肌荒れの悩みを克服した私が実践した4つのこと|ダイエット外来渋谷の全身・部分痩せ医療ダイエット・肥満外来なら渋谷DSクリニック

MENU

銀座院 0120-877-850

渋谷院 0120-951-135

WEB予約

資料請求

メール相談

肌荒れの悩みを克服した私が実践した4つのこと

2017/09/19
  • 後でこの記事を読むなら、
    はてなブックマークが便利です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
人前に出るもの憂鬱な気分になる、肌荒れ。何をつけても、どんな化粧品を使っても治らず、ニキビニキビ跡、生活習慣が乱れるとすぐに出来始める吹き出物、ポッカリ開いた毛穴、そして極めつけは敏感肌。そんな肌トラブル常習者だった筆者が、すっかり肌の悩みから開放されるまでに至った治療法をご紹介します。

セルフケアでは限界あり!肌荒れ対策の実態

思春期からずっと肌荒れに苦しんできた筆者。元々ニキビがひどく、大人になって今でも赤みやクレーターとしてニキビ跡が残っています。しかもスキンケアの知識が乏しかった時代、様々なスキンケア法を実践し、自分の肌に合うか合わないかも分からない化粧品を片っ端から試し続けた結果、肌の免疫力が下がってしまい、敏感肌になってしまいました。 少しでも寝不足になれば、ブワッと登場し出す吹き出物の大群に、年齢を重ねるたびに目立ってきたポッカリと開いた乾燥毛穴。どうにか肌荒れ対策を行おうと、生活習慣を見直してみたり、肌に良い栄養バランスの食生活を送ってみたりしたものの、一度荒れた肌土台はなかなか復活することがなく、セルフケアでの限界を感じ、「これはプロに任せるしかない!」と一念発起し、始めた美肌治療がDS式コラーゲン生成ピール、DS式漢方治療、そして渋谷院でのフォトフェイシャルと銀座院でのレーザーフェイシャルでした。

肌荒れの悩み改善に!4つの美肌治療

それまでファンデーションをしないと外を歩けないくらい、肌にコンプレックスを抱えていた筆者でしたが、この4つの治療を経て、今では自慢のスッピン肌に。繰り返していた吹き出物や敏感肌による炎症も、すっかり落ち着きました。肌荒れで悩んでいるのなら、自己流のスキンケアや生活習慣の改善などのセルフケアだけでなく、美肌治療を組み合わせて、多方面から肌荒れ対策を行うのがおすすめです。

DS式コラーゲン生成ピール

長年悩みのタネだったクレーターや赤みなどのニキビ跡と、最近ゴワつきを感じ始めた肌質を改善するために受けたのが、浸透型ピーリングの「DS式コラーゲン生成ピール」。 真皮層に作用して肌のハリや質感を高めてくれる治療です。従来のグリコール酸などを使ったケミカルピーリングは、敏感肌の筆者にとっては刺激が強かったのですが、皮膚の離脱を引き起こさないこのピーリングは肌が敏感な方でも受けることができます。 肌質改善やニキビ跡の改善などはもちろんのこと、コラーゲンの生成を促すため、シワやたるみ対策にも効果が期待できます。どんなに良い化粧品を使っていても、規則正しい生活習慣を送っていても、古い角質や汚れでターンオーバーが乱れていたら肌荒れは改善しないので、肌土台を整えるピーリング治療は肌荒れケアに必要不可欠です。

DS式漢方治療

実は、肌荒れには女性ホルモンや自律神経といった様々な体の機能が関係しています。肌荒れを起こさないようにするためには、体の中から肌トラブルの原因となる冷えやストレスなどを取り除き、血行不良を改善しなければいけません。 そこで始めたのが、「DS式漢方治療」。漢方薬剤師によるカウンセリングによって、自分の体質や悩みにあった完全オーダーメイドの漢方を処方してもらえるこの治療。 元々冷えやすく、血行が悪くなりやすい体質の筆者でしたが、漢方治療を開始して早2週間ほどで「肌質が変わった」実感がありました。それまでゴワつきがちだった肌の表面が、触るとなめらかな感触に変化したのです。そして1ヵ月ほど経った頃には、肌の中からふっくらとみずみずしい肌質になり、それまで繰り返しできていた吹き出物とも無縁に。 血流が良くなったおかげか、顔色のトーンも明るくなり、ファンデーションの色味を一つライトなものに変更したほど。体調も優れ、肌荒れ対策のみならず、強力な体調管理サポートとして漢方を愛飲し続けています。

渋谷院のフォトフェイシャルと銀座院のレーザーフェイシャル

ポッカリ毛穴やニキビ跡、シミ、くすみ、たるみなどの肌トラブルを一気にケアできたのがフォトフェイシャルレーザーフェイシャル。それぞれに特長があり、肌状態に合わせて施術を交互に受けていました。 フォトフェイシャルは特殊な光をあてることで、“生涯老けない肌”へと導き、肌自体の自己再生力をアップさせます。年々増えるシミ、しわ、たるみ、くすみなどのあらゆる肌トラブルをまるごと改善できます。フォトフェイシャルを受けた後は、いちごの表面のように目立っていた毛穴もキュッと引き締まって、鏡でジーっと見ていても分からないほどに。 また、レーザーフェイシャルは光効果で真皮層の線維芽細胞を刺激し、皮膚の自己再生力をサポートしながら、コラーゲンを再生させることで肌トラブルをケアする治療法です。肌に負担をかけずに肌の深部から治療ができ、たった1回でも美肌効果を実感できます。照射後すぐに、自分の肌じゃないと思ってしまうほど超美肌効果が叶うだけでなく、ニキビ予防にもなるため、トラブル知らずななめらかスキンが持続するのも魅力的。 これら4つの治療を続けた結果、冒頭でも述べたように肌荒れがすっかり改善し、今では素肌が自慢になるほどに。ファンデーションが登場する機会もめっきり減り、肌トラブルと無縁の肌で過ごす毎日。筆者同様、肌トラブルで悩んでいるそこのあなた。この4つの治療にトライして、あなたも自慢の肌へ生まれ変わってみては?

美しくなる方法の関連記事

  • 約5人に1人が糖尿病!?肥満が招く生活習慣病の実態

    美しくなる方法
    2017/07/26

    定期検診で「このままでは糖尿病になりますよ」と言われた経験、ありませんか。実は今、日本人の約5人に1人が糖尿病または糖尿病予備群と診断されており、生活習慣病がかなり身近な存在になりつつあるのです。 「私は大丈夫」 そう思っていても、発症前の自覚症状がほとんどないため、知らず知らずのうちに糖尿病予備群になってしまっている方が多く、気付かないうちに進行していて、「症状が出てから糖尿病が発覚した!」なんてケースも。本当は恐ろしい肥満ボディ、あなたは大丈夫ですか? 肥満ボディは生活習慣病の元 生活習慣病と聞くと、偏食や喫煙、アルコールの過剰摂取などといった生活習慣を送っている人がなるものだと思っている方が多いのですが、肥満ボディも発症のリスクを高める要因の一つ。中でも糖尿病の発症は肥満と密接な関わりがあるのです。 肥満が糖尿病を引き起こすメカニズム 「血糖値」という言葉は聞いたことがあるはず。血糖値とは、その名の通り血液中の糖分の濃度を数値化したものですが、これが高ければ高いほど血液がドロドロになってしまったり、高血糖になったりして糖尿病を発症する原因になってしまいます。 普段はこの血糖値を正常に保つために、膵臓から分泌されるホルモン「インスリン」が糖分をエネルギーに変えて消費し、血糖バランスを一定に保っているのですが、糖分の摂取量が過剰になるとインスリンの分泌が追いつかなくなったり、インスリンの効きが悪くなり、糖分が消費されず、どんどん血糖値が高くなってしまうのです。 つまり、糖尿病の一因である高血糖な状態を回避するためには、糖分の摂取量を調整し、肥満にならないようにダイエットすることが大切です。 栄養バランスを考え肥満を予防しよう 肥満にならないために、また肥満から抜け出すためには、栄養バランスを見直すことが先決。1日の食事量を思い出してみて、糖分や炭水化物の摂取量が多くなっていないかチェックをしてみましょう。 「栄養ってどれだけ摂ればいいの?」 そんな疑問を持つ方も多いはず。体質や生活スタイルによって摂るべき栄養素の量は人それぞれ。だからこそ渋谷DSクリニックの栄養指導プランを受けて、効率的に減量していくのも選択肢の一つです。ダイエットクリニックだからこそ、肥満を予防・改善しながら減量しやすいボディになる栄養指導を受けることができます。 痩せるだけでなく、糖尿病になるのを防ぐためにもダイエットに励んで、健康的な体を手に入れてみませんか。

  • 医師が警告!ダイエットでやってはいけない危険度ランキングベスト5

    美しくなる方法
    2016/12/02

    ダイエットにもブームがあり、次々とさまざまなダイエット法が話題になる昨今。 どうしたら効果的に痩せられるのか、自分にはどんな方法が向いているのかがよく分からず、 今まで色々なダイエットを試してきた方も多いのではないでしょうか。 そこで、ダイエット専門クリニックの渋谷DSクリニックが、話題となったさまざまなダイエット法を検証。 ブームにはなったけれど、デメリットやリスクが気になるダイエット法もちらほら。 これからダイエットを始めようと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。 ◇糖質制限ダイエット 〈方法〉 ご飯やパン、芋などの炭水化物(糖質)を食事から抜くダイエット法。芸能人でも実践している人が多い。 〈メリット〉 短期間で体重が落ちやすいので、効果が実感しやすい。 〈ここが危険!〉 ・体が糖質飢餓状態になるため、やめた途端に糖質をぐんぐん吸収してリバウンドしやすい。 ・脳のエネルギー源である糖質が過度に不足すると、勉強や仕事の効率が落ちる。 ・長期間の実践には向かないダイエット。 ◇半断食・断食(ファスティング) 〈方法〉 ・半断食:1日あたりの摂取カロリーを600kcal以下に抑える、1日18時間は食事を取らないなどの食事制限。 ・断食(ファスティング):水や酵素ジュースのみで1~数日間過ごす。 〈メリット〉 ・半断食:短期間で体重が減少しやすい。 ・断食(ファスティング):デトックス効果や便秘改善効果を実感しやすい。 〈ここが危険!〉 ・極端な食事制限は消化器官など体への負担が大きい。場合によっては、無月経や摂食障害を引き起こすことも。 ・体脂肪とともに筋肉も減ってしまう。 ◇グルテンフリーダイエット 〈方法〉 麺やパンなど小麦粉が含まれる食品を避け、米・大豆・そば粉などに置き換える。 〈メリット〉 ・血糖値の急激な上昇を抑えることができる。 ・セリアック病やグルテン過敏症などの病気に効果がある。 〈ここが危険!〉 ・もともと蓄積されている脂肪への効果は科学的に認められていない。 ・日本はもともとダイエットに最適な食文化があるので、和食中心の食生活をしていればあえて取り入れる必要もないのでは? ◇コールドプレスジュースダイエット 〈方法〉 低速回転のジューサーで絞った野菜や果物のジュースを、食事と置き換える。 〈メリット〉 熱に弱い栄養素を効果的に摂ることができる。 〈ここが危険!〉 ・野菜や果物の食物繊維を摂ることができない。 ・果物の果糖は、摂りすぎるとかえってダイエットに逆効果。 ・食事との置き換えで栄養不足になる可能性も。 ◇酵素ダイエット 〈方法〉 1日の1食を酵素ドリンクと置き換えたり、半断食やファスティング時に酵素ドリンクで過ごす。 〈メリット〉 腸内環境を整えたり、不足しがちな栄養素を補うことが出来る。 〈ここが危険!〉 置き換えや断食が前提のため、体への負担を考えるとダイエットとしては進められない。あくまで栄養素を補うという感覚。 ★医師の考える、理想のダイエット法 いかがでしたか?ダイエット専門クリニックの観点から、さまざまなダイエットの問題点を検証してみました。 基本的なことではありますが、リバウンドなしに健康的に痩せるには、 1日3食の栄養バランスの取れた食事、適度な運動、規則正しい生活など、日々の健康的なライフスタイルが大切です。 渋谷DSクリニックでは、丁寧なカウンセリングの上、その方の勤務形態や年齢、性別などを考慮し、一人ひとりに最適な食事法や生活改善方法を指導しています。 「手っ取り早く痩せたい」「体重さえ減ればいい」というのではなく、美しく健康的な痩せ方を目指したいですね。

  • すぐダイエットに挫折しちゃう…そんな人でも続けられる運動方法

    美しくなる方法
    2017/07/03

    「今度こそダイエットを続けて、○キロ痩せる!」と意気込んで運動を取り入れても、辛い筋トレや長時間のエクササイズが大変で、挫折してしまう人は少なくありません。 それは急にハードな運動を取り入れて、ライフスタイルをガラリと変えてしまうことによるストレスも関係しています。 ダイエットを続けて成功する秘訣は、今までの生活習慣を無理に変えず、3つのポイントを意識するだけでOKなのです。それではどういったポイントを意識すればいいのか、詳しく見ていきましょう。 通勤中に意識するだけ!?早歩きや正しい姿勢で歩く 人は職業によって生活習慣が違いますが、1つだけ行動に共通点があります。それは「歩くこと」です。学生や社会人は通勤・通学時に、主婦でも家事の合間や買い物など、気づかないうちに結構な距離を歩いているのですが、スマートフォンをいじりながら背筋を丸めて歩いたり、足を引きずるようにして歩いたりしている人は意外と多く、せっかくの運動効果が半減してしまっているのです。 歩き方のポイントは3点あります。 まず、背筋を意識することです。基本の姿勢は、壁に背中と後頭部がつくように立ってみたときの姿勢で、髪の毛が上に引っ張られるようなイメージで首をしっかり伸ばすと、より背筋が伸びて脂肪燃焼効果が上がります。 2つ目は着地時のポイントです。着地するときは膝を伸ばして、かかとから先に地面につくように意識して、踏み出すときは膝を軽く曲げ、つま先で地面を蹴るようにします。 3つ目は歩くスピードについてです。姿勢を正せばゆっくり歩くだけでも脂肪は燃やせますが、早歩きで颯爽と歩くだけで、通常のウォーキングの倍近いカロリーを消費できます。 早朝や夕方の散歩を習慣に!マイペースに歩くだけでも効果あり! 時間に余裕のある方におすすめなのが、朝や夕方に散歩する習慣をつけることです。日中ではなく朝や夕方がおすすめなのは、この時間帯に運動するだけで代謝効率アップと食欲を抑える効果があるからです。 まず代謝についてですが、人は特に運動をしなくても、呼吸などの生命活動だけで一日に1000キロカロリー以上消費しています。これを基礎代謝というのですが、この基礎代謝は一日の中でも消費量が変動しており、睡眠中が最も低く、日中が一番高くなります。そのため代謝が低い朝や、代謝が下がり始める夕方に散歩することで代謝を上げ、その後も数時間代謝が高い状態をキープすることができるのです。早歩きが苦手な方は、無理をせずマイペースにゆっくり歩くだけでも十分効果がありますよ。 また早朝や夕方は食事前でお腹がすく時間帯ですが、散歩をするとアドレナリンが出て血糖値を上昇させます。そのため空腹感を減らすことができるので、散歩の時間にぴったりなのです。 お風呂でリラックスしている間に!リンパマッサージでむくみ解消 お風呂はシャワーで済ませるよりも、湯船に浸かったほうが消費カロリーは高いですが、さらにお風呂に入りながらリンパマッサージを行うと、血行がよくなってむくみを解消することができます。 脚のリンパマッサージの方法は、湯船に浸かって十分体を温めた後に、太ももの側面を両手で下から上にさすり上げます。これを10回5セット行います。 次は顔のリンパマッサージ方法についてです。あごから頬に向かって下から上に優しくさすり上げ、おでこ中央からこめかみに向かってさすり上げます。それぞれ5回5セット行います。石鹸を使ってマッサージするとやりやすくなります。 無理なダイエットはリバウンドの元!クリニック通院も合わせれば効果がよりアップ ダイエット挫折の大きな原因として挙げられるのが、厳しい運動や食事制限によって感じるストレスです。現代の日本では特に若い女性を中心に「痩せていることが美しい」という風潮が流れており、ダイエットは女性と切っても切れないキーワードとなっていますが、本来ダイエットは健康維持のために食事量を制限したり、適度な運動を取り入れたりすることです。無理に生活習慣を変えてしまうことでストレスを感じてしまっては本末転倒です。 とはいえ、もちろん暴飲暴食や運動不足は体によくないので見直す必要がありますが、一日の生活リズムの中で無理のない程度にいくつかのポイントを意識してみましょう。 さらに効果を確実なものにしたいという方には、当クリニックへの通院がおすすめです。 当クリニックでは専門医による、メスを使わず、痩せたい部分にだけ効果が現れる針を使わない「ダイエット脂肪溶解注射」という施術を実施しています。 この施術は、脂肪細胞の数を減らすことができるので、基本的にリバウンドは起きません。具体的な施術効果や通院期間などは、当クリニックでのカウンセリング時にご相談ください。

あなたにおすすめの記事

  • 我慢するどころか、チョコを食べて痩せる?!「チョコレートダイエット」の真相を聞いてみた

    美しくなる方法
    2019/02/09

    数年前から続く、ハイカカオチョコレートブーム。今年もバレンタイン商品にはカカオ含有率70%以上のハイカカオ商品が目白押し! そんなバレンタインシーズンの最中、「チョコレートダイエット」なる夢のようなダイエット方法があると耳にしたのですが…。そんな甘いダイエット法が本当あるのでしょうか?その方法と効果について調べてみました。 チョコレートダイエットとは チョコレートダイエットの方法は、ハイカカオチョコレートと呼ばれるカカオの含有量が70%以上のものを少量、朝昼夜の食前に食べるだけ。たったこれだけ!? 一日三回も食べていいの?と疑ってしまうようなダイエット方法。 チョコレートダイエットの仕組み カカオ含有量が70%以上のものは他のチョコレートに比べてカロリーが低く、なおかつゆっくりと血糖値を上げる効果があるので、食前に食べることで血糖値をゆっくりと上げ、満腹中枢を刺激して食べ過ぎるということを抑えてくれる、という説のようです。 でも、ビターなハイカカオとはいえ、チョコレートを食べるだけで痩せることはないのでは? そこで、どのような効果があるのか、そしてどんな注意点があるのか、ダイエット専門クリニックのドクターに聞いてみました。 ここが肝心!チョコレートダイエットの注意点 朝昼夜の食事内容は「栄養バランスが取れている」が大前提 血糖値の上昇を緩やかにする食前のハイカカオチョコレートダイエットも、食事内容次第ではダイエットになりません。栄養バランスの取れた適切なカロリーの食事を、欠食することなくきちんと三食とることが大切です。 「ハイカカオ」でこそ意味がある カカオ含有率が70%のハイカカオチョコレートだからこそ糖質が少なく、チョコレートダイエットに向いています。一般的にミルクチョコレート・ブラックチョコレートと呼ばれるチョコレートのカカオは20〜60%で、それ以外は砂糖や乳成分ということになります。 間食として、ダイエット中は一日100〜150kcalが目安 とはいえ、チョコレートは間食の扱い。ダイエット中の間食は100〜150kcal程度までにとどめておくべきだそう。やっぱり食べ過ぎはNGなのですね…! となると、チョコレートダイエットでは1回あたり1〜2かけらのハイカカオチョコレートを食前に食べるのがちょうどいいくらいの量になります。 チョコレートを食べる理由になるダイエット?! チョコレートが好きな女性はとても多いはず。好きなものを食べて、ダイエットができるのであれば、こんな良い方法はないですよね! チョコレートがストレス解消になっている、という方もいるかもしれませんが、渋谷DSクリニックでも、ダイエットのために間食を一切絶つようなアドバイスはしていないんだそう。食べ方や食べる量に注意は必要ですが、今年のバレンタインの自分用チョコは「ハイカカオチョコレート」を選んでみてはいかがでしょうか? 今回お話を伺ったドクターは、渋谷DSクリニック 渋谷院・院長の林博之先生。同クリニックでは医師による診断のもと、バランスよく一日三食食べて痩せるための管理栄養士による『栄養指導』をはじめ、健康的かつ効率的なダイエットの指導・治療提案を行っています。

  • どうして痩せないの?それは痩せない理由があった!

    美しくなる方法
    2019/02/27

    「運動しているのに痩せない」「食べてないのに痩せない」「昔よりも太りやすくなった」などのダイエットの悩みを抱えている人はいませんか? ダイエットを頑張っていても痩せないのは、それはあなたの体質に合った正しいダイエットをしていないからです。 失敗を繰り返して、「ちょっとぽっちゃり位がちょうどいいでしょ?」なんて甘えていると、どんどん太って立派な肥満体型になってしまうこともあります。 太った体型は見た目の問題だけでなく、健康面にも影響を及ぼすので甘くみてはいけないのです。 糖尿病や脂質異常症、高血圧などの生活習慣病は肥満と大いに関係しています。 病気とも深い関わりのある肥満を防ぐには、医学的な根拠に基づく正しいダイエットを行うことが大切です。 クリニックでダイエットをするべき5つのケース 「ダイエット外来」というと、高度肥満などの重症なケースだけに適応する方法と思われるかもしれませんが、決して敷居が高い場所ではありません。 肥満ではないけど、もっとスリムになりたいという程度の人でも受けることができます。 次のような悩みを抱えている方はクリニックでの受診をおすすめします。 ☑リバウンドを繰り返している。 ☑食事制限しても痩せない。 ☑3日坊主で継続できない。 ☑痛みなどの理由でカラダが動かせない。 ☑昔と比べて太りやすくなった。 自己流のダイエットは痩せないどころか、逆にリバウンドを引き起こして太ってしまうことも。しかも、リバウンドを繰り返していると、太りやすい体質になってしまうことも多いため危険です。 それに自分だけで頑張ろうと思っていても、友人や同僚などとのお付き合いがあったり、仕事で忙しくてダイエットに集中できないということもあるでしょう。 ストレスを伴うようなダイエットは失敗のもと。無理なく自分の体にあったダイエットを行うことが大事です。 渋谷DSクリニックのダイエット外来ならば、あなたに適したダイエット方法を提案いたします。 本気で痩せたいならオーダーメイドのダイエット! 痩せるためには、自分が痩せない原因、太ってしまう原因を突き止めることが大事です。 いくら痩せても維持できなければ意味がありません。長期的にリバウンドしない方法でダイエットをしてこそ成功といえるのです。 そして、その原因に見合ったダイエット方法を行うことこそが、痩せるための近道になります。 私たち渋谷DSクリニックでは“たまたま痩せた”のではなく、医学的な観点から上質なダイエットをサポートしています。 本気で痩せたいのであれば、自分に合わせたオーダーメードのダイエットを試してみませんか? 「カラダが生まれ変わる2ヶ月プラン」 渋谷DSクリニックは医療痩身の先駆け的な存在で、医師が監修した痩身プランを提供しています。医療機関だからこそ、安全な方法で医学的な根拠に基づくダイエットができることが特徴です。 渋谷DSクリニックのダイエット外来で受けられる「医療痩身プラン」は次のような流れになっています。 ①身体の状態をチェック! まずダイエットを始める前に、自分の体の状態を知ることが必要と考えています。自分では「足が太い」「お腹を痩せたい」などと思っているかもしれませんが、客観的に自分を見ることができると身体バランスの問題点がクリアに見えてきます。 渋谷DSクリニックでは、メジャーや体重計を使うのではなく「3D身体測定」で身体のサイズを測ります。通常の体重計では測れない皮下脂肪量や内臓脂肪量まで測れるので、自分の身体の脂肪の付き方がよく分かります。血液検査やDNA検査では、太りやすい体質なのかどうか、なぜ太っているのかということを突き止めることもできます。 これらの結果を元に、あなたにぴったりの痩身プランを提案しします。 ②痩身治療をカスタマイズ 「クリニックでダイエット」というと脂肪吸引やメスを使った治療などが思い浮かぶかもしれませんが、渋谷DSクリニックではメスは使用しません。身体を傷つけることなく痩身できるので安心して治療を受けることができます。具体的には、リバウンドしにくい身体を作るため高周波による「脂肪燃焼温熱療法」や「脂肪燃焼点滴」など行なっています。定期的に繰り返し行なっていくことで、痩せやすい身体を作り、脂肪を効率よく燃焼させ減らすことができます。 また、痩せやすい体質づくりをサポートする漢方治療も行なっています。あなたの体質に合わせた漢方薬を漢方薬剤師がオーダーメイドで調合します。漢方を用いるとダイエットしやすくなるだけでなく、PMSやストレスなどの身体の不調も合わせて改善できます。 ③栄養指導で食生活をサポート 渋谷DSクリニックでは痩身治療の一貫として栄養指導も重視しています。ダイエット外来で痩身治療をどんなに受けても、日々の食生活が乱れていては痩せにくいからです。 ダイエットとはそもそも英語では「食べる」という意味であり、正しく食べることが本当のダイエットといえます。食べないダイエットは一時的には痩せたとしても、リバウンドする危険性が高く、継続できる方法ではありません。 そのため渋谷DSクリニックでは「食べるダイエット」を提唱しています。 きちんと食べていても自然と痩せられるようになるので、無理なくダイエットすることが可能です。専属の管理栄養士があなたの食生活をサポートします。 ダイエットを今度こそ成功させたい!という方は、自分の状態を知ることがスタートラインです。自分の状態を把握してダイエットの道筋を立てることがダイエットを成功へと導きます。 渋谷DSクリニックのダイエット外来では、無料のカウンセリングを行なっていますので一人で悩んで悪戦苦闘する方は、専門家のアドバイスを受けてみてはいかがでしょうか。

  • 痩せにくい体質は漢方で改善!自分にあった漢方薬で代謝を高めよう

    内側から美しくする方法
    2019/02/15

    若い頃は食べても太らなかったのに最近は太りやすくなってきた…という悩みを抱えている方はいませんか? 加齢によって代謝が低下して太りやすくなったり、季節の変化によって代謝が低下することもあります。代謝が低下した状態を放置していると、気がついたら「体重オーバー」なんてことにもなりかねません。 漢方薬を取り入れることで、低下しがちな代謝をコントロールできるだけではなく、同時に様々なからだの不調を改善することもできますよ。 痩せられないのは代謝の低下が原因? もっとスリムな体型になりたい、食べても太らない体を手に入れたい…などのダイエットの悩み。日本人の多くの女性が現在の体型に満足できていないという実態があります。 DSクリニックが独自で行なったアンケート調査によれば次のような結果が出ています。 Q.現在の体型に満足していますか? 現状で満足 6.3% 1~4㎏痩せたい 45.0% 5㎏以上痩せたい 46.8% なんと自分の体型に満足している人は全体のおよそ6%に過ぎず、残りのほとんどが痩せたいという願望を持っていることがわかります。 太る原因としては食べ過ぎや運動不足が根本にあることが多いですが、特に30代後半からは「代謝の低下」も見過ごすことはできません。 特に決して食べ過ぎている訳ではないのに太りやすい場合や、食事制限や運動を取り入れても痩せにくい人では代謝が低下している可能性があります。 ダイエットに漢方がおすすめの理由 「代謝」とはダイエット的な観点からいうと「外から取り入れたエネルギーを消費すること」ですが、「外から取り入れた栄養を分解し吸収するまでの一連の過程」のことでもあります。 健康な身体では適切な量とバランスの栄養素が全身をめぐり、各部位で正しく使われ、不要になったら排泄されていきます。 でも、どこかに渋滞が起きて、上手く巡らないと代謝が低下して脂肪となって蓄積して太ってしまうのです。 漢方薬には身体の構成要素である「気・血・水」のバランスを整える効果があり、ダイエットに利用すると痩せやすい体質を作るために役立てることができます。 漢方薬でなぜ痩せられるの? 漢方薬はいくつかの生薬が組み合わさったものです。 からだの構成要素である「気・血・水」のバランスを整える効果があり、脂肪を溜め込みやすい体質やストレス太りしやすい体質、便秘による代謝が低下している体質などを改善することができます。 「気血水」とダイエットの関係 「気」 気は身体の原動力となるエネルギーであり、気力や元気を与えるもの、血や水を巡らせる力を持っています。「気」が不足すると食べていないのに太りやすくなったり、巡りが滞るとイライラしやすくなって過食に走ったりすることもあります。 「血」 血は臓器など全身に栄養と酸素を巡らせるものです。「血」が不足すると消化力が弱まったり、冷え太りなどを起こすことも。「血」のめぐりが滞るとドロドロ血になって、コレステロールや内臓脂肪などが溜まりやすい身体となってしまいます。 「水」 「水」は「血」や「気」以外の物質のことであり、体液だけではなく「脂肪」も含まれます。むくみ太りや脂肪がつきやすいなどの悩みは「水はけ」が悪い状態が関わっていることが多いです。 加齢や季節の変化などを受けにくい体に 「気・血・水」のバランスは加齢によって変化するだけでなく、ストレスや周りの環境や季節の変化によっても影響を受けることも多いです。季節によって体重が変わりやすい人もいるのではないでしょうか? 特に代謝が低下しがちになる夏場や、気候変動の影響を受けやすい季節の変わり目、運動不足になりがちな冬場はバランスが乱れやすい時期なので要注意です。 体調管理の一つとして漢方を取り入れていくと、冷えや血行不良などによる代謝の低下を防ぐことができます。 また、気血水の巡りが良くなれば「溜めにくい身体」を手に入れることができ、気が付いたら痩せていたという嬉しい結果も期待できます。 漢方を使って代謝をコントロールしよう 漢方を使ったダイエットは一般的なダイエット法とは異なり単に体重を落とすことが目標ではなく、代謝の良いカラダを手に入れることです。 極端に食事制限を取り入れたダイエットとは違って、無理なく体質を改善しながら痩せることができます。 ただし、誤解してはいけないのは、「漢方薬を飲めば簡単に痩られる」、「何を食べても漢方さえ飲んでいれば太らない」などの魔法のような効果はないということです。 漢方薬を取り入れながらも、合わせて栄養をバランスよく摂り、適度な運動を取り入れていくことで緩やかに減量することを目指しましょう。 ダイエットに漢方を取り入れてみよう 「痩せやすいカラダ」とはすなわち「巡りの良いカラダ」「健康なカラダ」のことでもあります。 漢方を使って代謝をコントロールすることができれば、適正体重に戻すだけでなく合わせて身体の不調も改善できることも多いです。 漢方薬には非常に多くの種類があり、自分にあった漢方を見つけられるかどうかがダイエット成功のカギを握ると言っても過言ではありません。 渋谷DSクリニックではあなたの体質にあった漢方をカウンセリグにより処方しています。自分にあった漢方薬を取り入れた代謝コントロールをはじめてみませんか?