GTM2

渋谷で内臓脂肪を落とし痩せる方法なら渋谷DSクリニック渋谷の全身・部分痩せ医療ダイエット・肥満外来なら渋谷DSクリニック

MENU

銀座院 0120-877-850

渋谷院 0120-951-135

WEB予約

資料請求

メール相談

お腹ぽっこりは内臓脂肪が原因?!内臓脂肪を減らす方法とは

2019/07/17
  • 後でこの記事を読むなら、
    はてなブックマークが便利です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
手足は細いのに、お腹だけぽっこり出ている…そんな体型のアンバランスさに悩んでいる方はいませんか?お腹周りだけお肉が付きやすく、全体的には太ってないのにお腹だけ出ていると見た目に気になりますよね。お腹周りに合わせて洋服を選んだり、流行りの着こなしができなかったりするのはツマラないものです。そんなお腹ぽっこり、実は「内臓脂肪」が原因であることが多いのです。一体どうしたら内臓脂肪を減らしてお腹のぽっこりを解消することができるのでしょうか?今回はお腹ぽっこりの原因となる内臓脂肪を撃退する方法とお腹周りの脂肪を減らす方法について紹介します。

お腹ぽっこりの原因は内臓脂肪?!

全体的な体型は標準または痩せ型なのにお腹だけぽっこりと出ているなら、「内臓脂肪」が多いことが原因に考えられます。内臓脂肪とは簡単に言うと内臓の周りについてしまった脂肪のことです。食事から摂取した糖質や脂質が消費しきれずに体内に残ってしまったものが内臓のまわりに付いてしまうことが原因で特にお腹周りにつきやすいことが特徴です。

脂肪と皮下脂肪の違い

では、内臓脂肪と皮下脂肪はどう違うのでしょうか?肥満はいわゆる「リンゴ型」と呼ばれる内臓脂肪が多いタイプと、「洋ナシ型」と呼ばれる皮下脂肪が多いタイプに分けられます。特に内臓脂肪の多い「リンゴ型」は男性に多く、皮下脂肪の多い「洋ナシ型」は女性に多い傾向があります。また内臓脂肪は上半身に、皮下脂肪は下半身につきやすいという違いもあります。

怖い内臓脂肪…でも実は減らしやすい!

現代では食生活が変化して食べ過ぎと運動不足が積み重なり内臓脂肪型の肥満が増えてきています。内臓脂肪は放置しているとホルモン分泌にも影響し、痩せホルモンと呼ばれる「アディポサイトカイン」の分泌を減らしてしまい、メタボや糖尿病、動脈硬化などのリスクを高めることも分かっています。 そんな怖い内臓脂肪はつきやすい性質がある一方で、減らしやすい性質も持ち合わせています。一旦付いてしまっても諦める必要はなく、むしろ努力することで簡単に減らすことも可能なのです!

内臓脂肪を効率よく減らす方法

では付いてしまった内臓脂肪をどうやって減らしていけば良いのでしょうか?もちろん、そう簡単に落ちるものではありませんが、努力と時間を積み重ねることで理想の体型を手に入れることも夢ではありません。次に紹介する方法を取り入れてみましょう。

持続可能な運動をコツコツと続ける

運動が嫌いな方にとっては耳が痛い話かもしれませんが、内臓脂肪をやっつけるには運動が何よりも効果的です。内臓脂肪は特に有酸素運動との相性がよく、ジョギングや自転車、水泳などがおすすめ。お腹の肉を減らしたいからといって腹筋運動を頑張るよりも、有酸素運動で全身を動かす方が効率よく内臓脂肪を燃焼できます。 そして、結果を出すには定期的な運動を続けることが大事です。3日坊主で終わってしまっては意味がないのです。無理なく続けられる強度の運動を1回30分から1時間、週に3日程度を目安に定期的に行いましょう。一度にまとまった時間が作れない人は毎日10分程度のウォーキングを通勤時間に組み込むだけでも十分です。無理なく続けられることが大事です。

良質な脂質と高タンパクを意識した食事をとる

内臓脂肪が気になるからといって、脂質を全てカットする食事は逆効果です。もちろん揚げ物やお菓子などに含まれる脂質は控える必要がありますが、良質な脂質を摂取した方が内臓脂肪を減らすことができます。特に「不飽和脂肪酸」と呼ばれる、オメガ3系脂肪酸は内臓脂肪を減らす方向に働きます。サーモン、ナッツ類、アボカド、亜麻仁油、チアシードなどの良質な脂質を含む食品はダイエットの強い味方。さらに燃焼できる体を維持するにはタンパク質も欠かせません。筋肉をつくるためにもタンパク質は大切な栄養素。肉類・魚類・大豆製品のどれかを毎食摂るように心がて、難しい時はプロテインを活用するというのも手です。

十分な睡眠とストレス解消も大切

睡眠不足とストレスも肥満の原因になります。1日あたり5時間以下しか睡眠をとっていない人は肥満になりやすいという研究報告もあるほどです。睡眠不足になると食欲が増進してしまい、空腹感が強まったり食欲が増してしまうことが原因だとされています。また、ストレスも食欲を増して、過食やドカ食いの原因になります。さらにストレスにより内臓脂肪を溜め込む方向に働くホルモンの分泌が増えてしまうことも。ストレスはこまめに発散することはもちろん、ストレスに強いメンタルを作るためのトレーニングを行うことも有効です。

お腹のお肉がつまめるならば皮下脂肪も原因かも?!

内臓脂肪がぽっこりお腹の原因の可能性として考えられる一方で、お腹のお肉がたっぷりとつまめるという方は皮下脂肪が溜まっている可能性もあります。 皮下脂肪は内臓脂肪よりも落としにくく、一旦付いてしまうと食事や運動では簡単に落ちないという特性があります。皮下脂肪に対しては過度な食事制限を行うのではなく、有酸素運動と筋肉トレーニングの組み合わせが効果的です。小麦に含まれるグルテンは食欲を増したり皮下脂肪を増やしたりする作用があるので、グルテンフリーを意識するのもおすすめです。

頑固な皮下脂肪はクリニックでの施術で部分痩せ

食事改善と運動だけで簡単に落とすことができない頑固な皮下脂肪に悩んでいるならば、クリニックで「脂肪溶解注射」を受ける方法もあります。最近注目が集まっている「プロストロレーン インナーB」は脂肪を溶解して、新たな脂肪合成を抑制する脂肪溶解注射です。全身痩せではなく部分痩せを狙うことができる痩身治療で、理想のボディラインを目指してみては?

ぽっこりお腹を解消して憧れの体型を手に入れよう

ぽっこりお腹の原因となる内臓脂肪は将来の病気につながる可能性もある怖い脂肪です。お腹だけでまだそんなに太っていないからと甘く見ていると、内臓脂肪が危険なホルモンを出して太りやすくなってしまうことも。病気になってからでは手遅れです。まずは食事の内容を見直して、定期的な運動を行うことがスタートラインです。合わせてストレスケアや睡眠時間の確保も大切です。内臓脂肪は早めの対処が肝心。立派な肥満体型になってしまう前に対策をはじめましょう!
Pocket

美しくなる方法の関連記事

  • 秋こそ絶好のダイエット始動タイミング!気温が下がっても脂肪燃焼は加速させる、「オートバーニング・ダイエット」で、“燃えるカラダ”にシフト

    美しくなる方法
    2019/08/28

    秋口と言えど、まだ残暑もツライ今日この頃…今、あなたの「脂肪」はどんな状態でしょうか?イベント続きで体重が増えてしまった方も多いのではないでしょうか。実は秋以降は基礎代謝が高まる、ダイエットの好タイミング!ここに「脂肪燃焼の効率UP」をプラスすればいつもと同じように過ごしていても脂肪が燃えやすくなる?!クリニックでしかできない脂肪燃焼治療「オートバーニング・ダイエット」とは? ■実は多い「夏太り」…増えてしまった体重は、早めに戻しましょう! よく汗をかいて代謝が活発になるイメージの夏ですが、エアコンによる冷え、屋内/屋外との気温差による自律神経の乱れ、寝苦しさによる睡眠の質の低下、糖質の多い麺類や冷たいドリンクやアイス…などなど、実は代謝が落ちて自律神経も崩しやすい季節。既に「夏太り」を実感している方もいるのでは? それに対して、実は秋以降は基礎代謝が高まる季節。この時期からダイエットに取り組むのは◎!脂肪がどんどん増えてしまう前に、脂肪燃焼効率を高めて早く体重を戻しましょう。 ■食事、運動だけで痩せないなら…夏こそ「燃えやすい体質」づくりを ダイエット専門クリニックの先駆け的存在である“渋谷DSクリニック”の林院長は、ダイエットは食事・運動に加えて、痩せやすい「体質づくり」が大切だと提唱しています。 『この時期は夏の疲れが出てくる人も多くいらっしゃいます。不調がある時に無理なダイエットは禁物ですが、面倒だからと言ってファストフードなど手軽な食事ばかりですともちろん太ります。そしてよく「食欲の秋」と言われますが、実は秋以降は基礎代謝が高まり、運動もしやすく、ダイエットに良いシーズンと言えるんです』 では、この季節のダイエットはどうすれば上手くいくのでしょうか? 『バランスのとれた食事と適度な運動は大前提ですが、この季節こそ基礎代謝の高まりに相乗するような「脂肪燃焼されやすい体質づくり」をおすすめします。体質とは、自律神経や血流、内臓機能、ホルモンバランスなどのこと。これらが整うことで、ダイエット効率も底上げされます。言い換えれば、これらの機能が低下していると痩せにくい、とも言えます。当院でも、食事や運動を行っても痩せなかった、と来院される患者様が多いのですが、根底には体質に問題があることが多いのです』 ■自力では不可能?ダイエットに必要な体質改善要素とは? 体質改善と言っても自力では難しそうだし、時間がかかりそう…どんな方法がありますか? 『生活習慣の改善がベースになりますが、地道に習慣化するには時間がかかります。ダイエットの効率アップを考えて“痩せやすい体質”にシフトしたいならば、それと並行して脂肪燃焼に働きかけるL-カルニチンやα-リポ酸などの有効成分や、漢方薬などの力を借りるのも良いでしょう。L-カルニチンは体内でも造られていますが、その生成量は年齢とともに低下します。当院ではダイエットで通院されている方のほとんどに「脂肪燃焼点滴」を受けていただき脂肪燃焼効率を高め、「漢方薬」で根本的な体質の改善をはかっています。これにより、ダイエットの効率はグンと高まります。体質が整うことで、いわゆる秋になって疲れがやってくる“秋バテ”の予防にもなりますよ』 ■「脂肪燃焼点滴」とは?吸収率は100%! ダイエット専門クリニックに通院する患者や、タレントも受けているという「脂肪燃焼点滴」には、脂質をエネルギーに変えるために必要な「L-カルニチン」、糖質の代謝を高め、強い抗酸化作用(アンチエイジング作用)をもつ「α-リポ酸」が配合されています。年齢とともに基礎代謝(=何もしなくても消費するカロリー)は減少し、体内でのL-カルニチン生成量も減少します。「L-カルニチン」と「α-リポ酸」、代謝を補う両者はまさにダイエットを底上げする2大成分と言えるでしょう。 サプリメントなども市販されていますが、点滴での投与は血管から直接=100%吸収なので経口摂取とは効果が段違い。点滴投与中から体の温まりを感じる方もいるんだとか。また、運動との相性は抜群で、ジムに行った際によく汗をかくようになった、等の声も聞かれているそうです。 ■体質改善薬「ダイエットMIX」とは? 長年にわたってダイエット治療を行なって来た渋谷DSクリニックでは、「体質改善」を重要視。ダイエット専門の処方「ダイエットMIX」は、多くの患者様へのカウンセリング・処方の経験から生まれた、オーダーメイドの漢方薬。その方の体質に合わせて、カウンセリングの上調合します。複数の生薬の組み合わせは、その相乗効果も期待できるそう。ポイントは血流の改善・促進、代謝アップ、胃腸機能・ホルモンバランス・睡眠の質の改善など。体質改善からダイエット効率を高める効果が詰まっています!ダイエット効果だけでなく、体調も整うなら一石二鳥、それ以上ですよね。 ■アラサー&アラフォー(25〜44歳女性)の4人に3人は、リバウンドの経験あり。ダイエットに足りないものは何? 渋谷DSクリニックが行なった調査(※)によると、ダイエット経験のあるアラサー・アラフォー(25〜44歳)に「今までやったことのあるダイエット」(複数回答可)を尋ねたところ、最も多かった回答が60.1%で「摂取カロリー制限」、次いで「食べる順番ダイエット」33.2%、「糖質制限」32.1%、「筋トレ」32.1%と続きました。上位を見ると、食事・運動に関する取り組みが多くを占めています。 しかし一方で、リバウンド経験を尋ねると、4人に3人(75.6%)はリバウンドを経験しているという結果に。 渋谷DSクリニックの『オートバーニング・ダイエット』 ダイエット専門クリニックの渋谷DSクリニックでは、ダイエットに有効なL-カルニチン・α-リポ酸など代謝を高める成分を配合した「脂肪燃焼点滴」4回(週1回×4週)に「ダイエットMIX」の4週間分の処方、さらにドクターが脂肪のつき方を詳細に分析する「痩身ドック」がセットになった『オートバーニング・ダイエット』を期間限定で展開中です。その名の通り、痩せやすい・太りにくい=燃焼しやすい体質にシフトする、渋谷DSクリニックのダイエットノウハウが盛り込まれた1ヶ月プラン。燃える夏、脂肪も燃やしてしまいたい!そんな人はこの夏、『オートバーニング・ダイエット』で“燃えるカラダ”を体感してみては? オートバーニング・ダイエット ・脂肪燃焼点滴×4回(週に1回のペース) ・ダイエットMIX(4週間分) ・痩身ドック(肥満度測定・診察)  価格:47,000円(税別) オートバーニング・ダイエットの予約はこちら ※渋谷DSクリニックによるアンケート調査:概要 調査期間:2019年3月13日~3月16日 調査方法:インターネット調査 調査対象:全国・25~45歳のダイエット経験がある女性 回答件数:553名

  • 厄介な脂肪を確実に落とす!痩身治療「クールスカルプティング」

    美しくなる方法
    2019/04/10

    全身にむっちりとついたお肉を落とすために「脂肪吸引をしたい」と思う方は少なくないはず。けれども「美容整形はちょっと怖い…」と躊躇しているあなたに、脂肪吸引をしなくても脂肪を除去する方法があります。それが皮下脂肪を落とすとして話題のマシン『クールスカルプティング』。その実態をご紹介します。 ボディラインを整える上で厄介な存在、皮下脂肪 美しく健康的なボディラインへと整えるためには、ただ単に体重を落とすのではなく、体についた脂肪を落とすこともポイントの一つです。美容の観点からだけでなく、脂肪は肥満の原因にもなるため、健康を維持する上でもその存在を解消することは大切。 そんな美容のみならず健康被害の要因にもなる脂肪には種類があり、内臓周りにつく「内臓脂肪」と、太ももやお腹周り、腰周りなどの手でつかめる皮膚の下のお肉「皮下脂肪」とに分かれます。特に皮下脂肪は内臓脂肪に比べて、一度ついてしまうと食事や運動などを頑張ってもなかなか自力で落とすのは難しいという特徴があり、非常に厄介な存在です。 とは言え、ダイエットにおいてこの皮下脂肪をいかに落とすかが鍵です。「自力では落とせないのにどうすればいいの?」「脂肪吸引するしかないの?」と思ってしまうかもしれませんが、この皮下脂肪を美容整形手術なしで撃退できる医療痩身治療があるのです。 脂肪吸引並の脂肪撃退治療「クールスカルプティング」 なかなか落ちない脂肪を取るために、「美容整形で脂肪吸引をする」という方もいらっしゃいますが、脂肪吸引手術では脂肪細胞を取り除けるものの、かなり高額な費用がかかる上、体への負担も大きいため、「脂肪は取りたいけれど手術はちょっと…」と悩まれている方も多いはず。そこでおすすめなのが、体に負担が少なく、脂肪細胞自体を減らすことができる脂肪冷凍マシン「クールスカルプティング」です。 「脂肪を落として確実にサイズダウンしたいけれど脂肪吸引は怖い」という方に選ばれている医療痩身治療であり、脂肪が気になる部分を思い通りに細くできる切らない脂肪除去としても人気のマシンです。その上痛みがなく、ダウンタイムもなく、約1時間ベッドに寝ているだけで、お腹や背中、脚をはじめとし、あらゆる脂肪が気になる部位の部分痩せが叶います。 それこそ食事や運動ではなかなか実現しない部分痩せができるため、「脚だけなかなか痩せない」や「背中についたお肉が取れなくて」、「ポコッと出たお腹をどうにかしたい」などのお悩みの解消にも効果抜群です。実際にお腹を施術された方の症例がこちら。 下腹のポッコリ感が解消され、ウエストのくびれがキレイに出るボディラインになっています。 さらに施術を重ねることで引き締まったお腹周りへと変わりました。 クールスカルプティングがここまで脂肪を落とすことができるのは、皮下脂肪のみをシャーベット状に凍らせて破壊、排出し、脂肪細胞自体を減少させるからこそ。脂肪吸引手術と異なり、メスは一切使わず、さらに脂肪は皮膚や筋肉、血管などよりも高い温度で凍る性質を持っているため、他の組織を傷つけることなく、ダウンタイムが少ないのが特徴です。しかも施術の痛みもほとんどないため、リラックスして受けることができ、患者様の中には本を読みながら受ける方や眠ってしまう方もいらっしゃるほど。 クールスカルプティングの治療後、約2ヶ月間かけて破壊された脂肪細胞が体外へ排出されるため、自然と痩せていけるのもこの治療のメリットです。一回の治療でも痩身効果を実感することができますが、回数を重ねていくことでより高い効果が期待できます。 しかも、クールスカルプティングは脂肪細胞そのものを減少させる痩身治療なので、施術箇所がリバウンドしにくいというのも嬉しいポイント。激しいダイエットなしにただ横になっているだけでスリムアップできるので、「運動が苦手…」という方にもおすすめです。 自力で落とすのが難しい皮下脂肪にアプローチしてサイズダウンさせるクールスカルプティング。脂肪吸引よりも安全かつ、渋谷DSクリニックなら他院に比べ安心価格で受けることができます。ダイエット専門の医師の元行う医療痩身で、あなたの悩みも解消してみませんか。

  • 次世代脂肪溶解注射「プロストロレーンインナーB」が大人気!その理由とは!?

    美しくなる方法
    2018/07/30

    手軽にサイズダウンできるとして、人気の痩身治療“脂肪溶解注射”。脂肪吸引のように手術をしなくても注射のみで脂肪を落とすことができ、部分痩せも叶うことからその人気は増すばかり。そんな脂肪溶解注射に新しく登場した、高いサイズダウン効果が魅力の「プロストロレーン インナーB」についてご紹介します。 脂肪溶解注射が人気の理由とは 脂肪溶解注射は皮下脂肪に脂肪溶解効果のある薬剤を注入することで、気になる部分のサイズダウンをすることができます。 脂肪がついている部位であれば全身のあらゆる部位に注入することができ、二の腕やお腹、太ももなど、食事制限や運動によるダイエットではなかなか落とすことができない部位にも効果的です。さらに溶解された脂肪細胞は老廃物と一緒に体外に排出されるため、リバウンドの心配もありません。脂肪溶解注射を注入後、短期間で効果が現れるので、食事制限や運動などよりも早く効果が実感できるのも脂肪溶解注射の特長の一つです。一回の施術でも効果は実感できますが、繰り返し受けることでよりサイズダウンが叶います。また、脂肪を溶かして排出させるため、周囲に気づかれることなく自然に痩せることができます。さらに入浴制限や運動制限などもなく、日常生活への支障もありません。 今までにない脂肪溶解注射が日本上陸 新しく登場したボディ専用脂肪溶解注射「プロストロレーン インナーB」は、これまでの脂肪を溶解するだけの脂肪溶解注射とは異なり、脂肪を溶解しながら脂肪細胞が新たに生成されるのを抑制するという二つの作用を持っており、今までよりさらに高い効果が期待できます。また従来の脂肪溶解注射は、脂肪を分解する際に炎症が起きてしまうことが稀にありましたが、「プロストロレーン インナーB」はヒアルロン酸分解酵素の活性化を抑制するペプチドを配合しているため、脂肪分解時の炎症が少ない脂肪溶解注射です。 さらにドラッグデリバリーシステムによって、注入後約2週間にわたり徐々に有効成分が放出される「プロストロレーン インナーB」は、脂肪細胞内のリン酸化HSL量が増加することで脂肪分解が促進され、脂肪細胞のサイズも従来の脂肪溶解注射より小さくすることができるのです。これらの脂肪溶解作用、脂肪細胞の生成抑制作用、そして脂肪分解の促進作用が合わさったことによって、1回の施術でウエストが-3cmもサイズダウンされた方もいらっしゃいます。 これまで脂肪吸引しか選択肢がなかった大幅にサイズダウンをしたい方でも、脂肪溶解注射のみで体型の変化を実感することができます。痛みやダウンタイムがほとんどなく、痩身効果が高まった「プロストロレーン インナーB」ですが、都内ではダイエット専門の渋谷DSクリニックが初導入。そんな渋谷DSクリニックでは導入以来、高い人気を誇り、「プロストロレーン インナーB」を受ける方が続々と増えています。 手軽にサイズダウンができる「プロストロレーン インナーB」。ボディラインを整えたい方をはじめ、脂肪吸引をしようか迷っている方、体型を変えたいけれど運動が苦手な方、大幅にサイズダウンしたい方などにおすすめの今までにない脂肪溶解注射です。体への負担やダウンタイムがほとんどない「プロストロレーン インナーB」を受けて、夏前に体型を変えてみませんか。

あなたにおすすめの記事

  • 男のダイエットは成功しやすいという事実!メタボ世代の新常識とは?

    内側から美しくする方法
    2019/06/17

    40代になってから急にお腹まわりが気になるようになってきた、昔と同じように食べていると太るようになってきた…というアラフォー男性はいませんか? 年齢とともに代謝が低下して太りやすくなっていくのは自然の流れですが、そのまま放置しているとメタボ体型真っしぐらどころか生活習慣病になるリスクさえ高くなります。 でも、そんな悩める男性に嬉しい事実があります。実は男性の脂肪は落としやすく、少し努力するだけですんなりと痩せられることも多いのです。そこで今回は男性に効果的なダイエットの方法について紹介します。すでにダイエットに挑戦していて結果が出ずに悩んでいるという方もぜひ読んでみてください。なにか解決の糸口が掴めるかもしれませんよ・・?! アラフォー男のちょい太りは食べ過ぎと代謝の低下が原因 昔はスッキリとお腹も凹んでいたのに、いつの間にかお腹の肉を掴めるほどに…そんな体型の変化に悩むのはあなただけではありません。 若い頃と比べて食べていないのにも関わらず太ってしまうのは、主に男性ホルモンの減少が原因です。男性ホルモンのテストステロンが減少すると男性に多い内臓脂肪型の肥満になりやすいというデータもあります。筋肉増強にもテストステロンの分泌が関わっています。 40代の男性ホルモンは加齢だけではなく、働き盛り世代であるためにストレスや生活の乱れも加わって減少しがちな傾向があります。また、デスクワークが多い人は慢性的な運動不足も重なり、しかも残業後の遅い時間に夕食を腹一杯…なんて生活を続けていたらメタボまっしぐら。 特に40代では食事への意識を変えられない男性が多いことも問題です。まだ20代、30代の頃と同じように自分は食べられる!と思い込んで、代謝の低下に見合わず食べ過ぎている可能性も大いにあります。あなたも心当たりがあるのではないでしょうか? あなたのダイエットは間違っている?! 「食べすぎたら食事を抜けばすぐ元に戻る」そんな常識が通用するのは20代までです。食べないというダイエットを続けていたら、むしろ太りやすくなってしまいます。他にも、あなたはこんな間違ったダイエットをしていませんか? ・太ったら極端に食べない、食事を抜く ・炭水化物抜き、過度な糖質制限によるダイエット ・激しい運動、トレーニングで無かったことにする ・脂肪カットのサプリを飲んで安心している 特に男性は女性よりも無理がききやすいので食べないのは案外平気という方が多いのですが、実はこれが間違ったダイエットにつながる要因。食べないことにより体は飢餓モードにスイッチが入り、むしろ次に食べた時の栄養吸収が高まってしまいます。タンパク質摂取量が減ると筋肉量も減るので、太った時に体脂肪率が高くなってしまう可能性も。また、男女問わず話題の「糖質制限」ですが、過度な糖質制限によりダイエットを失敗する人が後を絶えません。何かをストイックに頑張りたい気持ちはわかりますが、糖質を制限しすぎるとリバウンドしやすくなるので緩やかな糖質制限に留めることが大切です。 食べたことを無かったことにするようなサプリメントを過度に信用することも危険です。飲んでいるという安心感から、逆に食べ過ぎてしまう人が多いのです。流行りのキャッチーな方法に流されるのではなく、成功確率の高いダイエット法を選んでこそ本物の「デキる男」と言えるのではないでしょうか? 細く長く続けることがダイエット成功のカギを握る もし、一時的に体重が減ったとしても、再び体型が戻ってしまっているのならばダイエットは成功したとは言えません。長期的に無理なく食事を摂りながら体型を維持できて初めてダイエット成功と言えるのです。 食事を一時的に減らしたり、抜いたり、三日坊主の運動では痩せません。長く続けられる習慣として身につけてこそ、ダイエット成功と言えます。そのためにはストレスを溜めないこと、生活に溶け込んだ形で無理なく続けられるダイエットを行うことが必要です。 男性は意外と痩せやすい!?デキる男のダイエット法 では、一体どうしたらダイエットを成功させられるのだろうかと悩む男性に朗報とも言えるのが、実は男性の場合は女性と比べるとダイエットに成功しやすいということです。なぜ痩せやすいのか、その理由を解説していきます。 男性ホルモンの仕組みを使って脂肪燃焼! 男性が痩せやすい理由、それはホルモンにあります。女性ホルモンはお腹まわりの皮下脂肪をつけやすく、周期的な変化でホルモンバランスが乱れると血糖値が不安定になるため食欲にムラができやすい傾向があります。一方、男性の場合は周期的なホルモン変動は少なく、概ね食欲も安定しています。また男性ホルモンは内臓脂肪をつけやすい傾向がありますが、内臓脂肪は運動や食事改善により案外落としやすい脂肪です。内臓脂肪は皮下脂肪と比べると血中に溶け出しやすく、燃焼させやすい性質があるためです。つまり、お腹周りに付いてしまった脂肪を落としてお腹を凹ませることは難しいことではないのです。決して諦める必要はなく、正しい理論に則ってダイエットすれば若い頃の体型に戻ることも夢ではありません! 男は筋トレで効率よく脂肪燃焼すべし 女性の場合はウォーキングや水泳などの有酸素運動により脂肪を燃焼する方法が適していますが、筋肉量が多い男性の場合には筋トレが有効です。筋トレを行なって筋肉量を増やすことが、結果的に脂肪燃焼を高めていきます。短期集中の筋トレではなく、長期的に細く長く続ける筋トレがおすすめです。筋肉を少しずつつけていくことで勝手に脂肪を燃焼してくれる体を手に入れることが目標です。男性の場合は少しの運動でも女性に比べて筋力アップしやすいので、ぜひ積極的に筋トレに励みましょう。ただし、三日坊主になるような無理のある運動はNGです。 食べるダイエットで長期戦で確実に痩せよう デキる男性ならダイエットも基本に忠実に、確実な方法で結果を出したいものです。まず、食べないダイエットはすぐに止めて、食べるダイエットを始めましょう。 大事なのは食べる量ではなく何を食べるかです。食べ物の質を変えるだけで、同じように食べていても痩せやすくなります。野菜をたっぷりと摂りつつも、筋肉の材料であるタンパク質の摂取と適量の糖質の摂取も心がけることが必要です。 ダイエットは一時的なチャレンジではありません。長期的な習慣として取り組むことが大事です。食事を一人で改善する自信がないという方は、まずはご自身の身体を知り、自分に合った食事法からはじめることがダイエットの近道になりますよ。

  • ズボラさんでも美尻を目指せる方法って?

    美しくなる方法
    2019/10/18

    「最近なんだかお尻が垂れてきた」「昔とはお尻の形が変わってきた」「お尻が四角くなってきた」など、ヒップのラインの変化が気になっている方はいませんか? お尻周りは皮下脂肪が多いので筋力を保っていかないと、重力に従って脂肪が下に垂れ下がってしまいます。お尻と太ももの境目あたりが曖昧になって脂肪が溜まったように見えてしまうことも。 30代になるとお尻の下の部分がたわんできて、40代になるとさらにお尻全体が垂れ下がって四角いお尻になる人が増えてきます。原因としては加齢によって筋肉が落ち、筋膜が薄くなることが関係します。筋膜の結合組織が変化して組織同士の結合が弱くなり、脂肪全体の位置を保てなくなった結果、ヒップの形が崩れてしまうのです。ヒップが四角くなり、ヒップラインが縦長になると寸胴体型で、メリハリの無い体型になってしまいます。では、このようなヒップラインの崩れを防ぐためにはどうしたら良いのでしょう? お尻が垂れてラインが崩れる3つの原因 お尻が垂れてくるのは年齢のせいだけ、と思っていると実は大間違い。その原因は日常に潜んでいます。特に長時間座り続けることが多い生活はお肉がなだれ落ちた「垂れ尻」を作ってしまいます。原因を見つけて対処するためにも、垂れ尻になる主な原因をチェックしてみましょう。 椅子にペタっとお尻全体を乗せて座っている 椅子に座るとき、お尻全体をぴったりとつけて座っていませんか?お尻全体を全て椅子に預けてしまうような座り方は骨盤の歪みを引き起こします。ヒップの形を崩す原因にもなるため、椅子の座り方が悪い方や長時間座ることが多い場合は要注意。 対処法としては薄めのクッションを椅子に敷いて、その上にヒップの1/3が乗るように座ってみてください。坐骨で座るようなイメージで、背筋を伸ばしておくこともポイントです。座り方を変えるだけでヒップがつぶれにくくなります。 下着・ショーツのサイズが小さすぎる 下着のサイズもヒップの形を崩す原因の一つです。ラインをキュッと上げたいからといって、小さくてキツめのショーツを履いている場合は逆効果です。ショーツのラインがヒップを余計に圧迫して、無理に履いているので脂肪がはみ出してしまいます。その結果、ヒップの脂肪が外に流れ、形が崩れてしまうのです。ショーツは自分のお尻まわりのサイズを測って、体型に合った大きさのものを選ぶようにしましょう。また、ヒップアップ効果のあるような補正下着を日中に着用するのもおすすめです。 慢性的な運動不足 お尻は脂肪の量が多いパーツで筋肉が少ない部分です。その筋力が低下すると脂肪を支えきれなくなって、お尻が垂れ下がってしまいます。お尻の筋肉は日頃歩いたり、運動することで鍛えられますが、家にいる時間が多い人やデスクワーク中心で運動不足の人は筋力が落ちている可能性大。 また、運動不足により筋肉が無くなっているわけではなく、上手に使えていないだけということも。脂肪が垂れやすくなってしまったお尻は、筋肉をほぐして刺激を与えることで活性化しましょう。ヒップアップエクササイズは立ったまま行うこともできるので、毎日の生活に少しずつ取り入れてみては? ラクにヒップラインをプリっと上げる方法って? 渋谷DSクリニックでは、従来の痩身機器で効果を得られなかった方に医療痩身機器「エムスカルプト」を導入しました。 「エムスカルプト」は世界で唯一の筋肉増量しながら脂肪を減らすことができる最新の医療痩身機器です。従来の痩身機器は脂肪を減らすことに着目したものしかありませんでした。しかし、人体組成を見てみると、筋肉は35%と皮下脂肪より大きな部分を占めています。つまり脂肪を減らすだけではなく、筋肉を増やす必要があると考えたのです。エムスカルプトではそこに注目し、世界で唯一の筋肉増量しながら脂肪を減らす痩身機器として誕生しました。 寝ているだけで簡単ヒップアップ? エムスカルプトは、脂肪を燃焼させて、筋肉を増強させることでヒップアップにも効果のある治療法です。1回でも治療効果を得られますが、持続的なヒップアップ効果を期待するならば1週間ごとに計4回の治療を繰り返すことでより効果が得られやすくなります。治療で用いるHIFEM(高密度焦点式電磁)とは、MRI(磁気共鳴画像法)と同じように1.8テスラほどの強力な電磁を利用した技術です。運動ニューロンにのみ働きかけ筋肉の深層にまで刺激を与えます。30分寝ているだけで2万回の筋肉トレーニングと同様の効果が認められており、普段の運動では到底できないほどの運動量だからこそ、効率良いヒップアップが可能になります。 一般的なトレーニングやEMSでは到達できない筋肉の深層部に、HIFEMが筋肉組織における強力な筋収縮を起こし、「超極大筋収縮」を発生させます。超極大筋収縮に達すると、筋組織は極限状態に対して強制的に適応して、筋肉が急激に成長します。さらに、超極大筋収縮が脂肪細胞の代謝を促進するため、脂肪が分解され始めます。過剰な代謝反応が起きることで、脂肪細胞死(脂肪アポトーシス)が始まります。その結果、筋肉は増加し、脂肪は破壊され減少するというメカニズムです。以上のメカニズムにより、運動することなく寝ているだけでヒップアップすることが可能となり、筋力アップと脂肪減少を一度に叶えてくれます。今まで何をやっても効果がなかった方にぜひ一度お試しいただきたい最新の医療痩身治療です。 ヒップアップすると体に起きるうれしい3つの変化 「ヒップアップすると他にどんなメリットがあるのか」という疑問を抱いている方もいると思います。実はヒップアップは見た目の美しさだけでなく、健康面にも良い変化をもたらしてくれます。ここでは代表的なメリットをいくつかご紹介しましょう。 ボディラインが整って痩せて見える 一番うれしい変化といえばボディラインが美しくなることでしょう。ヒップラインが垂れ下がると足が短く見えたり、オバさん体型に見られがちですが、ヒップが上がると足が長く見えて若々しいボディラインに変わります。さらに、ヒップがキュッとしていると体重は変わらなくても痩せて見えるものです。今まで体型隠しばかり気にしていた方もファッションの幅が広がって、自信を持てるようになります。堂々とスキニーデニムやヒップラインが出やすい形のワンピースなども着られるようになりますよ! 腰痛の改善にもつながる お尻の筋肉を鍛えることで結果的に腰痛まで改善したという方も多いです。腰とお尻の筋肉は繋がっているので、お尻の周りの筋肉が弱ると腰を支えられなくなって腰痛になってしまうもの。でも、お尻の筋肉を刺激して活性化させ、筋力アップすることで腰をしっかり支えられるようになります。慢性的な腰痛に悩んでいるという方にとっては一石二鳥ですね。 猫背が改善される 猫背とヒップアップにどんな関係が?と疑問に思われるかもしれませんが、背骨の土台となっているのは骨盤です。骨盤が傾いたり不安定になったりすると、背骨も歪んで猫背になってしまいます。特に、いつも猫背で歩いている方、パソコンに向かっているときに猫背になってしまうという方は実はヒップの筋肉が弱っていて、背骨の土台が不安定になっていることが原因かもしれません。ヒップアップにより骨盤周りの筋肉が鍛えられれば、同時に背骨も安定して猫背が改善される可能性もあります。 まとめ ヒップラインの崩れは運動不足や長時間座っていることによる筋力の衰えが原因です。放置していると、どんどんと垂れ尻や四角いお尻になってしまうので早めの対処が大切。渋谷DSクリニックでは、筋肉量を増やしながら、脂肪を減らすことができるエムスカルプトによるヒップアップをご提案しています。筋トレや食事制限などを行わずして、ラクにヒップアップしたいという方や、とにかく早く結果を出したいという方はぜひ検討されてみてはいかがでしょうか。

  • 銀座OLは賢くダイエット!イマドキ女子のダイエット新常識とは?!

    美しくなる方法
    2019/06/27

    流行の最先端を行く銀座のOLたちはダイエット情報にも敏感です。いまや「食べないダイエット」「単品ダイエット」のような古い方法でダイエットしている方は少なく、多くの銀座OLたちは新しいダイエット方法を取り入れているみたいですよ。では一体、OLたちのダイエット事情はどうなっているのでしょう?そこで今回は最近の女性たちのダイエット事情についてのアンケート調査と、ダイエットの新常識について紹介していきます。最新のダイエット事情をここで確認してみましょう。 食べないダイエットはもう古い?!OL達のダイエット法は? 世の中には多くのダイエット法が溢れかえっていますが、一般的にはどんなダイエットが行われているのでしょうか?独自のアンケート調査では次のような結果が得られました。 アンケート調査結果(調査対象者数:743名) Q. 今まで経験したことのあるダイエット方法は? 1位 カロリー制限 174人 2位 糖質制限 152人 3位 有酸素運動をする 150人  4位 食べる順番ダイエット 147人 5位 長風呂 120人 アンケート調査ではカロリー制限によるダイエットに挑戦している方が多いようですが、ほぼ同じ割合で糖質制限によるダイエットを経験したことがある方もいることが分かります。 かつては「りんごダイエット」のような単品ダイエットや、ジュース断食のような極端なダイエット法が流行ったこともありましたが、現在のOLたちは食事内容を気をつける無理のないダイエットに変わってきているようです。 例えば、具体的には次のような工夫をしているという声が多く聞かれます。 ・夕食を早い時間に食べ終わるようにしている ・昼食はお弁当を持参して外食は控えている ・食べ過ぎたら翌日はセーブしている ・野菜から先に食べて主食は最後に食べる ・夕食だけ炭水化物は控えめにしている ・ちょっと太ったら週末だけプチ断食する などのように無理なダイエットではなく、少しずつ食べる内容や量を調整して太らないようにコントロールしている女性が多い印象です。 単に痩せてるよりも目指す体型は「メリハリのついたボディ」 では、世の女性たちはどれくらい痩せたいと思っているのでしょうか?アンケート結果では次のようなデータが得られています。 Q. 現在の体型に満足されていますか? 1位 5キロ以上痩せたい 364人 2位 1~4キロ痩せたい 297人 3位 現状で満足 82人 驚くべきことに半数程度の女性が5キロ以上痩せたいと思っていることが分かりました。しかし、単に体重だけ減れば良いということではなく、アンケートによれば目指している体型は単に痩せているだけの体型ではないようです。 Q.どういう体型になりたいですか? 1位 体脂肪を減らしたい 297人 2位 体重を減らしたい 287人 3位 メリハリのある体型 112人 4位 全体的に細くしたい 47人 昔はスーパーモデルのようにとにかく痩せていてスレンダーな身体に憧れている女性が多かったのが、今は痩せているだけではなく「体脂肪が少なく引き締まった体」「メリハリのついた体」を目指す女性が増えています。 最近では有名タレントさんや女優さんたちが筋トレに励んでいる姿をSNSなどでも良く見かけるように、有酸素運動に筋トレを組み合わせたトレーニングが人気です。体重だけで痩せた太ったを判断するのではなく、体脂肪率や筋肉量をコントロールするダイエットが今のOLの定番になってきているようですね。 定番ダイエット「糖質制限」の隠れた問題って?? アンケート調査でも糖質制限によるダイエット経験者が2位にランクインしていたように、いまや糖質制限は非常にメジャーなダイエット法になっています。しかし、結果的に成功している人ばかりではないという落とし穴があるのです。 OL達にアンケートしてみると「夕食の主食は食べない」「太ったら糖質を抜く」という声がある一方で、「お米を我慢したらストレスでどか食いしてしまった」「ご飯を減らしたらその分間食が増えてしまい結局太った」などの失敗談も多く聞かれました。いまや定番になりつつある「糖質オフ」「糖質制限」を取り入れたダイエットですが、実は必ずしも良い方法とは限らないのです。特に糖質を完全にカットしてしまうダイエットは失敗しやすく、女性にとっては生理不順や生理が止まるなどのリスクもあります。 糖質の減らしすぎは太る!? 「糖質」は「脂質」「タンパク質」と並ぶ三大栄養素であり、人間の体にとっては欠かせない存在。糖質=太る、というイメージが強いかもしれませんが、適度に糖質を摂らないと脂質は燃焼しにくくなってしまうのです。糖質が存在することで脂質は燃焼モードに入りやすくなります。さらに、糖質が少ない状態ではタンパク質がエネルギー源として使われてしまい、タンパク質でできている筋肉が減ってしまいます。つまり目指しているメリハリボディとは遠い、不健康に痩せた体になってしまうわけです。 糖質制限ダイエットでは糖質を減らす代わりにタンパク質を多く摂取することを推奨していますが、過度なタンパク質摂取は肝臓や腎臓に負担をかけることにもなってしまいます。ダイエットにおいても、健康面においても適度に糖質を摂る方がベターです。 ダイエットの基本はバランスよく食べること では、どのようなダイエットが正解なの?と疑問に思うことでしょう。 結論から言えば、何かを我慢するダイエットではなく、バランスよく食べることがダイエット成功への近道です。急激なダイエットはリバウンドしやすいので、毎月500gから1kg程度ずつゆっくりと痩せることを目指しましょう。そのためには、毎日の摂取カロリーを100kcal程度ずつ減らていき、週に2-3回、1回30分程度の運動を取り入れるなど、少しずつの努力を積み重ねることが大事です。 過度に摂取エネルギーを減らしたり、脂質を減らすのも、あらゆる面で体に負担をかけてしまいます。少しずつ時間をかけてダイエットを行うことが成功する秘訣です。 たっぷり付いてしまった脂肪はクリニックで賢く落とす! 自己努力だけで結果が得られれば一番良いのですが、必ずしも簡単に脂肪を減らせるとは限りません。たっぷり付いてしまった脂肪は残念ながら居座り続けて、なかなか落ちないということも。 食事だけでは減らせない脂肪には 食事にも気をつけて運動もしているけれど脂肪を集中的に撃退したいというダイエッターに注目を浴びているのが、「プロストロレーン インナーB」という脂肪溶解注射です。全体的には太っていないけれども、お腹だけにたっぷり脂肪が付いてしまい悩んでいる方や、たるんだヒップを何とかしたいという方におすすめです。 自己流のダイエットで集中的に落とすことが難しい皮下脂肪を脂肪溶解注射で効率よくサイズダウンすることができます。メスは使わない注射だけの治療だから痛みも少なく、ダウンタイムも少ないので施術当日から普段通りの生活を遅れることも人気の理由です。早く結果を出したいならば、クリニックを上手に活用してみるのも賢いダイエット法と言えます。 最新ダイエットで健康的に憧れのボディを手に入れよう! ダイエットの常識は日々更新されていきますが、新しいダイエットに飛びつくのではなく基本であるバランスの良い食事と適度な運動を心がけて長期的に取り組むことが大事です。簡単には減らせない厄介な脂肪を落としたいならばクリニックで相談してみるのも良いでしょう。最新のダイエットを上手に取り入れて、健康的なメリハリボディを目指しませんか?