糖尿病の原因となる肥満を予防するなら渋谷DSクリニック渋谷の全身・部分痩せ医療ダイエット・肥満外来なら渋谷DSクリニック

MENU

銀座院 0120-877-850

渋谷院 0120-951-135

WEB予約

資料請求

メール相談

約5人に1人が糖尿病!?肥満が招く生活習慣病の実態

2017/07/26
  • 後でこの記事を読むなら、
    はてなブックマークが便利です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
定期検診で「このままでは糖尿病になりますよ」と言われた経験、ありませんか。実は今、日本人の約5人に1人が糖尿病または糖尿病予備群と診断されており、生活習慣病がかなり身近な存在になりつつあるのです。 「私は大丈夫」 そう思っていても、発症前の自覚症状がほとんどないため、知らず知らずのうちに糖尿病予備群になってしまっている方が多く、気付かないうちに進行していて、「症状が出てから糖尿病が発覚した!」なんてケースも。本当は恐ろしい肥満ボディ、あなたは大丈夫ですか?

肥満ボディは生活習慣病の元

生活習慣病と聞くと、偏食や喫煙、アルコールの過剰摂取などといった生活習慣を送っている人がなるものだと思っている方が多いのですが、肥満ボディも発症のリスクを高める要因の一つ。中でも糖尿病の発症は肥満と密接な関わりがあるのです。

肥満が糖尿病を引き起こすメカニズム

「血糖値」という言葉は聞いたことがあるはず。血糖値とは、その名の通り血液中の糖分の濃度を数値化したものですが、これが高ければ高いほど血液がドロドロになってしまったり、高血糖になったりして糖尿病を発症する原因になってしまいます。 普段はこの血糖値を正常に保つために、膵臓から分泌されるホルモン「インスリン」が糖分をエネルギーに変えて消費し、血糖バランスを一定に保っているのですが、糖分の摂取量が過剰になるとインスリンの分泌が追いつかなくなったり、インスリンの効きが悪くなり、糖分が消費されず、どんどん血糖値が高くなってしまうのです。 つまり、糖尿病の一因である高血糖な状態を回避するためには、糖分の摂取量を調整し、肥満にならないようにダイエットすることが大切です。

栄養バランスを考え肥満を予防しよう

肥満にならないために、また肥満から抜け出すためには、栄養バランスを見直すことが先決。1日の食事量を思い出してみて、糖分や炭水化物の摂取量が多くなっていないかチェックをしてみましょう。 「栄養ってどれだけ摂ればいいの?」 そんな疑問を持つ方も多いはず。体質や生活スタイルによって摂るべき栄養素の量は人それぞれ。だからこそ渋谷DSクリニック栄養指導プランを受けて、効率的に減量していくのも選択肢の一つです。ダイエットクリニックだからこそ、肥満を予防・改善しながら減量しやすいボディになる栄養指導を受けることができます。 痩せるだけでなく、糖尿病になるのを防ぐためにもダイエットに励んで、健康的な体を手に入れてみませんか。

美しくなる方法の関連記事

  • すぐダイエットに挫折しちゃう…そんな人でも続けられる運動方法

    美しくなる方法
    2017/07/03

    「今度こそダイエットを続けて、○キロ痩せる!」と意気込んで運動を取り入れても、辛い筋トレや長時間のエクササイズが大変で、挫折してしまう人は少なくありません。 それは急にハードな運動を取り入れて、ライフスタイルをガラリと変えてしまうことによるストレスも関係しています。 ダイエットを続けて成功する秘訣は、今までの生活習慣を無理に変えず、3つのポイントを意識するだけでOKなのです。それではどういったポイントを意識すればいいのか、詳しく見ていきましょう。 通勤中に意識するだけ!?早歩きや正しい姿勢で歩く 人は職業によって生活習慣が違いますが、1つだけ行動に共通点があります。それは「歩くこと」です。学生や社会人は通勤・通学時に、主婦でも家事の合間や買い物など、気づかないうちに結構な距離を歩いているのですが、スマートフォンをいじりながら背筋を丸めて歩いたり、足を引きずるようにして歩いたりしている人は意外と多く、せっかくの運動効果が半減してしまっているのです。 歩き方のポイントは3点あります。 まず、背筋を意識することです。基本の姿勢は、壁に背中と後頭部がつくように立ってみたときの姿勢で、髪の毛が上に引っ張られるようなイメージで首をしっかり伸ばすと、より背筋が伸びて脂肪燃焼効果が上がります。 2つ目は着地時のポイントです。着地するときは膝を伸ばして、かかとから先に地面につくように意識して、踏み出すときは膝を軽く曲げ、つま先で地面を蹴るようにします。 3つ目は歩くスピードについてです。姿勢を正せばゆっくり歩くだけでも脂肪は燃やせますが、早歩きで颯爽と歩くだけで、通常のウォーキングの倍近いカロリーを消費できます。 早朝や夕方の散歩を習慣に!マイペースに歩くだけでも効果あり! 時間に余裕のある方におすすめなのが、朝や夕方に散歩する習慣をつけることです。日中ではなく朝や夕方がおすすめなのは、この時間帯に運動するだけで代謝効率アップと食欲を抑える効果があるからです。 まず代謝についてですが、人は特に運動をしなくても、呼吸などの生命活動だけで一日に1000キロカロリー以上消費しています。これを基礎代謝というのですが、この基礎代謝は一日の中でも消費量が変動しており、睡眠中が最も低く、日中が一番高くなります。そのため代謝が低い朝や、代謝が下がり始める夕方に散歩することで代謝を上げ、その後も数時間代謝が高い状態をキープすることができるのです。早歩きが苦手な方は、無理をせずマイペースにゆっくり歩くだけでも十分効果がありますよ。 また早朝や夕方は食事前でお腹がすく時間帯ですが、散歩をするとアドレナリンが出て血糖値を上昇させます。そのため空腹感を減らすことができるので、散歩の時間にぴったりなのです。 お風呂でリラックスしている間に!リンパマッサージでむくみ解消 お風呂はシャワーで済ませるよりも、湯船に浸かったほうが消費カロリーは高いですが、さらにお風呂に入りながらリンパマッサージを行うと、血行がよくなってむくみを解消することができます。 脚のリンパマッサージの方法は、湯船に浸かって十分体を温めた後に、太ももの側面を両手で下から上にさすり上げます。これを10回5セット行います。 次は顔のリンパマッサージ方法についてです。あごから頬に向かって下から上に優しくさすり上げ、おでこ中央からこめかみに向かってさすり上げます。それぞれ5回5セット行います。石鹸を使ってマッサージするとやりやすくなります。 無理なダイエットはリバウンドの元!クリニック通院も合わせれば効果がよりアップ ダイエット挫折の大きな原因として挙げられるのが、厳しい運動や食事制限によって感じるストレスです。現代の日本では特に若い女性を中心に「痩せていることが美しい」という風潮が流れており、ダイエットは女性と切っても切れないキーワードとなっていますが、本来ダイエットは健康維持のために食事量を制限したり、適度な運動を取り入れたりすることです。無理に生活習慣を変えてしまうことでストレスを感じてしまっては本末転倒です。 とはいえ、もちろん暴飲暴食や運動不足は体によくないので見直す必要がありますが、一日の生活リズムの中で無理のない程度にいくつかのポイントを意識してみましょう。 さらに効果を確実なものにしたいという方には、当クリニックへの通院がおすすめです。 当クリニックでは専門医による、メスを使わず、痩せたい部分にだけ効果が現れる針を使わない「ダイエット脂肪溶解注射」という施術を実施しています。 この施術は、脂肪細胞の数を減らすことができるので、基本的にリバウンドは起きません。具体的な施術効果や通院期間などは、当クリニックでのカウンセリング時にご相談ください。

  • 水着姿がキマる!落とすべき3大お肉と3ヶ月で叶う部分痩せプログラム

    美しくなる方法
    2017/06/21

    春服から夏服へワードローブが変わっていく今の季節。ファッション雑誌や店頭には水着が登場し始めています。あなたは今年、どんな水着を着たいですか? と、好みの水着を考える前に……! ボディは水着を着る準備ができていますか? 下着姿で鏡の前に立って、よく見てみてください。前からだと気付きにくいかもしれませんが、背中にガッツリお肉がついていたり、太ももが存在感を放っていたり。ビキニを着るのであれば、お腹周りのお肉も落としておかないと、水着を格好良く着こなすことはできません。 本格的な水着の季節まで約3ヶ月。ダイエットを成功させて、体型カバー優先の水着選びではなく、好みのものを着れるように頑張りましょう! このお肉、どうする!?水着を着るために落とすべき3つのパーツ ウエストや太ももはもちろんですが、実は意外と目立ってしまうのが背中のハミ肉。ここにお肉がついているだけで、後ろ姿がたくましく見えてしまいます。また、肩甲骨の下がつかめるようなら、それは危険信号! 自分ではなかなか分からないパーツですが、走ったり動いたりするたびにブヨブヨと蓄積したお肉が揺れる……揺れるのです!  画像の背中のようにお肉がボコッと出ているため、「THEおばさん体型」の後ろ姿に見えることも。水着を素敵に着こなすためには、背中のお肉、目立つ太ももの脂肪とセルライト、そして目が行きやすいウエスト周りは確実に絞っておきたいところです。 パーフェクトボディを目指すなら自己流ダイエットは危険! あと数ヶ月でボディを整えるとなると、多くの方がイメージしがちなのが過度な食事制限や自己流の運動ダイエット。しかし、一歩間違ってしまうとキレイに痩せることが難しくなるばかりか、下手をするとリバウンドしやすい体質になってしまい、夏本番には今よりも増量している……なんて悲劇も。 肌露出が高い水着を着るということは、全身キレイに痩せるということが大前提。そのためには正しいステップを踏んだダイエットプログラムの実践がおすすめです。 体型を変える!ステップアップボディメイクプログラム 3ヶ月で集中的に体型チェンジを叶えたいのなら、ダイエット専門院の渋谷DSクリニックが最強のプログラムとして提案する『ステップアップボディメイクプログラム』を実践あれ。どんな体型の方でも専門家のサポートと最新の医療痩身マシンで、効率的に脂肪を落としていきます。 1ヶ月目 頑固な脂肪や凝り固まった脂肪をほぐし、体質を改善する「身体を変えていく期間」です。部分痩せや代謝アップ、冷え改善に効果的な高周波治療、または高い痩身効果を誇るウルトラメディカルスリムで、1ヶ月の間にガッツリと肉質を変えていきます。 ※マシンは一例です。専門家があなたに合った痩身マシンをご提案します。 2ヶ月目 そして、脂肪がほぐれ、柔らかくなったら、落としにくいと言われている深部に溜まった脂肪を分解・排出します。「脂肪の厚みやボディラインを変える期間」として、高周波治療や部分痩せ・セルライト除去に特化した痩身マシンのメディセルムを使用していきます。 ※マシンは一例です。専門家があなたに合った痩身マシンをご提案します。 3ヶ月目 最終的な調整として、細かい全身の脂肪から残っているセルライトまで、徹底的に燃焼させて身体を引き締めていく3ヶ月目。代謝を上げるために肉体改造マシンのEMSやボディセラプロで筋肉を鍛え上げ、引き締まったボディラインを作り上げます。 ※マシンは一例です。専門家があなたに合った痩身マシンをご提案します。 3ヶ月間かけて徹底的に脂肪を分解し、燃焼させるため、結果としてリバウンドしにくく、太りにくい体質へと変わるのです。3ヶ月間で17.6kg減量し、ウエスト-16.5cm、太もも-4.7cm落とした方も。 専門家があなたに最適な痩身マシンを厳選するので、たった3ヶ月という期間でも驚くほどの部分痩せを叶えられるのです。 水着姿ももちろんですが、体型が変われば楽しめるファッションの幅も大きく広がります。さらにステップアップボディメイクプログラムなら、痩せボディを作り上げるので今後の人生でダイエットに悩むこともなくなるかもしれません。この夏こそ、最後のダイエット、はじめませんか?

  • 渋谷DSクリニックが導入!最新・次世代脂肪溶解注射「プロストロレーン インナーB」

    美しくなる方法
    2018/03/26

    「大幅にサイズダウンしたいけれど、脂肪吸引はちょっと…」と悩む方に朗報。渋谷DSクリニックが都内で初導入した「プロストロレーン インナーB」は、手術をしなくても注射だけで脂肪を撃退し、部分痩せを叶える脂肪溶解注射です。脂肪吸引並みの効果がありながら、同時に脂肪が合成されるのを抑制する上、ダウンタイムがなく施術も手軽。そんな最新治療をご紹介します。 思いっきり部分痩せしたい場合、選択肢は脂肪吸引? 大幅にサイズダウンしたい方にとって、食事制限や運動などのベーシックなダイエットを行うほかに美容整形外科での「脂肪吸引」を検討されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 しかし、脂肪吸引にはデメリットがあり、手術を受けるのを躊躇する方が多いのも事実。切開が必要となる手術のため、体への負担が大きいだけでなく、傷跡が残るのは避けられません。個人差はありますが、2〜3週間腫れたり、痛み止めや止血剤、抗生剤などのお薬を服用する必要性もあったりと、術後のダウンタイムが長く、日常生活へ支障が出てしまいます。入浴や運動も一定期間は行えない上、術後は脂肪がなくなった分、皮膚がたるみやすくなることも。 サイズダウンが叶う脂肪吸引ですが、これらのデメリットを考えると、抵抗感を覚える方もいらっしゃるはず。そんな方におすすめなのが、蓄積された脂肪の分解を促進し、新たな脂肪の合成を抑制する脂肪溶解注射「プロストロレーン インナーB」です。 渋谷DSクリニックが都内で初導入!次世代脂肪溶解注射「プロストロレーン インナーB」 渋谷DSクリニックが都内で初導入した「プロストロレーン インナーB」は、手術をしなくても注射だけで脂肪を撃退し、大幅な部分痩せを実現します。その理由は蓄積された脂肪の分解を促進し、新たに作られる脂肪の合成を抑制するWの効果にあります。 そんな「プロストロレーン インナーB」が従来の脂肪溶解注射よりも痩身効果に優れ、より安全性がアップした理由は大きく二つ。一つ目が「ペプチド」の存在です。「プロストロレーン インナーB」の特長でもある、蓄積された脂肪の分解を促進しながら、新たな脂肪の合成を抑制する3種類のペプチドが配合されており、効果を最大限に発揮します。さらにこのペプチドは、炎症反応を防いでくれる嬉しい効果も。通常、脂肪を過多分解すると、ヒアルロン酸分解酵素が活性化し、炎症が起こりやすくなります。しかし、ペプチドはこのヒアルロン酸分解酵素の活性化を阻害してくれるため、炎症反応が防げるのです。 効果と安全性がアップした二つ目の理由は「徐放型(ドラッグデリバリーシステム)」にあります。これは有効成分を2週間かけて体内に放出させるシステムで、安全かつ効果の高い脂肪溶解を叶えてくれます。 パンツの上にお肉がのっかっており、脂肪の重さでたるんでしまっていたお腹周りはウエストが分かるほどにサイズダウン。 太ももや付け根の脂肪が落ちて、美脚に。 脂肪でウエスト周りが膨らんでいた方も、ボリュームダウンしてこの通り。 そんなサイズダウン効果に優れた「プロストロレーン インナーB」を都内で初導入したのが医療痩身専門院の渋谷DSクリニック。大幅なサイズダウンを希望する方のみならず、減量してもお腹周りや太ももの脂肪が落ちなかったり、今まで何度もダイエットとリバウンドを繰り返してきたという方にもおすすめです。確実に痩せたい場合、2週間に1回のペースで計4回の治療を行うことを推奨しており、さらにより効果を高めたいという方は渋谷DSクリニックの人気痩身メニュー「DS式高周波治療」との併用がベスト。 最新テクノロジーで脂肪溶解するだけではなく、新たな脂肪細胞を抑制する脂肪溶解注射「プロストロレーン インナーB」。お腹や太ももなどのお肉が気になる方は一度試してみませんか。

あなたにおすすめの記事

  • 大人の女性は自分のためにキレイになりたい!気になる3大パーツは?

    美しくなる方法
    2019/04/09

    20代までの自分と比べたとき、あなたの体型は維持できていますか?昔は履けたパンツがきつい、鏡に映った自分を直視できない、水着になるのが怖い…などの体型の崩れを実感している人は多いでしょう。 体型の変化に悩んでいるのはあなただけではありません。独自のアンケートの結果から、多くの大人の女性が体型の変化に悩んでいることが分かりました。 では、特に気になるパーツはどこだったのか、どの程度の人がダイエットに取り組んでいるのか、アンケート結果をもとに体型変化とダイエットの実態を見ていきましょう。 ぜひ、ご自身の体型について見直すきっかけにしてください。 若い頃と比べてあなたの体型はどのように変化していますか? 20代までの若い頃と比べて体型がどのように変化したかについて、集計すると約1割の人が痩せたという一方で、約7割ほどが「若い頃よりくびれがなくなった」、「たるみが気になる」、「太った」という回答をしています。つまり、多くの女性が若い頃と比べて体型のくずれを強く感じているということです。それは加齢による体型の変化が原因です。 なぜ加齢に伴い体型が崩れてしまうのか、それは次のような変化が身体の中で起こり始めるためです。 大人の女性が気になるパーツは「お腹」「上半身」「太もも」 体型変化には個人差があるとはいえ、人間の体の仕組みから考えてラインが崩れやすいパーツがあります。あなたはどこのパーツが特に変わったと感じていますか? 次のアンケート結果をみると多くの女性が「お腹」「太もも」「腰回り」の体型変化を感じていることが分かります。また、「二の腕」「背中」「あご」「頰」などの上半身のパーツも気になっている人が多くなっています。あなたも心当たりがあるのではないでしょうか。 また、注目すべき点が50代以降になると気になるパーツの順位に変動が見られることです。背中について30代〜40代では7番目ですが、50代になると背中は二の腕についで6番目に上昇しています。 背中のはみ肉とも言われる部分は若い頃はあまり気になりませんが、年齢と共に付きやすくなります。ブラの上にお肉が乗っていると老けた印象を与えてしまう要因にもなります。 体型に関して何歳に見られたいですか? 自分の実年齢と他人から体型で判断される年齢が同じくらい、または実年齢以下であれば嬉しいですが、老けて見られるのはイヤ…あなたもそう思いませんか? 実際にアンケートを取った結果から見ても、6割前後の女性が実年齢よりも若い体型に見られることを望んでいることが分かりました。実年齢と同等に見られたいという人は4割弱にとどまっており、多くの女性が体型を若く見られたい願望が強いことが分かります。 この傾向は年代を追っても変わることはなく全ての年代に共通しています。いつまでも若い体型を維持したいというのは、多くの女性が抱いている願望ということでしょう。 体型は気になるけどダイエットはしていない!? では、体型を気にしている人、若く見られたいと願う人が多い中で、実際にダイエットをしている人はどの程度いるのでしょうか? なんと驚くべきことに、「自分にあったダイエット方法が分からない」、「ダイエットを始めるきっかけがない」「生活する上で困らない」「危機感がない」などの理由からダイエットを実行できてない人が大半であることが分かりました。 若い頃の体型に戻りたいという願望もあり、痩せた方が美しいとはわかってはいるけれど、実際にはダイエットするほどではないと甘えてしまっている部分も多いようです。また、ダイエット方法が分からないという悩みもダイエットから遠のいてしまう原因になっていることが分かります。 50代女性に「ダイエットを始めるきっかけがない」「危機感がない」傾向が強まるのは? 上の結果で50代女性に注目してみると、「ダイエットを始めるきっかけがない」「危機感がない」という人の割合が他年代と比べると高い傾向があります。これは安易に無理なダイエットをして健康を損ねては意味がないことを理解している大人の女性ならではの理由と推察されます。 でも、ダイエットの目的は美容だけではなく、健康面における意味合いも大きいことを忘れてはいけません。肥満は生活習慣病のリスクにもなることから、早めに手を打っていくことが大切です。 今度こそ身体を変えたい!と思ったら今すぐダイエットを始めよう これからゴールデンウィークや初夏に向けて、どんどん薄着になる季節がやってきます。薄着になってから後悔しないように、堂々と好きな服装を楽しめる体型を今から目指してみませんか? ダイエットの方法が分からない、自分一人では努力が続かないというならばダイエット外来で相談してみるのも手です。食生活の指導をベースに、あなただけのダイエット方法をご提案します。 ぜひ理想の体型を理想のままにせず、現実のものにしてみてはいかがでしょうか。

  • 40代のダイエットで「食事制限」は危険な方法?

    内側から美しくする方法
    2019/10/29

    40代になると「昔に比べて太りやすくなった…」「食べてないのに痩せない」という方は多いようです。それは、年齢を重ねることで起きる体内に理由があることをご存じでしたか?40代に合った方法でダイエットを成功するために押さえておきたいコツをご紹介します。 40代になると体型が崩れてしまう3つの原因 痩せづらくなるのは年齢のせい、と思ってしまいたくなる気持ちになりますよね。でも、その原因に対して適切にアプローチすれば、40代でもダイエットは可能です。40代のうちに痩せやすい体を作ると、50代、60代になってからも若々しい体型を維持できるようになります。そのためにも痩せない理由を知っておくことが大切です。 女性ホルモンの減少 女性ホルモンには「エストロゲン」「プロゲステロン」と呼ばれる2種類があります。女性ホルモンは30代をピークに緩やかに減少し40代になると急速に減少する傾向があります。「エストロゲン 」が減少するとさまざまな不調が現れるようになり、代謝が衰えて体内に脂肪をためやすくなります。 特に背中や、二の腕、脇、お腹などのお肉が気になるようになることが多いですが、これにはエストロゲン減少による脂質代謝の低下が関わっています。エストロゲン には血液中のLDLコレステロール(いわゆる悪玉コレステロール)の量を調整する作用や中性脂肪の蓄積を防ぐ働きもあるため、脂質代謝に深く関係があるためです。ホルモン分泌の減少を食い止めることは難しいですが、運動や食事に気を付けることで代謝の低下を防ぐことは可能です。 基礎代謝の低下 基礎代謝とは特に何も活動をしなくても生きているだけで、自然に消費されるエネルギーのことです。例えば、体温調節や内臓機能の維持など、体の基礎的な機能を正常に働かせるために使われています。この基礎代謝には個人差がありますが、加齢に伴い低下することが分かっています。食べる量が変わっていないのに太ってきた方や痩せにくくなった方は、この基礎代謝が関係しているかもしれません。基礎代謝は筋肉を動かすことで高まるため、筋肉量が少ない方は基礎代謝も低い傾向にあります。 仕事のストレス過多 40代といえば働き盛りの時期であり、中間管理職など責任ある仕事を任される世代でもあります。仕事にかかるストレスが増えてくる一方で、体力が落ちてくる時期でもあるので疲労が溜まりやすい危険な時期ともいえます。ダイエットとストレスには深い関係があり、ストレスが増えるほど太るリスクが高くなります。それはストレスによってコルチゾールいうホルモン分泌が盛んになるためです。コルチゾールは副腎皮質から放出されるステロイドホルモンであり、ストレスに対抗するために分泌されます。体を守ろうとするため、例えばセロトニンの分泌が減少して食欲が増したり、脂肪を体に蓄積させたりする働きがあります。さらには成長ホルモンの分泌を抑えて、筋肉の増強を抑制して脂肪燃焼を減少させることも。40代以降は家庭、仕事、介護などさまざまなストレスがかかりやすい時期なので、こまめに発散させてストレスを溜めない心がけが大事です。 40代の方に適したダイエット方法は? 40代では「食べない」「とにかく運動する」というダイエットより、体のことを考えた賢いダイエットに取り組むことが重要になってきます。また、短期的なダイエットはリバウンドを起こしやすく、40代以降のリバウンドは取り返しがつきにくいので危険です。短期決戦のダイエットではなく、習慣化できる長期的な生活改善を目指しましょう! 40代は長期的にゆっくりダイエット! 短期的に「1ヶ月で5キロ以上痩せる!」「1週間で2キロ痩せる!」なんて目標を立てると、達成できずに挫折してしまうばかりか、かえってリバウンドしやすくなります。特に40代以降は痩せにくいので短期なダイエットは必ず無理が生じるもの。長期的にダイエットに取り組むようにしましょう。 目安としては、 ◆短期間で痩せる→1ヶ月に3キロ以上減量する ◆ゆっくり長期間かけて痩せる→1ヶ月に3キロ未満までの減量を目指す この程度を目安としましょう。この数字はもともとの体重にもよるので更に言えば、1ヶ月に体重の5%以内が目安とすると、体重50kgならば2.5kgまで、体重70kgならば3.5kgまでが適正な範囲です。 40代以降になると筋肉は落ちやすくなる傾向があり、早く痩せようとすると筋肉が落ちてしまいます。筋トレや食事内容に気を使っていても、早く痩せようとすると筋肉が落ちてしまうので要注意。ゆっくりと痩せれば、筋肉は落ちにくく脂肪を集中的に落とせるようになるので結果的に引き締まったボディが手に入りやすくなります。 40代のダイエットに欠かせない栄養素 40代のダイエットを成功させるためにはきちんと栄養を摂取することポイントとなります。必要な栄養素を摂りながらダイエットすると、健康的に美しく痩せることができます。バランスの良い食事を心がけることが原則ですが、食事だけで補ない場合にはサプリメントを活用するのも手です。 アミノ酸 私たちの体は約60%が水分、約20%がたんぱく質でできています。そのタンパク質を構成しているのが「アミノ酸」で、脳、内臓、神経伝達物質、ホルモンなどの材料として体を作るために欠かせない栄養素です。ダイエットにおいては、リパーゼという脂肪分解酵素を活発にする作用のあるアミノ酸として「リジン」「アルギニン」「プロリン」「フェニルアラニン」があります。また、筋肉を構成するためにも欠かせない栄養素であることからも、40代のダイエットにはアミノ酸を積極的に取り入れましょう。 タンパク質 近頃は「プロテイン」が女性のダイエットにおいても有名になったため、タンパク質摂取を心がけているという方も多いのではないでしょうか。しかし、タンパク質をせっかく摂っていても量が十分でないと、その機能が発揮されません。40代女性であれば1日あたり50gは摂取したいところです。目安としては毎食で手のひら1枚に乗る程度の肉・魚・大豆製品などを食べるようにすると良いでしょう。 ビタミンB群 ダイエットのポイントはいかに代謝を上げるかということです。その代謝に必要なのがビタミンB群です。体内でエネルギーを生成するために必要な栄養素で、代謝ビタミンと呼ばれることもあります。例えばビタミンB1は糖質の代謝に、ビタミンB2は脂質の代謝、ビタミンB6はタンパク質の代謝に欠かせません。これらのビタミンが足りていないと、他にも体の不調や肌荒れなど美容面のトラブルが出てくることも。 ビタミンB群はそれぞれ単独で摂るのではなく、相互に助け合って効果を発揮するのでバランスよく取り入れることが大事です。また、ビタミンB群は水溶性のため尿として排泄されてしまうので、毎日3食の食事から摂り入れるようにしましょう。 まとめ 食べないダイエット、辛いダイエットは40代以降には適さないどころか、健康を害することも考えられます。40代からのダイエットは長期的に取り組み、バランスの良い食事を習慣化することを目指しましょう。DSクリニックでは栄養の専門家である管理栄養士が楽しく食べて痩せられる「食べるダイエット」をサポートしています。一人一人の体重や体調などを考慮しながら食事指導を行うので、無理なく食事を管理できるようになることが特長です。今度こそ本気でダイエットしたい!と思っているならば、ぜひDSクリニックの栄養指導にご相談ください。あなたのためだけのダイエットプランをご提案します。詳しくは「DS式栄養指導」にてご紹介しています。

  • ダイエットの疑問を解決!医療痩身に関する雑学Q&A

    美しくなる方法
    2018/01/09

    「本気で痩せたい」そんな方に支持され続けている医療痩身。専門医師が現在の身体の状態、脂肪の付き方、体質などを診断し、最適なダイエット治療を提案するため、その効果は自己流ダイエットよりも確実かつ健康的なもの。そんなダイエット治療に関して「短期間痩せはできる?」「部分痩せは可能?」などの多くの方が抱えている様々な疑問を解決します。 疑問1「ダイエット治療なら短期間でも痩せられる?」 なるべく短期間で痩せたいと思うのは誰しも同じですが、渋谷DSクリニックが提唱しているのは「リバウンドしないダイエット」であり、「◯kg痩せたからダイエット成功」ではなく、徐々に無理なく落とした体重をそのまま維持できてこそダイエット成功だと考えています。だからこそ、目標は月に体重の5%以下に設定して痩身治療を行います。例えば、50kgの方なら月に2.5kg、60kgの方なら3kgが目標値になります。ただし、一度に減量するのは難しいので月に1~2kg減を目指して、リバウンドのない健康的なダイエットを推奨しています。その方法も医師、管理栄養士、整体師などのプロが完全にサポートするため、体に負担をかけずに減量することができるのです。「ブライダルまでにワンサイズ落としたい」「同窓会までにスッキリと痩せたい」そのようなダイエット目標がある方は早めに痩身治療を始めることをおすすめします。 疑問2「マシン施術だけで体重を落とすことはできる?」 渋谷DSクリニックでは痩身に特化した様々なマシン治療を取り扱っています。例えば、脂肪温熱を促して皮下脂肪や内臓脂肪、セルライトの除去に効果的な「高周波治療」や、超音波によって脂肪やセルライトを柔らかくし、乳化、排出させることでポッコリお腹やたるんだ二の腕、ヒップなどボディラインを整える「ウルトラメディカルスリム」、深部の硬い脂肪の分解を促し、むくみの原因となる老廃物を吸引しながら排出する「メディセルム」、など、ダイエット効果が期待できる痩身治療がたくさんあります。ただし、施術はあくまで体重を落とすための治療ではなく、ボディラインを整える治療なので、減量したいという場合は管理栄養士による「栄養指導プラン」やパーソナルトレーニングによる「運動プログラム」の併用をおすすめしています。 疑問3「医療痩身で脚痩せはできる?」 ダイエットをしていると「ふくらはぎのお肉が…」「なかなか脚が細くならない」など脚痩せに悩む方も多いはず。特に脚は体幹部と異なり、ラインが見えやすいからこそ、体型の印象を左右する重要なパーツです。脚の太さはむくみが原因になっている場合が多く、むくみのケアによってサイズダウンすることができます。渋谷DSクリニックでは、内臓脂肪、皮下脂肪の両方を除去する脂肪燃焼温熱療法の「高周波治療」や、針を使わずに脂肪溶解剤を導入する「DS式スーパーメソセラピー」、むくみの改善に効果的な「ウルトラメディカルスリム」が脚痩せ治療として人気です。 脚痩せ以外の二の腕部分や背中のお肉、あご下、脇肉など、気になるパーツも、皮下脂肪を凍らせて体外に排出させる「クールスカルプティング」の部分痩せに特化した治療で改善することが可能です。ダウンタイムのない治療であり、短期間での効果が期待できるため、部分痩せに悩んでいる方は一度カウンセリングを受けることをおすすめします。 疑問4「置き換えダイエットを行っているのですが、ダイエット治療と一緒に続けても大丈夫?」 カロリーを抑えるために「昼はこれ、夜はこれ」と置き換えダイエットを実践している方も少ないくないはず。しかし、置き換えダイエットは栄養バランスを崩してしまう危険性があり、やめた途端リバウンドの可能性もあります。そのため、長期の置き換えダイエットはおすすめしておらず、管理栄養士によるバランスのとれた規則正しい食生活を指導しています。 疑問5「ダイエット中にお酒を飲んでも大丈夫?」 ダイエットをしていると、気になるのがアルコールの存在。お仕事の付き合いなどで飲酒が必要な席があったりすると、「せっかくダイエットしているのに太らないかな?」と心配になることもあるはず。そんなときは、カロリーが少ないお酒を選んで飲むように注意しましょう。また、お酒の席では脂っこい食べ物やカロリーの高いおつまみなどが多く並んでいることがあります。アルコールを飲むと、ついそんなおつまみ類に手が伸びてしまいがちですが、ここはグッと我慢してカロリーの低いものを選ぶように心がけることが大切です。また、カロリーの低いものでもたくさん食べてしまうと元も子もないので、いただく際はお酒もおつまみも適量を意識するようにしましょう。 他にも医療痩身やダイエット中に関する疑問は人それぞれたくさんあるはず。痩身治療専門の渋谷DSクリニックは、あなたが抱えているダイエットの疑問にお答えします。「あれはどうなんだろう?」「旅行先でダイエットするにはどうしたらいいの?」などダイエットに関する質問はネットの情報ではなく、専門のプロに聞くのが一番です。