肥満治療の専門的な外来|医療ダイエットなら渋谷DSクリニックへ渋谷の全身・部分痩せ医療ダイエット・肥満外来なら渋谷DSクリニック

MENU

銀座院 0120-877-850

渋谷院 0120-951-135

WEB予約

資料請求

メール相談

リバウンドする人は全体の6割!確実に痩せるダイエット法

2018/06/14
1
  • 後でこの記事を読むなら、
    はてなブックマークが便利です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

苦労して減量しても、ダイエットをやめた途端元に戻ってしまう…そんなリバウンドに悩まされている方が多く、中にはダイエットを始める前より太ってしまったという方も。繰り返すと太りやすい体質にもなるリバウンドは、ダイエットをする上で避けたいところ。確実に痩せるためにはどんなダイエットが正解なのでしょうか。

無理をするダイエットはリバウンドの傾向あり

痩せてダイエットに成功した方が、やめた途端に体重が増え、ダイエット前よりも太ってしまう現象「リバウンド」。その原因には体のメカニズムによるものと、間違ったダイエット法によるものがあり、前者では「ホメオスタシス」と「レプチン」が関係しています。

食事制限によるダイエットを行うと、「最初は順調に体重が減ったのにある時期から減らなくなった」という停滞期の経験はありませんか。体に入ってくる食事の量が少なくなると、体をどうにか維持しようとエネルギーの消費量を減少させる「ホメオスタシス(恒常性維持機能)」という体の機能が働きます。これにより食事の量にともなってエネルギー消費量が減少するため、体重が減りにくくなります。停滞期にダイエットをやめたとしてもこのホメオスタシスは機能し続けて消費量を減少させているため、食事の量を元に戻すとそれだけエネルギーが余り、余分な脂肪がどんどん蓄積されてしまうのです。

また、脂肪細胞に脂肪が吸収されると分泌されて満腹中枢を刺激する物質「レプチン」もリバウンドの原因の一つ。ダイエット中に食事の量を減らしていると、このレプチンの分泌量も減ってしまいます。食事を元に戻せばレプチンもまた分泌量が増えるのですが約1ヶ月かけて徐々に戻っていくため、レプチンの分泌量が少ない段階でダイエット前の食事量に戻した場合、満腹感が得られずに食べすぎる傾向にあるのです。

以上のような体のメカニズムをきちんと考慮した上で、食事の量を元に戻していかないとリバウンドの可能性は高まります。

そして間違ったリバウンドしやすいダイエットの特徴としては、

無計画なダイエットプラン

急激な食事量の減少や、過剰な運動などのダイエット法は続かず、高確率で挫折します。計画性を持って、体質に合った方法や生活習慣の中で無理をしないダイエットを行うことが重要です。

体重重視のダイエット

ダイエットを始めると体重の増減が気になるはず。ですが、運動によって筋肉量が増えれば体は引き締まりますが体重は重くなります。そのため体重自体の変動が少なくなることもあり、体重のみで考えていると「なぜ痩せないんだろう」とストレスを溜めてしまう原因に。

短期間で結果を出そうとするダイエット

痩せるからにはなるべく早く結果を出したいと思うのは誰しも同じ。ですが一時的に食事の量を減らして痩せたとしても、それは体脂肪が減ったわけではなく、体の水分が減っただけのこと。通常の食事に戻せば自ずとリバウンドしてしまいます。

食事制限のみのダイエット

運動をしないで痩せようとすると、体脂肪と同時に筋肉量も減ってしまいます。筋肉量が減れば基礎代謝も低下し、太りやすい体質になります。

単品、偏食タイプのダイエット

リンゴしか食べない、バナナしか食べない、野菜しか食べない…など栄養素が足りていないと、体は栄養の吸収を良くしてエネルギーを溜め込もうとします。すると筋肉だけ減ってしまい、体脂肪が残るため、体脂肪率はぐんぐん高まる結果に。栄養バランスの良い食事はダイエットの基本です。

糖質制限ダイエット

白米を一切食べないなどの必要以上の糖質制限をすると、満腹感が得られにくく、我慢やストレスが伴い、その反動で暴飲暴食に走ってしまうケースも。さらに糖質制限を行っている体は糖質飢餓が常態となっている「糖質飢餓状態」であるため、糖質がぐんぐん消化・吸収されやすくなります。痩せたからと安易に通常どおりの食事に戻すと、いつも以上に糖質を体に取り入れてしまい、その分体重が増加してやめた途端にリバウンドしてしまうのです。また、脳のエネルギー源になる糖質が不足することで頭がボーっとする、集中力の低下のリスクもあります。

基本的に無理なダイエットはリバウンドが付き物です。ダイエットは痩せたら終わりではなく、その状態をキープし続けることが大切。短期間だったり、過度な食事制限や過剰な運動など無理をしたりするとストレスを抱えてしまいます。ストレスを溜め込むと暴飲暴食をしやすくなり、リバウンドのにもつながります。無理のないダイエットでストレスを抱えることなく痩せるのが一番です。

リバウンドせずに痩せるためには一日3食しっかり食べること!

リバウンドしないために大切なのは、計画的なダイエットプラン。体重が急激に減るとホメオスタシスが働くため、体重の減少は1ヶ月で5%以内にし、無理せず減量することがリバウンドしないためにも長期的にダイエットを行うことがリバウンドしないためにも重要です。またレプチンの分泌量を減らさないように、特に食事は一日3食しっかり食べるのがリバウンドを起こさない秘訣です。

とは言え、「一日3食も食べたら太ってしまうのでは」と心配される方もいるはず。そこでおすすめしたいのが渋谷DSクリニックの栄養指導プランです。食事記録ノートを使ってカウンセリングを行う栄養指導では、痩せやすい体質になる食べ方や栄養バランスを整えるための食事方法について管理栄養士がアドバイスします。外食やコンビニ食が多いという方でも、食事のポイントや選ぶべきメニューなどを教えてくれるので、無理なくライフスタイルに合った食生活を送ることができストレスも溜まりにくくなります。食の専門家から学べるので今後のダイエット生活においても一生使える知識が身につく栄養指導プランは、メールやLINEで遠隔的にアドバイスを受けることもでき、忙しい方でもきちんと指導を受けることができます。

無理をするダイエットだからこそリバウンドしやすくなるもの。3食しっかり食べながら痩せやすい体質を作る栄養指導プランで、ストレスのない食事コントロールをはじめてみませんか。

栄養指導


美しくなる方法の関連記事

  • 16072106_11

    【美容家体験記】15分で小顔を望める痛みの少ない顔脂肪溶解BNLS注射とは

    美しくなる方法
    2016/07/21

    「小顔になりたい」「あご下たるみを消したい」「老け顔をどうにかしたい」そんなフェイスライン悩みを持つ人の中で、今ジワリジワリと話題になっているBNLS注射。皮膚を切ることなく、顔の脂肪を減らすことができるとして、その人気はグングン上昇中です。 「どのくらい顔が小さくなるの?」 「痛みはどの程度…?」 「ダウンタイムはあるの?」 一度行えば小顔効果がほぼ永久的に続くBNLS注射の実態について、美容ライターであり、美容家としても活動している筆者が徹底的にご紹介します。 これさえ読めばBNLS注射の全貌が明らかに…! 顔の脂肪は老け顔の最大要因!? 顔の脂肪溶解と聞くと小顔効果のイメージが強いかもしれませんが、実はこのBNLS注射、老け顔ケアにも大活躍するのです! と言うのも、顔の脂肪はシワを作る要因の一つ。肌のハリが低下してしまったり、顔筋が衰えてしまうと、必然的に脂肪が多い場所がたるんでしまうからです。 特に頬や口周りは脂肪がつきやすく、ほうれい線や二重あごなどのシワが出来やすいスポット。すでにシワが刻まれてしまった場合に限っては残念ながら有効ではありません。 しかし「最近ほうれい線が目立つ」「口周りにたるみを感じ始めた」という老け顔予備軍にとって、顔の脂肪を落とすことがアンチエイジングにつながるのです。 DSクリニックBNLS注射体験記 今回筆者がBNLS注射を希望するに至った経緯を軽くご紹介。体質が変化すると言われるアラサー年齢を迎え、この1年でベスト体重から約8キロも増量してしまった筆者。「これはマズイ!」と一念発起してダイエットを始め、10ヶ月かけてやっと元のスタイルを取り戻しつつあるのですが、顔周りについてしまったお肉は地道なダイエットでは落とせないことを知りました。 小顔マッサージとかフェイシャルヨガとか、顔ダイエットに関するものは片っ端から実践したものの、そういった地道な方法ではむくみケアはできても脂肪はなかなか取れません。しかも、頬についた脂肪がたるみ始め、口周りにほうれい線が現れ出し、エイジング現象を助長してしまう実態に気付いたのです。 「地道な方法を続けていては、ほうれい線のシワはどんどん刻まれていく…!」顔筋を鍛えて脂肪を燃焼させることも可能ですが、その間もエイジングトラブルは進行してしまいます。だからこそ、顔の脂肪を溶解するBNLS注射の力を借りることに決めたのです。   渋谷DSクリニック銀座院へ 今回BNLS注射を受けに訪れたのは、東京メトロ新橋駅から徒歩5分、東京メトロ銀座駅からも徒歩5分の渋谷DSクリニック銀座院。 高級ブランドが立ち並ぶ銀座中央通りに面したビル内にあります。ビル奥のエレベーターで4階へ上がると…   高級スパのようなリラックスムードが漂う木目調の空間が出迎えてくれます。この清潔感があるのに、クリニック特有の緊張感がない雰囲気はDSクリニック独特かもしれません。痛いのが大の苦手で、脱毛を行うときも麻酔クリームが欠かせない私は、クリニックに行き着くまで「顔に注射するのよね…」と内心ドキドキ冷や汗ジワリ状態だったのですが、この癒しの雰囲気で肩の力が抜けました。   問診票に記入 受付を済ませたら待合室へ移動し、問診票を記入します。全個室になっているので、他の患者様と顔を合わせることもありません。プライベートな悩みで訪れるからこそ、プライバシーが徹底して守られる空間は嬉しいポイントです。   問診票を記入後、診察内容や料金についてカウンセラーの方から説明を受けます。その場で疑問に思ったことから予算の相談まで、診察前に気になることをクリアできるのは親切だなと思いました。   カウンセリング 問診票を記入したら、いざ診察ルームへ。 気になる顔肉の箇所を相談すると、丁寧かつ分かりやすく、どこにBNLS注射を打つべきかを説明してくれます。 筆者は笑うとムニッと出る頬肉が気になっていたのですが「頬骨周りの脂肪を取ってしまうと平坦な顔になってしまい、のっぺら坊顔になってしまう」とアドバイスを頂き、ほうれい線より下にのみBNLS注射を打つことに。 コンプレックスを持っていると「顔を小さくしたい」「とにかく脂肪を落としたい」と目先の悩み解消に執着しがちですが、10年後20年後も美しくいるための施術内容を提案してくれる姿勢は信頼度100%。ダイエットに特化したDSクリニックだからこその「どこの脂肪を落とせば美しくなるのか」という美の偏差値の高さを実感しました。   施術準備 メイクを落とし、BNLS注射を行う部位を冷やしていきます。 まるで高級ホテルのようなパウダールームで、思わず優雅な気持ちに。クリニックにいることを忘れてしまいそうでした!   施術スタート 今回筆者は、左右でほうれい線に1本ずつ、口元に1本ずつ、フェイスラインに2本ずつ、あご下に1本ずつ、計10本のBNLS注射を打つことに。   看護師さんが施術箇所を冷やしつつ、先生が手際良くBNLS注射を打っていきます。そのスピード感と言ったら、施術開始から終了まで7分以下。お昼休みにクリニックに訪れて、ランチを食べて帰れるレベルの早さです。   そして肝心の痛みは、蚊に刺されたかのような痛みレベルと言うと言い過ぎかもしれませんが「あれ?顔には神経がないの?」と思うほど、痛みはありません。 むしろ、BNLS注射は「痛み」と表現するよりも「違和感」と言ったほうがしっくり来るほど。ピアスを開けるのが怖いと思うほど痛みに弱い筆者が、談笑しながら施術を受けているのが何よりも証拠です。   BNLS注射を打った後はパウダールームで軽く顔を洗顔し、会計を終えて終了です。   ダウンタイム <施術10分後> 施術直後は注射した部位が若干腫れますが、それも2〜3時間で治まります。 施術当日はメイクをしない方が良いので、施術後ノーメイクで過ごせる日に予約をするのがオススメです。 翌日にはすっかり腫れも引き、メイクもできるので「ほぼダウンタイムがない」と言っても過言ではありません。   ビフォアアフター 気になっていた頬下の肉がスッキリとし、あご周りがシャープに。ほうれい線が出にくくなり、周りからは「痩せた!痩せた!」の嵐です。 その効果は施術後3日目くらいから現れ出し、1週間後には手で顔を包んだときの感触が変わります。 顔の肉付きが細くなったためか、目力もアップしたように感じます。   特に横顔の変化が分かりやすく、首と一体化しつつあったフェイスラインがハッキリと際立つようになりました。激太りしない限り、顔の脂肪がリバウンドすることはないので、一度行えば永久的にその効果が続くのは魅力的。 1回でも効果は実感できますが、より顔のラインを変えたい人は3回ほど施術を行うのが良いそう。私もすっかりBNLS注射の魅力に取りつかれ、最初の施術から10日後には2回目の施術の予約を取ったほどです。 1週間開ければ次回の施術が可能なので、短いスパンで印象を変えられるBNLS注射は大顔や老け顔で悩む人の救世主的存在でしょう。 今回BNLS注射を受けての感想として、何よりも驚いたのがその施術時間と痛みのなさです。 クリニックに来てから施術完了まで約15分という滞在時間と談笑できるほどの痛みは、もはや「顔の脂肪溶解をするぞ!」と意気込んで行くと肩透かしを感じるほど。 大顔や老け顔に悩んでいるのなら、BNLS注射を試してみてはいかが?

  • a

    今年こそ痩せたい・・・まずはお医者さんに相談だ!

    美しくなる方法
    2017/02/14

    忘年会シーズンを経て年末年始のお正月休みに突入、そして今度は新年会・・・と暴飲暴食による肥満や健康被害のリスクが増えるこの季節。すると当然気になるのが、それに伴って増える体重と余分なお肉。毎年その繰り返しで、まずいまずいと思いながらもまた1年が過ぎていく・・・。思い当たる節のある方は、そろそろそんな状況にピリオドを打ちませんか? プロの力を侮るなかれ!ダイエットは自分でするものと思っていませんか? 女性なら誰しも、一度はダイエットの経験があるのではないでしょうか。雑誌やネット、クチコミで得た情報を元に自分なりの食事制限を決行。そんなにたくさん食べてるつもりもない、カロリーだってちゃんと気にしてる、なのに一向に痩せない。ジムに行ったりウォーキングをしたり、それなりに運動もしてみたけれど効果は今ひとつ。一体何がいけないの?と不毛なダイエット経験に凹んだことのある方も多いのでは? そこでちょっと発想を変えてみてください。ダイエットは自分でするものと思っていませんか?「え!?」と思う方も多いでしょうが、私たちは普段、髪を切りたくなったら美容室に行き、美味しいモノを食べたくなったらレストランに行く、という風に日常のあらゆるシーンでプロのスキルを利用していますよね。そう考えると、自己流で結果が出ないなら専門知識を持ったプロと二人三脚でダイエットをする、という選択肢があってもいいのではないのでしょうか? まずはカウンセリングひとりひとりに合ったオーダーメイド痩身プログラムだから安心 渋谷DSクリニックは、ダイエット専門クリニックとして多くの方のダイエットをサポートしてきました。人間は、ひとりひとり体質も違えば体型も違います。職業や勤務形態も様々で生活リズムも人それぞれ。その人に合ったダイエット方法を提案するためにも、カウンセリングは重要なプロセスと考えています。渋谷DSクリニックでは、リラックスしていただけるような居心地の良いカウンセリングルームをご用意してみなさまのお越しをお待ちしています。 医師、栄養士、整体師、漢方薬剤師~多方面からスペシャリストが集結! 渋谷DSクリニックが目指すのは、リバウンドのない健康的な痩せ方。その基本理念のもと、様々な分野のスペシャリストが一丸となって全力でみなさんのダイエットをサポートします。専門知識に基づいたツボを押さえたダイエットプログラムは、なかなか自己流では編み出せませんよね。みなさんをサポートするスペシャリストのチーム編成は、以下のとおり。 ◆医師 超音波で脂肪の厚みを測る皮脂厚計や3Dによる体型分析で、医療の分野からその人に合ったダイエット法を提案。体調管理にも気を配りつつ、健康でキレイな痩せ方をサポートします。 ◆管理栄養士 食の観点からダイエットをサポートしてくれる、管理栄養士。栄養バランスの大切さや痩せやすい体を作るための食材・食べ方についてアドバイスを行います。 ◆整体師 体の歪みは、ダイエットの大敵「冷え」の原因にもなるマイナス要素。整体で正しい骨格に矯正することで、体のラインも変わりダイエット効果も高まります。 ◆漢方薬剤師 10万通り以上もの組み合わせがある中から、自分に合った漢方を“オーダーメイド処方”してくれる漢方薬剤師。体にやさしい、という点も安心ですね。 ちなみにこちらは、DSクリニックの指導のもと17.1kgの減量に成功した来田ルネさんの体験記です。 https://dsclinic.jp/interview/ 実際に体験した方ならではの生の声が聞けるので、ぜひ参考にしてみてください。 いかがでしたか?今まで何度もダイエットを試したけれどいつも失敗に終わっていたという方は、一度プロの力を借りるという選択肢も視野に入れてみてはいかがでしょうか?

  • shutterstock_669223705

    肌荒れの悩みを克服した私が実践した4つのこと

    美しくなる方法
    2017/09/19

    人前に出るもの憂鬱な気分になる、肌荒れ。何をつけても、どんな化粧品を使っても治らず、ニキビやニキビ跡、生活習慣が乱れるとすぐに出来始める吹き出物、ポッカリ開いた毛穴、そして極めつけは敏感肌。そんな肌トラブル常習者だった筆者が、すっかり肌の悩みから開放されるまでに至った治療法をご紹介します。 セルフケアでは限界あり!肌荒れ対策の実態 思春期からずっと肌荒れに苦しんできた筆者。元々ニキビがひどく、大人になって今でも赤みやクレーターとしてニキビ跡が残っています。しかもスキンケアの知識が乏しかった時代、様々なスキンケア法を実践し、自分の肌に合うか合わないかも分からない化粧品を片っ端から試し続けた結果、肌の免疫力が下がってしまい、敏感肌になってしまいました。 少しでも寝不足になれば、ブワッと登場し出す吹き出物の大群に、年齢を重ねるたびに目立ってきたポッカリと開いた乾燥毛穴。どうにか肌荒れ対策を行おうと、生活習慣を見直してみたり、肌に良い栄養バランスの食生活を送ってみたりしたものの、一度荒れた肌土台はなかなか復活することがなく、セルフケアでの限界を感じ、「これはプロに任せるしかない!」と一念発起し、始めた美肌治療がDS式コラーゲン生成ピール、DS式漢方治療、そして渋谷院でのフォトフェイシャルと銀座院でのレーザーフェイシャルでした。 肌荒れの悩み改善に!4つの美肌治療 それまでファンデーションをしないと外を歩けないくらい、肌にコンプレックスを抱えていた筆者でしたが、この4つの治療を経て、今では自慢のスッピン肌に。繰り返していた吹き出物や敏感肌による炎症も、すっかり落ち着きました。肌荒れで悩んでいるのなら、自己流のスキンケアや生活習慣の改善などのセルフケアだけでなく、美肌治療を組み合わせて、多方面から肌荒れ対策を行うのがおすすめです。 DS式コラーゲン生成ピール 長年悩みのタネだったクレーターや赤みなどのニキビ跡と、最近ゴワつきを感じ始めた肌質を改善するために受けたのが、浸透型ピーリングの「DS式コラーゲン生成ピール」。 真皮層に作用して肌のハリや質感を高めてくれる治療です。従来のグリコール酸などを使ったケミカルピーリングは、敏感肌の筆者にとっては刺激が強かったのですが、皮膚の離脱を引き起こさないこのピーリングは肌が敏感な方でも受けることができます。 肌質改善やニキビ跡の改善などはもちろんのこと、コラーゲンの生成を促すため、シワやたるみ対策にも効果が期待できます。どんなに良い化粧品を使っていても、規則正しい生活習慣を送っていても、古い角質や汚れでターンオーバーが乱れていたら肌荒れは改善しないので、肌土台を整えるピーリング治療は肌荒れケアに必要不可欠です。 DS式漢方治療 実は、肌荒れには女性ホルモンや自律神経といった様々な体の機能が関係しています。肌荒れを起こさないようにするためには、体の中から肌トラブルの原因となる冷えやストレスなどを取り除き、血行不良を改善しなければいけません。 そこで始めたのが、「DS式漢方治療」。漢方薬剤師によるカウンセリングによって、自分の体質や悩みにあった完全オーダーメイドの漢方を処方してもらえるこの治療。 元々冷えやすく、血行が悪くなりやすい体質の筆者でしたが、漢方治療を開始して早2週間ほどで「肌質が変わった」実感がありました。それまでゴワつきがちだった肌の表面が、触るとなめらかな感触に変化したのです。そして1ヵ月ほど経った頃には、肌の中からふっくらとみずみずしい肌質になり、それまで繰り返しできていた吹き出物とも無縁に。 血流が良くなったおかげか、顔色のトーンも明るくなり、ファンデーションの色味を一つライトなものに変更したほど。体調も優れ、肌荒れ対策のみならず、強力な体調管理サポートとして漢方を愛飲し続けています。 渋谷院のフォトフェイシャルと銀座院のレーザーフェイシャル ポッカリ毛穴やニキビ跡、シミ、くすみ、たるみなどの肌トラブルを一気にケアできたのがフォトフェイシャルとレーザーフェイシャル。それぞれに特長があり、肌状態に合わせて施術を交互に受けていました。 フォトフェイシャルは特殊な光をあてることで、“生涯老けない肌”へと導き、肌自体の自己再生力をアップさせます。年々増えるシミ、しわ、たるみ、くすみなどのあらゆる肌トラブルをまるごと改善できます。フォトフェイシャルを受けた後は、いちごの表面のように目立っていた毛穴もキュッと引き締まって、鏡でジーっと見ていても分からないほどに。 また、レーザーフェイシャルは光効果で真皮層の線維芽細胞を刺激し、皮膚の自己再生力をサポートしながら、コラーゲンを再生させることで肌トラブルをケアする治療法です。肌に負担をかけずに肌の深部から治療ができ、たった1回でも美肌効果を実感できます。照射後すぐに、自分の肌じゃないと思ってしまうほど超美肌効果が叶うだけでなく、ニキビ予防にもなるため、トラブル知らずななめらかスキンが持続するのも魅力的。 これら4つの治療を続けた結果、冒頭でも述べたように肌荒れがすっかり改善し、今では素肌が自慢になるほどに。ファンデーションが登場する機会もめっきり減り、肌トラブルと無縁の肌で過ごす毎日。筆者同様、肌トラブルで悩んでいるそこのあなた。この4つの治療にトライして、あなたも自慢の肌へ生まれ変わってみては?

あなたにおすすめの記事

  • 1

    脂肪を冷凍させてサイズダウン!痩身治療「クールスカルプティング」の魅力とは

    美しくなる方法
    2018/07/30

    「ダイエットをしても太ももまわりのお肉が取れない」「二の腕が気になる」「手っ取り早くお腹を痩せたい」そんなお悩みを抱えている方におすすめなのが、渋谷DSクリニックの人気痩身治療『クールスカルプティング』。脂肪を落とすメカニズムから特長まで、クールスカルプティングについてご紹介します。 脂肪を冷却する痩身治療「クールスカルプティング」とは 食事制限や運動だけではなかなか落とせないお腹や太もも、二の腕などのパーツの部分痩せを叶えてくれる痩身治療「クールスカルプティング」。マシンによる痩身治療というと脂肪を温めて燃焼しやすくするものが主流でしたが、クールスカルプティングは冷却することでサイズダウンさせる治療です。その高い脂肪減少効果は世界中で認められており、アメリカのFDA(米国食品医薬品局)やEU、カナダなどの承認を取得しています。そして2017年12月には厚生労働省の承認を取得している最新痩身治療法です。 そんなクールスカルプティングの脂肪を落とすメカニズムは、皮下脂肪のみをシャーベット状に凍らせて破壊するというもの。治療後、約2ヶ月間かけて破壊された脂肪細胞が体外へと排出されるため、自然と痩せることができます。 「クールスカルプティング」のここがスゴイ! 世界中で脂肪減少効果が認められている痩身治療「クールスカルプティング」には主に4つのメリットがあります。 寝ているだけで部分痩せが叶う! 施術箇所はお腹やはじめとし、脚、二の腕、アゴ下など様々な部位を痩せさせることができるので、「脚痩せをしたい」「二の腕についたお肉を取りたい」「お腹周りをサイズダウンしたい」など、あらゆるお悩みを改善できます。無理な食事制限や運動をしなくても、約1時間ベッドに寝ているだけで、サイズダウンが叶います。 体への負担も少ない 脂肪吸引などの手術と異なり、メスを一切使用せず、脂肪細胞を減少させるため、体への負担が少ない痩身治療です。また、脂肪は皮膚や筋肉、血管などよりも高い温度で凍る性質を持っているため、他の組織を傷つけることもありません。 リバウンドしにくい 脂肪細胞そのものを減少させる痩身治療なので、施術箇所がリバウンドしにくいのもメリットの一つ。 繰り返すことで驚きのサイズダウン 一回の治療でも痩身効果を実感することができる「クールスカルプティング」ですが、回数を重ねることでより高い効果が期待できます。 渋谷DSクリニックの「クールスカルプティング」 痩身専門院の渋谷DSクリニックの「クールスカルプティング」は、脂肪吸引に抵抗がある方や、体重は落とせてもお腹周りや太もも周りのお肉が落ちない方、周囲にバレずにサイズダウンしたい方などに人気の治療です。治療は座った状態で行うため、治療中は雑誌を読んだり、眠ったりとリラックスした状態で受けることができます。 一度ついてしまうと落ちにくいお腹や二の腕などのパーツも、クールスカルプティングなら自然と部分痩せをすることができます。気になるお肉を落として、美しいボディラインを手に入れてみませんか?

  • 1

    食べ方に気を付けるだけ!?同じ食事でも痩せる食事法をご紹介!

    美しさをキープする方法
    2018/10/22

    同じ食事を摂っているにも関わらず、太りにくい人と太りやすい人がいますが、その違いの一つに食べ方があります。ダイエットにおいて何を食べるかということも大事ですが、食事の食べ方もダイエットを行う上でとても大切です。。毎日の食事に痩せやすい食べ方を取り入れ、効率的にダイエットをしましょう。 太りやすさに影響する血糖値 ダイエットを行う上で鍵となる「血糖値」。血糖値とは血液中のブドウ糖の濃度のことで、食事の摂取によって上がります。この血液中のブドウ糖の元となるのが、主に食事で摂取している炭水化物です。ごはんやパンをはじめ、イモ類、果物などに含まれている炭水化物は、十二指腸でブドウ糖に分解・吸収されて血液中へと流れ込むため、食事後は血糖値が一時的に高くなります。この血糖値の上昇に伴い、膵臓から分泌されるホルモン「インスリン」がエネルギー源としてブドウ糖を全身の細胞に送り込む働きをするため、食後の血糖値は食事前と同じ濃度に低下します。 しかし炭水化物を食事の一番始めに食べたり、早食いしたりするなどして血糖値が急上昇すると、エネルギーとして消費されずに残った余剰なブドウ糖は、脂肪に変えられて蓄積します。また1日1〜2食の場合は空腹の状態が続き、次の食事の吸収率が高まるだけでなく、血糖値を急激に上げることにもつながります。このような食事をしていると太りやすくなるため、いかに血糖値を上げない食事をするかが、ダイエットにおいては大切です。 脂肪は内臓脂肪と皮下脂肪の2種類に分類されており、内臓脂肪の場合、腸を固定する膜「腸間膜」に蓄積します。そんな内臓脂肪型の肥満になると、ビール腹のようにお腹がぽっこりと出っ張った体型になるだけでなく、脂肪細胞からインスリンの働きを低下させる物質「TNFα(ティエヌエフアルファ)」が分泌されるため、皮下脂肪型と比べて血糖値が上がりやすくなります。血糖値の上がりやすさ以外にも内臓脂肪の蓄積によって、動脈硬化の促進、糖尿病・高血圧・脂質異常症を発症・悪化させる原因となるアディポサイトカインの分泌異常が起こり、健康にも悪影響が出ます。 食べ方次第で血糖値の上がり方は変わる! 太りにくくするために血糖値をコントロールするには、食品のGI値に着目することがポイント。GI値とは炭水化物が分解され、糖に変わるまでのスピードを現した数値をさします。GI値が高い食品は一気に血糖値を上昇させて脂肪を蓄積するだけでなく、血液中の糖を処理するために多量のインスリンが分泌されたり、分泌が追いつかなくなったりすることもあります。そんな高GI食品の例として、食パンや精白米、もち、うどん、じゃがいも、人参、上白糖、チョコレートなどが挙げられます。 一方、玄米やキャベツ、ほうれん草、魚介類、おから、枝豆などのGI値が低い食品は糖が穏やかに取り込まれるため、血糖値の上昇も緩やかになり、過剰なインスリン分泌もなく、糖は速やかに体に吸収されます。さらにGI値の低い食品を先に食べると、その食事自体の血糖値の上昇も緩やかになります。つまり、同じ食事であっても、食べ方次第で血糖値の上がり方をコントロールすることができるのです。 GI値を工夫する以外にも血糖値を抑える食べ方を実践すれば、いつもと同じ食事を摂っていても太りにくくなります。例えば、1口30回ほど噛むことで満腹中枢が刺激されるため、食べ過ぎを防ぐことができます。また、血糖値の上がり具合は食べる順番を工夫するだけでコントロールできるのです。最初に食べるのは、野菜や海藻、きのこ、こんにゃくなどの食物繊維が多い食品からにしましょう。食物繊維は主食に含まれているブドウ糖の吸収スピードを緩やかにし、血糖値の上昇を抑える効果があります。肉や魚などの主菜を次に、最後にご飯やパンなどの主食を食べるのがおすすめです。 痩せるために総カロリー数を制限することはおすすめできません。1日3食きちんと食べることで血糖値の変動リズムが保たれやすく、血糖値をコントロールしやすくします。朝食、昼食、夕食の食事量の配分は3:4:3が理想ですが、やむを得ず夜9〜10時の遅い時間に食事をするときはカロリーの高い炭水化物は控えて、野菜やタンパク質が摂れる副菜や主菜を摂るようにしましょう。 痩せる食べ方を学べるDS式栄養指導プラン 効率的にダイエットを行いたいのなら、痩せやすい体をつくる食べ方を学ぶのが大切です。そんなダイエットに最適な食べ方を管理栄養士から学べるのが、医療痩身専門院 渋谷DSクリニックの「DS式栄養指導」です。 生活習慣や体質に合わせた食生活の指導を行うDS式栄養指導では、毎日食べたものを記録しながら、管理栄養士によるアドバイスを受けることができます。痩せやすい体質を作る痩せ体質を作る食事の摂り方から、調理法、食べ順などを学べるため、1日3食しっかり食べながら減量が可能です。外食やコンビニ食が多いという方でも、無理に自炊することなく、食べ方や食事の選び方を工夫するだけで、生活習慣を変えることなくダイエットすることができます。 同じ食事を摂るにしても一工夫したりするだけでも痩せやすい体をつくることができます。DS式栄養指導プランで、血糖値をコントロールしながら効率的にダイエットをしてみませんか。

  • 1

    糖質制限ダイエットには大きな落とし穴が!1日3食食べて痩せる方法

    内側から美しくする方法
    2018/10/22

    お米やパンなどの炭水化物を抜いたり、糖質が含まれる食材の摂取を制限したりする糖質制限ダイエット。その人気は高まる一方で、昨年には英医学誌にて「炭水化物は寿命を縮める」という衝撃の論文まで発表されるなど糖質制限ダイエットの良い点のみが注目されていますが、実は健康や痩せる上でデメリットがあるのです。 「炭水化物は寿命を縮める」衝撃論文の実態 2017年、英医学誌ランセットに「炭水化物の摂取増加で死亡のリスクが上昇する」という内容の論文が掲載され話題を呼びました。この論文は、カナダのマクマスター大学のMahshid Dehghan博士らが報告したものであり、5大陸18カ国で全死亡と心血管疾患に対し食事がどのように影響するのかを検証した研究の結果です。低所得、中所得、高所得の18カ国を網羅しており、その点においても信頼性の高い研究だと言われています。 その内容は、炭水化物の摂取量の多さは全死亡リスクの上昇に関連していること、総脂質や各種脂質も摂取量の多さが全死亡リスクの低下と関連していること、脂質は心血管疾患・心筋梗塞・心血管疾患死と関連していないこと、飽和脂肪酸の摂取量と脳卒中の発症リスクが反比例しているということです。つまり、炭水化物の摂取量が多ければ多いほどあらゆる死亡のリスクが高まり、脂質の摂取量が多ければ多いほど死亡率は低下する、という衝撃の論文でした。 では糖質制限ダイエットは健康やダイエット面で適切なのでしょうか? 糖質制限ダイエットは簡単に取り入れやすく、面倒なカロリー計算をしなくても糖質を抜くだけでできたり、短期間で体重を落とすことができたりと、誰でも手軽に行えるのがメリットです。しかし、良いことばかりではありません。結果が出やすいからと安易に糖質制限ダイエットを始めるのは注意が必要であり、ダイエット専門院の渋谷DSクリニック林院長は論文を疑問視しています。糖質制限ダイエットは結果が出やすい一方で、やめた途端に体内が糖質をぐんぐん吸収し、リバウンドしやすくなります。また基礎代謝や筋力量も低下してしまいます。論文によれば炭水化物の摂取量の多さが全死亡リスクを高めますが、摂取量を制限することによるデメリットも大きいのが事実です。 また、白米を一切食べないなどの必要以上の糖質制限をしていると満腹感が得られにくく、その結果、我慢やストレスが伴い、その反動で暴飲暴食に走ってしまうケースも少なくありません。そして、糖質制限ダイエットは美容面にも悪影響を及ぼします。糖質は体に必要な栄養素であり、不足することによって全身に送り届けられる栄養も自ずと少なくなります。すると肌や髪への栄養が行き渡らなくなり、肌荒れを起こしたり、髪がダメージを受けたりしてしまうのです。 渋谷DSクリニックの考え方 ダイエット専門院の渋谷DSクリニックでは、糖質制限食によるダイエットはおすすめしていません。栄養バランスのとれた食事を1日3食しっかり食べながら痩せるダイエットを推奨しています。「1日に3食も食べて痩せられるの?」と疑問に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、「食べない=痩せる」は間違いであり、欠食は栄養不足を招くだけでなく、基礎代謝や筋肉量の低下を引き起こします。 渋谷DSクリニックの「DS式栄養指導」では、専任の管理栄養士による栄養指導を行っており、1日3食きちんと食べながら健康的に痩せることができます。日々の食事の記録をもとに行うため、ライフスタイルや体調、体質に合わせた食事のアドバイスを受けることができます。外食やコンビニ食が中心の食生活の方でも、痩せるための食べ方や食材の選び方を学ぶことで無理なくダイエットができるのです。 短期間で減量できる糖質制限ダイエットですが、リバウンド、基礎代謝・筋肉量の低下、栄養不足による体調不良など、デメリットがたくさんあります。健康的に痩せるためには1日3食、栄養バランスの良い食生活が欠かせません。食事の知識を学ぶことができるDS式栄養指導プランなら、痩せた後も体型をキープしながら太りにくい体質を作ることができます。一生使える食事法を学んで、健康的なダイエット を行いませんか。