渋谷でダイエット外来をお探しなら渋谷DSクリニック渋谷の全身・部分痩せ医療ダイエット・肥満外来なら渋谷DSクリニック

MENU

銀座院 0120-877-850

渋谷院 0120-951-135

WEB予約

資料請求

メール相談

最高のパフォーマンスを求めるならばダイエット外来へ!

2019/03/13
  • 後でこの記事を読むなら、
    はてなブックマークが便利です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ビジネスの最前線で活躍している方や、公私を問わず忙しく過ごしている方にとって、健康なカラダを維持し、高いパフォーマンスを維持することは最優先課題といえます。 疲れが残りやすくなったり、動きが鈍くなっているという場合に、案外関係が大きいのがカラダの状態です。心とカラダは深く繋がっていて、カラダの重たさは脳の活動にも多少なりとも影響します。 「もっとアグレッシブに活動したい」「最高のパフォーマンスを発揮したい」「若い頃のような体型に戻りたい」など、ご自身のカラダについて考えるきっかけは人それぞれでしょう。 でも、実際にダイエットに取り組もうとしても、「忙しい」「付き合いが多い」などの理由で挫折してしまう男性は非常に多いのです。そんな悩める忙しい男性に、ダイエットの方法を適格にアドバイスして、さまざまな目的と悩みにフィットするのが渋谷DSクリニックの「ダイエット外来」です。

40代以降の男性はダイエットしづらい?

「昔は少し運動すれば体型が元に戻ったのに…」「食べてないのに太りやすくなった」などの悩みは40代以降になると増えてきます。それは中年以降になると代謝が低下して、太りやすくなってしまうためです。 正しい食事療法で食べる量を減らすダイエットは、30歳くらいまでならば効果が出やすいでしょう。また、やみくもな筋トレや有酸素運動で痩せられるのは30代までです。 残念なことに、40代以降では若い頃のような単純なダイエット方法では通用しなくなってきます。 若い頃であれば食べないだけで短期に痩せることもできますが、40代以降では生活習慣の根本的な見直しが必要です。ただ、食事量を減らすだけ、気が向いたときだけ運動…という方法では正直やせられません。 40代以降では生活習慣病のリスクも高くなってくるため、乱れた食生活や極端な食事制限は健康面を考えるとリスクが高くなります。リバウンドを何度も繰り返す…という状態がつづくと、カラダはますます太りやすくなってしまうので要注意です。

男性よりも女性の方がダイエット成功率が高いって本当?

40代以降の男性でも「食べないだけでは痩せないのか」と肩を落とす必要はありません。なぜなら、男性の方が女性と比べてダイエットに成功しやすい性質があるからです。 その理由は2つ。まずは、男性はストレスが加わったとき食欲が低下する人が多い傾向があるためです。 女性はホルモンの影響でストレスがかかると過食に走ってしまう傾向があります。でも、男性の場合は、ストレスがある状態でも割と食事のバランスを崩さずいられる人が多いのです。むしろ食欲が落ちる男性も多いようです。 また2つ目に女性ホルモンの影響を受けないので、食欲のコントロールがしやすいことも理由です。女性はどうしても女性ホルモンのバランスの乱れにより食欲にムラができやすい性質があります。男性はホルモンバランスの影響が少なく食欲が安定している傾向があります。 以上の理由から、男性は割と簡単に食事制限ができてしまう人が多く、「1日1食しか食べない」「夜は食べない」「断食にトライする」などの方法でダイエットに取り組む男性もいます。しかし、自己流の極端な食事制限は当院ではおすすめしていません。

あなたはダイエットが必要?簡単チェック!

自分のことを客観的に見ることができないと、なかなかダイエットしようと奮起することは難しいかもしれません。次のチェックリストに当てはまる項目がある人は、ダイエットを検討した方が良いでしょう。 健康診断で肥満判定を受けた 面白い周囲に「最近太ったじゃない?」と言われる 面白いベルトの上にお腹の肉が乗る 面白い痩せたい気持ちはあるが行動していない 面白い昔と比べて食べてないのに太ってきた 面白いカラダが重たくて階段がしんどい 40代以降の男性の場合には、生活の中で一日一日、積み重ねるようなダイエットを継続していくしか方法はありません。自己流の食べないダイエットではなく、根本的な生活習慣の改善が必要です。

DSクリニックは食べてよいダイエット

私たち渋谷DSクリニックが提案しているのは「食べてよいダイエット」です。ダイエット外来では皆さんに栄養指導を行なっています。普段の食生活を振り返ってもらい、問題点を一緒に洗い出していきます。そして、仕事のリズムや生活に見合った食事内容を細かく指導していきます。 渋谷DSクリニックのダイエットは食べないダイエットではないので、食事ができないストレスが少ないことがメリットです。ダイエットだけではなく、脂質や糖質のコントロールも可能になり生活習慣病の予防にもつながります。 ダイエット外来というと女性向きのイメージがあるかもしれませんが、実は男性も多く通われています。自分だけでは難しい生活習慣の改善を私たちが全力でサポートします!

まずは痩身治療体験で実感!

クリニックに行くのは敷居が高いと感じるかもしれませんが、まずは気軽に相談のつもりでトライアルにご来院ください。体型測定を受けて自分の状態を把握できるとダイエットへの意欲もわいてくるはずです。 「自分らしい最高のパフォーマンスを発揮したい!」「あの頃の体型に戻りたい」といった希望を渋谷DSクリニックで叶えてみませんか?まずは自分の状態を把握することがスタートラインです。一人で思い悩まずに私たち渋谷DSクリニックダイエット外来に気軽に相談してください。
Pocket

美しくなる方法の関連記事

  • 3ヶ月で大幅サイズダウン!「ステップアップボディメイクプログラム」

    美しくなる方法
    2018/02/05

    新しい年が明けて「今年こそダイエット」と思いつつ、なかなか痩せられないと嘆いていませんか。早1ヶ月が過ぎ、年末年始の暴飲暴食もお肉となり始めた今日この頃。ついてしまった脂肪を落とすのに一苦労しているのなら、春までの3ヶ月間で健康的に本気痩せを叶えられる痩身治療に頼るのがおすすめです。 自己流ダイエットでは健康的に脂肪を落とすのは難しい 食事制限や運動、サプリメントなどによる自己流のダイエット方法を誰しも一度は経験したことがあるはず。しかし「なかなかボディラインが変わらない」「一度は痩せたけれど、すぐリバウンドしてしまった」など結果を伴わないどころか、無理な食事制限をするなどして体調を崩してしまうケースも。 健康的に痩せる上で栄養バランスの摂れた食事と適度な運動は必要不可欠ですが、自己流ダイエットでは食事制限や過度な運動に走りやすく、健康面への負担が大きくなるリスクがあります。食事制限中心のダイエットでは活動力を司る交感神経活動が弱まりやすく、脂肪が燃えにくい体質になってしまうことも。 激しい運動をしたからと言って痩せたい部分が痩せられるわけではなく、過度な運動がボディラインを崩す一因にもなるのです。さらに外食や中食が多い食生活をしていると、栄養バランスを保ちながらのダイエットは難しいのが現実。しかも「春までにボディラインを変えたい」となると、たった3ヶ月という期間で健康を維持しながら食事管理と運動習慣だけで痩せるのは現実的だとは言えません。 短期間でボディラインを変えるなら医療痩身マシンがおすすめ 春までの3ヶ月で本格的にボディラインを変えるには、食事制限や運動習慣だけでは不十分。そこでダイエットに取り入れたいのが、医療痩身マシンです。脂肪を落とす効果に優れた医療痩身マシンなら、自己流ダイエットではなかなか落とせない奥深くにある脂肪にも直接アプローチできるため、本格的にボディラインを変えることができます。 とは言え、医療痩身マシンなら何でも良いというものではなく、その人の脂肪の付き方や体質に合った最適な医療痩身マシンを選ぶことが大前提。適切なマシンで効率的に脂肪を燃焼すれば、3ヶ月間でも大幅サイズダウンが可能です。ですが、「痩身マシンの選び方は?」「そんなマシンが体質に合っているのか分からない」そんな方も多いはず。そこでおすすめなのが渋谷DSクリニックの「ステップアップボディメイクプログラム」です。 本気で痩せたいあなたに「3ヶ月集中本気痩せ」 渋谷DSクリニックが最強プログラムとして掲げている「ステップアップボディメイクプログラム」。その人の体型や体質に合わせて痩身マシンを組み合わせることで、脂肪を効率的に落としながら痩せやすい体質にし、体型・体質までまるごと変えるというダイエットプログラムです。 一人ひとりの身体の状態や脂肪のつき方を分析して、詳細に体型や体質を把握できるのはダイエット専門院だからこそ。通常の体脂肪率を計るマシンでは計測できない皮下脂肪量と内臓脂肪量を明らかにし、脂肪の付き方を明確に把握することで、最適な痩身マシンを見極め、効率的に脂肪を落とすことができます。体の変化に合わせてマシンを変える完全オーダーメイドのプログラムなので、3ヶ月間でもここまでボディラインを変えることができます。 これほどにまで効果を引き出しながら痩せやすい体質も手に入れることができる理由は、3ステップシステムによる脂肪へのアプローチ法にあります。蓄積された皮下脂肪は硬くなっており、そのままでは落とすことが難しいのですが、渋谷DSクリニックでは施術開始1ヶ月目、2ヶ月目、3ヶ月目とアプローチ法を変えて、段階を経て脂肪を落としていきます。 まず1ヶ月目は身体を変えていく期間として「脂肪をほぐす」ことを行います。冷えて硬くなった脂肪をやわらかくし、脂肪が燃えやすい状態になったところで、2ヶ月目に脂肪の厚みやボディラインを変えていきます。このステップではさらに深部にある脂肪をほぐすため、自己流ダイエットではケアすることが難しい深いところにある脂肪の分解と燃焼を促すことができるのです。 そして3ヶ月目は脂肪をさらに燃焼させながら同時にインナーマッスルを鍛え、身体を引き締めていきます。このように3ヶ月かけて徹底的に脂肪を分解・燃焼させるため、ボディラインが劇的に変わる上、リバウンドしにくい痩せ体質も手に入るのです。 自己流ダイエットでは健康を維持するのが難しい上、脂肪を落とすのが厄介です。「春までに体型を変えたい」「痩せ体質に生まれ変わりたい」と思うのなら、渋谷DSクリニックの「ステップアップボディメイクプログラム」で理想のボディラインを手に入れてみませんか。

  • 銀座OLは賢くダイエット!イマドキ女子のダイエット新常識とは?!

    美しくなる方法
    2019/06/27

    流行の最先端を行く銀座のOLたちはダイエット情報にも敏感です。いまや「食べないダイエット」「単品ダイエット」のような古い方法でダイエットしている方は少なく、多くの銀座OLたちは新しいダイエット方法を取り入れているみたいですよ。では一体、OLたちのダイエット事情はどうなっているのでしょう?そこで今回は最近の女性たちのダイエット事情についてのアンケート調査と、ダイエットの新常識について紹介していきます。最新のダイエット事情をここで確認してみましょう。 食べないダイエットはもう古い?!OL達のダイエット法は? 世の中には多くのダイエット法が溢れかえっていますが、一般的にはどんなダイエットが行われているのでしょうか?独自のアンケート調査では次のような結果が得られました。 アンケート調査結果(調査対象者数:743名) Q. 今まで経験したことのあるダイエット方法は? 1位 カロリー制限 174人 2位 糖質制限 152人 3位 有酸素運動をする 150人  4位 食べる順番ダイエット 147人 5位 長風呂 120人 アンケート調査ではカロリー制限によるダイエットに挑戦している方が多いようですが、ほぼ同じ割合で糖質制限によるダイエットを経験したことがある方もいることが分かります。 かつては「りんごダイエット」のような単品ダイエットや、ジュース断食のような極端なダイエット法が流行ったこともありましたが、現在のOLたちは食事内容を気をつける無理のないダイエットに変わってきているようです。 例えば、具体的には次のような工夫をしているという声が多く聞かれます。 ・夕食を早い時間に食べ終わるようにしている ・昼食はお弁当を持参して外食は控えている ・食べ過ぎたら翌日はセーブしている ・野菜から先に食べて主食は最後に食べる ・夕食だけ炭水化物は控えめにしている ・ちょっと太ったら週末だけプチ断食する などのように無理なダイエットではなく、少しずつ食べる内容や量を調整して太らないようにコントロールしている女性が多い印象です。 単に痩せてるよりも目指す体型は「メリハリのついたボディ」 では、世の女性たちはどれくらい痩せたいと思っているのでしょうか?アンケート結果では次のようなデータが得られています。 Q. 現在の体型に満足されていますか? 1位 5キロ以上痩せたい 364人 2位 1~4キロ痩せたい 297人 3位 現状で満足 82人 驚くべきことに半数程度の女性が5キロ以上痩せたいと思っていることが分かりました。しかし、単に体重だけ減れば良いということではなく、アンケートによれば目指している体型は単に痩せているだけの体型ではないようです。 Q.どういう体型になりたいですか? 1位 体脂肪を減らしたい 297人 2位 体重を減らしたい 287人 3位 メリハリのある体型 112人 4位 全体的に細くしたい 47人 昔はスーパーモデルのようにとにかく痩せていてスレンダーな身体に憧れている女性が多かったのが、今は痩せているだけではなく「体脂肪が少なく引き締まった体」「メリハリのついた体」を目指す女性が増えています。 最近では有名タレントさんや女優さんたちが筋トレに励んでいる姿をSNSなどでも良く見かけるように、有酸素運動に筋トレを組み合わせたトレーニングが人気です。体重だけで痩せた太ったを判断するのではなく、体脂肪率や筋肉量をコントロールするダイエットが今のOLの定番になってきているようですね。 定番ダイエット「糖質制限」の隠れた問題って?? アンケート調査でも糖質制限によるダイエット経験者が2位にランクインしていたように、いまや糖質制限は非常にメジャーなダイエット法になっています。しかし、結果的に成功している人ばかりではないという落とし穴があるのです。 OL達にアンケートしてみると「夕食の主食は食べない」「太ったら糖質を抜く」という声がある一方で、「お米を我慢したらストレスでどか食いしてしまった」「ご飯を減らしたらその分間食が増えてしまい結局太った」などの失敗談も多く聞かれました。いまや定番になりつつある「糖質オフ」「糖質制限」を取り入れたダイエットですが、実は必ずしも良い方法とは限らないのです。特に糖質を完全にカットしてしまうダイエットは失敗しやすく、女性にとっては生理不順や生理が止まるなどのリスクもあります。 糖質の減らしすぎは太る!? 「糖質」は「脂質」「タンパク質」と並ぶ三大栄養素であり、人間の体にとっては欠かせない存在。糖質=太る、というイメージが強いかもしれませんが、適度に糖質を摂らないと脂質は燃焼しにくくなってしまうのです。糖質が存在することで脂質は燃焼モードに入りやすくなります。さらに、糖質が少ない状態ではタンパク質がエネルギー源として使われてしまい、タンパク質でできている筋肉が減ってしまいます。つまり目指しているメリハリボディとは遠い、不健康に痩せた体になってしまうわけです。 糖質制限ダイエットでは糖質を減らす代わりにタンパク質を多く摂取することを推奨していますが、過度なタンパク質摂取は肝臓や腎臓に負担をかけることにもなってしまいます。ダイエットにおいても、健康面においても適度に糖質を摂る方がベターです。 ダイエットの基本はバランスよく食べること では、どのようなダイエットが正解なの?と疑問に思うことでしょう。 結論から言えば、何かを我慢するダイエットではなく、バランスよく食べることがダイエット成功への近道です。急激なダイエットはリバウンドしやすいので、毎月500gから1kg程度ずつゆっくりと痩せることを目指しましょう。そのためには、毎日の摂取カロリーを100kcal程度ずつ減らていき、週に2-3回、1回30分程度の運動を取り入れるなど、少しずつの努力を積み重ねることが大事です。 過度に摂取エネルギーを減らしたり、脂質を減らすのも、あらゆる面で体に負担をかけてしまいます。少しずつ時間をかけてダイエットを行うことが成功する秘訣です。 たっぷり付いてしまった脂肪はクリニックで賢く落とす! 自己努力だけで結果が得られれば一番良いのですが、必ずしも簡単に脂肪を減らせるとは限りません。たっぷり付いてしまった脂肪は残念ながら居座り続けて、なかなか落ちないということも。 食事だけでは減らせない脂肪には 食事にも気をつけて運動もしているけれど脂肪を集中的に撃退したいというダイエッターに注目を浴びているのが、「プロストロレーン インナーB」という脂肪溶解注射です。全体的には太っていないけれども、お腹だけにたっぷり脂肪が付いてしまい悩んでいる方や、たるんだヒップを何とかしたいという方におすすめです。 自己流のダイエットで集中的に落とすことが難しい皮下脂肪を脂肪溶解注射で効率よくサイズダウンすることができます。メスは使わない注射だけの治療だから痛みも少なく、ダウンタイムも少ないので施術当日から普段通りの生活を遅れることも人気の理由です。早く結果を出したいならば、クリニックを上手に活用してみるのも賢いダイエット法と言えます。 最新ダイエットで健康的に憧れのボディを手に入れよう! ダイエットの常識は日々更新されていきますが、新しいダイエットに飛びつくのではなく基本であるバランスの良い食事と適度な運動を心がけて長期的に取り組むことが大事です。簡単には減らせない厄介な脂肪を落としたいならばクリニックで相談してみるのも良いでしょう。最新のダイエットを上手に取り入れて、健康的なメリハリボディを目指しませんか?

  • お腹ぽっこりは内臓脂肪が原因?!内臓脂肪を減らす方法とは

    美しくなる方法
    2019/07/17

    手足は細いのに、お腹だけぽっこり出ている…そんな体型のアンバランスさに悩んでいる方はいませんか?お腹周りだけお肉が付きやすく、全体的には太ってないのにお腹だけ出ていると見た目に気になりますよね。お腹周りに合わせて洋服を選んだり、流行りの着こなしができなかったりするのはツマラないものです。そんなお腹ぽっこり、実は「内臓脂肪」が原因であることが多いのです。一体どうしたら内臓脂肪を減らしてお腹のぽっこりを解消することができるのでしょうか?今回はお腹ぽっこりの原因となる内臓脂肪を撃退する方法とお腹周りの脂肪を減らす方法について紹介します。 お腹ぽっこりの原因は内臓脂肪?! 全体的な体型は標準または痩せ型なのにお腹だけぽっこりと出ているなら、「内臓脂肪」が多いことが原因に考えられます。内臓脂肪とは簡単に言うと内臓の周りについてしまった脂肪のことです。食事から摂取した糖質や脂質が消費しきれずに体内に残ってしまったものが内臓のまわりに付いてしまうことが原因で特にお腹周りにつきやすいことが特徴です。 脂肪と皮下脂肪の違い では、内臓脂肪と皮下脂肪はどう違うのでしょうか?肥満はいわゆる「リンゴ型」と呼ばれる内臓脂肪が多いタイプと、「洋ナシ型」と呼ばれる皮下脂肪が多いタイプに分けられます。特に内臓脂肪の多い「リンゴ型」は男性に多く、皮下脂肪の多い「洋ナシ型」は女性に多い傾向があります。また内臓脂肪は上半身に、皮下脂肪は下半身につきやすいという違いもあります。 怖い内臓脂肪…でも実は減らしやすい! 現代では食生活が変化して食べ過ぎと運動不足が積み重なり内臓脂肪型の肥満が増えてきています。内臓脂肪は放置しているとホルモン分泌にも影響し、痩せホルモンと呼ばれる「アディポサイトカイン」の分泌を減らしてしまい、メタボや糖尿病、動脈硬化などのリスクを高めることも分かっています。 そんな怖い内臓脂肪はつきやすい性質がある一方で、減らしやすい性質も持ち合わせています。一旦付いてしまっても諦める必要はなく、むしろ努力することで簡単に減らすことも可能なのです! 内臓脂肪を効率よく減らす方法 では付いてしまった内臓脂肪をどうやって減らしていけば良いのでしょうか?もちろん、そう簡単に落ちるものではありませんが、努力と時間を積み重ねることで理想の体型を手に入れることも夢ではありません。次に紹介する方法を取り入れてみましょう。 持続可能な運動をコツコツと続ける 運動が嫌いな方にとっては耳が痛い話かもしれませんが、内臓脂肪をやっつけるには運動が何よりも効果的です。内臓脂肪は特に有酸素運動との相性がよく、ジョギングや自転車、水泳などがおすすめ。お腹の肉を減らしたいからといって腹筋運動を頑張るよりも、有酸素運動で全身を動かす方が効率よく内臓脂肪を燃焼できます。 そして、結果を出すには定期的な運動を続けることが大事です。3日坊主で終わってしまっては意味がないのです。無理なく続けられる強度の運動を1回30分から1時間、週に3日程度を目安に定期的に行いましょう。一度にまとまった時間が作れない人は毎日10分程度のウォーキングを通勤時間に組み込むだけでも十分です。無理なく続けられることが大事です。 良質な脂質と高タンパクを意識した食事をとる 内臓脂肪が気になるからといって、脂質を全てカットする食事は逆効果です。もちろん揚げ物やお菓子などに含まれる脂質は控える必要がありますが、良質な脂質を摂取した方が内臓脂肪を減らすことができます。特に「不飽和脂肪酸」と呼ばれる、オメガ3系脂肪酸は内臓脂肪を減らす方向に働きます。サーモン、ナッツ類、アボカド、亜麻仁油、チアシードなどの良質な脂質を含む食品はダイエットの強い味方。さらに燃焼できる体を維持するにはタンパク質も欠かせません。筋肉をつくるためにもタンパク質は大切な栄養素。肉類・魚類・大豆製品のどれかを毎食摂るように心がて、難しい時はプロテインを活用するというのも手です。 十分な睡眠とストレス解消も大切 睡眠不足とストレスも肥満の原因になります。1日あたり5時間以下しか睡眠をとっていない人は肥満になりやすいという研究報告もあるほどです。睡眠不足になると食欲が増進してしまい、空腹感が強まったり食欲が増してしまうことが原因だとされています。また、ストレスも食欲を増して、過食やドカ食いの原因になります。さらにストレスにより内臓脂肪を溜め込む方向に働くホルモンの分泌が増えてしまうことも。ストレスはこまめに発散することはもちろん、ストレスに強いメンタルを作るためのトレーニングを行うことも有効です。 お腹のお肉がつまめるならば皮下脂肪も原因かも?! 内臓脂肪がぽっこりお腹の原因の可能性として考えられる一方で、お腹のお肉がたっぷりとつまめるという方は皮下脂肪が溜まっている可能性もあります。 皮下脂肪は内臓脂肪よりも落としにくく、一旦付いてしまうと食事や運動では簡単に落ちないという特性があります。皮下脂肪に対しては過度な食事制限を行うのではなく、有酸素運動と筋肉トレーニングの組み合わせが効果的です。小麦に含まれるグルテンは食欲を増したり皮下脂肪を増やしたりする作用があるので、グルテンフリーを意識するのもおすすめです。 頑固な皮下脂肪はクリニックでの施術で部分痩せ 食事改善と運動だけで簡単に落とすことができない頑固な皮下脂肪に悩んでいるならば、クリニックで「脂肪溶解注射」を受ける方法もあります。最近注目が集まっている「プロストロレーン インナーB」は脂肪を溶解して、新たな脂肪合成を抑制する脂肪溶解注射です。全身痩せではなく部分痩せを狙うことができる痩身治療で、理想のボディラインを目指してみては? ぽっこりお腹を解消して憧れの体型を手に入れよう ぽっこりお腹の原因となる内臓脂肪は将来の病気につながる可能性もある怖い脂肪です。お腹だけでまだそんなに太っていないからと甘く見ていると、内臓脂肪が危険なホルモンを出して太りやすくなってしまうことも。病気になってからでは手遅れです。まずは食事の内容を見直して、定期的な運動を行うことがスタートラインです。合わせてストレスケアや睡眠時間の確保も大切です。内臓脂肪は早めの対処が肝心。立派な肥満体型になってしまう前に対策をはじめましょう!

あなたにおすすめの記事

  • ダイエットの疑問を解決!医療痩身に関する雑学Q&A

    美しくなる方法
    2018/01/09

    「本気で痩せたい」そんな方に支持され続けている医療痩身。専門医師が現在の身体の状態、脂肪の付き方、体質などを診断し、最適なダイエット治療を提案するため、その効果は自己流ダイエットよりも確実かつ健康的なもの。そんなダイエット治療に関して「短期間痩せはできる?」「部分痩せは可能?」などの多くの方が抱えている様々な疑問を解決します。 疑問1「ダイエット治療なら短期間でも痩せられる?」 なるべく短期間で痩せたいと思うのは誰しも同じですが、渋谷DSクリニックが提唱しているのは「リバウンドしないダイエット」であり、「◯kg痩せたからダイエット成功」ではなく、徐々に無理なく落とした体重をそのまま維持できてこそダイエット成功だと考えています。だからこそ、目標は月に体重の5%以下に設定して痩身治療を行います。例えば、50kgの方なら月に2.5kg、60kgの方なら3kgが目標値になります。ただし、一度に減量するのは難しいので月に1~2kg減を目指して、リバウンドのない健康的なダイエットを推奨しています。その方法も医師、管理栄養士、整体師などのプロが完全にサポートするため、体に負担をかけずに減量することができるのです。「ブライダルまでにワンサイズ落としたい」「同窓会までにスッキリと痩せたい」そのようなダイエット目標がある方は早めに痩身治療を始めることをおすすめします。 疑問2「マシン施術だけで体重を落とすことはできる?」 渋谷DSクリニックでは痩身に特化した様々なマシン治療を取り扱っています。例えば、脂肪温熱を促して皮下脂肪や内臓脂肪、セルライトの除去に効果的な「高周波治療」や、超音波によって脂肪やセルライトを柔らかくし、乳化、排出させることでポッコリお腹やたるんだ二の腕、ヒップなどボディラインを整える「ウルトラメディカルスリム」、深部の硬い脂肪の分解を促し、むくみの原因となる老廃物を吸引しながら排出する「メディセルム」、など、ダイエット効果が期待できる痩身治療がたくさんあります。ただし、施術はあくまで体重を落とすための治療ではなく、ボディラインを整える治療なので、減量したいという場合は管理栄養士による「栄養指導プラン」やパーソナルトレーニングによる「運動プログラム」の併用をおすすめしています。 疑問3「医療痩身で脚痩せはできる?」 ダイエットをしていると「ふくらはぎのお肉が…」「なかなか脚が細くならない」など脚痩せに悩む方も多いはず。特に脚は体幹部と異なり、ラインが見えやすいからこそ、体型の印象を左右する重要なパーツです。脚の太さはむくみが原因になっている場合が多く、むくみのケアによってサイズダウンすることができます。渋谷DSクリニックでは、内臓脂肪、皮下脂肪の両方を除去する脂肪燃焼温熱療法の「高周波治療」や、針を使わずに脂肪溶解剤を導入する「DS式スーパーメソセラピー」、むくみの改善に効果的な「ウルトラメディカルスリム」が脚痩せ治療として人気です。 脚痩せ以外の二の腕部分や背中のお肉、あご下、脇肉など、気になるパーツも、皮下脂肪を凍らせて体外に排出させる「クールスカルプティング」の部分痩せに特化した治療で改善することが可能です。ダウンタイムのない治療であり、短期間での効果が期待できるため、部分痩せに悩んでいる方は一度カウンセリングを受けることをおすすめします。 疑問4「置き換えダイエットを行っているのですが、ダイエット治療と一緒に続けても大丈夫?」 カロリーを抑えるために「昼はこれ、夜はこれ」と置き換えダイエットを実践している方も少ないくないはず。しかし、置き換えダイエットは栄養バランスを崩してしまう危険性があり、やめた途端リバウンドの可能性もあります。そのため、長期の置き換えダイエットはおすすめしておらず、管理栄養士によるバランスのとれた規則正しい食生活を指導しています。 疑問5「ダイエット中にお酒を飲んでも大丈夫?」 ダイエットをしていると、気になるのがアルコールの存在。お仕事の付き合いなどで飲酒が必要な席があったりすると、「せっかくダイエットしているのに太らないかな?」と心配になることもあるはず。そんなときは、カロリーが少ないお酒を選んで飲むように注意しましょう。また、お酒の席では脂っこい食べ物やカロリーの高いおつまみなどが多く並んでいることがあります。アルコールを飲むと、ついそんなおつまみ類に手が伸びてしまいがちですが、ここはグッと我慢してカロリーの低いものを選ぶように心がけることが大切です。また、カロリーの低いものでもたくさん食べてしまうと元も子もないので、いただく際はお酒もおつまみも適量を意識するようにしましょう。 他にも医療痩身やダイエット中に関する疑問は人それぞれたくさんあるはず。痩身治療専門の渋谷DSクリニックは、あなたが抱えているダイエットの疑問にお答えします。「あれはどうなんだろう?」「旅行先でダイエットするにはどうしたらいいの?」などダイエットに関する質問はネットの情報ではなく、専門のプロに聞くのが一番です。

  • 40代のダイエットで「食事制限」は危険な方法?

    内側から美しくする方法
    2019/10/29

    40代になると「昔に比べて太りやすくなった…」「食べてないのに痩せない」という方は多いようです。それは、年齢を重ねることで起きる体内に理由があることをご存じでしたか?40代に合った方法でダイエットを成功するために押さえておきたいコツをご紹介します。 40代になると体型が崩れてしまう3つの原因 痩せづらくなるのは年齢のせい、と思ってしまいたくなる気持ちになりますよね。でも、その原因に対して適切にアプローチすれば、40代でもダイエットは可能です。40代のうちに痩せやすい体を作ると、50代、60代になってからも若々しい体型を維持できるようになります。そのためにも痩せない理由を知っておくことが大切です。 女性ホルモンの減少 女性ホルモンには「エストロゲン」「プロゲステロン」と呼ばれる2種類があります。女性ホルモンは30代をピークに緩やかに減少し40代になると急速に減少する傾向があります。「エストロゲン 」が減少するとさまざまな不調が現れるようになり、代謝が衰えて体内に脂肪をためやすくなります。 特に背中や、二の腕、脇、お腹などのお肉が気になるようになることが多いですが、これにはエストロゲン減少による脂質代謝の低下が関わっています。エストロゲン には血液中のLDLコレステロール(いわゆる悪玉コレステロール)の量を調整する作用や中性脂肪の蓄積を防ぐ働きもあるため、脂質代謝に深く関係があるためです。ホルモン分泌の減少を食い止めることは難しいですが、運動や食事に気を付けることで代謝の低下を防ぐことは可能です。 基礎代謝の低下 基礎代謝とは特に何も活動をしなくても生きているだけで、自然に消費されるエネルギーのことです。例えば、体温調節や内臓機能の維持など、体の基礎的な機能を正常に働かせるために使われています。この基礎代謝には個人差がありますが、加齢に伴い低下することが分かっています。食べる量が変わっていないのに太ってきた方や痩せにくくなった方は、この基礎代謝が関係しているかもしれません。基礎代謝は筋肉を動かすことで高まるため、筋肉量が少ない方は基礎代謝も低い傾向にあります。 仕事のストレス過多 40代といえば働き盛りの時期であり、中間管理職など責任ある仕事を任される世代でもあります。仕事にかかるストレスが増えてくる一方で、体力が落ちてくる時期でもあるので疲労が溜まりやすい危険な時期ともいえます。ダイエットとストレスには深い関係があり、ストレスが増えるほど太るリスクが高くなります。それはストレスによってコルチゾールいうホルモン分泌が盛んになるためです。コルチゾールは副腎皮質から放出されるステロイドホルモンであり、ストレスに対抗するために分泌されます。体を守ろうとするため、例えばセロトニンの分泌が減少して食欲が増したり、脂肪を体に蓄積させたりする働きがあります。さらには成長ホルモンの分泌を抑えて、筋肉の増強を抑制して脂肪燃焼を減少させることも。40代以降は家庭、仕事、介護などさまざまなストレスがかかりやすい時期なので、こまめに発散させてストレスを溜めない心がけが大事です。 40代の方に適したダイエット方法は? 40代では「食べない」「とにかく運動する」というダイエットより、体のことを考えた賢いダイエットに取り組むことが重要になってきます。また、短期的なダイエットはリバウンドを起こしやすく、40代以降のリバウンドは取り返しがつきにくいので危険です。短期決戦のダイエットではなく、習慣化できる長期的な生活改善を目指しましょう! 40代は長期的にゆっくりダイエット! 短期的に「1ヶ月で5キロ以上痩せる!」「1週間で2キロ痩せる!」なんて目標を立てると、達成できずに挫折してしまうばかりか、かえってリバウンドしやすくなります。特に40代以降は痩せにくいので短期なダイエットは必ず無理が生じるもの。長期的にダイエットに取り組むようにしましょう。 目安としては、 ◆短期間で痩せる→1ヶ月に3キロ以上減量する ◆ゆっくり長期間かけて痩せる→1ヶ月に3キロ未満までの減量を目指す この程度を目安としましょう。この数字はもともとの体重にもよるので更に言えば、1ヶ月に体重の5%以内が目安とすると、体重50kgならば2.5kgまで、体重70kgならば3.5kgまでが適正な範囲です。 40代以降になると筋肉は落ちやすくなる傾向があり、早く痩せようとすると筋肉が落ちてしまいます。筋トレや食事内容に気を使っていても、早く痩せようとすると筋肉が落ちてしまうので要注意。ゆっくりと痩せれば、筋肉は落ちにくく脂肪を集中的に落とせるようになるので結果的に引き締まったボディが手に入りやすくなります。 40代のダイエットに欠かせない栄養素 40代のダイエットを成功させるためにはきちんと栄養を摂取することポイントとなります。必要な栄養素を摂りながらダイエットすると、健康的に美しく痩せることができます。バランスの良い食事を心がけることが原則ですが、食事だけで補ない場合にはサプリメントを活用するのも手です。 アミノ酸 私たちの体は約60%が水分、約20%がたんぱく質でできています。そのタンパク質を構成しているのが「アミノ酸」で、脳、内臓、神経伝達物質、ホルモンなどの材料として体を作るために欠かせない栄養素です。ダイエットにおいては、リパーゼという脂肪分解酵素を活発にする作用のあるアミノ酸として「リジン」「アルギニン」「プロリン」「フェニルアラニン」があります。また、筋肉を構成するためにも欠かせない栄養素であることからも、40代のダイエットにはアミノ酸を積極的に取り入れましょう。 タンパク質 近頃は「プロテイン」が女性のダイエットにおいても有名になったため、タンパク質摂取を心がけているという方も多いのではないでしょうか。しかし、タンパク質をせっかく摂っていても量が十分でないと、その機能が発揮されません。40代女性であれば1日あたり50gは摂取したいところです。目安としては毎食で手のひら1枚に乗る程度の肉・魚・大豆製品などを食べるようにすると良いでしょう。 ビタミンB群 ダイエットのポイントはいかに代謝を上げるかということです。その代謝に必要なのがビタミンB群です。体内でエネルギーを生成するために必要な栄養素で、代謝ビタミンと呼ばれることもあります。例えばビタミンB1は糖質の代謝に、ビタミンB2は脂質の代謝、ビタミンB6はタンパク質の代謝に欠かせません。これらのビタミンが足りていないと、他にも体の不調や肌荒れなど美容面のトラブルが出てくることも。 ビタミンB群はそれぞれ単独で摂るのではなく、相互に助け合って効果を発揮するのでバランスよく取り入れることが大事です。また、ビタミンB群は水溶性のため尿として排泄されてしまうので、毎日3食の食事から摂り入れるようにしましょう。 まとめ 食べないダイエット、辛いダイエットは40代以降には適さないどころか、健康を害することも考えられます。40代からのダイエットは長期的に取り組み、バランスの良い食事を習慣化することを目指しましょう。DSクリニックでは栄養の専門家である管理栄養士が楽しく食べて痩せられる「食べるダイエット」をサポートしています。一人一人の体重や体調などを考慮しながら食事指導を行うので、無理なく食事を管理できるようになることが特長です。今度こそ本気でダイエットしたい!と思っているならば、ぜひDSクリニックの栄養指導にご相談ください。あなたのためだけのダイエットプランをご提案します。詳しくは「DS式栄養指導」にてご紹介しています。

  • 肥満は死亡率を高める!?病気を回避するための「痩身・肥満治療」

    美しさをキープする方法
    2017/11/16

    肥満であることを「ただ太っているだけ」と安易に考えているとしたら、それは大きな間違い。肥満は万病の元と言われるように、死亡率の高い病気を引き起こすため、短命につながります。そんな肥満を予防し、改善するためには健康に痩せることが大切。その選択肢の一つとして、医療ダイエットである痩身治療があります。 肥満は万病の元 飽食と言われる現代。食べ過ぎや運動不足によって、肥満になりがちです。肥満になると、血液中の糖を分解・吸収・貯蓄する働きが弱まる「耐糖能障害(たいとうのうしょうがい)」が起こりやすくなるなどして、血糖値が正常より高い状態になる方が多くいます。ただし肥満を放置し続けていると、肥満の程度が高くなり、糖尿病や動脈硬化症などの生活習慣病にかかりやすくなり、さらに程度が高くなると脳血管障害や心臓血管障害などの死亡率の高い病気を引き起こすと言われています。 肥満になればなるほど、健康から遠ざかり、死亡率を高くするのはこのためです。つまり、肥満が短命を招いていると言っても過言ではありません。 肥満はどこからが肥満? では、肥満とはどんな状態をさすのでしょうか。「太っていること=肥満」と思っている方がいるかもしれませんが、実は間違い。肥満はただ単に体重が増えることではなく、体内に占める脂肪の割合で決まります。一般的に肥満度の判定には、国際的な標準指標であるBMI(Body Mass Index: 体重(kg)/身長(m)2)が用いられており、BMI25以上が肥満とされています。さらに、日本肥満学会によって、肥満度は以下の4つの段階に分けられます。 ※参考資料:「肥満度分類 WHO基準」 2016年7月13日『THE LANCET』オンライン版に掲載された、英ケンブリッジ大学と米ハーバード大学が中心となり研究された大規模国際共同研究「Global BMI Mortality Collaboration」によると、BMI値が20である人と比べて、BMI値が25以上~27.5未満で7%、27.5以上~30未満で20%、30以上~35未満で45%、35以上になると94%と、数値を見て明らかな通り、BMI値の上昇に比例して死亡率も高くなっており、肥満と死亡率の関係性は明らかなのです。 ただし、身長と体重から計算するBMI値だけでは、筋肉質なのか脂肪過多なのかは分かりません。そこで、正確に肥満かどうか判定するために、体脂肪を測定できる体重計などを利用するのが良いでしょう。体脂肪率が、男性の場合で25%以上、女性の場合で30%以上であると「肥満である」と判定されます。 内臓脂肪過多であるリンゴ型肥満には要注意 しかし、一言に肥満と言っても、どこに脂肪がついているかでその健康への危険性や、死亡率の高さは異なります。肥満のタイプには「内臓脂肪型肥満(リンゴ型肥満)」と「皮下脂肪型肥満(洋ナシ型肥満)」の2種類あり、内臓脂肪が多いリンゴ型肥満は洋ナシ型に比べ、糖尿病や高血圧、脂質異常症(高脂血症)など、多くの生活習慣病が起きやすくなり、健康への危険性が高くなります。 さらに、脳血管障害、心臓血管障害、肝硬変などの死亡率が高くなる病気にかかりやすく、心臓疾患のリスクも高めるのがリンゴ型肥満の特徴です。また女性の場合、子宮がんや乳がんにかかる比率が高いとも指摘されているのです。 健康のための肥満治療 健康であるためだけでなく、糖尿病や高血症などの生活習慣を予防し、死亡率の高い病気のリスクを回避するためには、肥満を予防し、改善することが何よりも大切です。ですが、自己流のダイエットで体脂肪を落とそうと食事制限をしたり、運動を行うと、栄養バランスが崩れてしまったり、体に負担をかけてしまう危険性があります。 そこで医師や管理栄養士などの専門家のサポートによって、医学的に肥満を改善する痩身治療がおすすめです。渋谷DSクリニックの痩身治療は、医師による治療法の提案と体調の管理がされるほか、「栄養指導プラン」によって管理栄養士が日々の食事についての指導や、不調を解消しながら体質改善を促す漢方治療など、一人ひとりに合った最適な痩身治療を受けることができます。各分野の専門家が痩身治療をトータルでサポートするため、肥満を解消して健康を手に入れながら、理想の体型へと整えていくことも叶います。 さらに、BMIの計算や体脂肪率だけでは分からない、内臓脂肪や各体脂肪部の測定、体質分析、肥満の原因など本格的な測定と診察、カウンセリングによって体の状態を科学的に検証するため、効率よく肥満を解消することができます。そして「痩身治療って痛みを伴うのでは…」という心配は無用。渋谷DSクリニックでは、切らない脂肪溶解注射のDS式スーパーメソセラピーや、脂肪燃焼温熱療法である高周波治療などを始めとし、痛みを伴わない痩身治療ばかりなのも魅力の一つです。 肥満は健康を遠ざけて、死亡率を高める恐ろしい症状です。「もしかして自分も肥満かな」と思ったら、早め早めの予防と改善が必要です。とは言え、自己流の対処法では体に負担をかけるという新たなリスクを負うことになりかねません。だからこそ、将来の健康を手に入れるために痩身治療を選んでみませんか?