライトとなってさらに落としづらくなってしまいます。 皮下脂肪は「ついたら、落ちにくい」 代謝が活発な箇所にある内臓脂肪と異なり、体の外側にあって冷えやすく固まりやすい皮下脂肪は、一度ついてしまったら落ちにくいという特徴が。食事の内容や生活習慣の見直しでもちろん徐々に減ってはいきますが、分厚く硬くなった脂肪は“燃焼されやすい状態”にすることが大事。 皮下脂肪の落とし方 燃焼されやすい状態とは、脂肪が柔らかく、その箇所の血行が良いこと。食事制限や運動を行なった時、脂肪は柔らかく燃焼しやすい箇所から減っていきます。硬くなった脂肪は物理的に柔らかい状態に分解されてこそ、燃焼効率が高まるということ。セルライトを解消し、気になる箇所を効率的にサイズダウンしたいなら、脂肪を揉みほぐし燃焼を助けるようなマッサージ・施術などをプラスするのがオススメです。その上で、該当箇所の筋トレをするとより効果的でしょう。 効率的なダイエットのためには、自分の脂肪のつき方を知る 上記の通り、つき方も落とし方も違う内臓脂肪と皮下脂肪。病気の要因としても見落とせない内臓脂肪、食事の見直しだけでは落とせない皮下脂肪…となれば、ダイエットは何か一つをやればいい、ということではないことが理解できますよね。 渋谷DSクリニックでは、超音波皮脂厚計や3D身体測定器を用いて内臓脂肪・皮下脂肪のつき方を徹底的に計測したのち、それぞれの脂肪にアプローチする治療メニューをご提案しています。ダイエットをしているのになかなか脂肪が落ちない、思うように減量できないという方はぜひ、プロの視点によるダイエットカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

  • 実はあなたも糖尿病予備軍?実践したい栄養指導ケア

    内側から美しくする方法
    2017/09/08

    「しょっちゅうのどが渇く」「食生活が不規則」「週4日以上お酒を飲む」こんな症状に心当たりがあるのなら、糖尿病の可能性があるかもしれません。過食や運動不足によって引き起こされてしまう糖尿病は、男性の約3割、女性の約2割が患者または予備軍だと言われており、その予防策は生活習慣の改善と栄養管理にあるのです。 糖尿病とは一体? そもそも糖尿病とは、高血糖な状態が長く続く病気のこと。膵臓から分泌されるインスリンは血中のブドウ糖を分解・吸収・貯蔵する働きをし、エネルギー源として変換するサポートをしています。つまり、血中の糖量を調整しているホルモンなのですが、膵臓の働きが悪くなったり、インスリンの分泌量が少なくなったりすると、血中のブドウ糖が増えて高血糖状態になってしまうのです。この高血糖状態が長く続いてしまうと、糖尿病になってしまいます。 そんな糖尿病、「私には関係ない」と思っているとしたら、それは大間違い。糖尿病にはⅠ型糖尿病、Ⅱ型糖尿病があり、免疫機能障害が原因となる自己免疫障害やウイルス感染などによって膵臓がダメージを受け、インスリンが不足して起こるⅠ型比べ、日本人の糖尿病患者のほとんどがⅡ型糖尿病です。その数、約9割と言われており、このⅡ型糖尿病の原因となるのが、食べ過ぎや運動不足、飲酒、喫煙、ストレスなどの悪しき生活習慣。つまり、食生活や生活習慣が起因しているⅡ型糖尿病は、生活習慣が乱れている方にとって、誰にでも起こり得る生活習慣病なのです。あなたはBMI値(※)が25より高い数値ではないですか? 肥満は糖尿病の要因です。過食や偏食の傾向はありませんか? これらも糖尿病を引き起こす要因の一つ。血糖値が高くなりつつある糖尿病予備群のうちに生活を改善して、食事や運動などで糖尿病を予防することが大切なのです。 ※BMI値:Body Mass Indexの値 計算式は体重kg ÷ (身長m)2 実践したい3つの糖尿病予防 身近な生活習慣や食生活が環境要因である糖尿病。つまり、予防するためには生活習慣を改善し、運動習慣を身につけ、栄養バランスのとれた食生活を送ることが何よりも大切です。そして、それらを継続させることで糖尿病や糖尿病予備群への対策を講じることができます。 まずは生活習慣の見直しを。夜型のライフスタイルや、不規則な生活習慣は体内時計を狂わせてしまい、良質な睡眠を阻害する要因に。睡眠不足になるとストレスを抱えやすくなるだけでなく、代謝が落ちて太りやすくなることも。一日の生活リズムを整えることが、糖尿病予防には大事なのです。 またストレスの上手な解消方法を見つけることもポイントの一つ。喫煙する方は、ストレスがたまらない程度に本数を減らしたり、禁煙したりと習慣の改善をしましょう。 つぎに、運動習慣をつけること。運動不足が糖尿病を引き起こす要因になるため、適度な運動を取り入れたライフスタイルへ変えましょう。食事で摂取したカロリーを消費するだけでなく、代謝を高めて痩せやすい体を作る上で欠かせない運動は継続させることが大切。激しいトレーニングをたまに行うのではなく、毎日続けやすい運動習慣を選ぶのも重要です。 例えば、毎日一万歩を目標にウォーキングをするのもおすすめです。これで大体160kcal〜240kcalのカロリー消費になります。「一万歩って大変なのでは?」と思うかもしれませんが、1回15分から30分のウォーキングを1日2セット行えば、クリアできる程度の運動量です。これをできれば毎日、少なくとも週3回は続けるようにしましょう。 そして、一番大切な食生活の改善。1日に摂取すべきエネルギーを知ることが先決です。その上で今の食事量が適切であるかどうかをチェックします。塩分や糖質、脂質の過剰摂取を控えて、カロリーコントロールを行いましょう。 また、3食きちんと食べることも忘れずに。糖尿病の要因である肥満を改善しようとして、食べる量を減らして痩せようとするのは栄養が不足してしまったり、ドカ食いに繋がったりする危険性があるためNG。実はドカ食いは血糖値の急激な上昇によって肥満のリスクを高めてしまうのです。1日3食なるべく毎日同じ時間帯に摂り、血糖値の上昇を抑えるために食物繊維の豊富な食材である野菜や海草類から食べ始めるのもポイントです。 栄養指導を取り入れた糖尿病予防 生活習慣、運動習慣、食生活の3つを整えることが、糖尿病予防・改善には大切ですが、自分だけではなかなか難しいのが食生活です。生活習慣や運動習慣と違い、栄養素の知識やバランスの取れる食事法など、専門的な知識を要する食生活は、一人でケアしていくのは至難の業。そこで取り入れたいのが、食生活の改善指針を教えてくれる「DS式栄養指導プラン」です。 自分の食生活の癖や、足りない栄養素の傾向など、専任の管理栄養士の先生によるカウンセリングで、一人ひとりに合った栄養指導を受けることができます。さらに肥満外来クリニックである渋谷DSクリニックの栄養指導なら、3食しっかりと食べながら、痩せやすい体が手に入ります。その秘密は食事記録ノートを使った、定期的な対面カウンセリングと、LINEやメールでいつでも相談できるバックアップ体制にあります。出かけ先で「これ、食べてもいいのかな?」という疑問や、「会食の約束があって食べすぎてしまいそう……」といった相談にも、的確なアドバイスをもらうことができるのです。さらに、痩せやすい体質になる食べ方や、体質別のおすすめ食材など、一生使えるダイエット知識を学べるのも魅力的。 DS式栄養指導なら糖尿病の要因である肥満を解消するための食生活を学べるだけでなく、過食や偏食などの食生活も改善できます。理想の体型を目指しながら、糖尿病予防も叶う、一石二鳥のダイエット治療なのです。 糖尿病は長年の生活習慣の乱れが引き起こす生活習慣病。糖尿病になる前に、生活習慣や食生活を改善して、病気を予防しましょう。

  • 正月太り解消に!ダイエット専門医が教える【新年にすべき3つの対処法】

    内側から美しくする方法
    2020/12/23

    忘年会、年末年始の帰省や旅行、新年会…と、暴飲暴食が続いて、このままではまずい!と思っている方も多い時期ではないでしょうか?「今年こそダイエットして痩せる」という目標を立てた方もいらっしゃると思います。今回は新年の“ダイエット初め”にぴったりな正月太りの対処法をダイエット専門医に聞いてみました。 「正月太り」の特徴とは? いわゆる「正月太り」とは、忘年会や新年会で飲食の機会が増え、逆に体を動かす機会が減ることで生じる体重増加のことですが、特徴として「生活リズム(体内リズム)を崩しやすい」「暴飲暴食による胃もたれや胃痛を訴える人が多い」ことが挙げられるそう。この時期のダイエットは減量だけに意識を置くのではなく、体調のケアにも注意を払いたいものです。 医師が教える3つの正月太り対処法 上記を踏まえて、医師がおすすめする新年のダイエット初めに最適な対処法はこちら! 消化しやすい食材を選ぶこと 胃腸の不調を感じている方は特に、乱れた消化機能を正常な状態に戻すために胃に負担のかからない食材を意識して選びましょう。年始から脂質の多いもの・冷たいもの・辛いものなどをとりすぎていませんか?脂質を減らすために肉は鶏のささみ、魚は白身魚を選ぶなど細かな選択も積み重なれば大きいものです。ヨーグルト・豆腐などもおすすめです。冷たいもののとりすぎは胃の機能を低下させ代謝も落ちるので、なるべく温かい食べ物・飲み物を選びましょう。 一食一食の総カロリーを控えめにして、少しでも運動を 食事のコントロールと運動はダイエットの基本ですが、欠食や断食はリバウンドのリスクを高めます。食事は一食ずつの摂取カロリーを控えめに意識することから、運動の習慣がないという方はお風呂上りのストレッチから始めてみましょう。大きな結果を求めるよりもまず、小さなことからでも習慣化できそうな方法を見つけて実践することが大切です。 食事で「酵素」を補う 補助的に酵素を取り入れることで、腸内環境を整えて食物の消化・栄養の吸収の効率を高めます。酵素は食材で補うのがベストです。生の野菜や果物に多く含まれるほか、納豆や味噌などの発酵食品にも含まれています。食物繊維やミネラルが豊富でダイエットに良さそうなものばかりですよね。 今年のダイエットはぜひ、生活習慣の見直しから 年末年始は、「食生活の乱れ」「運動不足」「睡眠時間・睡眠時間帯が不規則になる」これらで正月太りや体調不良を実感している方も多いのでは?ダイエットの基本はやはり生活習慣の改善にあり、と改めて考えさせられますね。 今回お話を伺ったドクターは、渋谷DSクリニック 渋谷院・院長の林博之先生。同クリニックでは医師による診断のもと、バランスよく一日三食食べて痩せるための管理栄養士による『栄養指導』をはじめ、健康的かつ効率的なダイエットの指導・治療提案を行っています。「自分が習慣化できそうなダイエット」を探るためにも、今年こそ痩せたい!と思っている方はぜひカウンセリング予約を。

あなたにおすすめの記事

  • エイリアン脂肪ってなに?

    美しくなる方法
    2019/04/09

    あなたは「エイリアン脂肪」という言葉を聞いたことはありますか?皮下脂肪や内臓脂肪とは異なるタイプの脂肪で、名前からも危険な雰囲気が感じられることでしょう。 例えば、元々はやせ型なのに急激に太った人や、中性脂肪が高いと指摘された…という人は「エイリアン脂肪」が身体を蝕んでいるかもしれません! そこで今回は「エイリアン脂肪」とは一体どんな脂肪なのか、蓄積する原因と減らす方法についてお話していきます。 第三の脂肪エイリアン脂肪とは? 「エイリアン」というとSF映画に登場する異星人を想像するかもしれませんが、そもそもの英語における意味として、「性質を異にする」という意味をもつ言葉です。「エイリアン脂肪」は医学的にいうと「異所性脂肪(いしょせいしぼう)」のことです。異所性脂肪は、皮下脂肪、内臓脂肪についで「第3の脂肪」として近年注目をあびています。皮下脂肪は皮膚の下の「皮下」に、内臓脂肪は「内臓」のまわりに付く脂肪ですが、異所性脂肪は本来脂肪が溜まるはずのない場所につく脂肪のことをいいます。いわば不要な脂肪なので、もちろん身体にとって悪影響を与えます。 エイリアン脂肪は皮下脂肪・中性脂肪とどう違う? 食べ物などから体内で合成される中性脂肪はエネルギーとして使われますが、使いきれずに残ると皮下脂肪になり、さらに使いきれずに残ると内臓脂肪として蓄積されます。皮下脂肪は体温の放散を防ぐ意味や外部からの衝撃を防ぐ意味もありますが、増えすぎると見た目に影響します。 また、内臓脂肪が溜まるとお腹がぽっこり出てきて、メタボリックシンドロームのリスク因子にもなります。「エイリアン脂肪(異所性脂肪)」は、どちらの脂肪にも収まらずに別の部位に付いてしまった脂肪です。皮下脂肪→内臓脂肪の次に身体に溜まるという説と、内臓脂肪と並行して溜まるという説があります。 エイリアン脂肪はどこにつくの? 皮下脂肪に収まりきらなくなった中性脂肪が身体の至る場所についたものが「エイリアン脂肪」と呼ばれるものです。 例えば、心臓、肝臓、膵臓、筋肉などの本来は脂肪がつきにくい部分に脂肪が溜まるようになります。これらの部位では脂肪は本来は不要なので、さまざまな生活習慣病につながるリスクが指摘されています。 エイリアン脂肪が蓄積する原因は? では、どうしてエイリアン脂肪が蓄積してしまうのでしょう?簡単にいえば、食べ過ぎや運動不足などの生活習慣がエイリアン脂肪を増やす原因になります。 しかし、見た目ではなかなかエイリアン脂肪が増えているかどうか分かりにくいもの。次に当てはまる人はエイリアン脂肪が付いている可能性があり特に数が多いほど注意した方が良いといえます。 炭水化物や脂肪分が多い食べ物が好き 夜遅くに夕食を食べることが多い 運動はほとんどしない 体重は増えてないのにウエストサイズが大きくなってきた 夜勤が多い、昼夜が逆転した生活 高血圧・脂質異常症を指摘されている 糖尿病またはその予備軍である 40歳以上の中高年または閉経後の女性 エイリアン脂肪を放置するリスクとは? 見た目にエイリアン脂肪が付いているかどうかは分かりにくく、気づいた時には心臓や膵臓などに不要な脂肪がびっしり付いていた…なんてことも考えられます。 エイリアン脂肪を放置していると様々な生活習慣病のリスクが高まります。例えば異所性脂肪の代表的なものに「脂肪肝」がありますが、脂肪肝の中でも非アルコール性脂肪肝炎(NASH)では肝がんや肝硬変などの命にかかわる病気に進展する可能性もあります。 また、心臓に異所性脂肪が付くことで心筋梗塞のリスクが高まったり、骨格筋に脂肪がつくことでインスリンの効きが悪くなり糖尿病を発症することもあります。 もともと痩せ型の日本人はハイリスク?! エイリアン脂肪が怖いとはいっても、日本人はそもそも欧米人と比べると小柄であり太っている人の割合も少ないので、自分には関係ないと思っている人もいるかもしれません。でも、実はエイリアン脂肪はもともと痩せている人の方が付きやすく、日本人でも十分に注意しなければいけません。 痩せている人はもともと太っている人に比べて脂肪細胞が少なく、脂肪を溜め込むスペースが少ないので、脂肪を貯めるタンクがすぐにいっぱいになります。 そのため、余った脂肪が異所性脂肪として付きやすい傾向があるのです。特にもともと痩せていたのに急激に太ったという人は注意した方が良いでしょう。 エイリアン脂肪を落とす方法は? エイリアン脂肪は皮下脂肪のように生命にとって必要な脂肪ではなく、全くもって不必要な脂肪です。生活習慣病などに進展する前に、早めに対処していくことが大切です。 そんな恐ろしいエイリアン脂肪ですが、落としやすい脂肪でもあります。運動や食事制限を取り入れることで、皮下脂肪と比べると落としやすいのです。 代表的な異所性脂肪である脂肪肝は、食事制限と運動療法で減量することで早期に改善できることが分かっています。そのため、エイリアン脂肪も同じく食習慣と運動不足を改善することが有効だと考えられています。 エイリアン脂肪対策は「ダイエット外来」 エイリアン脂肪が増えると、様々な生活習慣病のリスクとなり命にも危険が及ぶことからも早期発見、早期対策を行うことが大切です。 渋谷DSクリニックのダイエット外来では、ドクター指導のダイエット治療を受けることができます。痩身目的だけではなく、健康のためにダイエットしたいという方に対してもサポートを行なっています。 治療を始めるまえには十分なカウンセリングを行いあなただけのオーダーメードな治療をご提案します。渋谷DSクリニックでは特殊な3Dスキャン装置により脂肪の付いている場所を徹底的に調べ、さらに日々の食事指導を栄養の専門家から受けることも可能です。 エイリアン脂肪が気になる、ダイエットが続かない、リバウンドを繰り返している…という方は、まずは一度カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか?

  • メディセルムで醜いセルライトともサヨナラ!

    美しくなる方法
    2019/06/25

    多くの成人女性にあるといわれる「セルライト」。セルライトがあると見た目が悪くなってしまうだけでなく、首や頭の血行が悪くなることで、脳に十分な血液を送ることができず頭痛起こす恐れがあったり、血行不全から冷え性を起こしたりと、ダイエットをする大きな壁となって立ちはだかります。自己流で潰そうとすると誤ってリンパ管を傷つけてしまうこともあるので、メディセルムで効率的に、かつ安全に除去しましょう。 セルライトは見た目が悪いだけじゃない! 皮膚が盛り上がりでこぼこした見た目になってしまうセルライト。オレンジの皮のように見えることからオレンジピールスキンとも呼ばれています。薄着になるとセルライトが目立ってしまうので、オシャレを楽しみたい女性にとっては厄介ですよね。 さらにセルライトがあると血行不良やむくみになりやすく、冷え性を悪化させてしまいます。見た目以外にもさまざまな悪影響をもたらすセルライトは早急に除去したほうが良いでしょう。 自己流ではセルライトを減らせない! セルライトに悩まされている女性は非常に多いため、インターネットで検索すると、簡単に「セルライトの除去方法」なるものが見つかります。たとえば、お風呂上りに10分間太ももや足裏をマッサージするだけでセルライトを消せると聞いたことのある人もいるかもしれません。しかし、気になる部分のセルライトをやみくもに揉んでも綺麗に除去することはできません。効果がないだけならまだしも、場合によっては毛細血管やリンパ管を破壊し、老廃物を溜めてしまうとセルライトを増やしてしまいます。 オシャレを楽しみたくてセルライトを除去しようとしているのに、かえって内出血や痣だらけの脚になったら悲しいですよね。 脂肪を減らすならセルライトに注目! セルライトは脂肪の塊であるとよくいわれます。詳しく言うと、セルライトは皮下組織につく皮下脂肪が大きくなった結果、肌の表面に現れたものなのです。厄介なことに、セルライトは周りの組織を巻き込んで組織化しているため、食事を減らしても運動をしてもなかなか落ちません。ダイエットをがんばったのにセルライトが落ちずに太ももの見た目が変わらなかったという残念な経験をした女性もいるかもしれません。逆にセルライトを落とすことができたなら、効率的に脂肪を減らしてダイエットができます。 メディセルムならセルライトの凸凹も消える? セルライトを落としたいならば、当院のメディセルムの施術を受けることをおすすめします。メディセルムは、デコボコのセルライトや固い脂肪をローラーで強力に吸い上げ、ローラーの回転で硬くなったセルライトを柔らかくし、また老廃物を効率的に排出しサイズダウンを促す施術方法です。慣れるまで多少の痛みを感じる人もいますが、セルライトや脂肪がほぐれてきたら痛みも軽減してきますので、苦痛に感じることなく施術可能です。 3ヶ月で体重が9.8kg、内臓脂肪が5.2平方cmも減少した実証例があるほど短期間で驚くほど見た目の変化が現れます。効率的にセルライトを減らすことができるので、忙しい方にもおすすめできる方法です。 メディセルムで代謝もアップして痩せ体質に! メディセルムの効果はセルライトの除去だけではありません。メディセルムのローラーによってリンパと血液循環を促進し、体内の代謝機能を向上させることで、脂肪や老廃物が排出されやすい「痩せ体質」を手に入れることができます。 気になる部位ごとにメディセルムの施術を受けることができるので、カウンセリングの際に疑問点やお悩みをお伝えください。自己流でセルライトを潰そうとすると、かえってセルライトを増やしてしまう可能性があるので、ぜひ当院の専門医師にご相談ください。

  • 糖質制限ダイエットには大きな落とし穴が!1日3食食べて痩せる方法

    内側から美しくする方法
    2018/10/22

    お米やパンなどの炭水化物を抜いたり、糖質が含まれる食材の摂取を制限したりする糖質制限ダイエット。その人気は高まる一方で、昨年には英医学誌にて「炭水化物は寿命を縮める」という衝撃の論文まで発表されるなど糖質制限ダイエットの良い点のみが注目されていますが、実は健康や痩せる上でデメリットがあるのです。 「炭水化物は寿命を縮める」衝撃論文の実態 2017年、英医学誌ランセットに「炭水化物の摂取増加で死亡のリスクが上昇する」という内容の論文が掲載され話題を呼びました。この論文は、カナダのマクマスター大学のMahshid Dehghan博士らが報告したものであり、5大陸18カ国で全死亡と心血管疾患に対し食事がどのように影響するのかを検証した研究の結果です。低所得、中所得、高所得の18カ国を網羅しており、その点においても信頼性の高い研究だと言われています。 その内容は、炭水化物の摂取量の多さは全死亡リスクの上昇に関連していること、総脂質や各種脂質も摂取量の多さが全死亡リスクの低下と関連していること、脂質は心血管疾患・心筋梗塞・心血管疾患死と関連していないこと、飽和脂肪酸の摂取量と脳卒中の発症リスクが反比例しているということです。つまり、炭水化物の摂取量が多ければ多いほどあらゆる死亡のリスクが高まり、脂質の摂取量が多ければ多いほど死亡率は低下する、という衝撃の論文でした。 では糖質制限ダイエットは健康やダイエット面で適切なのでしょうか? 糖質制限ダイエットは簡単に取り入れやすく、面倒なカロリー計算をしなくても糖質を抜くだけでできたり、短期間で体重を落とすことができたりと、誰でも手軽に行えるのがメリットです。しかし、良いことばかりではありません。結果が出やすいからと安易に糖質制限ダイエットを始めるのは注意が必要であり、ダイエット専門院の渋谷DSクリニック林院長は論文を疑問視しています。糖質制限ダイエットは結果が出やすい一方で、やめた途端に体内が糖質をぐんぐん吸収し、リバウンドしやすくなります。また基礎代謝や筋力量も低下してしまいます。論文によれば炭水化物の摂取量の多さが全死亡リスクを高めますが、摂取量を制限することによるデメリットも大きいのが事実です。 また、白米を一切食べないなどの必要以上の糖質制限をしていると満腹感が得られにくく、その結果、我慢やストレスが伴い、その反動で暴飲暴食に走ってしまうケースも少なくありません。そして、糖質制限ダイエットは美容面にも悪影響を及ぼします。糖質は体に必要な栄養素であり、不足することによって全身に送り届けられる栄養も自ずと少なくなります。すると肌や髪への栄養が行き渡らなくなり、肌荒れを起こしたり、髪がダメージを受けたりしてしまうのです。 渋谷DSクリニックの考え方 ダイエット専門院の渋谷DSクリニックでは、糖質制限食によるダイエットはおすすめしていません。栄養バランスのとれた食事を1日3食しっかり食べながら痩せるダイエットを推奨しています。「1日に3食も食べて痩せられるの?」と疑問に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、「食べない=痩せる」は間違いであり、欠食は栄養不足を招くだけでなく、基礎代謝や筋肉量の低下を引き起こします。 渋谷DSクリニックの「DS式栄養指導」では、専任の管理栄養士による栄養指導を行っており、1日3食きちんと食べながら健康的に痩せることができます。日々の食事の記録をもとに行うため、ライフスタイルや体調、体質に合わせた食事のアドバイスを受けることができます。外食やコンビニ食が中心の食生活の方でも、痩せるための食べ方や食材の選び方を学ぶことで無理なくダイエットができるのです。 短期間で減量できる糖質制限ダイエットですが、リバウンド、基礎代謝・筋肉量の低下、栄養不足による体調不良など、デメリットがたくさんあります。健康的に痩せるためには1日3食、栄養バランスの良い食生活が欠かせません。食事の知識を学ぶことができるDS式栄養指導プランなら、痩せた後も体型をキープしながら太りにくい体質を作ることができます。一生使える食事法を学んで、健康的なダイエット を行いませんか。