GTM1 GTM2

正月太りのダイエットをお考えならダイエット専門の渋谷DSクリニック渋谷の全身・部分痩せ医療ダイエット・肥満外来なら渋谷DSクリニック

MENU

銀座院 0120-877-850

渋谷院 0120-951-135

WEB予約

資料請求

メール相談

正月太り解消に!ダイエット専門医が教える【新年にすべき3つの対処法】

2020/12/23
  • 後でこの記事を読むなら、
    はてなブックマークが便利です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
忘年会、年末年始の帰省や旅行、新年会…と、暴飲暴食が続いて、このままではまずい!と思っている方も多い時期ではないでしょうか?「今年こそダイエットして痩せる」という目標を立てた方もいらっしゃると思います。今回は新年の“ダイエット初め”にぴったりな正月太りの対処法をダイエット専門医に聞いてみました。

「正月太り」の特徴とは?

いわゆる「正月太り」とは、忘年会や新年会で飲食の機会が増え、逆に体を動かす機会が減ることで生じる体重増加のことですが、特徴として「生活リズム(体内リズム)を崩しやすい」「暴飲暴食による胃もたれや胃痛を訴える人が多い」ことが挙げられるそう。この時期のダイエットは減量だけに意識を置くのではなく、体調のケアにも注意を払いたいものです。

医師が教える3つの正月太り対処法

上記を踏まえて、医師がおすすめする新年のダイエット初めに最適な対処法はこちら!

消化しやすい食材を選ぶこと

胃腸の不調を感じている方は特に、乱れた消化機能を正常な状態に戻すために胃に負担のかからない食材を意識して選びましょう。年始から脂質の多いもの・冷たいもの・辛いものなどをとりすぎていませんか?脂質を減らすために肉は鶏のささみ、魚は白身魚を選ぶなど細かな選択も積み重なれば大きいものです。ヨーグルト・豆腐などもおすすめです。冷たいもののとりすぎは胃の機能を低下させ代謝も落ちるので、なるべく温かい食べ物・飲み物を選びましょう。

一食一食の総カロリーを控えめにして、少しでも運動を

食事のコントロールと運動はダイエットの基本ですが、欠食や断食はリバウンドのリスクを高めます。食事は一食ずつの摂取カロリーを控えめに意識することから、運動の習慣がないという方はお風呂上りのストレッチから始めてみましょう。大きな結果を求めるよりもまず、小さなことからでも習慣化できそうな方法を見つけて実践することが大切です。

食事で「酵素」を補う

補助的に酵素を取り入れることで、腸内環境を整えて食物の消化・栄養の吸収の効率を高めます。酵素は食材で補うのがベストです。生の野菜や果物に多く含まれるほか、納豆や味噌などの発酵食品にも含まれています。食物繊維やミネラルが豊富でダイエットに良さそうなものばかりですよね。

今年のダイエットはぜひ、生活習慣の見直しから

年末年始は、「食生活の乱れ」「運動不足」「睡眠時間・睡眠時間帯が不規則になる」これらで正月太りや体調不良を実感している方も多いのでは?ダイエットの基本はやはり生活習慣の改善にあり、と改めて考えさせられますね。 今回お話を伺ったドクターは、渋谷DSクリニック 渋谷院・院長の林博之先生。同クリニックでは医師による診断のもと、バランスよく一日三食食べて痩せるための管理栄養士による『栄養指導』をはじめ、健康的かつ効率的なダイエットの指導・治療提案を行っています。「自分が習慣化できそうなダイエット」を探るためにも、今年こそ痩せたい!と思っている方はぜひカウンセリング予約を。
Pocket

内側から美しくする方法の関連記事

  • 糖質制限は糖尿病リスク増!?実践したい食事療法とは

    内側から美しくする方法
    2017/10/16

    あなたはどんな食事療法をしていますか? 糖尿病患者やその予備軍の方が行っている自己流の食事療法は、知らず知らずのうちに病気のリスクを増やしてしまう可能性が大。中でも糖質制限には要注意。糖質の摂取を減らすことがカラダのためになると思っていても、危険性が潜んでいるのです。では正しい食事療法とは一体? 糖尿病・糖尿病予備軍に多い危険なダイエット 高血糖が続き、血管や神経がおかされる病「糖尿病」。生活習慣病の一つとされ、平成24年度の調査によると、男性の約3割、女性の約2割の方が患者、またはその予備軍だと言われています。 そんな国民病とも言える糖尿病。患者やその予備軍の方が自己流でダイエットを行うケースもしばしば。ただし、数あるダイエット法の中で、実は糖尿病のリスクを上げてしまう恐れがある方法があるのです。その一つとして糖質制限が挙げられます。と、言うのも、実は糖尿病患者とその予備軍にとって新たな病気のリスクを抱える危険性があり、それに気付かずに自己流で糖質制限ダイエットを続けていると、気付いたときには「病気を患っていた……」なんてことになりかねないのです。 糖質制限ダイエットの危険性とは一体? 毎日の食事から糖質を抜く、または制限することで、ダイエット効果を狙う糖質制限食。そのダイエット効果は短期間で目に見える結果が出やすいこともあり、ダイエット法の中でも人気を博しています。 ですが、日本糖尿病学会が出した『日本人の糖尿病食事療法の在り方』に関する提言の中において、1日の摂取カロリーを「男性1500kcal、女性1200kcal」に抑えるカロリー制限が基本となっており、その食事内容として糖質57%、脂質25%、タンパク質18%の摂取が目安となっています。さらに、この提言の中には「総カロリー摂取量の制限を最優先とする」と明記されており、糖質制限ダイエットに対しては「安全性などを担保するエビデンスが不足しており、現時点では勧められない」との見解を示しています。 つまり、糖尿病患者またその予備軍にとって糖質制限ダイエットは推奨されていないものであり、食事療法指針からも外れてしまうことに。さらに、国立国際医療研究センター病院からは「5年以上続けると死亡率が高くなるかもしれない」と指摘する解析結果が発表されているのです。 どんな調査かというと、27万人を対象に、摂取した総カロリーに占める糖質の割合をグループ化したもの。摂取量30~40%と、糖質が最も少ないグループの死亡率は、60~70%と最も高いグループの1.31倍という結果に。 出典元:渋谷DSクリニック 林博之氏ブログ 調査データ:(独)国立国際医療研究センター病院 糖尿病研究連携部 Low-Carbohydrate Diets and All-Cause Mortality: A Systematic Review and Meta-Analysis of Observational Studies また、オーストラリアのメルボルン大学ラモント教授が発表した論文によると、「低炭水化物食(糖質制限食)を与えたマウスは、インスリンを生成する『β細胞』の機能が減少していた」とあります。これは糖質制限食の継続によってインスリンの分泌が減るため、このインスリンを生成する元のβ細胞の活動が低下することを意味しています。インスリンが使われないことで、β細胞が休みすぎて、その機能が弱くなってしまうのです。つまり、インスリンを分泌しにくい体質になってしまったところへ糖質を摂取すると高血糖状態になってしまいます。 リスクはこれらだけではありません。糖尿病患者の場合、1日の食事の中でのたんぱく質量が増えることで、腎機能が低下する恐れや、骨密度の低下を招いて骨折しやすくなったり、悪玉コレステロールが増えて動脈硬化を招き、心筋梗塞や脳卒中の危険性が高まってしまう可能性もあるのです。 糖質制限ダイエットはリバウンドのリスクもありますが、それだけでなく、高血糖になり、糖尿病が悪化する可能性など人体における様々な危険性が伴うため、日本糖尿病学会のガイドラインに沿ってダイエット治療をすることが、ダイエットの面においても、健康の面においても大切です。 糖尿病・糖尿病予備軍が実践したい食事法 糖尿病の患者や予備軍にとって、1日に摂取すべきエネルギーを知り、それを元にカロリーコントロールをすることが大切です。人それぞれ基礎代謝や毎日の活動量が異なるため、このエネルギー量を分析するのは必要不可欠。その上で、塩分や糖質、脂質を抑えた食事を一日3回とり、規則正しい時間に食べることがマストです。とは言え、「どうやって塩分を抑えたらいいの?」「糖質や脂質はどれだけ食べてOKなの?」と疑問点が沢山出てくるはず。 そこでおすすめしたいのが、DS式栄養指導。3D 測定器や皮脂厚計を用いて、現在の身体の状態を把握し、専任の管理栄養士がその人の生活スタイルに合った食生活指針を教えてくれる食事療法です。その人の体質や生活スタイルに合った食事法でダイエットをサポートするため、糖尿病などのカラダの状態を考慮した栄養指導プランを知ることができます。ただ闇雲に食事で自己流ダイエットを行うより、カラダにとって健康的なことはもちろんのこと、リバウンドしない体質に変えるため、今後の生活においても嬉しい魅力が満載です。 健康のために、ダイエットのために、と糖質制限ダイエットを行っていても、気付かないうちに病気のリスクを高めているケースもあります。自己流でダイエットをしようとすると、その方法や結果ばかりに気を取られて、潜んでいる危険性に気付かないものです。もしも糖尿病を患っていたり、その予備軍だとされているのであれば、管理栄養士の指導の元、正しい食事法を実践して痩せることが、カラダにとって最善の道なのです。

  • 痩せたいなら知っておくべき! 内臓脂肪と皮下脂肪の違い

    内側から美しくする方法
    2019/02/10

    お腹周りについた脂肪には、体の内側についた「内臓脂肪」と外側につく「皮下脂肪」の2種類があります。効率よくダイエットしたいなら、この2つの違いは絶対に知っておくべき! それぞれの脂肪の特徴と落とし方をご紹介します。 まずはセルフチェック! 体の内側、内臓の周りに蓄積する内臓脂肪。それに対して皮下脂肪は体の外側につくため、手でぎゅっとつまめます。お腹周りのサイズが気になるという方は、まずお腹の脂肪をぎゅっと掴めるかどうかチェックを。あまり掴めないけれどお腹が出ている、胸下あたりから張り出しているという方は内臓脂肪が多い可能性が。掴んでもまだお腹も出ているという方は皮下脂肪も内臓脂肪もついているということになります。 内臓脂肪の特徴と落とし方 内臓脂肪の特徴 特定健康診査、いわゆる「メタボ健診」でも“腹囲”を計測しますが、これは内臓脂肪量の蓄積の目安を計測しようとしているもの。必要以上に内臓脂肪が蓄積した内臓脂肪型の肥満は高血圧・高脂血症・高血糖など生活習慣病の要因となり、これがひいては動脈硬化・心筋梗塞・脳卒中など、死亡に繋がる重大な病気の引き金になるとされています。ダイエットを意識していない方であっても、内臓脂肪の蓄積は放っておいてはいけないということですね。 内臓脂肪は「つきやすく、落としやすい」 ちょっと怖いイメージの内臓脂肪ですが、代謝が活発な内臓周りについている内臓脂肪は、「つきやすい」ながらも「落としやすい」という特徴が! 食事制限をするとお腹からサイズダウンしていくといった経験はないでしょうか? それほどに内臓脂肪は生活習慣によって日々増減します。 内臓脂肪の落とし方 内臓脂肪を減らしたいなら、まずは食生活の見直しを。バランスのとれた食事に適度な運動など、規則正しい生活で内臓脂肪は減っていきます。また、内臓が冷えてしまうと代謝が落ちて脂肪蓄積の原因にもなるため、冷たいものばかりを飲食するのも注意が必要。油っこい料理を控える、夜遅い食事の見直し、お酒の量を少しずつ減らす、温かい飲み物を選ぶようにする、血糖値の上昇を抑えるためベジファーストで食べる順番に気をつけてみる、歩く距離を増やしてみるなど、生活の中の日々の積み重ねで減らせるのも内臓脂肪の特徴です。 皮下脂肪の特徴と落とし方 皮下脂肪の特徴 体の外側についており、体を守る働きもある皮下脂肪。極端に多くなるとホルモンバランスを崩すなどの不調が起こり得ますが、そうでなければ、多くなってもさほど体調を左右しないのが皮下脂肪の特徴です。しかしやはり、見た目を大きく左右するのが皮下脂肪。体が冷えないよう体を守っている皮下脂肪ですが、分厚く蓄積してしまうと、脂肪が硬くなって血行が悪くなり、逆に体を冷やしてしまい、さらに脂肪がついてしまう…という悪循環も。老廃物が滞って硬くなるとセルライトとなってさらに落としづらくなってしまいます。 皮下脂肪は「ついたら、落ちにくい」 代謝が活発な箇所にある内臓脂肪と異なり、体の外側にあって冷えやすく固まりやすい皮下脂肪は、一度ついてしまったら落ちにくいという特徴が。食事の内容や生活習慣の見直しでもちろん徐々に減ってはいきますが、分厚く硬くなった脂肪は“燃焼されやすい状態”にすることが大事。 皮下脂肪の落とし方 燃焼されやすい状態とは、脂肪が柔らかく、その箇所の血行が良いこと。食事制限や運動を行なった時、脂肪は柔らかく燃焼しやすい箇所から減っていきます。硬くなった脂肪は物理的に柔らかい状態に分解されてこそ、燃焼効率が高まるということ。セルライトを解消し、気になる箇所を効率的にサイズダウンしたいなら、脂肪を揉みほぐし燃焼を助けるようなマッサージ・施術などをプラスするのがオススメです。その上で、該当箇所の筋トレをするとより効果的でしょう。 効率的なダイエットのためには、自分の脂肪のつき方を知る 上記の通り、つき方も落とし方も違う内臓脂肪と皮下脂肪。病気の要因としても見落とせない内臓脂肪、食事の見直しだけでは落とせない皮下脂肪…となれば、ダイエットは何か一つをやればいい、ということではないことが理解できますよね。 渋谷DSクリニックでは、超音波皮脂厚計や3D身体測定器を用いて内臓脂肪・皮下脂肪のつき方を徹底的に計測したのち、それぞれの脂肪にアプローチする治療メニューをご提案しています。ダイエットをしているのになかなか脂肪が落ちない、思うように減量できないという方はぜひ、プロの視点によるダイエットカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

  • 食事を抜くと太る!?意外と知らないダイエットQ&A後編

    内側から美しくする方法
    2018/07/30

    流行りのダイエットや食事制限に挑戦しても、「結局痩せなかった」「リバウンドした」など、悩みを抱えていませんか。実は糖質制限法ダイエットの方法を間違ってしまうと、代謝が低下して脂肪がつきやすくなることも。そんな食事におけるダイエットの知識を、渋谷DSクリニックの管理栄養士である板橋瑠美先生と石川友紀子先生にお話を伺いました。 置き換えダイエットについて 【質問1】一定期間、ジュースやスムージーだけを飲む置き換えダイエットが流行っていますが、効果的でしょうか? 石川先生「朝昼晩、置き換えダイエットを長期間続けてプチ断食をすると、極端に食べる量が少なくなるので、食べていない固形物の分だけ体重が減り、一見痩せたように見えますが、食事を元に戻せば体重も戻ってしまいます。また、体内は栄養不足に陥るので栄養の吸収率が高まり、脂肪がつきやすくなります。」 【質問2】ジュースやスムージーなどの置き換えによるデトックス効果はありますか? 石川先生「日常的に過食気味だったり、脂質の多い食事が続いていたりする場合、消化する分だけ胃に負担がかかるので、置き換えることで胃腸を休めることはできます。ただし、毎日3食栄養バランスの良い食事を摂ることがダイエットにとって一番なので、日々飲み会などで胃腸が疲れている方でない限り、おすすめはしません」 板橋先生「夜食べ過ぎてしまった日の翌朝、胃もたれを起こしていて固形物を受け付けないときには、野菜ジュースなどを取り入れるのが良いと思います。甘いものが好きな方には、間食として栄養の摂れるスムージーのようなものをおすすめすることもあります。」 【質問3】夕食をスムージーやヨーグルトなどに置き換えて、食事量を減らす方法はダイエットに効果的ですか? 石川先生「あまりにも夕食の時間が遅い場合、食事を軽めにするのは良い方法です。特に21時以降の遅い時間帯は、体に脂肪がつきやすくなる時間帯なのでカロリーが高い炭水化物などの主食は控え、野菜の副菜やタンパク質の主菜を食べるのがおすすめです。ですが、18時から19時台に夕食を食べるのなら、無理に食事量を減らすのはおすすめしません。寝る前に空腹を感じて夜遅くに食べてしまったり、空腹を我慢して朝に食べ過ぎることで血糖値の上昇を招いてしまったりするからです。また栄養不足により代謝を下げることは脂肪を燃焼しにくくすることにつながるので、夜遅いからといって何も食べないのではなく、副菜や主菜は少しでも食べるように心がけましょう」 板橋先生「空腹が長時間続いた後に食事をすると、血糖値が急激に上昇し、脂肪がつきやすくなります。特に、空腹を通り越したときは要注意です。血糖値が下がっているときが、お腹が空くタイミングであり、この空腹を通り越してしまうと体内では筋肉を分解してブドウ糖を補おうとします。食事を摂らないダイエットを行う方がいらっしゃいますが、欠食している時間が長くなると、筋肉量が低下して代謝も下がり、脂肪がつきやすく太りやすい体になるのです。これを防ぐために、あえて間食して空腹時間を避けるのが良いですね」 石川先生「食事量を減らすことだけを考えるのではなく、夜の献立は脂質を抑えた食事にするのがおすすめです。サラダにはノンオイルドレッシングを選んだり、消化が良く体を温める野菜スープを選んだり。タンパク質であれば、お肉よりは豆腐や卵などの脂質の少ないものを選ぶようにするなど、食材を工夫して脂質摂取量を抑えましょう。主菜はゆで卵、副菜は野菜スープなど、脂質を少なめにするのはコンビニ食でも叶いますよ」 外食で行うダイエットについて 【質問1】夜の食事会が続き、なかなか食生活をコントロールできません。それでも痩せるにはどうしたらいいですか? 石川先生「外食ですと、揚げ物や炒め物などの脂質多めな食事が出がちです。脂質をなるべく避けるのが、ダイエットを行うコツですね。ステーキであれば、脂身が多いサーロインではなくヒレを選んだり、お魚であれば、鯖や秋刀魚などの脂がのったものよりも、鮭、鱈といった白身魚などの脂質が少ないものを選んだりすると、それだけでも脂質の摂取量はかなり変わってきます。日々の食材の選び方に気を付けるだけで、食事全体の脂質量を減らせますよ」 石川先生「食べる順番にも気をつけると良いですね。食物繊維が豊富な野菜から食べるようにすると、血糖値の上昇を緩やかにしてくれるので脂肪をつきにくくすることができます。野菜の次に食べるのは、タンパク質のお肉やお魚です。そして最後にご飯などの炭水化物を摂るようにすると、外食でも太りにくい食事ができます」 【質問2】パスタやカレーライスなどの炭水化物が多いプレートの場合、どうすれば太りにくい食べ方ができますか? 石川先生「サラダやスープなどセットメニューを頼んで、野菜や汁物から食べるのがおすすめです。まあ炭水化物は少なめでオーダーしましょう。」 石川先生「カレーのルーもそうですが、外食が多いとどうしても脂質が多くなってしまいます。揚げ物の場合は外せる衣を外してみたり、エビフライや唐揚げを選ぶよりもローストビーフやお刺身を選んでみたりと、食事の選び方で脂質を控えるようにしましょう。もし脂質過多な食事をしたときは、次の食事は油物を控える、運動するなど、意識してコントロールすることが大切です」 ダイエットにおける食生活について 【質問1】揚げ物や焼き肉など、脂質の多い外食の場合、取り入れるべき食材や栄養素はありますか? 板橋先生「揚げ物に偏った場合、脂質が多くなり、野菜不足になりやすいので、意識して野菜を摂るようにしましょう。野菜はビタミンやミネラルが豊富なので、脂質の代謝をスムーズにしてくれる働きがあります。また、焼き肉を食べるのなら、サラダやサンチュなどを頼むようにして一緒に野菜も食べるようにするのが大切です」 板橋先生「また、野菜から食べ始めることもダイエットをする上でポイントですね。野菜を先に食べることで、糖質や脂質の吸収抑制効果があります。ご飯ものや油ものの前に、野菜を食べる習慣をつけましょう」 【質問2】ビタミンやミネラルをサプリメントで摂る方法はどうですか? 板橋先生「ご飯で炭水化物を、お肉や魚でタンパク質を、野菜でビタミンやミネラルを摂取した上で、足りないビタミンやミネラルをサプリメントで補うのは良いですが、偏った食生活で基本的な栄養素が不足している場合、特定の栄養素だけをサプリメントで摂ったところで、あまり効果は発揮できません。また、サプリメントにだけ頼ってしまうと、胃腸の働きが低下しかねません。胃腸の働きが悪くなると、便秘になりやすくなり、腸内環境が悪化して肌荒れなどの美容面にも悪影響が出てきます」 サプリメントによる栄養補給に頼りすぎると、噛むことによる満足感が得られなくなるため、しっかり噛んで食べることが重要だそう。また、欠食したり、液体物ばかりだったりする食生活では、胃腸の働きが悪くなりやすいので注意が必要です。 【質問3】コンビニ食で冷えた食事ばかり食べることによる影響は? 板橋先生「冷製のものばかり食べていると、体が冷えて代謝が落ちてしまうため、健康にもダイエットにもよくありません。コンビニ食を選ぶときは、同じ野菜でもサラダなどの生野菜ではなく、お惣菜物を選ぶようにしましょう。またインスタントのスープを食事のはじめに摂るようにすると、温まるので代謝がアップして冷えを予防できますし、満足感を得やすいのでおすすめです」 食事制限や欠食などのダイエットを行っている人も多いかもしれませんが、実は代謝を下げて太りやすい体質にしていたのです。さらに食事管理やダイエットについて知りたい方は、渋谷DSクリニックのDS式栄養指導を受けてみてはいかがでしょうか。

あなたにおすすめの記事

  • 脂肪を冷凍させてサイズダウン!痩身治療「クールスカルプティング」の魅力とは

    美しくなる方法
    2020/10/15

    「ダイエットをしても太ももまわりのお肉が取れない」「二の腕が気になる」「手っ取り早くお腹を痩せたい」そんなお悩みを抱えている方におすすめなのが、渋谷DSクリニックの人気痩身治療『クールスカルプティング』。脂肪を落とすメカニズムから特長まで、クールスカルプティングについてご紹介します。 脂肪を冷却する痩身治療「クールスカルプティング」とは 食事制限や運動だけではなかなか落とせないお腹や太もも、二の腕などのパーツの部分痩せを叶えてくれる痩身治療「クールスカルプティング」。マシンによる痩身治療というと脂肪を温めて燃焼しやすくするものが主流でしたが、クールスカルプティングは冷却することでサイズダウンさせる治療です。その高い脂肪減少効果は世界中で認められており、アメリカのFDA(米国食品医薬品局)やEU、カナダなどの承認を取得しています。そして2017年12月には厚生労働省の承認を取得している最新痩身治療法です。 そんなクールスカルプティングの脂肪を落とすメカニズムは、皮下脂肪のみをシャーベット状に凍らせて破壊するというもの。治療後、約2ヶ月間かけて破壊された脂肪細胞が体外へと排出されるため、自然と痩せることができます。 「クールスカルプティング」のここがスゴイ! 世界中で脂肪減少効果が認められている痩身治療「クールスカルプティング」には主に4つのメリットがあります。 寝ているだけで部分痩せが叶う! 施術箇所はお腹やはじめとし、脚、二の腕、アゴ下など様々な部位を痩せさせることができるので、「脚痩せをしたい」「二の腕についたお肉を取りたい」「お腹周りをサイズダウンしたい」など、あらゆるお悩みを改善できます。無理な食事制限や運動をしなくても、約1時間ベッドに寝ているだけで、サイズダウンが叶います。 体への負担も少ない 脂肪吸引などの手術と異なり、メスを一切使用せず、脂肪細胞を減少させるため、体への負担が少ない痩身治療です。また、脂肪は皮膚や筋肉、血管などよりも高い温度で凍る性質を持っているため、他の組織を傷つけることもありません。 リバウンドしにくい 脂肪細胞そのものを減少させる痩身治療なので、施術箇所がリバウンドしにくいのもメリットの一つ。 繰り返すことで驚きのサイズダウン 一回の治療でも痩身効果を実感することができる「クールスカルプティング」ですが、回数を重ねることでより高い効果が期待できます。 渋谷DSクリニックの「クールスカルプティング」 痩身専門院の渋谷DSクリニックの「クールスカルプティング」は、脂肪吸引に抵抗がある方や、体重は落とせてもお腹周りや太もも周りのお肉が落ちない方、周囲にバレずにサイズダウンしたい方などに人気の治療です。治療は座った状態で行うため、治療中は雑誌を読んだり、眠ったりとリラックスした状態で受けることができます。 一度ついてしまうと落ちにくいお腹や二の腕などのパーツも、クールスカルプティングなら自然と部分痩せをすることができます。気になるお肉を落として、美しいボディラインを手に入れてみませんか?

  • 我慢するどころか、チョコを食べて痩せる?!「チョコレートダイエット」の真相を聞いてみた

    美しくなる方法
    2019/02/09

    数年前から続く、ハイカカオチョコレートブーム。今年もバレンタイン商品にはカカオ含有率70%以上のハイカカオ商品が目白押し! そんなバレンタインシーズンの最中、「チョコレートダイエット」なる夢のようなダイエット方法があると耳にしたのですが…。そんな甘いダイエット法が本当あるのでしょうか?その方法と効果について調べてみました。 チョコレートダイエットとは チョコレートダイエットの方法は、ハイカカオチョコレートと呼ばれるカカオの含有量が70%以上のものを少量、朝昼夜の食前に食べるだけ。たったこれだけ!? 一日三回も食べていいの?と疑ってしまうようなダイエット方法。 チョコレートダイエットの仕組み カカオ含有量が70%以上のものは他のチョコレートに比べてカロリーが低く、なおかつゆっくりと血糖値を上げる効果があるので、食前に食べることで血糖値をゆっくりと上げ、満腹中枢を刺激して食べ過ぎるということを抑えてくれる、という説のようです。 でも、ビターなハイカカオとはいえ、チョコレートを食べるだけで痩せることはないのでは? そこで、どのような効果があるのか、そしてどんな注意点があるのか、ダイエット専門クリニックのドクターに聞いてみました。 ここが肝心!チョコレートダイエットの注意点 朝昼夜の食事内容は「栄養バランスが取れている」が大前提 血糖値の上昇を緩やかにする食前のハイカカオチョコレートダイエットも、食事内容次第ではダイエットになりません。栄養バランスの取れた適切なカロリーの食事を、欠食することなくきちんと三食とることが大切です。 「ハイカカオ」でこそ意味がある カカオ含有率が70%のハイカカオチョコレートだからこそ糖質が少なく、チョコレートダイエットに向いています。一般的にミルクチョコレート・ブラックチョコレートと呼ばれるチョコレートのカカオは20〜60%で、それ以外は砂糖や乳成分ということになります。 間食として、ダイエット中は一日100〜150kcalが目安 とはいえ、チョコレートは間食の扱い。ダイエット中の間食は100〜150kcal程度までにとどめておくべきだそう。やっぱり食べ過ぎはNGなのですね…! となると、チョコレートダイエットでは1回あたり1〜2かけらのハイカカオチョコレートを食前に食べるのがちょうどいいくらいの量になります。 チョコレートを食べる理由になるダイエット?! チョコレートが好きな女性はとても多いはず。好きなものを食べて、ダイエットができるのであれば、こんな良い方法はないですよね! チョコレートがストレス解消になっている、という方もいるかもしれませんが、渋谷DSクリニックでも、ダイエットのために間食を一切絶つようなアドバイスはしていないんだそう。食べ方や食べる量に注意は必要ですが、今年のバレンタインの自分用チョコは「ハイカカオチョコレート」を選んでみてはいかがでしょうか? 今回お話を伺ったドクターは、渋谷DSクリニック 渋谷院・院長の林博之先生。同クリニックでは医師による診断のもと、バランスよく一日三食食べて痩せるための管理栄養士による『栄養指導』をはじめ、健康的かつ効率的なダイエットの指導・治療提案を行っています。

  • 強制モチベーションでダイエットに挑もう!

    美しくなる方法
    2017/09/26

    ダイエットに挑戦するとき、女子はみんな『痩せたい』と思っているはずです。しかし、結局心がくじけてしまうのはどうしてでしょうか?それは『痩せたい』ではなくて『絶対に痩せてやる』というモチベーションが足りないからなのです。 自分の誘惑、欲望ぜったい負けない!モチベーション上げダイエット ダイエットをしていて一番辛いのは、食事制限や運動よりも結果が伴わないことです。どんなにがんばっていても体重が変動しないのであれば心が折れてしまいそうになるでしょう。そして、つい間食をしたり運動をサボったりして、ズルズルとダイエットがうやむやになってしまうのです。 こんな傾向から分かるのは、ダイエットとは『何をするか』と同じくらい『どんな気持ちでするか』が大切だということです。 そこで、ダイエットを始めるときには具体的な目標やイメージ像を持ってモチベーションを引き上げることをおすすめします。目標は具体的であればあるほどモチベーションは高まります。そして、もしもサボりたい誘惑に襲われたときにはダイエットの目標を思い出しましょう。 ここでサボったら目標から遠ざかってしまう、そんなプレッシャーがあなたをストイックに奮い立たせてくれるはずです。 まるで強迫観念のように何度もモチベーションを確認することで、『ダイエットをサボる』状態のほうが違和感を抱くようになる、それがモチベーション上げダイエットの真髄です。 強い乙女心をもって、今度こそ変わろうとモチベーションを上げる どんな目標をモチベーションにすればいいのかというと、少々高望みなくらいが丁度いいでしょう。 手近な目標ほど余裕を感じてしまって気が緩みがちです。 たとえば、『憧れの雑誌モデルのようになりたい』だとか『夏までに5キロ痩せたい』など、ハードにダイエットと向き合わなければ達成できないような目標を立てることをおすすめします。そんなモチベーションを支えてくれるのはずばり『乙女心』です。女性にとって何よりもモチベーションになるのは『可愛く見られたい』という気持ちではないでしょうか。 健康のためや就職活動の印象を上げるためなどの理由も立派ではありますが、いざというときに女性をがんばらせるのは乙女心です。 理論的にダイエットがいかに健康のためになるかを意識するよりも、ダイエットできれいになるというモチベーションには理屈を越えた力があります。 健康のために間食を我慢するのは無理でも、『これを食べればウエストが太くなる』と思えば我慢できるのではないでしょうか。モチベーション上げダイエットとは女子力を取り戻すプロセスでもあるのです。 なりたい自分をイメージし、ダイエットにまっしぐら! 具体的な目標が決まったら、そこから逆算して自分のやるべきことを明確にしていきます。たとえば憧れのモデルのような体型を目指すとして、そのモデルの魅力は何なのかと考えましょう。 引き締まったウエストであれば、贅肉を落とすための筋トレや有酸素運動が効果的です。 細い美脚が好きならばスクワットで足を引き締め、歩くフォームなどの生活習慣を見直す必要があるでしょう。モデルが実際に取り入れているトレーニングや食事制限などを真似してみるのも効果的です。 ダイエット中、避けたいのはネガティブな思考を抱いてしまうことです。 『どうせ私なんかができっこない』と後ろ向きになってしまえば、成功するものもしなくなってしまいます。 それよりも周囲を見返してやろうという勢いで、一心不乱にダイエットに取り組むほうが結果につながります。 モチベーション上げダイエットの大きなメリットは、自分自身の心や周囲からもれる雑音に惑わされず、ダイエットへとまっしぐらになれる点です。 モチベーションを高めるだけ高めて、ダイエットを成功させましょう。