【症例】新しい脂肪溶解注射|ダイエット外来渋谷の全身・部分痩せ医療ダイエット・肥満外来なら渋谷DSクリニック

MENU

銀座院 0120-877-850

渋谷院 0120-951-135

WEB予約

資料請求

メール相談

【症例】新しい脂肪溶解注射

2018/06/01
  • 後でこの記事を読むなら、
    はてなブックマークが便利です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

脂肪細胞を溶かすだけではなく、新しい脂肪細胞を抑制するプロストロレーン

50代女性の場合

治療内容

プロストロレーン腹部:60本 ・ダイエット3ヶ月プラン高周波治療 ・ウルトラメディカルスリムクールスカルプティング

治療期間

5ヶ月間

測定結果

体重:54.8kg→49.8kg  体脂肪:36.2%→30.5% ウエスト:85.7cm→75.0cm ヒップ:93.4cm→87.5cm

測定日

2018年4月~2018年6月

美しくなる方法の関連記事

  • 約5人に1人が糖尿病!?肥満が招く生活習慣病の実態

    美しくなる方法
    2017/07/26

    定期検診で「このままでは糖尿病になりますよ」と言われた経験、ありませんか。実は今、日本人の約5人に1人が糖尿病または糖尿病予備群と診断されており、生活習慣病がかなり身近な存在になりつつあるのです。 「私は大丈夫」 そう思っていても、発症前の自覚症状がほとんどないため、知らず知らずのうちに糖尿病予備群になってしまっている方が多く、気付かないうちに進行していて、「症状が出てから糖尿病が発覚した!」なんてケースも。本当は恐ろしい肥満ボディ、あなたは大丈夫ですか? 肥満ボディは生活習慣病の元 生活習慣病と聞くと、偏食や喫煙、アルコールの過剰摂取などといった生活習慣を送っている人がなるものだと思っている方が多いのですが、肥満ボディも発症のリスクを高める要因の一つ。中でも糖尿病の発症は肥満と密接な関わりがあるのです。 肥満が糖尿病を引き起こすメカニズム 「血糖値」という言葉は聞いたことがあるはず。血糖値とは、その名の通り血液中の糖分の濃度を数値化したものですが、これが高ければ高いほど血液がドロドロになってしまったり、高血糖になったりして糖尿病を発症する原因になってしまいます。 普段はこの血糖値を正常に保つために、膵臓から分泌されるホルモン「インスリン」が糖分をエネルギーに変えて消費し、血糖バランスを一定に保っているのですが、糖分の摂取量が過剰になるとインスリンの分泌が追いつかなくなったり、インスリンの効きが悪くなり、糖分が消費されず、どんどん血糖値が高くなってしまうのです。 つまり、糖尿病の一因である高血糖な状態を回避するためには、糖分の摂取量を調整し、肥満にならないようにダイエットすることが大切です。 栄養バランスを考え肥満を予防しよう 肥満にならないために、また肥満から抜け出すためには、栄養バランスを見直すことが先決。1日の食事量を思い出してみて、糖分や炭水化物の摂取量が多くなっていないかチェックをしてみましょう。 「栄養ってどれだけ摂ればいいの?」 そんな疑問を持つ方も多いはず。体質や生活スタイルによって摂るべき栄養素の量は人それぞれ。だからこそ渋谷DSクリニックの栄養指導プランを受けて、効率的に減量していくのも選択肢の一つです。ダイエットクリニックだからこそ、肥満を予防・改善しながら減量しやすいボディになる栄養指導を受けることができます。 痩せるだけでなく、糖尿病になるのを防ぐためにもダイエットに励んで、健康的な体を手に入れてみませんか。

  • リバウンドする人は全体の6割!確実に痩せるダイエット法

    美しくなる方法
    2018/06/14

    苦労して減量しても、ダイエットをやめた途端元に戻ってしまう…そんなリバウンドに悩まされている方が多く、中にはダイエットを始める前より太ってしまったという方も。繰り返すと太りやすい体質にもなるリバウンドは、ダイエットをする上で避けたいところ。確実に痩せるためにはどんなダイエットが正解なのでしょうか。 無理をするダイエットはリバウンドの傾向あり 痩せてダイエットに成功した方が、やめた途端に体重が増え、ダイエット前よりも太ってしまう現象「リバウンド」。その原因には体のメカニズムによるものと、間違ったダイエット法によるものがあり、前者では「ホメオスタシス」と「レプチン」が関係しています。 食事制限によるダイエットを行うと、「最初は順調に体重が減ったのにある時期から減らなくなった」という停滞期の経験はありませんか。体に入ってくる食事の量が少なくなると、体をどうにか維持しようとエネルギーの消費量を減少させる「ホメオスタシス(恒常性維持機能)」という体の機能が働きます。これにより食事の量にともなってエネルギー消費量が減少するため、体重が減りにくくなります。停滞期にダイエットをやめたとしてもこのホメオスタシスは機能し続けて消費量を減少させているため、食事の量を元に戻すとそれだけエネルギーが余り、余分な脂肪がどんどん蓄積されてしまうのです。 また、脂肪細胞に脂肪が吸収されると分泌されて満腹中枢を刺激する物質「レプチン」もリバウンドの原因の一つ。ダイエット中に食事の量を減らしていると、このレプチンの分泌量も減ってしまいます。食事を元に戻せばレプチンもまた分泌量が増えるのですが約1ヶ月かけて徐々に戻っていくため、レプチンの分泌量が少ない段階でダイエット前の食事量に戻した場合、満腹感が得られずに食べすぎる傾向にあるのです。 以上のような体のメカニズムをきちんと考慮した上で、食事の量を元に戻していかないとリバウンドの可能性は高まります。 そして間違ったリバウンドしやすいダイエットの特徴としては、 無計画なダイエットプラン 急激な食事量の減少や、過剰な運動などのダイエット法は続かず、高確率で挫折します。計画性を持って、体質に合った方法や生活習慣の中で無理をしないダイエットを行うことが重要です。 体重重視のダイエット ダイエットを始めると体重の増減が気になるはず。ですが、運動によって筋肉量が増えれば体は引き締まりますが体重は重くなります。そのため体重自体の変動が少なくなることもあり、体重のみで考えていると「なぜ痩せないんだろう」とストレスを溜めてしまう原因に。 短期間で結果を出そうとするダイエット 痩せるからにはなるべく早く結果を出したいと思うのは誰しも同じ。ですが一時的に食事の量を減らして痩せたとしても、それは体脂肪が減ったわけではなく、体の水分が減っただけのこと。通常の食事に戻せば自ずとリバウンドしてしまいます。 食事制限のみのダイエット 運動をしないで痩せようとすると、体脂肪と同時に筋肉量も減ってしまいます。筋肉量が減れば基礎代謝も低下し、太りやすい体質になります。 単品、偏食タイプのダイエット リンゴしか食べない、バナナしか食べない、野菜しか食べない…など栄養素が足りていないと、体は栄養の吸収を良くしてエネルギーを溜め込もうとします。すると筋肉だけ減ってしまい、体脂肪が残るため、体脂肪率はぐんぐん高まる結果に。栄養バランスの良い食事はダイエットの基本です。 糖質制限ダイエット 白米を一切食べないなどの必要以上の糖質制限をすると、満腹感が得られにくく、我慢やストレスが伴い、その反動で暴飲暴食に走ってしまうケースも。さらに糖質制限を行っている体は糖質飢餓が常態となっている「糖質飢餓状態」であるため、糖質がぐんぐん消化・吸収されやすくなります。痩せたからと安易に通常どおりの食事に戻すと、いつも以上に糖質を体に取り入れてしまい、その分体重が増加してやめた途端にリバウンドしてしまうのです。また、脳のエネルギー源になる糖質が不足することで頭がボーっとする、集中力の低下のリスクもあります。 基本的に無理なダイエットはリバウンドが付き物です。ダイエットは痩せたら終わりではなく、その状態をキープし続けることが大切。短期間だったり、過度な食事制限や過剰な運動など無理をしたりするとストレスを抱えてしまいます。ストレスを溜め込むと暴飲暴食をしやすくなり、リバウンドのにもつながります。無理のないダイエットでストレスを抱えることなく痩せるのが一番です。 リバウンドせずに痩せるためには一日3食しっかり食べること! リバウンドしないために大切なのは、計画的なダイエットプラン。体重が急激に減るとホメオスタシスが働くため、体重の減少は1ヶ月で5%以内にし、無理せず減量することがリバウンドしないためにも長期的にダイエットを行うことがリバウンドしないためにも重要です。またレプチンの分泌量を減らさないように、特に食事は一日3食しっかり食べるのがリバウンドを起こさない秘訣です。 とは言え、「一日3食も食べたら太ってしまうのでは」と心配される方もいるはず。そこでおすすめしたいのが渋谷DSクリニックの栄養指導プランです。食事記録ノートを使ってカウンセリングを行う栄養指導では、痩せやすい体質になる食べ方や栄養バランスを整えるための食事方法について管理栄養士がアドバイスします。外食やコンビニ食が多いという方でも、食事のポイントや選ぶべきメニューなどを教えてくれるので、無理なくライフスタイルに合った食生活を送ることができストレスも溜まりにくくなります。食の専門家から学べるので今後のダイエット生活においても一生使える知識が身につく栄養指導プランは、メールやLINEで遠隔的にアドバイスを受けることもでき、忙しい方でもきちんと指導を受けることができます。 無理をするダイエットだからこそリバウンドしやすくなるもの。3食しっかり食べながら痩せやすい体質を作る栄養指導プランで、ストレスのない食事コントロールをはじめてみませんか。

  • ブヨブヨ二の腕が片腕約1時間で変わる!凍らせて痩せさせる最新医療ダイエット

    美しくなる方法
    2017/04/20

    春の訪れに喜ぶ一方で、気になるのが薄着になると目立つタポタポの二の腕のお肉。ちょっとでも二の腕に脂肪がついていると、上半身が太って見えてしまいやすいため、本格的な薄着の季節が到来する前に絞っておきたいパーツです。とは言え、ダイエットでサイズダウンしても、なかなか落ちない二の腕部分。「食事制限も痩身エステもやってみたけれどなかなか効果がなくて……」そんな二の腕で悩めるダイエッターのあなたに、渋谷DSクリニックがオススメする部分痩せ法をご紹介します。 実は難易度が高い二の腕のダイエット 一度お肉がついてしまうとなかなか落ちないパーツの代表、二の腕。全体をサイズダウンしても、ムチムチっとした脂肪が残ってしまいがち。と言うのも、二の腕にある上腕三頭筋は日常生活であまり使われない筋肉。そのため、筋力が低下しやすく、老廃物がたまってむくみやすかったり、セルライトができやすくなります。つまり、二の腕をほっそりと痩せさせるためには、まずは溜まった脂肪やセルライトをガッツリ燃焼しなければならないのです。 今からの準備が吉!脂肪凍結でサクッと二の腕痩せ 自力で痩せるためにかなり筋トレや、むくみを取ってリンパと血行を流すマッサージなどが必要不可欠な二の腕痩せ。ただし、運動習慣がない人にとっては毎日上腕三頭筋を鍛えたりするのは、なかなかハードなダイエット法のはず。 そこでオススメしたいのが、渋谷DSクリニックのクールスカルプティング。片腕たった45分〜1時間で、寝ながらにして簡単に二の腕痩せが叶う、最新の部分痩せ治療です。長年蓄積された脂肪細胞を凍らせて破壊し、体外へ排出させる画期的なこの治療なら、振り袖のように揺れるブヨブヨとたるんだ二の腕でもスッキリとサイズダウンできます。 「凍らせるって……皮膚が凍傷にならないの?」と心配する必要は一切なし。クールスカルプティングの何が凄いのかというと、脂肪細胞のみを凍らせるという点です。脂肪は他の組織よりも高い温度で凍る性質を持っているため、皮膚や他の組織に影響がなく、皮下脂肪以外の組織を傷つける心配もありません。 また、メスや注射を使わないので痛みに弱い方でも安心して受けられますし、ダウンタイムもほとんどないため、周りに気付かれずにあっという間に二の腕痩せが可能に!  クールスカルプティングは脂肪細胞自体を減らすので、当然リバウンドもしにくくなります。今までリバウンドを繰り返している人や、運動や食事制限の厳しいダイエットが苦手な人でも、二の腕痩せができるクールスカルプティング。この春は渋谷DSクリニックの二の腕痩せ治療で、あなた史上最高のほっそり美腕を目指してみては?

あなたにおすすめの記事

  • 糖質制限ダイエットには大きな落とし穴が!1日3食食べて痩せる方法

    内側から美しくする方法
    2018/10/22

    お米やパンなどの炭水化物を抜いたり、糖質が含まれる食材の摂取を制限したりする糖質制限ダイエット。その人気は高まる一方で、昨年には英医学誌にて「炭水化物は寿命を縮める」という衝撃の論文まで発表されるなど糖質制限ダイエットの良い点のみが注目されていますが、実は健康や痩せる上でデメリットがあるのです。 「炭水化物は寿命を縮める」衝撃論文の実態 2017年、英医学誌ランセットに「炭水化物の摂取増加で死亡のリスクが上昇する」という内容の論文が掲載され話題を呼びました。この論文は、カナダのマクマスター大学のMahshid Dehghan博士らが報告したものであり、5大陸18カ国で全死亡と心血管疾患に対し食事がどのように影響するのかを検証した研究の結果です。低所得、中所得、高所得の18カ国を網羅しており、その点においても信頼性の高い研究だと言われています。 その内容は、炭水化物の摂取量の多さは全死亡リスクの上昇に関連していること、総脂質や各種脂質も摂取量の多さが全死亡リスクの低下と関連していること、脂質は心血管疾患・心筋梗塞・心血管疾患死と関連していないこと、飽和脂肪酸の摂取量と脳卒中の発症リスクが反比例しているということです。つまり、炭水化物の摂取量が多ければ多いほどあらゆる死亡のリスクが高まり、脂質の摂取量が多ければ多いほど死亡率は低下する、という衝撃の論文でした。 では糖質制限ダイエットは健康やダイエット面で適切なのでしょうか? 糖質制限ダイエットは簡単に取り入れやすく、面倒なカロリー計算をしなくても糖質を抜くだけでできたり、短期間で体重を落とすことができたりと、誰でも手軽に行えるのがメリットです。しかし、良いことばかりではありません。結果が出やすいからと安易に糖質制限ダイエットを始めるのは注意が必要であり、ダイエット専門院の渋谷DSクリニック林院長は論文を疑問視しています。糖質制限ダイエットは結果が出やすい一方で、やめた途端に体内が糖質をぐんぐん吸収し、リバウンドしやすくなります。また基礎代謝や筋力量も低下してしまいます。論文によれば炭水化物の摂取量の多さが全死亡リスクを高めますが、摂取量を制限することによるデメリットも大きいのが事実です。 また、白米を一切食べないなどの必要以上の糖質制限をしていると満腹感が得られにくく、その結果、我慢やストレスが伴い、その反動で暴飲暴食に走ってしまうケースも少なくありません。そして、糖質制限ダイエットは美容面にも悪影響を及ぼします。糖質は体に必要な栄養素であり、不足することによって全身に送り届けられる栄養も自ずと少なくなります。すると肌や髪への栄養が行き渡らなくなり、肌荒れを起こしたり、髪がダメージを受けたりしてしまうのです。 渋谷DSクリニックの考え方 ダイエット専門院の渋谷DSクリニックでは、糖質制限食によるダイエットはおすすめしていません。栄養バランスのとれた食事を1日3食しっかり食べながら痩せるダイエットを推奨しています。「1日に3食も食べて痩せられるの?」と疑問に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、「食べない=痩せる」は間違いであり、欠食は栄養不足を招くだけでなく、基礎代謝や筋肉量の低下を引き起こします。 渋谷DSクリニックの「DS式栄養指導」では、専任の管理栄養士による栄養指導を行っており、1日3食きちんと食べながら健康的に痩せることができます。日々の食事の記録をもとに行うため、ライフスタイルや体調、体質に合わせた食事のアドバイスを受けることができます。外食やコンビニ食が中心の食生活の方でも、痩せるための食べ方や食材の選び方を学ぶことで無理なくダイエットができるのです。 短期間で減量できる糖質制限ダイエットですが、リバウンド、基礎代謝・筋肉量の低下、栄養不足による体調不良など、デメリットがたくさんあります。健康的に痩せるためには1日3食、栄養バランスの良い食生活が欠かせません。食事の知識を学ぶことができるDS式栄養指導プランなら、痩せた後も体型をキープしながら太りにくい体質を作ることができます。一生使える食事法を学んで、健康的なダイエット を行いませんか。

  • 最高のパフォーマンスを求めるならばダイエット外来へ!

    美しくなる方法
    2019/03/13

    ビジネスの最前線で活躍している方や、公私を問わず忙しく過ごしている方にとって、健康なカラダを維持し、高いパフォーマンスを維持することは最優先課題といえます。 疲れが残りやすくなったり、動きが鈍くなっているという場合に、案外関係が大きいのがカラダの状態です。心とカラダは深く繋がっていて、カラダの重たさは脳の活動にも多少なりとも影響します。 「もっとアグレッシブに活動したい」「最高のパフォーマンスを発揮したい」「若い頃のような体型に戻りたい」など、ご自身のカラダについて考えるきっかけは人それぞれでしょう。 でも、実際にダイエットに取り組もうとしても、「忙しい」「付き合いが多い」などの理由で挫折してしまう男性は非常に多いのです。そんな悩める忙しい男性に、ダイエットの方法を適格にアドバイスして、さまざまな目的と悩みにフィットするのが渋谷DSクリニックの「ダイエット外来」です。 40代以降の男性はダイエットしづらい? 「昔は少し運動すれば体型が元に戻ったのに…」「食べてないのに太りやすくなった」などの悩みは40代以降になると増えてきます。それは中年以降になると代謝が低下して、太りやすくなってしまうためです。 正しい食事療法で食べる量を減らすダイエットは、30歳くらいまでならば効果が出やすいでしょう。また、やみくもな筋トレや有酸素運動で痩せられるのは30代までです。 残念なことに、40代以降では若い頃のような単純なダイエット方法では通用しなくなってきます。 若い頃であれば食べないだけで短期に痩せることもできますが、40代以降では生活習慣の根本的な見直しが必要です。ただ、食事量を減らすだけ、気が向いたときだけ運動…という方法では正直やせられません。 40代以降では生活習慣病のリスクも高くなってくるため、乱れた食生活や極端な食事制限は健康面を考えるとリスクが高くなります。リバウンドを何度も繰り返す…という状態がつづくと、カラダはますます太りやすくなってしまうので要注意です。 男性よりも女性の方がダイエット成功率が高いって本当? 40代以降の男性でも「食べないだけでは痩せないのか」と肩を落とす必要はありません。なぜなら、男性の方が女性と比べてダイエットに成功しやすい性質があるからです。 その理由は2つ。まずは、男性はストレスが加わったとき食欲が低下する人が多い傾向があるためです。 女性はホルモンの影響でストレスがかかると過食に走ってしまう傾向があります。でも、男性の場合は、ストレスがある状態でも割と食事のバランスを崩さずいられる人が多いのです。むしろ食欲が落ちる男性も多いようです。 また2つ目に女性ホルモンの影響を受けないので、食欲のコントロールがしやすいことも理由です。女性はどうしても女性ホルモンのバランスの乱れにより食欲にムラができやすい性質があります。男性はホルモンバランスの影響が少なく食欲が安定している傾向があります。 以上の理由から、男性は割と簡単に食事制限ができてしまう人が多く、「1日1食しか食べない」「夜は食べない」「断食にトライする」などの方法でダイエットに取り組む男性もいます。しかし、自己流の極端な食事制限は当院ではおすすめしていません。 あなたはダイエットが必要?簡単チェック! 自分のことを客観的に見ることができないと、なかなかダイエットしようと奮起することは難しいかもしれません。次のチェックリストに当てはまる項目がある人は、ダイエットを検討した方が良いでしょう。 健康診断で肥満判定を受けた 面白い周囲に「最近太ったじゃない?」と言われる 面白いベルトの上にお腹の肉が乗る 面白い痩せたい気持ちはあるが行動していない 面白い昔と比べて食べてないのに太ってきた 面白いカラダが重たくて階段がしんどい 40代以降の男性の場合には、生活の中で一日一日、積み重ねるようなダイエットを継続していくしか方法はありません。自己流の食べないダイエットではなく、根本的な生活習慣の改善が必要です。 DSクリニックは食べてよいダイエット 私たち渋谷DSクリニックが提案しているのは「食べてよいダイエット」です。ダイエット外来では皆さんに栄養指導を行なっています。普段の食生活を振り返ってもらい、問題点を一緒に洗い出していきます。そして、仕事のリズムや生活に見合った食事内容を細かく指導していきます。 渋谷DSクリニックのダイエットは食べないダイエットではないので、食事ができないストレスが少ないことがメリットです。ダイエットだけではなく、脂質や糖質のコントロールも可能になり生活習慣病の予防にもつながります。 ダイエット外来というと女性向きのイメージがあるかもしれませんが、実は男性も多く通われています。自分だけでは難しい生活習慣の改善を私たちが全力でサポートします! まずは痩身治療体験で実感! クリニックに行くのは敷居が高いと感じるかもしれませんが、まずは気軽に相談のつもりでトライアルにご来院ください。体型測定を受けて自分の状態を把握できるとダイエットへの意欲もわいてくるはずです。 「自分らしい最高のパフォーマンスを発揮したい!」「あの頃の体型に戻りたい」といった希望を渋谷DSクリニックで叶えてみませんか?まずは自分の状態を把握することがスタートラインです。一人で思い悩まずに私たち渋谷DSクリニックのダイエット外来に気軽に相談してください。

  • 脂肪を冷凍させてサイズダウン!痩身治療「クールスカルプティング」の魅力とは

    美しくなる方法
    2018/07/30

    「ダイエットをしても太ももまわりのお肉が取れない」「二の腕が気になる」「手っ取り早くお腹を痩せたい」そんなお悩みを抱えている方におすすめなのが、渋谷DSクリニックの人気痩身治療『クールスカルプティング』。脂肪を落とすメカニズムから特長まで、クールスカルプティングについてご紹介します。 脂肪を冷却する痩身治療「クールスカルプティング」とは 食事制限や運動だけではなかなか落とせないお腹や太もも、二の腕などのパーツの部分痩せを叶えてくれる痩身治療「クールスカルプティング」。マシンによる痩身治療というと脂肪を温めて燃焼しやすくするものが主流でしたが、クールスカルプティングは冷却することでサイズダウンさせる治療です。その高い脂肪減少効果は世界中で認められており、アメリカのFDA(米国食品医薬品局)やEU、カナダなどの承認を取得しています。そして2017年12月には厚生労働省の承認を取得している最新痩身治療法です。 そんなクールスカルプティングの脂肪を落とすメカニズムは、皮下脂肪のみをシャーベット状に凍らせて破壊するというもの。治療後、約2ヶ月間かけて破壊された脂肪細胞が体外へと排出されるため、自然と痩せることができます。 「クールスカルプティング」のここがスゴイ! 世界中で脂肪減少効果が認められている痩身治療「クールスカルプティング」には主に4つのメリットがあります。 寝ているだけで部分痩せが叶う! 施術箇所はお腹やはじめとし、脚、二の腕、アゴ下など様々な部位を痩せさせることができるので、「脚痩せをしたい」「二の腕についたお肉を取りたい」「お腹周りをサイズダウンしたい」など、あらゆるお悩みを改善できます。無理な食事制限や運動をしなくても、約1時間ベッドに寝ているだけで、サイズダウンが叶います。 体への負担も少ない 脂肪吸引などの手術と異なり、メスを一切使用せず、脂肪細胞を減少させるため、体への負担が少ない痩身治療です。また、脂肪は皮膚や筋肉、血管などよりも高い温度で凍る性質を持っているため、他の組織を傷つけることもありません。 リバウンドしにくい 脂肪細胞そのものを減少させる痩身治療なので、施術箇所がリバウンドしにくいのもメリットの一つ。 繰り返すことで驚きのサイズダウン 一回の治療でも痩身効果を実感することができる「クールスカルプティング」ですが、回数を重ねることでより高い効果が期待できます。 渋谷DSクリニックの「クールスカルプティング」 痩身専門院の渋谷DSクリニックの「クールスカルプティング」は、脂肪吸引に抵抗がある方や、体重は落とせてもお腹周りや太もも周りのお肉が落ちない方、周囲にバレずにサイズダウンしたい方などに人気の治療です。治療は座った状態で行うため、治療中は雑誌を読んだり、眠ったりとリラックスした状態で受けることができます。 一度ついてしまうと落ちにくいお腹や二の腕などのパーツも、クールスカルプティングなら自然と部分痩せをすることができます。気になるお肉を落として、美しいボディラインを手に入れてみませんか?