GTM2

渋谷でダイエットでの食事のことなら渋谷DSクリニック渋谷の全身・部分痩せ医療ダイエット・肥満外来なら渋谷DSクリニック

MENU

銀座院 0120-877-850

渋谷院 0120-951-135

WEB予約

資料請求

メール相談

朝食抜きや欠食は太る?知って得するダイエットのQ&A

2018/06/14
  • 後でこの記事を読むなら、
    はてなブックマークが便利です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ダイエットをしていると「夜寝る前に食べると太るのはどうして?」「ストレスが溜まると食欲がわくのはなぜ?」など様々な疑問が出てくるはず。朝食を抜くか抜かないか、カロリーだけ見れば抜いたほうが痩せる気がしてもダイエット的には食べるのが正解…など、実は知っているようで知らないダイエットの謎を解説します。

Q1.同じカロリーの食事でも夜の方が太りやすいのはなぜ?

「夜寝る前に食べると太る」というフレーズはよく耳にするかと思いますが、「朝起きてすぐに食べると太る」というのはあまり聞きませんよね。実際、同じカロリーの食事でも、朝食べるより夜食べた方が太りやすいというのは事実です。 なぜ食べる時間帯によって太りやすくなるのかというと、体が本来備えている体内時計「サーカディアンリズム」が関係しています。このサーカディアンリズムをつかさどっている時計遺伝子の一種「BMAL1(ビーマルワン)」には脂肪を作ってため込むための酵素を増やす働きがあるのです。BMAL1(ビーマルワン)は一日の中で増減し、昼間は少なく、夜になると増えることから夜の食事の方が脂肪として溜め込みやすいと考えられています。夜の9時から夜中にかけてBMAL1(ビーマルワン)の数が急増するため、夜中の午前2時頃は一番脂肪がつきやすく太りやすい時間帯です。またBMAL1(ビーマルワン)だけでなく、夜食事してすぐ寝ると体脂肪や体重の増加にも繋がるため、夜遅くに食べたり、食べた後すぐに寝るのは控えるようにしましょう。

Q2.イライラすると食べたくなるのはなぜ?

ストレスを感じたとき、食欲に走ってしまう経験はありませんか。このイライラによって引き寄せられる食欲は、脳がストレスを感知することでエネルギーを必要以上に補充しようとすることによる現象です。しかしこの食欲は興奮状態を伴っており、食べることで一時的な満足は得ることができますが、時間の経過とともにまたイライラ状態になり、食欲が出てくる……といった悪循環に陥ってしまうリスクがあります。 もしイライラしたときに何か食べたくなったら、本当に食べたいか15分考える時間を持ってみたり、歯磨きをするなどして空腹を紛らわせるなどの工夫をすることをおすすめします。

Q3.朝食を食べない食生活は太りやすい?

朝食を食べる派、食べない派と分かれますが、ダイエットにおいて朝食は食べるのが正解。健康的に痩せる基本は一日3食きちんと食べることです。一日1~2食だと一度の食事で食べ過ぎたり、間食を多くしかねません。体は食べない空腹の時間が長ければ長いほど、必要なエネルギーを貯め込もうとする働きがあるため、一食を抜くことでかえって食べたものが身につきやすくなります。また一日2食では体に必要な栄養素が十分に摂れないことが多く、肌荒れ、便秘になりやすくなるリスクも高まります。だからこそ、朝食をきちんと摂って、一日3食しっかり食べることが健康的に痩せるために必要なのです。とは言え、朝食を摂る習慣がない方にとっては難しいかもしれません。そんな方はまず野菜ジュースやスープを飲んだり、バナナなどを1口食べたりすることから、朝食を摂る習慣を始めるのがおすすめです。 朝食を食べている方の中にはダイエットのためにと主食を抜いている方もいるはず。ですが、ご飯やパンなどの炭水化物は頭を動かすためのエネルギー源となるため、1日を行動的に過ごすためにも重要な栄養素です。バランス良く食事を摂ることもダイエットをする上で欠かせません。

Q4.甘いものは食後と間食ならどちらの方が太りにくい?

ダイエット中とは言え、食べたくなる方も多い甘いもの。できることなら控えたいところですが、我慢のし過ぎも良くありません。しかも甘いものを食べると「セロトニン」や「βエンドルフィン」という、心をリラックスさせる効果のあるホルモンが分泌されるため、ストレスによる過食を防ぐことができます。食べ方や食べる内容を注意すれば、甘いものはダイエットの息抜きとして利用できるのです。 そんな甘いものを食べるとしたら食後か間食か。おすすめなのは午後3時の間食です。昼間はエネルギーを消費しやすい上、午後3時あたりは脂肪を溜め込むBMAL1(ビーマルワン)の量が少なくなります。さらにランチから夕食までの間が長い午後において、間食は脳へのエネルギー補給にも効果的です。反対に食後の甘いものの摂取はカロリーオーバーになりやすく、特に夕食後のデザートは避けるようにしましょう。 食べるタイミングも大事ですが、どんな甘いものを食べるのかも重要です。間食の選び方のポイントは4つ。

①栄養素を補えるもの

間食はあくまでも食事で足りない栄養素を補う捕食として考え、食物繊維やビタミンなどの栄養素が含まれているものがベスト。ドライフルーツを含む果物には食物繊維、ビタミン、カリウムが入っており、ヨーグルトにはビフィズス菌やカルシウムが入っているのでおすすめです。

②和風菓子を選ぶ

体脂肪として蓄えられないためにも脂肪や糖分が少ないものを選びたいもの。生クリームやバターを多く使っている洋風菓子は脂肪や糖分が多い上、高カロリーなので避けること。もし洋風菓子を食べたいときはフルーツゼリーやグミなどの生クリームや油脂が少ないものを選ぶようにします。

③低カロリーなものを選ぶ

100~150kalの範囲で収めるようにするのがポイント。腹持ちが良いシリアルバーや低カロリーなシャーベットなどがおすすめです。

④からだを温めるおやつを選ぶ

体が温まることで代謝も良くなるので、ホットミルクやスープなどの温かい飲みものも活用しましょう。 渋谷DSクリニックでおすすめしているヘルシーな甘いものは、フルーツアイスティーやベリーヨーグルトアイスです。 フルーツアイスティーは午後の紅茶の無糖のストレーティーに冷凍のミックスベリーを入れるだけ。無糖なので甘さは控えめですが、ベリーを食べながら飲むと爽やかな甘みが口に広がります。 また、ベリーヨーグルトアイスはアイスの実(グレープ味)4個、ヨーグルト(無脂肪)大さじ3、冷凍ミックスベリー50gをグラスに順番に入れたら完成です。食べ応えがありますが、80kcalと低カロリー。ぜひ間食のレシピとして活用してみてください。

Q5.食べ過ぎた翌日は欠食してコントロールすれば太らない?

ついつい食べすぎてしまったとき「明日何も食べなければリセットできるかも」と欠食する方は多いはず。ですが、絶食はストレスのもとになり、余計に食べてしまうリスクがあるのでやめましょう。ただしいつも通りの食事ではなく、野菜やきのこ、こんにゃくなどを中心としたローカロリーな食事にしたり、料理に使う食材を脂身の少ない豆腐、ササミ、ヒレ肉、白身の魚などにしたりと工夫を行い、ダイエットコントロールすることが大切です。また、調理法では揚げものなどは控えるのが正解。 意外と知らないダイエットのマメ知識。なぜ太りやすくなるのか、なぜ夜食べるのは避けるべきなのかなどの理由を知ることは、太りにくくするライフスタイルを作る上でも役立つはず。痩せやすい体質を手に入れるためにも、生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか?
Pocket

内側から美しくする方法の関連記事

  • あなたはどの冷え性タイプ? 話題の漢方で体質改善。冷えない女になる!

    内側から美しくする方法
    2016/11/25

    「寒いのが苦手・・・」という女性は多いのではないでしょうか。女性の半数から7割の人が悩んでいると言われる「冷え性」。 冷え性という名称すらない西洋医学に対して、東洋医学では「冷えは万病の元」として治療の対象と捉えています。 病気ではないけれど健康でもない、東洋医学で言うところの「未病」である冷え性。漢方で体質改善をすれば、 つらい冷え性の悩みから解放されるかも!? 漢方医学では、「気」「血」「水」の3要素が体を構成する 漢方医学では、体は「気」「血」「水」の3要素で構成されているという考え方をします。 「気」=目に見えない生命エネルギー。すべての活動の源としての役割を果たす。 「血」=血液。全身に栄養を運び、体温をコントロールする役割を果たす。 「水」=血液以外の水分。体を潤し、熱を冷やし、余分なものを排出する役割を果たす。 この3つが それぞれ過不足なくスムーズに体を巡っているのが、良い状態(=健康)と考えます。 これら3つは常にお互いが影響しあっており、気が足りないと血行が悪くなり、血が滞ると水も滞り、水が多すぎると血が冷える・・・ といった具合に、どこか1つが不調をきたすと、他の要素にも影響が及びます。特に、すべての活動エネルギー源である「気」は、 目に見えないながらも非常に重要な要素。たとえば、 緊張すると手に汗をかいたり頭に血が上って顔が赤くなるのは、 「気」が一瞬にして「血」「水」を動かしたということ。「気」は、体調に大きな影響力を持った存在です。 漢方医学では、冷え性もこの考え方に基づいて大きく4つに分類されます。 まずは自分の「冷えタイプ」を知ろう ― 漢方から見た4つの冷え性タイプ タイプ別のおすすめ漢方薬&食材で、 冷え性を改善しましょう。 「気」「血」「水」という観点から原因を分析することで、冷え性は4つのタイプに分類されます。 まずは自分の冷え性タイプを知ることが、冷え性改善への第一歩!それぞれのタイプと特徴をまとめてみました。 【気力不足の冷え=気虚(ききょ)タイプ】 ◇冷えの原因・・・気力(=気)が不足している ◇症状・特徴・・・疲れやすい、風邪をひきやすい、倦怠感、やる気が出ない、いつも眠い ↓ 【気虚タイプにおすすめの漢方&食材】 ・気力を補う漢方。 ・おすすめ食材・・・ナツメ(デーツ)、鶏肉、イモ類、カツオ 【血巡りが悪いことによる冷え=瘀血(おけつ)タイプ】 ◇原因・・・血液(=血)がドロドロの状態で滞っている ◇症状・特徴・・・頭痛・生理痛など痛みを伴う不調、あざができやすい、顔色が暗い、朝起きるのが辛い、手足は冷えるのに上半身はのぼせる ↓ 【瘀血タイプおすすめの漢方&食材】 ・血の滞りを改善する漢方。 ・おすすめ食材・・・酢、シナモン、黒キクラゲ、パセリ、青魚 【血が不足していることによる冷え=血虚(けっきょ)タイプ】 ◇原因・・・体温をコントロールする血液(=血)が不足している ◇症状・特徴・・・顔色が白っぽい、貧血、倦怠感、不眠、生理の遅れ、髪のパサつき ↓ 【血虚タイプおすすめの漢方&食材】 ・血を補い養う漢方。 ・おすすめ食材・・・ほうれん草、人参、レバー、タコ、ぶどう、ナツメ(デーツ) (※夜更かしも血を消耗するので、十分な睡眠も大切) 【水はけが悪いことによる冷え=水毒(すいどく)タイプ】 ◇原因・・・体内の水分(=水)が停滞している ◇症状・特徴・・・むくみ、手足の倦怠感、めまい、消化不良 ↓ 【水毒タイプおすすめの漢方&食材】 ・余分な水を排出する漢方 ・おすすめ食材・・・緑豆(春雨)、海藻類、瓜類、小豆、ハトムギ、とうもろこし みなさんは、どのタイプに当てはまりましたか? 冷え性の改善には、日頃の食生活がとても重要。 自分の体質に足りない要素を補ってくれる食品を摂ることで、 体質改善を目指しましょう。 そして、冷え性には漢方薬も非常に効果的。 市販の漢方薬もありますが、人間は一人一人体質も症状も違うので、 より高い効果を得るには自分に合った処方であることが重要です。 渋谷DSクリニックでは、 10万通り以上の組み合わせの中からその方に合った処方をしています。

  • 今年の夏はスーパー脂肪燃焼点滴で「痩せ体質」にチェンジ!

    内側から美しくする方法
    2017/07/18

    梅雨の季節が過ぎれば、本格的な夏はもうすぐそこ。薄着の影響もあり、お腹や二の腕、脚など脂肪が特に気になる今の時期。「ダイエットを始めよう!」と意気込む方も多いはず。 ダイエットを始めるにあたり、食事制限や激しい運動を考える方が多いのですが、痩せる上で大切なことは「いかに代謝を上げるか」ということ。代謝が上がれば自然と痩せやすい体質になるため、ダイエットを効果的に行うためには必要不可欠です。とは言え、どうしたら代謝は上がるのか……悩めるダイエッターのあなたに、効率的に代謝を上げる方法をご紹介します。 そもそも「代謝」とは? 人間が生活するために消費するエネルギーで、この代謝エネルギーの消費量が多ければ多いほど、ダイエットには有効です。代謝には3種類存在し、息をしたり臓器を動かしたりと生きる上で必要とされるカロリーや、運動によって消費されるカロリー、そして食事を取る際に消費されるカロリーがあります。 これらの消費カロリーは代謝を上げることによって、エネルギー消費量が格段に増えます。つまり、同じ生活や運動をしていても消費カロリー自体が増えるため、効率的に痩せることができるのです。とは言え、年齢とともに下がってしまう代謝を上げるというのはなかなか難しいもの。そこでオススメしたいのが、代謝をグンッと引き上げる渋谷DSクリニックのスーパー脂肪燃焼点滴です。 痩せ体質は作れる!︎渋谷DSクリニックのスーパー脂肪燃焼点滴 スーパー脂肪燃焼点滴はその名の通り、体の中から代謝を上げて脂肪燃焼のしやすい体質に導いてくれるダイエッターには嬉しい点滴です。糖の代謝を高めて脂肪がつきにくい体質へと改善するα—リポ酸と、脂肪の燃焼をサポートする成分L−カルニチンが贅沢に配合されているため、脂肪燃焼のみならず、冷えやむくみの改善にも効果を発揮します。 スーパー脂肪燃焼点滴はサプリメントと異なり、直接血管に有効成分を届ける点滴なので即効性も◎。点滴を受けている最中や受けた直後から、身体がポカポカ温まる実感もこの点滴ならではの特長です。 ダイエット効果を高める!点滴を受けるベストなタイミング 代謝を上げて脂肪の燃焼を手助けするスーパー脂肪燃焼点滴ですが、その効果をさらに実感したいのなら、ベストなタイミングは運動前です。 「これからジムで走る」 など、運動をする前に点滴を受ければ、運動によって消費する通常のカロリー量を大幅に引き上げることができ、ダイエット効果が倍増するのです。もちろん、運動をする予定がなかったとしても、 いつもより少し多く歩いてみたり、エスカレーターを使うところで階段を使ってみたり……などの日常生活中の運動量を増やすだけでも脂肪燃焼効果は高まるため、効率的に痩せたい方には打ってつけの点滴です。 代謝が落ちていると、どんなにダイエットを頑張っても時間がかかってしまったり、結果がなかなか出なかったりしてしまうもの。渋谷DSクリニックのスーパー脂肪燃焼点滴で脂肪が燃焼しやすい体質へと改善し、効率的なダイエットを実践しましょう!

  • 正月太り解消に!ダイエット専門医が教える【新年にすべき3つの対処法】

    内側から美しくする方法
    2020/12/23

    忘年会、年末年始の帰省や旅行、新年会…と、暴飲暴食が続いて、このままではまずい!と思っている方も多い時期ではないでしょうか?「今年こそダイエットして痩せる」という目標を立てた方もいらっしゃると思います。今回は新年の“ダイエット初め”にぴったりな正月太りの対処法をダイエット専門医に聞いてみました。 「正月太り」の特徴とは? いわゆる「正月太り」とは、忘年会や新年会で飲食の機会が増え、逆に体を動かす機会が減ることで生じる体重増加のことですが、特徴として「生活リズム(体内リズム)を崩しやすい」「暴飲暴食による胃もたれや胃痛を訴える人が多い」ことが挙げられるそう。この時期のダイエットは減量だけに意識を置くのではなく、体調のケアにも注意を払いたいものです。 医師が教える3つの正月太り対処法 上記を踏まえて、医師がおすすめする新年のダイエット初めに最適な対処法はこちら! 消化しやすい食材を選ぶこと 胃腸の不調を感じている方は特に、乱れた消化機能を正常な状態に戻すために胃に負担のかからない食材を意識して選びましょう。年始から脂質の多いもの・冷たいもの・辛いものなどをとりすぎていませんか?脂質を減らすために肉は鶏のささみ、魚は白身魚を選ぶなど細かな選択も積み重なれば大きいものです。ヨーグルト・豆腐などもおすすめです。冷たいもののとりすぎは胃の機能を低下させ代謝も落ちるので、なるべく温かい食べ物・飲み物を選びましょう。 一食一食の総カロリーを控えめにして、少しでも運動を 食事のコントロールと運動はダイエットの基本ですが、欠食や断食はリバウンドのリスクを高めます。食事は一食ずつの摂取カロリーを控えめに意識することから、運動の習慣がないという方はお風呂上りのストレッチから始めてみましょう。大きな結果を求めるよりもまず、小さなことからでも習慣化できそうな方法を見つけて実践することが大切です。 食事で「酵素」を補う 補助的に酵素を取り入れることで、腸内環境を整えて食物の消化・栄養の吸収の効率を高めます。酵素は食材で補うのがベストです。生の野菜や果物に多く含まれるほか、納豆や味噌などの発酵食品にも含まれています。食物繊維やミネラルが豊富でダイエットに良さそうなものばかりですよね。 今年のダイエットはぜひ、生活習慣の見直しから 年末年始は、「食生活の乱れ」「運動不足」「睡眠時間・睡眠時間帯が不規則になる」これらで正月太りや体調不良を実感している方も多いのでは?ダイエットの基本はやはり生活習慣の改善にあり、と改めて考えさせられますね。 今回お話を伺ったドクターは、渋谷DSクリニック 渋谷院・院長の林博之先生。同クリニックでは医師による診断のもと、バランスよく一日三食食べて痩せるための管理栄養士による『栄養指導』をはじめ、健康的かつ効率的なダイエットの指導・治療提案を行っています。「自分が習慣化できそうなダイエット」を探るためにも、今年こそ痩せたい!と思っている方はぜひカウンセリング予約を。

あなたにおすすめの記事

  • 本気で痩せたいなら遺伝子検査で肥満遺伝子をチェック

    内側から美しくする方法
    2017/10/16

    「食事制限も運動もしているのに、なかなか痩せない」そんな悩めるダイエッターの皆さん。ダイエットが上手くいかないその原因、もしかしたら体質遺伝子に合っていない方法を選んでいるからかも。 そこで“太り方の傾向”や“どうしたら痩せやすいのか”などが分かる遺伝子検査を利用して、効率よくダイエットをしてみませんか。 遺伝子検査で自分に合ったダイエット ただ闇雲にダイエットをしていても、自分に合っていない方法では痩せにくいのは当たり前。自分はどんな遺伝子を持っているのか、どんな食べ物が太りやすいのか、どんな運動が痩せやすいのかなどを知ることで効率的に痩せることができます。そんな自分データを知る上で役立つのが遺伝子検査です。 ダイエットに関連性の高い80種類以上もの体質遺伝子情報を検査する、この遺伝子検査。代表的なもので「リンゴ体型」「洋ナシ体型」などの肥満遺伝子がありますが、自分は一体何タイプなのか、詳しく知ることができます。さらに、遺伝子情報から、生活習慣においてのより具体的なアドバイスが実現するため、限りなく自分の持っている遺伝子に合ったダイエットができ、効率よく痩せることができるのです。 しかも、遺伝子情報は一生変わらないので、一回遺伝子検査をするだけで、それ以降検査の必要はなく、遺伝的なリスクを把握でき、生涯の健康保持にも役立ちます。渋谷DSクリニックの遺伝子検査では、肥満、高血圧、心筋梗塞といった生活習慣病に関わる複数の遺伝子を調べるため、より詳しく体質遺伝子の情報からかかりやすい病気のリスクも知ることができ、病気にならないための予防を行う上で指針になる測定結果を知ることができます。 さらに、大阪大学医学部の研究結果を元に開発した検査であり、多くの日本人のデータに基づいて評価されているため、より日本人に合った遺伝子検査だと言えます。 遺伝子検査で分かる体質遺伝子 「どのような太り方をしやすいのか」「どのようにしたら痩せやすいのか」これらは体質遺伝子を調べることで分かります。体質遺伝子とは、肥満、高血圧、メタボリックシンドローム、糖尿病、コレステロール、骨粗鬆症、酸化ストレスなどの遺伝子であり、これらを調べればその病気になるリスクも分かるため、健康サポートにも活用度大。さらにこれらの体質遺伝子を詳しく見ることで、不足しがちな栄養素から、その人に合った適切な運動方法、食事の摂り方などを知ることができます。 例えば、コレステロール遺伝子の場合、遺伝的な影響により脂質バランスが崩れやすいかどうかが分かります。 さらに、コレステロール関連遺伝子を測定した結果、コレステロールに関わるそれぞれの働きについて自分の傾向も詳しく知ることができます。 これらの遺伝子情報から、積極的に摂取したい栄養成分が分かるため、食生活やサプリメント選びに活用できるのです。また、ライフスタイルのアドバイスとして「アルコールに注意」「糖質に注意」「動物性脂肪に注意」などの食に関するものから、ダイエットにおすすめの運動は「有酸素運動」と最適な運動習慣も教えてくれるので、ダイエットプランが立てやすくなるはず。 遺伝子情報から読み取ったアドバイスはこれだけではありません。コレステロールで言えば、ダイエットや健康保持の上で知っておきたい“善玉コレステロールと悪玉コレステロールについて”の説明や、悪玉コレステロールの増加を防ぐためのおすすめ栄養成分、運動習慣の目安、注意したい成分などについてより詳しい分析を知ることができます。 これらの情報があれば、 「メタボになりやすい遺伝子を持っているため◯◯を控え、◯◯を積極的に摂取すると良い」 「活性酸素が増えやすいので、激しい運動はNG」 「体が冷えやすい遺伝子を持っているため、積極的にストレッチを」 など、効率よくダイエットをする指針になり、「何をやってもなかなか痩せない……」といった悩みが解消されるのです。 血液検査で医学的に知る!クリニックの遺伝子検査 ネットや市販の簡易キットとは異なり、医療機関である渋谷DSクリニックで行うものは、血液検査による遺伝子検査です。その所要時間は採血のみなので10分程度で完了します。その後、3週間から1ヵ月で判定結果が出て、ドクターからの説明で知ることができるのです。これらの結果を元に、渋谷DSクリニックにてダイエットプランを実践すれば、今までどんなに頑張っても手に入らなかった理想の体型へ短期間で変身できるかもしれません。 ダイエットの近道は自分のカラダを知ることにあります。ただ闇雲にダイエットを繰り返していても、体質に合わないと痩せられないどころか、太りやすくなってしまうことも。自分に合った正しい方法で効率よく痩せるためにも、遺伝子検査を利用して、パーソナルデータをダイエットに活用してみませんか。

  • 一体何が違うの?痩身エステと医療痩身の違い

    美しくなる方法
    2017/12/05

    「痩身エステに通ったけれどなかなか痩せられなかった」と、ダイエットが上手く行かずに悩んでいるあなたへ。太っている原因や痩せられない理由を分析して医学的にダイエットを行う医療痩身を実践してみてはいかが。痩身エステとは全く異なる医療痩身の治療であなたのダイエット人生が一変する可能性大です。 痩身エステでは根本的に痩せられない理由 ダイエットをしている人の関心の的として、度々雑誌やTVなどのメディアに取り上げられている「痩身エステ」。ハンドトリートメントからマシンなど、様々な痩身トリートメントがあり、一度は経験したことがあるという方も少なくないはず。 そんな痩身エステに通いつめているけれども痩せられない、という悩みも意外と多いもの。実はこれには理由があります。痩身エステを行うことで代謝が向上しやすい体質に近づけることは可能ですが、一度で改善されるわけではなく、何度か通う必要があります。時間をかけて定期的に通うことで、痩せやすい体質へと近づけていくため、定期的に通えない場合に「なかなか痩せられない」という悩みへ繋がるケースが多いのです。 また、痩身トリートメントで脂肪を吸引して体外へ排出できることはなく、体の水分を体外へ排出させるのが痩身エステの効果であるのも、根本的には痩せられない理由の一つです。オイルなどを使ったマッサージでリンパの流れをスムーズにすることや、老廃物と汗を出しやすくすることが痩身エステの目的であるため、痩せやすくすることはできても根本的に痩せることにはならないのです。 さらに、日本ではエステティシャンが働くための専用の資格などはなく、店舗によってはある程度経験さえ積むことができれば、エステティシャンとして働けるのが現状です。そのため、専門的な知識がないエステティシャンが施術にあたる可能性もあり、どんなにカウンセリングをしても的確な判断ができないリスクもあるのです。 痩身エステと医療痩身の違い 痩身エステと医療痩身は何が違うのかと、疑問に思っている方も多いはず。ですが、実はこの2つは別物であり、カウンセリング方式から使用するマシン、アプローチの仕方、薬剤など痩身方法が全く異なります。 痩身エステはあくまでも痩せやすくするための施術なので、根本的なケアができず、通い詰めなければ代謝UPなどの効果も手に入れることができません。ただし、何度も痩身エステに通おうと、正しい食事制限や運動を取り入れない限り、根本的に痩せることはできず、「痩身エステに通っているのに痩せられない!」という結果になってしまうのも事実です。もしサプリメントなどで痩身効果を狙ったとしても、脂肪燃焼効果のあるサプリメントでさえあくまでも補助的なものであり、医療品扱いではないため、効果をすぐさま実感するのは難しいのです。 その点、医療痩身は、国家資格を有した医師による指導のもと、痩身マシンや注射などの医療行為を行うことで脂肪を減らしたり、痩せやすい体質へと導きます。そのため、エステのトリートメント後のように数日で体重やサイズが元に戻ってしまうということはなく、治療によっては一回の施術でも大幅なサイズダウンが見込めるものあるのです。さらに、医療痩身で扱うダイエット薬は処方箋が必要な医薬品を扱うことがほとんどです。一般のドラッグストアやネット通販では購入できないため、これも医療痩身ならではの強みと言えるでしょう。日々の食事に関しても、管理栄養士や医師のもと、栄養バランスの整った食事法を実践することができるので、健康的にダイエットができる点もポイントです。 渋谷DSクリニックの痩身治療 ダイエット専門外来として、ダイエットに悩む多くの方を痩せさせることに成功してきた渋谷DSクリニックの痩身治療は、「患者様をよく知ること」からスタートします。 まず、体質や食生活、生活習慣などの情報をもとに、3D測定器や超音波による体内の脂肪を細かくチェックし、医学的な観点から太っている理由や痩せられない原因を専門の医師の診断のもと分析します。この情報をもとに、その人の体質に合った治療方針で行っていくからこそ、健康的に痩せることができるのです。痩身治療には医師の他に、管理栄養士、整体師、漢方薬剤師、そして総合的なサポートを行う看護師などと多くの専門家が携わります。 理想の体型を目指すために医療診断のもと、体調を管理し治療法の提案を行う医師。痩せやすい体作りを栄養学から学び、習慣にするための栄養指導を行う管理栄養士。東洋医学の観点から不調を整え、体質改善を促し、健康的に痩せやすくするための漢方を処方する漢方薬剤師。筋肉や骨格を整えて歪みなどを正すことで痩せやすく導く整体師。運動を取り入れていきたい方には、運動の専門家であるパーソナルトレーナーの指導も受けることができます。痩身治療は外側からだけではなく、内側からのアプローチを行っていくのが医療痩身の強みの一つ。こうしたプロの集団が一丸となって痩せるための治療に取り組むため、自己流ダイエットや痩身エステとは比べものにならないほど、きちんと結果が出てくるのです。 痩身エステを続けていても、食生活を的確に改善したり、自分に合った運動習慣を取り入れたりしない限り、根本的に痩せることは難しいもの。今の体質と状況をきちんと知り、それに合った正しいダイエット法を行うことがリバウンドを起こさずに痩せる唯一の方法です。今のダイエットを人生で最後にしたいと思うのなら、医療痩身に挑戦してみませんか。

  • ダイエットの疑問を解決!医療痩身に関する雑学Q&A

    美しくなる方法
    2018/01/09

    「本気で痩せたい」そんな方に支持され続けている医療痩身。専門医師が現在の身体の状態、脂肪の付き方、体質などを診断し、最適なダイエット治療を提案するため、その効果は自己流ダイエットよりも確実かつ健康的なもの。そんなダイエット治療に関して「短期間痩せはできる?」「部分痩せは可能?」などの多くの方が抱えている様々な疑問を解決します。 疑問1「ダイエット治療なら短期間でも痩せられる?」 なるべく短期間で痩せたいと思うのは誰しも同じですが、渋谷DSクリニックが提唱しているのは「リバウンドしないダイエット」であり、「◯kg痩せたからダイエット成功」ではなく、徐々に無理なく落とした体重をそのまま維持できてこそダイエット成功だと考えています。だからこそ、目標は月に体重の5%以下に設定して痩身治療を行います。例えば、50kgの方なら月に2.5kg、60kgの方なら3kgが目標値になります。ただし、一度に減量するのは難しいので月に1~2kg減を目指して、リバウンドのない健康的なダイエットを推奨しています。その方法も医師、管理栄養士、整体師などのプロが完全にサポートするため、体に負担をかけずに減量することができるのです。「ブライダルまでにワンサイズ落としたい」「同窓会までにスッキリと痩せたい」そのようなダイエット目標がある方は早めに痩身治療を始めることをおすすめします。 疑問2「マシン施術だけで体重を落とすことはできる?」 渋谷DSクリニックでは痩身に特化した様々なマシン治療を取り扱っています。例えば、脂肪温熱を促して皮下脂肪や内臓脂肪、セルライトの除去に効果的な「高周波治療」や、超音波によって脂肪やセルライトを柔らかくし、乳化、排出させることでポッコリお腹やたるんだ二の腕、ヒップなどボディラインを整える「ウルトラメディカルスリム」、深部の硬い脂肪の分解を促し、むくみの原因となる老廃物を吸引しながら排出する「メディセルム」、など、ダイエット効果が期待できる痩身治療がたくさんあります。ただし、施術はあくまで体重を落とすための治療ではなく、ボディラインを整える治療なので、減量したいという場合は管理栄養士による「栄養指導プラン」やパーソナルトレーニングによる「運動プログラム」の併用をおすすめしています。 疑問3「医療痩身で脚痩せはできる?」 ダイエットをしていると「ふくらはぎのお肉が…」「なかなか脚が細くならない」など脚痩せに悩む方も多いはず。特に脚は体幹部と異なり、ラインが見えやすいからこそ、体型の印象を左右する重要なパーツです。脚の太さはむくみが原因になっている場合が多く、むくみのケアによってサイズダウンすることができます。渋谷DSクリニックでは、内臓脂肪、皮下脂肪の両方を除去する脂肪燃焼温熱療法の「高周波治療」や、針を使わずに脂肪溶解剤を導入する「DS式スーパーメソセラピー」、むくみの改善に効果的な「ウルトラメディカルスリム」が脚痩せ治療として人気です。 脚痩せ以外の二の腕部分や背中のお肉、あご下、脇肉など、気になるパーツも、皮下脂肪を凍らせて体外に排出させる「クールスカルプティング」の部分痩せに特化した治療で改善することが可能です。ダウンタイムのない治療であり、短期間での効果が期待できるため、部分痩せに悩んでいる方は一度カウンセリングを受けることをおすすめします。 疑問4「置き換えダイエットを行っているのですが、ダイエット治療と一緒に続けても大丈夫?」 カロリーを抑えるために「昼はこれ、夜はこれ」と置き換えダイエットを実践している方も少ないくないはず。しかし、置き換えダイエットは栄養バランスを崩してしまう危険性があり、やめた途端リバウンドの可能性もあります。そのため、長期の置き換えダイエットはおすすめしておらず、管理栄養士によるバランスのとれた規則正しい食生活を指導しています。 疑問5「ダイエット中にお酒を飲んでも大丈夫?」 ダイエットをしていると、気になるのがアルコールの存在。お仕事の付き合いなどで飲酒が必要な席があったりすると、「せっかくダイエットしているのに太らないかな?」と心配になることもあるはず。そんなときは、カロリーが少ないお酒を選んで飲むように注意しましょう。また、お酒の席では脂っこい食べ物やカロリーの高いおつまみなどが多く並んでいることがあります。アルコールを飲むと、ついそんなおつまみ類に手が伸びてしまいがちですが、ここはグッと我慢してカロリーの低いものを選ぶように心がけることが大切です。また、カロリーの低いものでもたくさん食べてしまうと元も子もないので、いただく際はお酒もおつまみも適量を意識するようにしましょう。 他にも医療痩身やダイエット中に関する疑問は人それぞれたくさんあるはず。痩身治療専門の渋谷DSクリニックは、あなたが抱えているダイエットの疑問にお答えします。「あれはどうなんだろう?」「旅行先でダイエットするにはどうしたらいいの?」などダイエットに関する質問はネットの情報ではなく、専門のプロに聞くのが一番です。