肥満の専門的な外来・治療|医療ダイエットなら渋谷DSクリニックへ渋谷の全身・部分痩せ医療ダイエット・肥満外来なら渋谷クリニック

MENU

銀座院 0120-877-850

渋谷院 0120-951-135

WEB予約

資料請求

メール相談

痩せ体質を作るエクササイズと「DS式ダイエット骨盤整体」

2018/03/26
1
  • 後でこの記事を読むなら、
    はてなブックマークが便利です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

普段、椅子に座っているときの姿勢に気をつけていますか? 実は座り方によって骨盤が歪み、脂肪がつきやすくなったり、太りやすい体質になってしまうことも。特にデスクワーカーの方は、座っている時間が長い分だけ骨盤の歪みを抱えている可能性があり、座り方の見直しが大切です。骨盤の歪み対策になる座り方から痩せ体質になれる方法までご紹介します。

デスクワーカーは骨盤が歪みやすい

座っているとき気付いたら猫背だったり、脚を組んでいたりしていませんか? 実はこれらの体勢は骨盤の歪みを引き起こす原因になります。特に女性の場合、ヒールを履いていると座った状態でもかかとが浮く姿勢になりやすく、骨盤が歪みやすくなります。


デスクワーカーにとって宿命とも言える腰痛や肩こりなどの症状も、骨盤の歪みが原因で起こっていることがあります。さらに骨盤の歪みを放っておくと、脂肪がつきやすくなり、痩せにくく太りやすい体質になってしまいます。一見関係がないように思える骨盤とダイエットと体の不調ですが、実は密接な関わりがあるのです。

骨盤が歪むと脂肪がつきやすく太りやすい体質に!

骨盤の歪みとダイエットと体の不調の関係性について、渋谷DSクリニック銀座院の整体師 長山歩先生に教えていただきました。

長山先生「上半身と下半身をつないでいる骨盤。これが歪むことによる全身への悪影響は計り知れません。と言うのも、骨盤は骨格や筋肉のあり方・付き方を左右する、いわば基盤のようなもの。骨盤の歪みは腰や背中、首などの全身の骨格とその周りに付く筋肉をも歪ませることにつながります。これらの歪みが腰痛などを引き起こしていることもあるのです」

さらに筋肉の付き方が歪むことで、普段動かさない筋肉までも動かすようになったりして張って硬くなるそう。この硬くなった筋肉の影響で血液の流れが悪くなり、冷えを招いてしまいます。肩こり症状もこういった筋肉の状態や血行不良が原因の一つと言えます。

長山先生「だからこそ、冷えを防ぐためにお尻周りや腰周り、太もも、二の腕などに脂肪がつきやすくなります。すると、太りやすくなるだけでなく、痩せにくい体質になるのです。また、骨盤の歪みは内臓の位置にも悪影響を与えるため、代謝が低下や脂肪の付き方にも大きく関わってきます」

骨盤の歪みによって大腿骨が外側に向くと、太ももやお尻に脂肪がつき、ボリュームのある下半身になりやすいそう。骨盤の歪みとそれに影響される骨格、筋肉の歪み方でO脚気味になることもあり、骨盤の状態はボディラインにも強く影響するのです。

骨盤が歪む座り方・歪みにくくする座り方のコツ

では、どんな座り方が骨盤の歪みを生むのでしょうか?

長山先生「椅子に浅く腰掛ける座り方は骨盤の歪みを生む代表的な例ですね。上半身が反る体勢になるので、骨盤が広がりやすくなります。通常骨盤は閉まっているのですが、広がることで歪みにつながるのです」


女性の場合、ヒールを履いていることで余計に上半身が反りやすくなるとのこと。また、デスクワーク中は肩が内側に入りがちになり、縮こまったような姿勢を取る方も多いのだとか。もちろんこれも、骨格を歪ませることにつながり、骨盤にも悪影響があるのです。


これらの座り方を改善することで、骨格が歪みにくい状態をキープできるそう。

長山先生「どんな座り方がベストかと言うと、よく男性がしている『背もたれまで腰掛ける座り方』ですね。どっしりと座るイメージです。深く腰掛けることで、骨盤が立ちやすく、上半身も反りにくい体勢になります。肩が内側に入るのも予防できますし、このどっしり座りを習慣にするのがおすすめです」


あらゆる不調や太りやすい体質などを引き起こす骨盤の歪みは、骨盤を立たせるこの座り方で十分予防ケアできるとのこと。

長山先生「骨盤の立たせ方が分からない方は、椅子に座りながらできるエクササイズを実践してみてください。座る前に行えば、自然と骨盤が立ちますよ」

椅子に座りながらできる「歪み対策エクササイズ法」

長山先生「骨盤が広がってしまったり、左右片方に重心が乗ってしまうような座り方では歪みを生んでしまいます。座る姿勢で大切なことはきちんと骨盤を立たせること。そこで効果的なのが、骨盤を立たせるための椅子上エクササイズです」


方法はこちら。

1.椅子に深く腰掛けて座ったら、背筋を真っ直ぐにします。

2.右の臀部に重心をのせて、左の臀部を上げます。

3.反対に左の臀部に重心をのせて、右の臀部を上げます。

これを10セット以上行って、座りながら骨盤の歪みをケアしましょう。

長山先生「このエクササイズは骨盤の歪みを予防しながら、骨盤を立たせる効果があります。椅子に座るときに骨盤を立たせて座ることで長時間座っていても歪みにくくなるため、着席する際に毎回2〜3セット行うのがおすすめです」

歪みを改善する「DS式ダイエット骨盤整体」

座り方や、座ったままでできる前項で紹介したエクササイズによって骨盤の歪みを予防できます。しかし、すでに歪んでいる場合、セルフケアで歪みを整えるのは難しいもの。そのため、骨盤整体できちんと正しい位置に整えてあげることが大切です。


渋谷DSクリニックの「DS式ダイエット骨盤整体」では、骨盤の歪みをはじめ、内臓や筋肉、骨格を正しい位置に調整する施術を行います。全身を整えることで血流が良くなるため、筋肉も柔らかくなり、血液の循環が良くなることで冷えやむくみが改善されます。骨盤の歪みによって脂肪がつきやすく太りやすい体質になってしまった方でも、代謝が良くなるので脂肪が燃えやすくなるといった嬉しいダイエット効果も。


さらに、内臓の働きが良くなるので便秘が改善される上、ますます代謝が上がりやすくなります。もちろん、骨盤の歪みが原因で引き起こされていた肩こり、頭痛、腰痛の改善もできるため、不定愁訴やダイエットで悩んでいるデスクワーカーの方には最適な治療です。

骨盤の歪みを予防する座り方とエクササイズ、そして不調とダイエットのケアを同時に行えるDS式ダイエット骨盤整体で、長時間のデスクワークでも歪み知らずな体を手に入れてみませんか。

ダイエット骨盤整体